「SARS-CoV-2」の検索結果

まとめの中から「SARS-CoV-2」の検索結果を表示しています。

  • 抗体検査キットはSARS-Cov-2を他のコロナウイルスと区別できるのか?

    そりゃね.SARS-CoV-2とSARS-CoV-1も,HCoV-OC43およびHCoV-HKU1というヒトに感染するベータコロナウイルスの配列は類似していて,PCRはほかのウイルスにない特徴的な配列を見ているが,抗体はどの配列が抗原決定機になっているのか不明.なのでほかのウイルスところが.普通は抗体はコロナちゃんの外側のとげとげちゃんに対して作られるものが効率が良いので,とげとげち... 続きを読む
    1314pv 6 2020年5月11日
  • 新型コロナウイルスは変異を繰り返している

    これまでにほとんど不変のままであるSARS-CoV-2ゲノム領域とすでに多くの多様性を蓄積している領域が分かっている。抄録しか読んでませんがwww Emergence of genomic diversity and recurrent mutations in SARS-CoV-2●動物から人へSARS-CoV-2ががジャンプしたのは昨年10~12月の間 →遺伝子データベースの解析結果です。 これでかなり以前から感染が広がっていたという説は否定された形のよ... 続きを読む
    1200pv 9 2020年5月8日
  • ファイザー開発の新型コロナ治療薬候補(メインプロテアーゼ阻害剤)PF-07321332への期待

    新型コロナウイルス(SARS-CoV-2|COVID-19)。ファイザー開発の新型コロナ治療薬候補PF-07321332(メインプロテアーゼ阻害剤)。Jmol新型コロナウイルス(SARS-CoV-2|COVID-19)。GIGAZINE『ファイザーが開発する経口投与の新型コロナ治療薬「PF-07321332」とは?』新型コロナウイルス(SARS-CoV-2|COVID-19)。Forbes JAPAN『自宅で服用可能な「コロナ治療薬」、ファイザーが年内にも発売... 続きを読む
    872pv 1 2021年5月1日
  • 【コロナの存在証明】SARS-COV-2の存在証明「見つかりませんでした」

    🇺🇸CDC SARS-COV-2の存在証明 「見つかりませんでした」2020/11/02東京都知事・小池百合子 SARS-COV-2の存在証明 「存在しない」令和3年4月9日🇯🇵厚生労働省 SARS-COV-2の存在証明に【無効のものを提示】 2020/12/21🇨🇦カナダ保健省 SARS-COV-2の存在証明 「見つかりませんでした」2020/08/02🇬🇧イギリス政府科学局 SARS-COV-2の存在証明 「持っていません」2021/03/21🇳🇱オランダ保... 続きを読む
    2160pv 1 2021年8月5日
  • 【論文】SARS-CoV-2と他の呼吸器病原体の同時感染率(2020.4.18作成) #新型コロナウイルス

    SARS-CoV-2陰性1101検体中294が、非SARS-CoV-2病原体陽性。SARS-CoV-2陽性の115人中23人(20.0%)で、そしてSARS-CoV-2陰性の1091人中292人(26.8%)で、非SARS-CoV-2も陽性だった。SARS-CoV-2以外のウイルスに感染したが回復しつつある時にSARS-CoV-2にも感染したとしたら、他のウイルスに陽性でSARS-CoV-2陰性だからと言って、臨床的に疑われるのにSARS-CoV-2感染を排除してはいけないというこ... 続きを読む
    393pv 6 2020年4月18日
  • 【Frontiers】ACE-2の体内局在化:SARS-CoV-2の鍵穴を追う(2020.12.24作成)

    Chenらは、唾液腺から直接唾液を採取し、SARS-CoV-2核酸を発見し、唾液腺がSARS-CoV-2に感染していたという仮説を立てた。SARS-CoV-2感染症における眼症状の存在と有病率については、まだ議論の余地がある。 SARS-CoV-2陽性患者のごく一部(約1~6%)が結膜炎を発症したと報告されているにもかかわらず、他の研究ではSARS-CoV-2入院患者の31%までが結膜炎を呈したと報告されてい... 続きを読む
    458pv 1 2020年12月24日
  • 新型コロナの増殖抑える抗体 花王や北里大などが開発 各国の抗体開発など

    #SARSCoV2 #COVID19 #Raphael_js #SVG 新型コロナSARS-CoV-2学習用Webコンテンツの製作 ヒト細胞表面の受容体ACE2(PDB:6M17)に対してウイルスのスパイク蛋白(PDB:6VSB)が ①結合する場合,②粒子が素通りする,③粒子が付近イスラエルの研究所が、コロナウイルス(SARS-CoV-2)を中和するモノクローナル抗体を発見したというニュース。世界市場での流通計画の一環として、インド、... 続きを読む
    1538pv 9 2020年5月8日
  • 【Lancet】SARS-CoV-2の空中伝播を支持する10の科学的理由 (2021.4.19作成) #新型コロナウ..

    6⃣ ●第6は、空気中に生存するSARS-CoV-2が検出されたことです。 ●実験室での実験では、SARS-CoV-2は空気中で最大3時間感染力を維持し、半減期は1.1時間でした。 18/実際、SARS-CoV-2のR0値には過剰分散が見られている。●SARS-CoV-2の呼吸器系ウイルス量に大きなばらつきがあることは、SARS-CoV-2のR0(約2.5と推定)が、麻疹のR0 (約15と推定)よりも低いため、空気感染しないとする... 続きを読む
    715pv 8 2021年4月19日
  • 新型コロナは全身の血管に炎症をおこす。そして血栓症も引き起こす。

    SARS-CoV-2はSPとCD147を介した第2の感染経路も有しており、これによる感染もあるかもしれません。SARS-CoV-2感染症において呼吸器疾患に加え重要な脅威として急速に浮上している心血管合併症はのメカニズムについて示唆を与える論文を紹介します. COVID-19における血管内皮細胞感染 さんからCOVID19の原因であるSARS-CoV-2ウイルスは、肺だけでなく、全身の血管内皮細胞に感... 続きを読む
    3048pv 18 1 user 2020年4月24日
  • 【論文】PNAS「COVID-19拡散の主要経路としての空気感染」と、「実効再生産数バラつきに関する仮説」(2020..

    『エアロゾルでのSARS-CoV-2の生存能力と高い感染能力維持』『CDC 早期リリース 韓国コールセンターでの新型コロナウイルス集団感染分析』(2020.4.27作成) エアロゾルで16時間生存かつ感染力維持いずれもpreprintから Clustering and superspreading potential of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) infections in Hong Kongしかし、個々の再生産数はばらつきが大きく多人数に感染させ... 続きを読む
    2242pv 38 2020年6月13日
  • 新型コロナウイルス (COVID-19, nCoV, SARS-CoV-2) 治療薬・ワクチン開発に向けた動き

    #Cell #COVID2019 #SARSCoV2おお、SARS-CoV-2の感染を阻害するヒトモノクローナル抗体の論文がBioRxivに!👍👍👍。親和性は10 nM前後。SARS-CoV-2を用いて免疫し作成したものではなく、SARSに対する抗体の中からSARS-CoV-2にも効くものを探索した模様。SARS-CoV-2の細胞侵入にはセリンプロテアーゼTMPRSS2が必要であり、その阻害剤カモスタットや類縁薬ナファモスタット等はCOVID-19治療薬... 続きを読む
    4632pv 75 1 user 2020年3月11日
  • 【JAMA】SARS-CoV-2感染の年齢と小児の家庭内感染の関連(2021.8.23作成)

    SARS-CoV-2と確定診断された18歳未満の小児(index case)がいる家族を対象とした。・SARS-CoV-2の小児の家庭内感染についてはまだ研究が不十分である。今回、年長児と年少児において家庭内感染のリスクに差があるかどうかを検討した。Association of Age and Pediatric Household Transmission of SARS-CoV-2 Infection[Memo******] Association of Age and Pediatric Household Transmission of SARS-CoV-2 Infection----- ・SARS-CoV-2... 続きを読む
    384pv 9 2021年8月23日
  • 【science】ヒトにおけるSARS-CoV-2に対する既存および新規の交差反応性抗体(子供、若年層が重症化しにく..

    特に、SARS-CoV-2に感染していないドナー血清は、SARS-CoV-2およびSARS-CoV-2Sシュードタイプに対して特異的な中和活性を示した。SARS-CoV-2蛋白質を認識する抗体の多様なアッセイを使用し、既存の体液性免疫を検出する。SARS-CoV-2スパイク糖蛋白質(S)反応性抗体は、SARS-CoV-2に感染していない個人で対照的に、SARS-CoV-2感染は、S1およびS2サブユニットの両方を標的とする、より... 続きを読む
    487pv 7 2020年11月10日
  • 【2021.4.16 JAMA】屋内空気交換とSARS-CoV-2感染への影響の可能性(2021.4.19作成) #..

    SARS-CoV-2の場合、3人以上の感染者が発生した大部分は屋内で過ごした時間と関連しており、SARS-CoV-2の遠距離の空気感染(屋内であっても6ftを超える範囲と定義)が発生していることが確認されている。 2/2021.4.16 JAMA [Indoor Air Changes and Potential Implications for SARS-CoV-2 Transmission] [屋内空気交換とSARS-CoV-2感染への影響の可能性] Joseph Allen先生ら ✅エアロゾル⚡️【屋内空気交換と... 続きを読む
    461pv 5 2021年4月19日
  • 【物体表面での生存期間】インフルよりしぶとい新型コロナウイルス SARS-CoV-2 (2020.10.14作成)

    タイプの表面におけるSARS-CoV-2の環境安定性Survival of SARS-CoV-2 and influenza virus on the human skin: Importance of hand hygiene in COVID-19 Open Access[Memo******] The effect of temperature on persistence of SARS-CoV-2 on common surfaces Open Access *All experiments were carried out in the dark新型コロナウイルスは皮膚で9時間活動し続ける 「試料を粘液と混合した場合、SARS-CoV-2は皮膚サンプル上で約11時間生存したが、インフ... 続きを読む
    681pv 10 1 user 2020年10月14日
  • 新型コロナウイルス SARS-CoV-2 起源に関する論文と報道(2020.5.6作成)

    Mutations in SARS-CoV-2 offer insights into virus evolutionWe confirm that #SARSCoV2 jumped into humans ~Oct/Nov 2019 in China.Emergence of genomic diversity and recurrent mutations in SARS-CoV-2 - ScienceDirectEmergence of genomic diversity and recurrent mutations in SARS-CoV-2, Infection, Genetics and Evolution (2020).We searched for invariant targets for vaccines/drugs, and evidence for adaptation of #SARSCoV2 to its human host. (1/3)We identified subset of ~200 mutations that independentl... 続きを読む
    362pv 3 2020年5月6日
  • なぜコロナウイルスが、世界中に広まったのか(2020.3.24作成) 新型コロナウイルス COVID-19 SARS..

    「なぜSARSSARS-CoV-2はこんなに悪性の感染症なのに,OC43は鼻風邪しか引き起こさないのかということは全く分かっていないというIt's early days, of course, but this serves as a rough preliminary portrait of SARS-CoV-2.たった一つ例外の可能性もある.シンガポールのCOVID19患者から分離された2-3のSARS-CoV-2ウィルスの系統にはSARS-classicの流行の晩期にも失われたある長さの遺伝子を欠失してい... 続きを読む
    2526pv 9 1 2020年3月24日
  • 【論文プレプリントとNYT記事】ヒトおよびマウスの脳におけるSARS-CoV-2の神経浸潤 Yale大学の岩崎明子教..

    ここでは、SARS-CoV-2の脳への感染能力を皮質ニューロンでSARS-CoV-2を検出し、最小限の免疫細胞浸潤を伴う感染に関連した病理学的特徴を示した。 これらの結果は、SARS-CoV2の神経侵襲能力を証明するものであり、SARS-CoV-2が神経細胞に直接感染することによる予期せぬ結果を示している。剖検所見:脳のニューロンがSARS-CoV-2に感染している👇🏽…Neuroinvasion of SARS-CoV-2 in hum... 続きを読む
    813pv 22 2020年9月12日
  • 【論文(Letter)】SARS-CoV-2の空気感染(2020.10.6作成) #新型コロナウイルス

    Airborne transmission of SARS-CoV-2 | Science SARS-CoV-2の吸入がCOVID-19の主要な感染経路を表すという圧倒的な証拠がある。Science [Airborne transmission of SARS-CoV-2] [SARS-CoV-2のエアボーン・空気感染] Kimberly A. Prather 先生 Linsey C. Marr先生 Donald K. Milton先生らCOVID-19 patients recruited in Beijing exhaled millions of SARS-CoV-2 RNA copies into the air per hour.SARS-CoV-2, and these aerosols may serve as a source of transmission of the virus... 続きを読む
    512pv 12 2020年10月6日
  • 【science】ヒトACE2に対するSARS-CoV-2親和性の温度依存性は、COVID-19の進行と臨床転帰を決..

    SARS-CoVはほぼすべての患者に高熱を引き起こすが,SARS-CoV-2は高熱を引き起こさない。COVID-19のウイルスSARS-CoV-2は、SARSのウイルスSARS-CoVと似ているが、重要な違いも。SARS-CoV-2は、ACE2受容体への結合親和性が正常体温(37℃)付近で最大となり、高温(40℃)では低下する、という興味深い研究。これが本当なら、かなり重要。SARSCOVID-19も自然治癒する疾患であり,病原体が生... 続きを読む
    915pv 44 2020年12月23日
  • イベルメクチンはバカにならない

    SARS-CoV-2薬の効果順に記載された表です。当然、まだまだ未完で、これから患者数を増やした検証が必要です。イベルメクチンの予防投与を受けた参加者は、SARS-CoV-2感染を示唆する症状が出るリスクが低かった(6%対15%)。今改めて注目 昨年11月に発表された全インド医科大学ブバネシュワール(AIIMS)が病院職員を対象に行った 「イベルメクチンの予防目的投与」... 続きを読む
    4399pv 10 2021年9月2日
  • 【論文と記事】病室内で生きたSARS-CoV-2が検出。6フィートのソーシャルディスタンシングでは足りない可能性(2..

    International Journal of Infectious Diseases Viable SARS-CoV-2 in the air of a hospital room with COVID-19 patients [COVID-19患者の病室の空気中の生存可能なSARS-CoVViable SARS-CoV-2 in the air of a hospital room with COVID-19 patients #medRxivこれもmissing link Viable SARS-CoV-2 in the air of a hospital room with COVID-19 patients | medRxiv●生存可能な(感染性の)SARS-CoV-2は、COVID-19患者病室内のエアロゾルに存在していた。 ●エアロゾル産生... 続きを読む
    760pv 24 1 user 1 2020年8月12日
  • 要約【SARS-CoV-2の空気を介した感染伝播についての神話の解体】(2021 1/12)

    脳ドック・肺ドック|磯部クリニック|埼玉県深谷市 COVID-19関連追加(2021年1月16日)SARS-CoV-2の空気感染についての神話の解体●SARS-CoV-2に関しては,2つの異なる研究グループが最近,患者病室からのエアロゾルサンプル中に感染性のあるSARS-CoV-2ウイルスが存在することを実証した(★) ●上記の理由により,これらの研究では,他の人が吸入することができる生きた... 続きを読む
    701pv 11 2021年1月16日
  • 【Science】サージカルマスク(フェイスマスク)はSARS-CoV-2の吸入感染を効果的にブロックする(2021..

    SARS-CoV-2の場合、感染者のウイルス量は桁違いのレベルで異なることがある。フェイスマスクはすでに十分に確立された予防策ではあるものの、SARS-CoV-2の感染を軽減するかどうか、その有効性はまだ議論の的となっている。Face masks effectively limit the probability of SARS-CoV-2 transmissionフェイスマスクはSARS-CoV-2感染の可能性を効果的に制限します N95マスクほど保護的ではありま... 続きを読む
    541pv 4 1 user 2021年5月23日
1 ・・ 25 次へ