2010年3月21日

佐々木俊尚さん22日「激震マスメディア」に向けた思い

佐々木俊尚さんが22日夜10時NHK「激震マスメディア」出演に向けた思いを語ったTweetをまとめました。
13
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

「激震マスメディア」、いよいよ明日夜10時。NHK側からは「遠慮なくガンガン話してください」と言われているし、ガチンコの議論になることを期待してる。心配なのは、新聞協会長や民放連会長と会話が成立するかどうかだけ。#nhk_media0322

2010-03-21 14:06:17
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

重要なのはビジネスモデルの崩壊と、言論の劣化を分けて論じること。たぶん前半はビジネスの話から入り、後半に言論の問題や公共性の将来についての議論に入っていくことになると思う。#nhk_media0322

2010-03-21 14:26:14
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

たぶん最も困難なのは、「ネットの情報は信頼できない」「だから新聞やテレビという信頼あるメディアが必要」という誤った固定観念との戦い。読売の社長はたぶん真っ先にそういうことを言いたがるんじゃないか。「Twitterはなりすましの危険がある」とか。#nhk_media0322

2010-03-21 14:58:29
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

いまやまったく信頼できないのは新聞テレビの方だが、そこの基本認識が180度異なるので、話が合わないのじゃないかと危惧している。

2010-03-21 14:59:13
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

情報の最底辺でもある程度の信頼性が確保されているマスメディアと、情報の最高峰の部分が秀逸ならそれでオーケーというネットでは、「信頼性」に対する感覚や指標がまったく異なる。これは世界観が違うとしか言いようがない。#nhk_media0322

2010-03-21 15:01:19
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

ネットの街外れに行って「ほらこんなにゴミがある」と指摘するマスメディア。でも私は「あなた方の街はゴミは少ないけど、いちばん立派な建物でも崩壊しかかっていてまるで平壌みたいじゃないですか」と反論したい。いや、平壌は行ったこと無いけど。#nhk_media0322

2010-03-21 15:03:31
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

まったくその通りですね。RT @jniino: (ご存じのとおり)僕は基本的に佐々木さんの論に賛成ですが、われわれの論に弱点があるとすれば、「じゃあこの先の言論は誰が担うのか」について、過渡期ゆえにそれほど説得力のある例が出せない点ではないかと思っています。

2010-03-21 15:08:16
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

前に柳田邦男氏と座談会で同席した時、ネットの利点をどんだけ言ってもすべて「でもネットの中傷で被害受けている人がいるじゃないですか」という回答で片付けられて、徒労感でいっぱいになったことがある。#nhk_media0322

2010-03-21 15:10:01
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

だからこそ既存メディアの無駄な延命は新しいメディアの出現を阻害しちゃう可能性が。RT @jniino: .「誰が次の言論を担うか」について、いろんな試行錯誤が必要で、それを促進する仕組みと、正しそうな答えにみんなでたどりつくしかない #nhk_media0322

2010-03-21 15:17:17
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

日本の場合はビジネスの成長には市場原理だけじゃなく政治力も働くんですよ。残念ながら。RT @tarui_yoshiro: 無駄な延命をしたところで新しいものが本当に古いものより優れているのならばそれが古いものを飲み込んでしまうのが世の常だと。 #nhk_media0322

2010-03-21 15:36:41
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

あともう一点予想される価値観の違いは、レガシーの人と議論すると必ず出てくる「ネットを使えない高齢者はどうなるのか」「Twitterで政治家と有権者がと言われても、Twitterを全国民がやっているわけではない」。 #nhk_media0322

2010-03-21 15:46:45
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

デジタルデバイドは重要な問題だが、デジタルデバイドのことばかり言ってると、デバイドが消滅して全員がソーシャルメディア化される時代のビジョンは見えてこない。後ろ向きの議論になってしまう。 #nhk_media0322

2010-03-21 15:48:16
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

読みました。面白い! RT @rainasu: 「83歳の母、正確にネットサーフィン→老人会での会話は(さながら)民主党支持の会合」だそうで、新聞・テレビ敗北ですhttp://www.asyura2.com/10/lunchbreak36/msg/307.html

2010-03-21 15:53:40
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

おっしゃる通りですね。しかしその展開は難しい……。RT @xylitol_jpn: お互いが排他的な価値観をぶつけても何も結論は出ないのは目に見えている。両媒体のメリットと問題点をお互い認め合えれば何をすれば良いか見えてくるのですが… #nhk_media0322

2010-03-21 15:55:10
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

ありがとうございます! RT @f355isao: 「ネットがあれば履歴書はいらない」を読みました。twitter始めて佐々木さんを知りましたが、佐々木さんの履歴書ですね。お人柄が随所に出ています。ITに興味が有りますが、佐々木さんの書いた本を全部よみたくなりました。

2010-03-21 16:04:50
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

そういう質問はレガシーの人から毎日のように聞かれます。「中傷についてどう思いますか」「著作権侵害が放置されてるのは」「ネット犯罪は」。もちろんNGですよ。でもそれがネットの本質とどう関係が? RT @ushura: 新聞記事の全文コピペの氾濫についてはどうお考えですか?

2010-03-21 16:07:43
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

本当にレガシーメディアの人はネットの街外れや場末を歩き回るのが好きで、ゴミを見つけると喜色満面に「ほらゴミが!」「だからこの街はダメだよね!?」と。場末が好きな人はご自由に、と思うけれど。 #nhk_media0322

2010-03-21 16:14:05
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

大事なのはゴミの話をすることじゃなくて、マスメディアの一面トップ社会面トップの記事と、ネット論壇の最優良な議論との間で勝負すること。私はこの戦いであれば、ネットは100%マスメディアに勝っていると思う。そこには異論もあると思うが。 #nhk_media0322

2010-03-21 16:24:47
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

たとえば八ッ場ダム報道がそうだったし、小沢献金問題もそう。レガシーメディア報道とネット論壇の議論を並べてみると一目瞭然だ。そのあたりは「マスコミは、もはや政治を語れない」という本でさんざん書いた。#nhk_media0322

2010-03-21 16:26:54
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

レガシー=新聞テレビです。RT @jurinole_now: @sasakitoshinao 念のため定義付けを教えてください。レガシーメディアとは何で、それに相対する“ニューメディア”は何ですか?

2010-03-21 16:27:35
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

その凄さをもっと広く共有したいと思います。RT @tomo_vega0425: 「マスコミは、もはや政治を語れない」拝読しました。通り一辺倒で予定調和的な議論、論説(とさえ呼べない)しか書けない既存マスコミと、自分の頭などで考えられた論説を述べるネット論客の違いがビビッドに

2010-03-21 16:32:33
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

それをすくい上げるメディアプラットフォームが必要なんです。マスメディアではなく、メディアプラットフォーム。集合知によって最優良を抽出する。RT @d_fuka: そして、どこかに一極集中するのであれば、それはマスメディアと変わらないのでは? #nhk_media0322

2010-03-21 16:41:25
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

ネット論壇の「凄さ』というのは、発信者という個人に有るのではなく、そこで共有されるエントリーやTweetにあるのです。だからエリートを生み出すとかそういう話ではなく、いかに素晴らしい言説をみんなで共有できるか。 #nhk_media0322

2010-03-21 16:44:43
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

最優良という言葉を使ったために、選良意識みたいなものを感じられた方もいるかもしれません。すみません。最優良は人ではなく、言説そのもの。どんなに書くことのない人だって年に一度、一生に一度ぐらいは人をうなずかせ、説得し、泣かせるエントリーを書くと思う。

2010-03-21 16:47:25

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?