Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「長瀧重信」の検索結果

まとめの中から「長瀧重信」の検索結果を表示しています。

  • 【長瀧重信氏は長崎の甲状腺調査で何を得たのか?】②

    1【長瀧氏は長崎の甲状腺調査で何を得たのか?】②長瀧氏は原爆による被曝が疑われる長崎の住民では、甲状腺の結節からがんが出る割合が通常の20倍も大きいと述べている。この知見は現在の福島の調査で結節が見出された子供にどう関わるのか?2【長瀧氏は長崎の甲状腺調査で何を得たのか?】②長瀧氏は1988年に北京と台北で行われた核医学会議で甲... 続きを読む
    4493pv 38 3 2012年11月1日
  • 【長瀧重信氏は長崎の甲状腺調査で何を得たのか?】③

    3【長瀧氏は長崎の甲状腺調査で何を得たのか?】③今泉美彩(放影研)・宇佐俊郎(長崎大第1内科)らと長瀧氏の共著論文で原爆被爆者の甲状腺の結節ががんになる率が20倍以上という論文は以下。1【長瀧氏は長崎の甲状腺調査で何を得たのか?】③長崎で甲状腺のスクリーニング調査に取り組んだ長瀧氏だが、2012年刊の同氏著『原子力災害に学ぶ放射線... 続きを読む
    4387pv 34 3 2012年11月2日
  • 【長瀧重信氏が回顧する3.11後の放射能対策①】

    1【長瀧氏が回顧する3.11後の放射能対策①】長瀧氏5月2日掲載「原子力災害専門家に就任して4年目を迎えるにあたって(その1)3年間を振り返って」 「首相官邸・原子力災害専門家グループ」コメント第64回4【長瀧氏が回顧する3.11後放射能対策①】2)政府がとって来た対策は長瀧氏(ら)の考えに沿って展開されてきたとの前提。3年間の5つのコ... 続きを読む
    1250pv 29 2 users 3 2014年5月6日
  • 2011/4/26 長瀧重信氏講演会 原発事故と放射線の健康影響について 東大三鷹クラブ第95回会員懇談会

    #長瀧メモ:原発事故と放射線の健康影響について 長瀧 平成23年4月26日 東大三鷹クラブ第95回会員懇談会(特別講演).pdf #長瀧(了 p.27 #長瀧#長瀧 スライド:何をすべきか 何が出来るか #SnapCrabスライド:原子力、放射線関連の法律 #長瀧 #SnapCrabスライド:IAEAの報告に対する日本の報道 #長瀧 #SnapCrab原発事故と放射線の健康影響について ... 続きを読む
    1513pv 20 2013年1月5日
  • 【長瀧重信氏は長崎の甲状腺調査で何を得たのか?】①

    1【長瀧氏は長崎の甲状腺調査で何を得たのか?】長崎大赴任後の原爆による甲状腺被害調査につき長瀧氏は座談会「笹川チェルノブイリ医療協力事業を振り返って」(2006年) で重要な事を語っている。長瀧「私が長崎へ行って半年ぐらいで重松先生が」2【長瀧氏は長崎の甲状腺…何を…?】①「広島((財)放射線影響研究所、1981)へいらしたのですね... 続きを読む
    6017pv 50 1 user 21 2012年10月27日
  • 【高橋真理子氏「批判にひるまず自らの主張を貫いた長瀧重信さん―放射線の健康影響問題をライフワークとし、戦い続ける最中..

    1【高橋真理子氏「批判にひるまず自らの主張を貫いた長瀧さん―放射線の健康影響問題をライフワークとし、戦い続ける最中に急逝」】 「科学論の立場から批判の先頭に立ったのが宗教学者の島薗進・東大教授(当時)だった。しかし」6【高橋真理子氏「批判にひるまず自らの主張を貫いた長瀧さん―放射線の健康影響問題をライフワークとし、戦い続け... 続きを読む
    2863pv 51 26 2016年11月21日
  • 東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議 第2回議事録中の長瀧重信氏発言に関して

    11長瀧氏らのスクリーニング検査。放影研のデータで甲状腺の結節がある人の内、がん発症者の割合はどれぐらいかを調べた。今泉美彩(放影研)・宇佐俊郎(長崎大第)らとの共著論文 以下に紹介 。7初期甲状腺被曝測定の不確かさに関わり長瀧座長や中村直司委員について『科学』誌の関連記事→ 測定の仕方とその妥当性についての長瀧座長、中村尚... 続きを読む
    1327pv 21 1 user 18 2014年2月20日
  • 高岡 滋先生による「 『医学のあゆみ』12/3特集・長瀧重信「はじめに」」に対するツイートまとめ

    「島薗進氏『医学のあゆみ』12/3特集・長瀧「はじめに」批判のまとめ」をトゥギャりました。『医学のあゆみ』12/3特集・長瀧「はじめに」…島薗進氏のコメントと重複するところもありますが、私の感想をツイートします。この長瀧氏の文章に「予防」の言葉は出てこない。「調査」、「研究」の言葉は…する長瀧氏に、IAEAやUNSCEARから独立して調査・研究す... 続きを読む
    5367pv 173 2 users 1 2012年1月7日
  • [2014年7月号 月刊誌 原子力文化 インタビュー] について

    長瀧氏:しかし、このモデルで一番抜けているのは、日本人がコンブをよく食べるということです。 こだわるな、ホントに・・長瀧氏は,こんな人2。 のとおり,放影研の成果として広島・長崎での発がん,非がん影響ありと書いていた人。ところが,福島原発震災がおこったあとは,政府低線量ワーキングの座長として非がん影響は知らんぷり。長瀧氏... 続きを読む
    3876pv 126 3 users 27 2014年7月20日
  • 長瀧重信「原子力災害に学ぶ放射線の健康影響とその対策」より

    『原子力災害に学ぶ放射線の健康影響とその対策』 長瀧 2012 これが決定版なんだろな。書評→ google books で p30 まで読めるけど、面白いのはそれ以降【放射線群書類従】原子力災害に学ぶ 放射線の健康影響とその対策 長瀧 データ〜サイエンス〜ポリシー〜とつながる過程が淡々と語られた後の明確な主張:社会に対しては国際的な合意を提言すべき。個人の業... 続きを読む
    5216pv 69 4 users 22 2013年6月27日
  • 「長崎大名誉教授の長瀧重信さん死去 原発事故の被害調査」

    長瀧氏が死にました。長崎大名誉教授、長瀧の重罪。世界の甲状腺癌の現状 長瀧 南無阿弥陀仏重松逸造が亡くなり、長瀧も去った。次は山下俊一、お前だ。→長崎大名誉教授の長瀧さん死去 原発事故の被害調査:朝日新聞デジタル訃報:長瀧さん84歳=放影研元理事長第5回 国際専門家会議 ー 長瀧氏、ジェリー・トーマス氏長崎大名誉... 続きを読む
    6637pv 24 2016年11月15日
  • 「批判にひるまず自らの主張を貫いた長瀧重信さん」(WEBRONZA、高橋真理子さん)

    批判にひるまず自らの主張を貫いた長瀧さん - 高橋真理子|WEBRONZA - 朝日新聞社批判にひるまず自らの主張を貫いた長瀧さん - 高橋真理子|WEBRONZA - 朝日新聞社●批判にひるまず自らの主張を貫いた長瀧さん - 高橋真理子|WEBRONZA - 朝日新聞社批判にひるまず自らの主張を貫いた長瀧さん - 高橋真理子|WEBRONZA - 朝日新聞社批判にひるまず自らの主張を貫... 続きを読む
    2435pv 7 2016年11月22日
  • 長瀧重信の「科学」を批判する-島園進教授

    1政治的合意を「科学」として説く放射線影響学『医学のあゆみ』239(10)12/3長瀧氏「はじめに」批判Ⅴ 長瀧氏は多様な科学的評価があるのに一つの立場を唯一の国際的に合意された科学的評価としてそれに従うべきだという。2政治的合意を「科学」として説く放射線影響専門家『医学のあゆみ』12/3長瀧「はじめに」批判Ⅴ。チェルノブイリの放射能被害について... 続きを読む
    6146pv 67 3 users 1 2011年12月27日
  • 【長瀧重信氏と山下氏のリスコミ経験】③

    12【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】③専門家への不信に対して責任を認めない姿勢は、長瀧氏の場合、1990年から91年に固められている。重松逸造『日本の疫学』と長瀧『原子力災害に学ぶ放射能の健康影響とその対策』は「不安をなくす」という第1義にそって事実を「知らせない」14【長瀧氏と山下氏のリスコミ経験】③チェルノブイリに関わ... 続きを読む
    1642pv 17 7 2012年8月15日
  • 【長瀧重信氏と山下俊一氏のリスコミ経験】②

    1【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】②長崎大学で山下俊一氏教授の前任者であり甲状腺の専門家である長瀧氏は福島原発以後政府の対策の中心人物(首相官邸HP) 。12/15に報告書を出した「低線量被ばくのリスク管理に関するWG」の座長。4【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】②だが長瀧氏の放射線被害との本格的関わりはチェルノブイリ事故後... 続きを読む
    2234pv 114 1 user 2012年8月13日
  • 【長瀧重信氏と山下俊一氏のリスコミ経験】④

    1【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】④チェルノブイリにおいて長瀧氏は「不安をなくす」ことを至上命題として調査を行い健康被害が放射線によるものと疫学的に証明出来ない限り、できるだけ「認めない」という方針を立てた。甲状腺癌についても放射線との因果関係をなかなか認めなかった。2【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】④長瀧著『原... 続きを読む
    1342pv 21 2012年8月17日
  • 長瀧重信氏逝去に関して

    5その後、長瀧氏への批判的論考を続けてまとめてきた。「『医学のあゆみ』12/3特集・長瀧「はじめに」批判のまとめ」、「低線量被ばくリスクWG主査長瀧氏の科学論を批判する」1長瀧氏、逝去。 福島原発事故後の放射線の健康影響について、政府側の専門家として中核的な役割を担った。長崎大の関与は同氏がいたからこそ。山下俊一氏とともにチェ... 続きを読む
    3154pv 38 7 users 10 2016年11月19日
  • 長瀧重信: “放射線の人体に対する影響:広島・長崎、チェルノブイリの経験から福島を考える” 2012/02/19

    私の経験、私の立場: 長瀧 2/67 2012/02/19長瀧 54/67 2012/02/19: 長瀧 24/67 2012/02/19長瀧「原爆による死傷者、放射線の影響はごく一部」科学者の社会的責任: 長瀧 3/67 2012/02/19原爆の急性影響: 長瀧 8/67 2012/02/19長瀧「その一方、儲け主義的観点から不安を無用に煽る向きもある」調査集団の内訳: 長瀧 11/67 2012/02/19原爆のエネルギー分布:... 続きを読む
    2990pv 17 2012年3月8日
  • 島薗進氏『医学のあゆみ』12/3特集・長瀧重信「はじめに」批判のまとめ

    1『医学のあゆみ』239(10)12/3刊は長瀧氏の企画で「原発事故の健康リスクとリスク・コミュニケーション」特集。これは放射線医学・影響学の安全派専門家が結集し安全論の正当化を図ったもの。だが、強引な議論が多く逆に安全論の破綻を露呈。1政治的合意を「科学」として説く放射線影響学『医学のあゆみ』239(10)12/3長瀧氏「はじめに」批判Ⅴ 長瀧氏は多... 続きを読む
    11001pv 202 3 users 22 2012年1月5日
  • 【長瀧重信氏と山下俊一氏のリスコミ経験】⑥

    1【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】⑥長瀧氏の指導の下、その「手足となって」働いた(下記資料での本人の弁)山下俊一氏は、とにかく住民を「安心させる」ことを至上命題としてチェルノブイリでの検査・調査にあたった。「すぐに感謝されたのはセシウム137をホールボディカウンターで2【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】⑥「測定して... 続きを読む
    1193pv 9 2012年8月22日
  • 【長瀧重信氏と山下俊一氏のリスコミ経験】⑧

    1【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】⑧柴田義貞編『放射線リスクコミュニケーション』長崎大COE刊(2012)は、放射線リスク制御という枠組みの中で、原子力推進のためのリスコミに取り組み社会に貢献するという長崎大医学系の中心戦略を、山下氏が牽引するという方針に基づくもの。2【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】⑧では、山下氏のリスコ... 続きを読む
    2912pv 56 8 2012年8月25日
  • 【長瀧重信氏と山下俊一氏のリスコミ経験】①

    2【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】①3)政府に協力する原発=放射線領域の専門家群の中で医学系でまとまった人員をもつのが長崎大脈であったことによるか?尚長崎大では2002年より21世紀COE「放射線医療科学国際コンソーシアム」4【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】①「教育・研究拠点の中核に位置付けられている」 ちなみに21世紀C... 続きを読む
    3070pv 139 1 user 11 2012年8月13日
  • 【長瀧重信氏と山下俊一氏のリスコミ経験】⑤

    1【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】⑤2004年12月に行われた1991年以来の笹川チェルノブイリ医療協力事業を振り返る座談会 で、長瀧氏は甲状腺の検査をするかしないかにつき重要な発言。治療できないなら検査をしても心配が増えるだけと。7【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】⑤しかし、長瀧氏はここで「精神的影響」に固執。つまり、心配を招く... 続きを読む
    2692pv 76 13 2012年8月20日
  • 【長瀧重信氏と山下俊一氏のリスコミ経験】⑦

    1【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】⑦長崎大のグローバルCOE「放射線健康リスク制御国際戦略拠点」ではリスクコミュニケーションを取り上げ、2009年と10年に講演会や座談会を行いその記録を冊子に。2012年にはその合冊版柴田義貞編『放射線リスクコミュニケーション』刊行。2【長瀧氏と山下俊一氏のリスコミ経験】⑦『放射線リスクコミュニケ... 続きを読む
    1058pv 8 2012年8月24日
  • 2012年2月19日 東京大学大学院 理工農医4研究科合同公開講座 「放射線を知る」 実況まとめ。

    長瀧「原爆による死傷者、放射線の影響はごく一部」長瀧「その一方、儲け主義的観点から不安を無用に煽る向きもある」長瀧「年間1ミリシーベルト以上危険というのは、全く科学的根拠ない」#0219_UT 最後に、長崎大の長瀧氏から「放射線の人体に対する影響」です。長瀧「論文こんなのが出たとそのたびに社会に伝え一喜一憂していたのでは... 続きを読む
    3271pv 28 2012年2月20日
1 ・・ 17 次へ