MIT から低線量被曝影響の研究論文〜自然放射線の400倍でもDNAへの過剰影響なし

MITからマウスで低線量被曝のマウスを用いた研究論文が出され、それと同時に広報からプレスリリースが発表されました。 自然放射線の400倍というレベルでマウスを5週間飼ってもDNAへの過剰な影響は認められなかったというもの。(追記:外部被曝の実験です) 同様の研究はこれまでにもありますが、今回の研究は DNAへの影響の最新の評価法を多数用いているという科学的なものに加え、 ・米国の環境放射続きを読むMITからマウスで低線量被曝のマウスを用いた研究論文が出され、それと同時に広報からプレスリリースが発表されました。 自然放射線の400倍というレベルでマウスを5週間飼ってもDNAへの過剰な影響は認められなかったというもの。(追記:外部被曝の実験です) 同様の研究はこれまでにもありますが、今回の研究は DNAへの影響の最新の評価法を多数用いているという科学的なものに加え、 ・米国の環境放射能の8倍という退避基準は疑問 ・福島での避難は犠牲に見合ったものか疑念を表明 と、明確にしていることで反響を呼んでいます。 反響のツイートと解説のツイートをまとめました。 なお、『DNAへの悪影響なし・ダメージ無し』と書いておられる方もいますが、自然放射線レベルでもDNAへの修飾や切断は起こっていますので、『過剰な影響無し・リスクの増加なし』と読みかえてください。 また、発がん率や寿命についての影響を直接評価した試験ではないことにもご注意ください。 【MIT news】 A new look at prolonged radiation exposure MIT study suggests that at low dose-rate, radiation poses little risk to DNA. http://web.mit.edu/newsoffice/2012/prolonged-radiation-exposure-0515.html 翻訳(GEPR) http://www.gepr.org/ja/contents/20120625-02/ 【原著】 Integrated Molecular Analysis Indicates Undetectable DNA Damage in Mice after Continuous Irradiation at ~400-fold Natural Background Radiation http://ehp03.niehs.nih.gov/article/fetchArticle.action?articleURI=info:doi/10.1289/ehp.1104294 【日本語ブログでの紹介】 MIT(マサチューセッツ工科大学)の新研究は 低線量率放射線被ばくはDNAに対してほとんど害がないことを示している http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-87.html
dna切断 dna修飾 dna 自然放射線
glasscatfish 134167view 229コメント
861
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「経済」に関連するカテゴリー