同人誌委託の具体的な金の話

とらのあな規約改訂を発端にした マツダイラアミさんによる同人誌委託の具体的な金の話。+α
66
さらしる @sarasiru

よんでる。専売じゃないと掛け率下げるのか http://goo.gl/bcDsI Togetter - 「とらのあな取り扱い条件変更に伴う界隈の反応」

2011-02-18 17:42:04
井上純一(希有馬) @KEUMAYA

あれ? これ内税になってるから、『とらの恩返し』うけても2%取り分が減ってね? つうか、恩返し分にも課税されるからもっと損してね?http://www.toranoana.jp/2999/20110216_toriatukai.pdf

2011-02-18 17:51:00
井上純一(希有馬) @KEUMAYA

せめて専売なら今のままにしてくれよー(つД`)

2011-02-18 17:52:15
まつえー🍀 @amifiance

ただ最近のとらは、営業に力を入れるか入れないかが販売数に全然反映されないので、「そろそろ追い落とされねえなあ……」とは思ってる。短期爆発力じゃメロリブ、長期展望じゃKブの方が強いしにゃあ

2011-02-18 18:00:54
かしん @hkdmz

誰かとらのあな騒動をガンダムで例えてくれ・・・

2011-02-18 17:51:16
あきまんPLAMAX「GODZ ORDER」神翼騎士団 @akiman7

ニュータイプ専用機になった RT @hkdmz: 誰かとらのあな騒動をガンダムで例えてくれ・・・

2011-02-18 17:53:33
かしん @hkdmz

納得した!! RT @akiman7: ニュータイプ専用機になった RT @hkdmz: 誰かとらのあな騒動をガンダムで例えてくれ・・・

2011-02-18 17:59:48
まつえー🍀 @amifiance

違う。とらのあなはニュータイプ専用機になったんじゃない。フィンファンネルが弱体化した上に処理が重くなって、ニュータイプ能力を圧迫してるんだ。

2011-02-18 18:08:09
まつえー🍀 @amifiance

ああ、でも掛率が内税になってるのはきついな!5%消費税が含まれるってことは、実質60%前後!? うっわー、そりゃないわあ。マジでないわあ……

2011-02-18 18:17:51
まつえー🍀 @amifiance

つーか、2000部以上の専売書いきりでも数%減るのか。誤差とはいえ、2%の額はでかいぞ、これ

2011-02-18 18:19:22
まつえー🍀 @amifiance

よし、よく怒られるんだけど(じゃあやめろ)同人誌委託の具体的な金の話をしよう。サークルの内側の人間じゃないと分かりにくいことだからね

2011-02-18 18:26:11
まつえー🍀 @amifiance

例えば、イベント価格500円、書店価格750円(内税)という本の場合。これの内訳は、(卸値(70%)500円+委託手数料(30%)214円)+消費税36円で出来ている。

2011-02-18 18:28:57
まつえー🍀 @amifiance

このうちからサークルの手に渡るのは卸値500円と消費税から25円。ちなみに(今までの)とらは「言えば消費税くれるけど、言わないとくれない」人だ

2011-02-18 18:29:56
まつえー🍀 @amifiance

つまり、とらに100冊委託して全部売り切れると、サークルには52500円、とらには22500円が手に入ります。

2011-02-18 18:31:54
まつえー🍀 @amifiance

さて、これを、新基準の「非専売委託は内税67%」に変えてみましょう

2011-02-18 18:32:34
まつえー🍀 @amifiance

卸値を500円にすると、本体価格746円+消費税で784円。他の書店より30~40円ほど高くなるね。

2011-02-18 18:34:18
まつえー🍀 @amifiance

これを、店頭価格税込750円の他の書店と横並びにする形で計算してみよう。一冊の卸値は478円。一冊辺り20円

2011-02-18 18:35:47
まつえー🍀 @amifiance

の減収だ。ちなみに内税なので、実は45円の減収だ。100冊だと4500円、1000冊と45000円の減収だ

2011-02-18 18:36:46
まつえー🍀 @amifiance

では、前と同じようにサークルが一冊辺り525円受け取れるようにしてみよう。

2011-02-18 18:37:56
まつえー🍀 @amifiance

卸値525円で本体価格784円+消費税で、店頭価格は823円。他の書店より73円も高くなるんだね。

2011-02-18 18:39:30
まつえー🍀 @amifiance

買い手がどの書店でも同じ価格で手に取れるようにするとサークルが損をする。サークルがどこにでも同じ額で卸すととらで買うお客さんが損をする。

2011-02-18 18:40:47
ぐるり @gururi

@amifiance それってふつーに「とらのあな離れ」が加速するだけのような気がするんですけど……

2011-02-18 18:41:23
まつえー🍀 @amifiance

ちなみに、専売委託でも卸値の消費税が内税扱いになったので、実質5%の減収。2000部以上のサークルでも2%程度の減収なんだねえ

2011-02-18 18:42:09
まつえー🍀 @amifiance

しかし、初動の強さという意味ではとらを外すことは難しいので、少部数のみ追加納品なし、既刊はメロンなどで、というサークルが増えるんじゃないかと RT @gururi: @amifiance それってふつーに「とらのあな離れ」が加速するだけのような気がするんですけど……

2011-02-18 18:43:55
ぐるり @gururi

@amifiance その対応で既に大分とら離れしてる気が……w

2011-02-18 18:45:24
残りを読む(11)

コメント

たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月19日
こういう人たちってどうして税抜本体定価で考えないんだろうなぁ…
0
ワス @wsplus 2011年2月19日
はるぱか(@harupaca)さんによる解りやすいまとめ >「とらのあな」の委託規約改定内容まとめ http://bit.ly/g6X8r7
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月19日
内税の件だけど…いや…税込価格を表示している本もありますがな…後ろよくみなよ…。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月19日
逆に知りたいんですが、今までお店で売るときの本の価格(税込でも税抜でも)設定したことないんですか。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月19日
というか、ISBNも書籍コードもないものを流通させようって言うんだから、むしろ内税でも70%で受けてくれるって、すげえことなんだけれど。書店はぜんぜん商売にならないんだよ?
0
まつえー🍀 @amifiance 2011年2月19日
とらのあなのような同人誌委託販売と一般書店の流通は全く違います。『同人サークルが本を委託納品する』『とらのあなは売れた分から三割の手数料を引いたものを毎月サークルに送金する』『数ヶ月の委託期間が終わったら、サークルに在庫を返却する』という手順です。 また、消費税は今まで全て外税扱いでした。 あと、ISBNがついてるような商業流通作品と委託販売の同人誌は明確に売り場が分けられています。
1
まつえー🍀 @amifiance 2011年2月19日
今までですと、卸値(外税)はサークルがコミケなどで販売している価格内で自由に決めることが出来ました。とらのあな他同人誌委託業者は卸値7:手数料3+消費税を店頭価格として販売し、そこから卸値をサークルに送金するのです。ちなみに、とら以外の業者はこれに卸値+5%を送金してきますがあ、とらのあなは『消費税分も送ってくれ』とサークルがいわないと、しれっと卸値オンリーの額で送ってきます
0
まつえー🍀 @amifiance 2011年2月19日
ちなみに、卸値7:手数料3というのは事実上の業界標準であり、これ以外の比率になる場合は各サークルと営業の交渉の結果でしかありませんでした。 あと、流通って言ってもとらのあなが問屋や中継ぎになるわけではなく、あくまでとらのあな店舗(20店舗くらいだっけ)の店頭および自社通販で取り扱うだけなので、実際は『販売代行』ですね。あと、どの店舗にどれだけ配本するかは虎の穴が一存で決めるので、サークル側に決定権はありません。
0
まつえー🍀 @amifiance 2011年2月19日
同人誌委託業者には最大手であるとらのあな以外にもメロンブックス、Kブックスなどがあり、どこも卸値7:手数料3です。それぞれ自社店舗と自社通販のみで販売を行う業者になります。比率が同じなので、サークルはどこと取引しても同じ卸値で同じ店頭価格にすることが出来たのですが、今回の改訂で『とらのあなとの取引分だけ』、『卸値を下げる』か『店頭価格を上げる』かどちらかを選択せざるを得ないようになった、と言うのが今回の問題です
0
まつえー🍀 @amifiance 2011年2月19日
まあ、あれだ。自費出版を一般書店で店頭販売してもらうってのとはちょっと違うんですよ。中次や問屋というものが全く存在しないので、一般書籍のお金の流れでイメージするとおかしなことになります。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月20日
一定期間が過ぎたら返本していいとか一般書籍と変わらん。やっぱり言っている意味がわからない。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月20日
「とらのあな」だって商売だし、一般書籍のように仕切り率が決まってないんだったら、変わることはありますよ。一般書店だって仕入れ先によっては仕切り率変わることありますわ。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月20日
店頭の配本だって、一般書店の場合は取次が決めている場合もあるのに。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月20日
なんかよくわからなくなってきた、と言うのが正直な感想です。
0
Kotaro SHIMA @themespatiality 2011年2月20日
去年の末(C79)からとらのあなさんに委託をはじめましたが、たまたま担当になっていただいた営業の方に確認したところ、去年の末の時点ですでに、年間1000万円以上の売り上げがある等の条件を満たさない限り、消費税は請求しても支払わないと返答されました。 うちは1000万円も売り上げるサークルではないので、そういうものだと思って消費税は頂かない(つまり内税)ことを念頭に価格を設定しました。
0
Kotaro SHIMA @themespatiality 2011年2月20日
ISBNコードを付ける書店流通の場合、書店の利益が30%、印税収入は原則定価の10%、版元の手数料が40%、印刷コスト等が20%みたいな感じで計算されることが多いんじゃないでしょうか。 出版社さんに取り次いでもらう委託配本みたいなことをする場合は著作者が全部のリスクを負った上でやることになりますが、それでも定価の20%くらいしか著作者さんには来ないですね。
0
Kotaro SHIMA @themespatiality 2011年2月20日
最近は出版社さんともお話をさせて頂いてますが、同人ショップさんも出版社さんもやっていることは余り変わらないのではないかと思います。どちらにせよ配本のコントロールは販売する側が行うわけで、著者はそれに対して意見は言えても決定権はありません。
0
Kotaro SHIMA @themespatiality 2011年2月20日
同人の場合価格設定はサークルが行うとはいいますが、高すぎて売り物にならない場合にはショップ側は当然取り扱いを拒否することはあります。一般書籍の場合は事前に打ち合わせをして価格を決めるようですが、担当さんの経験からいい塩梅の金額を提示してくるので、それを考慮しつつ相談することになります。同人でも、サークルには価格決定の自由が保障されている代わりに、ショップには取り扱いの自由が保証されているわけで、実際には一般書籍の場合と比べて程度問題でしかないという印象です。
0
Kotaro SHIMA @themespatiality 2011年2月20日
また、返本制度があるとはいえ、老舗の出版社の場合は配本力があるわけで、無理矢理書店店頭に置いて頂くということも出来なくはありません。同人ショップではこういうごり押し的な手法超大手サークルが独自に交渉力を持たない限りは無理でしょう。ノーリスクでの出版で、かつ営業までおまかせできる代わりに印税収入10%というのをどう考えるのか、ということだと思います。
0
Kotaro SHIMA @themespatiality 2011年2月20日
なお、私は評論ジャンルなので、他のジャンルのサークルさんとは取り巻く環境が違うかもしれません。その点は平にご容赦下さい。
0
Kotaro SHIMA @themespatiality 2011年2月20日
私の先のコメントで同人ショップの位置づけを出版社類似みたいに書いてしまっていますが、むしろ同人ショップは書店的な位置づけに近いと考えた方がいい気がしてきました。そうなると、一般書籍流通と対比して問題にするのであれば、益々大した問題ではないという意見が出ても不思議ではありません。もちろん、他の同人ショップさんと比べてとらのあなさんの手数料が高いということは事実なので、そのあたりは別の議論ではないでしょうか。
0
まつえー🍀 @amifiance 2011年2月20日
うーん、これだけ説明してもなんでサークルが頭を悩ませているかわかっていただけないのなら、分かる気をお持ちでいらっしゃらないんだろうな、としか…… つーか、別に同人誌存亡の危機でも何でもなく、『もうとらだめぽ』『切り捨ててしまえ』って話でしかないんですけどねー。
0
まつえー🍀 @amifiance 2011年2月20日
簡略化すると、セブンイレブンが集英社に『ファミマには100円で卸してるジャンプ(定価240円)をうちには80円で卸して。卸値100円のままがいいなら、うちだけ定価260円で売らせて』って言ってるってことなんですけど。
4
まつえー🍀 @amifiance 2011年2月20日
それに対して『たしかにセブンはでかい取引先だけど、同じくらいでかい取引先に100円で卸せるのに、なんでセブンだけに安く卸さなきゃならないの?別に260円で売ってくれたっていいけど、それってみんなファミマで買ってセブンが損するだけじゃないの?何言ってるの?自殺する気なの? おーい、セブンがおかしくなったぞー、みんなちょっとこーい』って話でしかないんですよ
4
Kotaro SHIMA @themespatiality 2011年2月20日
事情は把握してますし、とらのあなさんも不思議な事をされるなとは思いますけど、同人ショップの流通的な特殊性みたいな観点で議論してもあまり説得力が無いのではないか、と申し上げたつもりです。
0
Kotaro SHIMA @themespatiality 2011年2月20日
むしろ、サークルにとって、同人ショップがなんだかんだで選択肢が少ない、裏返しでいえば、文句を言いつつもお客さんは大手の(知名度の高い)ショップで購入されることが多い、という事情があるから、値上げに踏み切れるということなのでは無いでしょうか。
0
Kotaro SHIMA @themespatiality 2011年2月20日
ktasakaさんとamifianceさんの意見がかみ合わないのは、一般書籍流通の立場からなのか同人の作者の立場からなのかというのがきっちり出ている感じがします。同人の場合はリスクをもろに被っているから切実なんですよね。
0
まつえー🍀 @amifiance 2011年2月21日
だから何度も重ねて申し上げてるでしょう。『問屋がいない』と。一般書籍なら出版した段階で問屋からお金が入るから、出せば出すだけ現金収入は保証されるじゃないですか。倒産寸前の出版社が新刊ラッシュ仕掛けるのと同じです。返本で返金されるのは数カ月先の話ですし、それも問屋とのやり取りであって書店とのやりとりではない。
0
まつえー🍀 @amifiance 2011年2月21日
しかし、同人誌は出した時点では完全な赤字で、本当にお客さんの手に渡るまでお金が入らない。タイミング悪ければタイムラグが2ヶ月ほどある。印刷屋に払うお金だって、ごく一部を除き全額前払いで売掛をやってくれるところはほとんどありません。夏コミから冬コミまでの間隔はたった4ヶ月です。夏コミの売上が全て揃わないうちに冬コミの経費を全経費を揃えなきゃいけない場合もある。
0
まつえー🍀 @amifiance 2011年2月21日
この状況で一方的に掛率を数%を削られるという制作側の切実さが理解していただけないなら、制作側の苦労なんか知ったこっちゃねえという考えでいらっしゃるんだろうなあ、って。
0
まつえー🍀 @amifiance 2011年2月21日
つーかですね、仕入れ先ごとに掛率違うっていっても、そりゃ、書店側から見た話でしょうよ。でもこれは出版社側から見て紀伊国屋で売れた分とジュンク堂で売れた分じゃ同じ冊数売れても売上金額が違うって話なんですよ。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年3月24日
出版社とか書店がリスクとってなんてあほな。世の中には大手なのに買い切りオンリーの書店もあるんですよ。岩波書店とか。
1
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年3月24日
つまり、同人誌の仕入れの金額を考えるって言うのは商売しているってこと何だけれど、言っている意味わかってますか?
1
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年3月24日
同人誌で商売をするって意味、わかっていますか? それは今まで著作権法的に大目に見てもらえていたグレーゾーンから望んで逸脱するってことなんですよ?
1
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年3月24日
書店や出版社には再販価格維持制度があるけれど、同人誌にはそれがないし、第一「書籍」じゃないし。
1