Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「線引き問題」の検索結果

まとめの中から「線引き問題」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • 山口昌男『歴史・祝祭・神話』を読んで…牧野さんのツイートまとめ

    線引」とか疑似科学とかニセ科学批判とかはやはりこういう枠組みで理解するべきものと思う。むしろ神話化することによって、現実の問題や責任を隠すことになるのではないかな。ここまでが本からの引用 ( 孫引き ) 以下は本からの引用をした人の文章引用 : 『権力者』は、ひそかにーー意識的、無意識的にーー『紛争』のみが人間の潜在的活力を引き出す... 続きを読む
    2434pv 15 2 users 2015年1月20日
  • 科学は定義できるか

    伊勢田:線を引かずに線引を解決する。これが本書の「線引」についての解答であり、本書全体の結論でもある。科学と疑似科学の線引ではありません。伊勢田:「線引」(demarcation)という言葉が示すように、線引は科学と非科学ないし疑似科学との間の明確な境界を設定することを目的としてきた。 しかしながら、そうした方向で線引問... 続きを読む
    5478pv 26 1 2011年1月21日
  • 擬人化コンテンツはどこまでセーフでどこからアウトか問題

    まあ結局のとこ、線引の難しさよなあ。そう軽々に「これはアウト」「これはセーフ」と言えるような話でもなく。線引に明確な線引は存在しないのでそこでは人間の「配慮力」が問われる。「配慮」の名の下に不当な抑圧を食らうことも多いのでそこに反発するのは分かるのだが、時折「オラオラ表現の自由様のお通りじゃ」くらいの勢いの論調がワ... 続きを読む
    15398pv 89 4 users 2017年4月8日
  • 原発事故子ども被災者支援法の問題点 水無月さん解説(2013.7.20)

    基本方針が策定できないのは、法律の対象地域を決めねばならないから…で、結局線引に戻ってくるんだよね。 つまり、本来政治責任で決断すべきだったことを政治が法(行政)に投げ、行政は学に投げ…で今に至ったという面もある。水無月さんの線引に付記すると、線を引いた瞬間に補償問題の積算が来るわけで、これは公害問題特有の取りこぼされた層... 続きを読む
    1303pv 29 1 2013年7月20日
  • 科学と疑似科学の線引き(旧題:小惑星探査機「はやぶさ」のポエム)

    伊勢田:線を引かずに線引を解決する。これが本書の「線引」についての解答であり、本書全体の結論でもある。科学と疑似科学の線引ではありません。科学と疑似科学の線引ではありません。伊勢田:「線引」(demarcation)という言葉が示すように、線引は科学と非科学ないし疑似科学との間の明確な境界を設定することを目的として... 続きを読む
    5382pv 24 14 users 2010年11月17日
  • 「ニセ科学」?「間違った科学」?

    科学であるものとそうでないものが何によって分けられるか,という「線引」はながく科学哲学の中心的な問いであったわけだが,80年くらいの議論の結果は「線引を明確にするのは困難だ」ということになっている(といっても間違いではないと思われる)。RT : 科学であるものとそうでないものが何によって分けられるか,という「線引」はながく科... 続きを読む
    1913pv 2 1 user 2011年1月1日
  • 心理学者からみた「科学とは何か」・・・臓器移植、芦田宏直氏の発言などを踏まえて

    科学と科学でないものを分ける,という線引は20世紀前半の科学哲学の中心問題だったけど,戦後は「明確な線引は不可能」というのが定説になっている。その上で「科学っぽいもの」の特徴がどこにあるのかの議論が「研究の規範」と「研究者コミュニティ」の大きく2方向から論じられてる。 続きを読む
    1764pv 1 user 2010年11月18日
  • 科学哲学ノート

    科学哲学における線引の現代的展開 "論理実証主義やポパーの反証主義以来、いわゆる線引(the demarcation problem)…"科学哲学は、線引とか実在論争、glueのパラドックスみたいな、科学全体に関わる問題は、科学に対する深い洞察を含んでいて猛烈に面白いと思うんだけど、量子論の哲学とか、進化論の哲学とか各論になると、急に興味が醒めてしまう。... 続きを読む
    17772pv 187 57 users 2 2011年3月1日
  • 渡邊先生のつぶやき 行動分析学と「工学」という概念との関係性

    ごくごく普通の,科学哲学の「線引」で言われるような定義で考えています。 RT : 先生にとって科学とは?たとえば動物の行動分析には比較行動科学としての側面もあるわけだし,進化や適応というもっと大きな問題と学習との関係を考えるときにはその「イマジネーション」が求められる。これは「基礎科学」としての性質なんでしょうね。晩年のスキナーは... 続きを読む
    1800pv 2 2011年7月26日
  • 2011年1月15日水俣病の健康調査の必要性を問うシンポ

    線引あり。一時金支払いはどうなる?連帯責任がある国と県の責任は?水俣病の健康調査の必要性を問うシンポジウム開催 低濃度暴露の問題 差別問題も大きい病気が差別を生む社会の問題も大きいですね。汚染の証拠 微量汚染問題 カサゴの水銀濃度も下がっていない。チッソ分社化の問題点と課題 責任遂行をどう担保するか 東京経済大学除本教授の講演水俣... 続きを読む
    1200pv 3 2011年1月15日
  • 他者の意見を正確に伝えてないときは名前を出すべきでないか

    「狭い意味での方法論だけで「切り分け」たいという問題関心」は「特殊な問題関心」だとおっしゃいますが、ご著書7ページにこうあります「第一の方法論の問題は、線引の核心でもあり、また科学哲学の核心でもある問題なので、広い意味で方法論によって科学と疑似科学を線引しようというのは確かに重要な問題意識になってきました。しかし早川さんは... 続きを読む
    2246pv 21 2 users 2011年1月20日
  • 渡邊芳之さんの科学論(自然科学・社会科学・人文科学)

    科学であるものとそうでないものが何によって分けられるか,という「線引」はながく科学哲学の中心的な問いであったわけだが,80年くらいの議論の結果は「線引を明確にするのは困難だ」ということになっている(といっても間違いではないと思われる)。「狭い意味での方法論だけで「切り分け」たいという問題関心」は「特殊な問題関心」だとおっしゃ... 続きを読む
    12863pv 34 15 users 4 2011年1月4日
  • 法律家・高嶌先生による"「子ども被災者・支援法」の早期具現化を求む"

    基本方針が策定できないのは、法律の対象地域を決めねばならないから…で、結局線引に戻ってくるんだよね。 つまり、本来政治責任で決断すべきだったことを政治が法(行政)に投げ、行政は学に投げ…で今に至ったという面もある。水無月さんの線引に付記すると、線を引いた瞬間に補償問題の積算が来るわけで、これは公害問題特有の取りこぼされた層... 続きを読む
    680pv 9 2013年7月20日
  • 晒し上げと正義の側に付く痛い子の話

    ま、実はワシぐらいのアホになると、定性的、定量的の切り分けを質的にするか量的にするかの線引であぎゃぎゃっぎゃ☆になってメタ化してうわおまえなにをするくぁwせdrftgyふじこ 続きを読む
    1593pv 2 2011年7月20日
  • オリンピックと日韓問題について

    太い経済協力で繋がった同盟国てことで仲間意識のなぁなぁで融通きかせてるつもりなのかも知れないけど、領土問題線引でなぁなぁをしちゃうとお互いのために良くないんじゃ?韓国も今後引けない一線を上げちゃった訳で、国内世論と政治経済の解離を防ぐ手だてを失って不安定化するのでは。米と自民の思惑を飲んで増税とFTAを通すのも、その駆け引き... 続きを読む
    1339pv 1 2012年8月14日
  • 登山(特に雪山滑走)におけるGPS活用論議

    線引は至るところにありますね。BCのアプローチでも、オールハイクなのか、リフトを使うのか、スノーモービルまで使うのか…。とは言っても、現地までは車だったりするわけだけど。まぁ、自分なりの掟ですか。上の例だとスノーモービルはなしかな。でも林道10キロとかいったら揺らぐなぁ…登山において、現在地確認にGPSはアウトでコンパスや高度計+紙... 続きを読む
    4533pv 6 2012年10月3日
  • ベイマックス同時上映の短編映画「愛犬とごちそう」がペット虐待作品らしい?

    んー、こういうの「子供が真似する」的な批判って、なんつーかこう、オタク界隈だと過度に嫌がられる風潮は最近あるよなーというのは感じてて、まあ線引の難しい所な訳ですが、ふぅむ。まあ要するに何の話かってーと、元々フィクション内の倫理性をどうするかって問題自体が結構難しいところなんだけど、そもそも世間倫理の方自体がここ10年20年... 続きを読む
    50676pv 127 9 users 6 2014年12月25日
  • ishikawakzによるジブリ映画『かぐや姫の物語』感想等

    水俣病救済の対象地域の「線引」について、今朝の朝日新聞に記事があります。最初の認定から50年以上過ぎてもなお揉めている。原発事故の放射能被曝被害の認定が、この先どれだけ長期間にわたって紛争になり続けるのかを暗示しています。3 かぐや姫 人類の欲望、権力、生きる意味の問題を深く問い、帝にもnoをつきつける作品を311直後に亡くなった日本テ... 続きを読む
    1851pv 28 2 2013年12月31日
  • ynabe39氏との会話 "「まだ科学で解明できない」と「科学でない」との違いはなんですか? あるいは「科学で解明で..

    「検証可能性」「反証可能性」「線引」。 RT : 検証できる方法が「無い」と言えませんよ。悪魔の証明になります。 続きを読む
    5127pv 54 2011年6月18日
  • どぶろっくのネタと痴漢犯罪者心理の同一性はどこまで拡大解釈して良いか?

    線引って難しいからグレーゾーンも多いし、何度も言うけど身も蓋も無い話するとどんな表現だって誰かを傷つけてるんだよ。でも少なくともどぶろっくのネタと普段私がちょいちょい批判してるイジメ構図そのまんまのネタとは、それぞれお互いに「線」を大きく超えた所にあると思うよ。お笑いがそもそもグレーなものであるとして、どこに線を引くかは微... 続きを読む
    26568pv 147 37 users 12 2014年8月19日
  • 麻疹とビタミンK欠乏疾患の社会現象

    さて、科学とニセ科学の線引ですが、菊池さんらのグループが始めたというより、昔からあったようです。 「反証可能性」や「フロイト批判」などは科学哲学者のポパーが提唱したことですよね。 (1/8)早川さんの問題意識の中に、どんな分野でも難しい定義問題線引が含まれてると推測します。ニセ科学に置いては菊池さんらがグレーゾーンを広めに取る... 続きを読む
    2551pv 3 5 users 2010年7月17日
  • 伊勢田先生の集中講義@駒場2011.08

    僕でも前から知ってた仕事は、例えば「線引の逝去」の主張(科学の定義として必要十分条件を与えるのは不可能)とか、悲観的帰納法の提唱(天動説だってエーテルだって間違ってたんだから、現在受容されてる科学理論だってどうせそのうち間違いだって分かるでしょ)とか。疑似科学と科学の線引。2003年の本で扱った話もカバーしつつ最近やってる研究... 続きを読む
    3408pv 33 9 users 1 2011年8月5日
  • 渡邊芳之先生ynabe39の「あなたの命にはもう価値がないので別の価値ある命のためにあなたの命を捨ててください、とい..

    線引」というのはどの分野のどのような問題でもけっきょく「妥協点を探る」ことにしかならない。ただそこで「自分が決めた」と感じることにはなんの問題もない。問題は「あなたが決めた」と他人に言われることだ。ドナーカードを携帯する善意の市民の気分を害さずにそのことの問題を指摘するのは難しいよね。 続きを読む
    3424pv 9 1 user 1 2012年4月6日
  • 渡邊芳之先生ynabe39の「自分も学部生の時には「この先生バカだなあ」みたいなことばかり考えていたが、その8割くら..

    科学哲学や科学論でいう「科学の定義」や「科学と科学でないものの線引」でも「科学」はその意味で使われてきた。原発問題も。科学かどうかは「方法の問題」ですからちょっと論点が違いますね。これは日本語の「科学」という言葉の出自やその後の用法とも関係する問題。まあ,語p都合の科学では、そこまで問題意識持たなくてもいいけど,批判思考の名... 続きを読む
    3500pv 14 1 user 1 2013年10月31日
  • 東北学院大学の小宮友根先生のイキリっぷりが一部で話題になっている中、きちんと千田先生批判を行っていた論文が今頃話題に

    「規制」の線引にのみこだわってみせるというのは、後者の水準での問題提起を無視して(今回の件であればおよそ現実的でない)「規制の要求」へと問題提起を矮小化することで、よくある戯画化されたフェミニスト像を再生産することになっているので、その点が批判されているのだと思います。個人的にはこれは人の問題というよりはtwitterというアーキテ... 続きを読む
    13856pv 12 3 users 15 2019年10月23日
1 ・・ 25 次へ