日本盤CDのマスタリング酷過ぎ

これでCDが売れなくなったと言われてもね。そりゃあそうだろうと
81
Nero LoudnessWar @Nero20100219

曲はもちろん良くて、きっと録音も良いのだろうと思っていたんだけど、その通りだった。 Emilie-Claire Barlow Live in Tokyo #1 Raindrops Keep Fallin' On My Head [Live] pic.twitter.com/PbFoROYQkX

2016-10-16 00:31:47
拡大
Nero LoudnessWar @Nero20100219

補足:Emilie 2014 [CAN] 040232116605 EMP-CD-447

2016-10-16 02:39:32
Nero LoudnessWar @Nero20100219

宇多田ヒカル Automatic 1999 [JPN] TOCT-24067 #1 pic.twitter.com/6jrtOe3hku

2016-10-16 00:41:32
拡大
Nero LoudnessWar @Nero20100219

しかし、クリッピングしてるように見えるw ここまで上げる必要あったのか...?

2016-10-16 00:45:00
Nero LoudnessWar @Nero20100219

補足:Mindy [JPN](国内盤仕様) VSCD9415

2016-10-16 01:39:13
Nero LoudnessWar @Nero20100219

うん? 国内盤仕様...輸入盤があれば比較したいところだが...

2016-10-16 12:04:58
Nero LoudnessWar @Nero20100219

それでも音量差は見える。 並べて見ると、藤原さくらのCDは特に異常だ

2016-10-16 01:13:54
Nero LoudnessWar @Nero20100219

1992年の宇多田ヒカルで、既にこうだったとは...

2016-10-16 01:21:01
Nero LoudnessWar @Nero20100219

あ、間違えた。92年じゃない

2016-10-16 01:28:50
Nero LoudnessWar @Nero20100219

これは何?と思われた方、「音圧競争」でググってみて下さい。 いくつかのWEBサイトをご紹介いたします。 ameblo.jp/dios-blog-dios… sandalaudio.blogspot.jp/2015/09/blog-p…

2016-10-16 17:31:14
Nero LoudnessWar @Nero20100219

補足:Julian 1984 [JPN] 32VD-1004 1986.03.31

2016-10-16 02:26:27
Nero LoudnessWar @Nero20100219

流石だ。流石ジョン・レノンの息子だ

2016-10-16 01:23:57
残りを読む(36)

コメント

奥山犛牛 @bogyu 2016年10月16日
プアな再生環境ではダイナミックレンジ低い方が聞きやすいってのはあるんだろうけど、もう時代も変わってるし、無理やり押し広げたような波形の録音はそろそろやめて欲しいよね。
10
Nero LoudnessWar @Nero20100219 2016年10月16日
仰る通りです。音場が平たくなりそうですし。
3
Nero LoudnessWar @Nero20100219 2016年10月16日
タイトル変えました! 日本のマスタリング酷過ぎ → 日本盤CDのマスタリング酷過ぎ
1
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2016年10月16日
この人水樹奈々とかの波形見たら多分泡吹いて死ぬな。
5
ES@toge専用 @hituji2222 2016年10月16日
今は亡きスタチャの話題はNG。音圧を稼ぐぜと偽ハイレゾの功罪は大きいね。
1
moheji @mohejinosuke 2016年10月16日
[c3148454] 最小の音~最大の音の幅をダイナミックレンジというんですが安い機器だとその幅が狭く、ささやくような声は表現できず、クライマックスの盛り上がりでは音が割れてしまう。なので安い機器でも迫力があってしょぼくなったり割れないように録音のRAWデータを調整しちゃってるんでしょうね。(音圧的には一本調子になる)そして元々音圧の高いところが機器の表現力の限界にぶち当たって元の波形を再生できなくなるのをクリッピングというようです。 恐らく赤いところがそう。
22
moheji @mohejinosuke 2016年10月16日
自分はオーディオ関係あんまり詳しくないんで誰かにフォローお願いしたいところですが。 安い機器で聞く分にはたぶん気にはならない・・・のかな。表現力とかどうでもいいからずんどこ鳴っていればれば満足という人が多くなったからなんでしょうかね。 探せば安くてもそこそこ鳴ってくれる機器はいくらでもあると思うんですけど、そういう事に拘る人と拘らない人の断絶は深いんでしょうねえ。
2
Nero LoudnessWar @Nero20100219 2016年10月16日
コメント有難うございました。「音圧競争」でググると色々と出てくるようです。画像一枚で皮肉も含めて表現したツイートなどもヒットするのですが、他の方のツイートなので本文に挿入するのは差し控えます。 代わりに検索でヒットしたとある方々のWEBページのリンクアドレスをご紹介がてらツイートしておきます。
1
いしかわ ひさし @cQ_Q 2016年10月16日
11/23大阪の「Dr.宇都宮泰のRCマスタリング講座」はこういう話もすると思います ↓
1
言葉使い @tennteke 2016年10月16日
還流CD防止法のきっかけとなった、東南アジアで作られた日本歌謡CD制作云々って、この時期じゃなかったっけ?別に関係ない? >> 1999だ
0
ひかる @hika22 2016年10月16日
普段PCからの音楽は、100円ショップのイヤホンで聴いています。その程度でも満足出来てしまいます。 このまとめは「神々の憤り」という感じに見えます。自分には理解出来ない範囲での憤り。 いろんな事情で、身近な範囲で音楽が聞けなくなった現代。人々が音楽から離れていった(離された?)から、音楽の細かい所まで理解出来なくなったんだと思います。
2
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2016年10月16日
クリップ(オーバーレベルと同義、歪みと同義)すると、音がつぶれて聴こえるべきものも聴こえなくなります。例えば歌モノなのに、このオーバーレベルが原因で、歌詞がちゃんと聞こえないものだって普通にある。せっかく入れた歌なのに、それがちゃんと聴こえないなんて、頭おかしい。
8
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2016年10月16日
最近、機材チェックに使っていたマドンナのTrue Blue聴き潰したので、あらたにリマスター版購入したら、音がひどすぎて役に立たなかったので、オークションで世界各地でプレスされた当時のTrueBlue買い漁った。どれも差分無しの優秀版。1枚だけツェッペリンが入っていた(レア版、、笑)。
1
BIRD @BIRD_448 2016年10月16日
CD版とレコード版と配信版の同じ音楽で比較しないと正しいことはわからないな。
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2016年10月16日
問題なのは、このオーバーレベル録音は音響の教科書や学校で「やってはいけない」と教えられる行為を、故意に行い仕事としていること。自動車の運転で言えば「オレは時速100Km以下では走らない」、「タコメーターは常に赤いところをキープ」なレベルの話。やっても人が死なないだけ(かわりに業界が瀕死)。
23
トムスプリング (I ∃xist) @magicalsammy 2016年10月16日
自然なレベルにすると「音うす~い」って言われるということが当たり前にありましたね。宇多田のファーストは、音圧面での当時のリファレンスになったはずですので、(すべての音が平面的になるがぎっしり詰まった感じに聞こえる)、そういう音を求められていたということでもあるのです。
5
moheji @mohejinosuke 2016年10月16日
hika22 流石に100円とは言えないですがOlasonicのUSB給電タイプのアクティブスピーカーなんか値段以上に良い音しますよ。 機器選びは知らないと出力Wの大きさに注目しがちですが小さい音が綺麗に聞こえるというのがPCオーディオでは注目のポイントで、夜の静かなアパートで音量絞っても良い音で聴けるというのはかなり大きいです。
1
shelfall @shelfall 2016年10月16日
言いたいことはわかるけど、audacityは0dbで赤くなるので、赤=クリッピング発生ではないのでは。波形を拡大してみないと判断できない。
3
あかさた @akasata_ccs 2016年10月16日
浮動小数点数なら赤線出てても問題ないけど、整数型だからなぁ…
1
ゆー @you7030uc 2016年10月16日
そういえば8年前にメタリカも物議を醸してたっけ。あと、日本の海苔波形と言えばランティスとキングのアニソンですよ。
4
亜麻にゆ @ama_niyu 2016年10月16日
音圧競争でググった。初めてデジタル絵描きツールに触れた時の感覚が蘇った。
1
Nero LoudnessWar @Nero20100219 2016年10月16日
まとめを更新しました。 フリー・ソフト「Audacity」の情報を追記。
0
moheji @mohejinosuke 2016年10月17日
Sandal Audio さんのページは参考になりました。 なんとなくダイナミックレンジ広いほうがいい音と思ってたんですけど必ずしもそうじゃないんですねえ。 歪むほどレンジを圧縮した録音は論外かなあとは思うんですが。 マスタリングエンジニアが悪いというよりはそういう発注する側の意識の問題のような気もしてきます。
1
YS@GPCR @YS_GPCR 2016年10月17日
確かに日本の音楽業界の音圧競争は問題だけど、このまとめは知識不足で不正確過ぎる。フリーソフトの機能で0dbに届いているところを自動検出してるだけ。音質はそんな単純な問題じゃない。マキシマイザー、リミッター、コンプレッサーというエフェクターで0dbに届いた瞬間にミリ秒単位で音量を下げ、実際には音割れしていない(波形のピークがギリギリ0に届いただけ)という状態に持っていくことができる。80年代にはその技術が一般的でなかったので、とにかく単純にピークが0にならないようにしていただけ
14
YS@GPCR @YS_GPCR 2016年10月17日
音圧競争の問題は、それらエフェクターでも補正しきれずに波形が潰れて明確に音割れしていたり、波形上は音割れしていなくてもマキシマイザーの使い過ぎで音が変質してしまいニュアンスが損なわれている点である。Audicityで自動検出してこれは良い、ダメ、といえるような世界ではない。
8
atlan @atlan1701 2016年10月17日
一個しか買ってないけど100円のイヤホンは音楽聞くのには使えなかった。
1
紙魚 @silver_fishes 2016年10月17日
“これでCDが売れなくなったと言われてもね。そりゃあそうだろうと”といわれても「ふんじゃーなんで音圧競争なんかやってるの」というと「音圧高いほうがそのへんの人(客の大多数)にとってよく聞こえるから」だと思うので、それやめたらもっと売れなくなるのでは?
0
のりしあん @noricyan2 2016年10月17日
理屈がわかっているのならば、なぜこんなことやってるのかも理解できるはずなのにねぇ。
1
YS@GPCR @YS_GPCR 2016年10月17日
あともう一点おかしいのが、「これでCDが売れなくなったと言われてもね。そりゃあそうだろうと」という点。話は全く逆で、むしろ日本のリスナーが一聴して音が大きくて迫力があるのがよいと思っていたので制作側で競争が始まっただけの話。
12
神楽坂優奈@横鎮丙てーとく @BELLKARM 2016年10月17日
政策じゃなくて、街宣カーでの声量で戦ってるようなものなのかな?
4
𝐓𝐨𝐦𝐚𝐦𝐨 & 𝐆𝐚𝐫𝐥𝐢𝐜 @tomatoandgarlic 2016年10月18日
めちゃくちゃ音質にこだわっているかのようなツイートしてるエンジニアが手がけたバンプのアルバムがノイズまみれだったということもあるから、制作者の問題もありそうだけどな
1
𝐓𝐨𝐦𝐚𝐦𝐨 & 𝐆𝐚𝐫𝐥𝐢𝐜 @tomatoandgarlic 2016年10月18日
海外でもラウドネス・ウォーって言葉がある。結構前からだと思うけど、洋楽もキックの音圧とか凄い。ヘッドホンやイヤホンでずっと聴いてると耳が痛くなるレベルなんだけど、YouTubeとEDM以後の音楽の特徴として、もう音源を売ることを考えてない。明らかにフェスとかで爆音で流した時に身体に来るかどうかで音を作ってる
6
macha0119 @macha_0119 2016年10月18日
波形で音楽鑑賞出来る種族の人達は、凄い。 確かに耳から脳へは、波形で繋がっている。
0
PAPARMOON @poolsidemusic 2016年10月18日
山下達郎の近年のリマスターとか中森明菜のSACDとか、金持ってる層向けの再発モノでも音圧増しが常態化してるから、音量でかくして周りより目立たせたいとかじゃなくて提供側の意図する音がレコード(ただしモノラル盤の方)みたいな太い音で、それを求めた結果潰しちゃってるのかも知れない。
4
inu @inu1122 2016年10月19日
山下達郎のCDで試してくれないとよくわからん
0
のりしあん @noricyan2 2016年10月19日
少なくとも、このせいで数が売れなくなった というのは事実ではないですね。
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2016年10月19日
この過剰な録音レベルのCDの件、リスナーは音品位よりも音圧感や迫力を求めるっていう心理学的な研究結果に根拠があるらしいのだが、それが行き過ぎた状態で、そのことが売り上げにどのような悪影響を及ぼすかということの研究や調査は無いようだ。実際にどのような影響があるかは、マーケッティングリサーチ上も重要な問題。 おかしいと思うなら(影響の有無の両者、双方の立場で)、検証実験をしてみるべき。私は小規模ながら実施しているが、その結果が2倍という数値。音楽分野にもよるだろうけど。
1
moheji @mohejinosuke 2016年10月20日
個人的な感想だけど、間違った意識高さで「売れるのが正しい」と消費者馬鹿にしたり、逆にごく一部のマニア向け製品作ったりっていうのは衰退の序曲ではあると思う。
0
muchonov @muchonov 2016年10月20日
ずっとハイファイにこだわってきたKIRINJI堀込高樹が、最新作NEOで録音エンジニア変えたら超絶コンプかかった状態で上がってきて最初は拒否反応出たけど、「でも今の聴取環境で自分が聞いてる音源もだいたいこうなんだよな」→「かっこいいじゃん」と意識が変わってそのまま出したって話が好き。 http://www.cinra.net/interview/201608-kirinji?page=2
2
muchonov @muchonov 2016年10月20日
リマスター盤が逆に情報量を減らしてるというケースは個人的には悲しいけども、街中や店頭やTV番組やPCでの動画再生などなど、多様な(必ずしもHiFi音源に理想的でない)再生環境のなかで聞き手に確実に楽曲の芯の部分を届かせる技法として、ミッチミチに音圧上げたコンプが有効なのは確かだし、そういう環境を強く意識してポップスを製造するのは「商品」の作り手として割と正しいと思う。一般的なメジャー楽曲の尺が結局3分前後に収まるのと同じで、市場のニーズ。
3
アルミ缶(肉)✩*⋆ @toolazytobegood 2017年6月4日
テレビやゲーム業界ではdbではなく、ラウドネス値で調整するのが主流になってるみたいだけど、音楽業界はどうなんだろう?
0
ビールクズ猫 @WAKUWAKUTAKKU 2018年1月13日
波形だけみてもよくわからんから、二つの比較のどこが着目点で、具体的に楽曲のどの音域の部分が劣化してるのか解説して欲しいところ。
0
黒木鉄也 @Tetsuya_Kuroki 2020年7月5日
昭和のアニメや特撮ヒーロー番組などの主題歌も、2000年以降発売のCDから過剰な音圧被害が続出。マッハバロンも、近年ではヴォーカルの透明感を潰しまくりの騒音に成り果てています。
0