コメント

  • この手の問題が起きる度、「編集の仕事って何だろ。ラクな商売だな」って毎回思う。
  • 「よくある構図」を100人が一斉に描いたとして、線がピッタリ重なる可能性は限りなくゼロに近いわけで。重ね検証は確認してないけど、並列した画像を見る限り線ピッタリ一致するよねこれ。
  • 担当編集じゃないにしても気付けよなとは思うね。自分たちの作った雑誌をちゃんと読んでないって事なのかな(´・ω・`)
  • 俺あそこの編集部に持ち込みして「絵が古いから」と2度門前払い食らってるんだけど、そっかぁトレパクすればよかったのかァ~ふぅーん
  • 編集者が悪いんじゃない、トレパクする漫画家が悪いんだよ!!編集の仕事はトレパク見つけることじゃなくて面白い漫画を提供できるように漫画家と打ち合わせすることだからな!!!
  • これって編集さんが「参考資料ドゾ」って持ってきてたりしないよね? で漫画家切りたくなったら「こいつトレスだぞー」って事ないよね?
  • @kdenki 「参考資料」を「トレパクの材料」として渡す編集なんていないし、逆に「参考資料」と言われて「トレパクの材料」として受け取る漫画家もいないよ そんなことしてたら世の中トレパクまみれだよ
  • 申し訳ないけどただの読み手としては、読んでる漫画がトレパクかどうか結構どうでもいいです。
  • トレパクしても、絵柄に違和感がないっていうのはある意味すごいな。今風の絵柄をトレースして、自分の絵と近づける落書きをやってみたけど、「コナンの世界にルパンがやって来た」並に違う絵になってしまう。
  • いや、きっとあれだな。トレスしたんじゃなくてこれは偶然の一致、ユングのいう共時性、シンクロニシティってやつなんだよ
  • 技術はあるんだろうから、トレスしないで同じ構図で自分の絵を描けばいいのにと思うんだけどなぁ。トレスした線に自分の絵柄を合わせる方が労力いりそうな気がする。
  • トレスする漫画描きをキモいとバッシングして欲しいんだろうが、トレスを見つけ出す暇人のほうがよほどキモいという現実
  • 手塚先生の言う「漫画の絵とは文字である」から考えたら、トレパクだと騒ぐこと自体が無意味な話じゃなかろうか
  • トレスを見つけ出す暇人のほうがキモいとバッシングして欲しいんだろうが、自説の論拠に手塚先生の名前を持ち出してドヤ顔決めてるワナビーのほうがよほどキモいという現実(このロジックは無限に円環します)
  • ところで、トレスする漫画描きに対して「キモい」とバッシングしている人って、一体何処にいるんですかね?
  • 手塚治虫の言葉は自分の画を「象形文字みたいなもの」と言ったのではなかったかと思います。それは記号的なパターンがあるという意味で、線をなぞるトレスとは異なるものではないでしょうか。興味のある方は、出典元である雑誌「ぱふ」の1979年10月号を古本屋で探してみてください。
  • 文字ならばおおまかな形というところは一致してもその文字の綺麗さや筆跡などに個人差が必ず出るわけで、その個人差こそが漫画でいうところの作家性というやつじゃないですか。なぞり文字に個性は出ませんよね?
  • ぶっちゃけ文章パクった小説だって糾弾されてるんだから、漫画が文字であろうと変わらないよね。
  • 習字や書道の授業でお手本トレスして持っていくと先生に怒られるよ。
  • 臨書という言わば模写がジャンルとして確立してるのにトレスは怒られるのか!w って見分けられるもんなのかな?(´・ω・`)
  • どうやらドヤ顔決めてるワナビーで正解だった模様。Googleブックス(http://books.google.co.jp/)から「手塚治虫 象形文字」で検索してみてください。>手塚治虫対談集3巻(160頁)
  • 臨書は見て倣うモノ。トレスは物理的コピー。書画ならばコピーされた裏面を見るか、あるいはコピー元の手本書を見れば墨が不自然に滲むから判るだろうけど、まあモノの例えレベルの話ですな。