『退屈な日々にさようならを』新宿K's cinema上映、七日目tweetまとめ

11/19~25、12/1~2の9日間、新宿K's cinemaにて上映されます『退屈な日々にさようならを』の、七日目の感想などをまとめました。
映画 enbu 村田唯 今泉力哉 退屈な日々にさようならを 松本まりか りりか シネマプロジェクト
0
市井昌秀 @ichiimasahide
「退屈な日々にさようならを」鑑賞。劇中の映画監督・梶原の宙に浮く足下から始まり(酔っておんぶされる)、土の着いた靴が玄関の敷居を跨いだ地面に着地して終わる。その浮遊感を持って今泉流死生観が全編を貫き、死と存在の曖昧さをユーモアとシリアスの曖昧さをぬるま湯のような心地よさで包む。
昊山人 dit ティーグル・モリオン @cheribiribi
松本まりか生きてる!    佐藤めぐみ 「退屈な日々にさようならを」 ⇒ amba.to/2fi8PG1 #アメブロ @ameba_officialさんから
持永昌也 @mochinagamasaya
その点、インディーズ映画は商業作品にはない自由がある。もともと自由な姿勢を崩さない今泉監督が、さらに自由になった「退屈な日々にさようならを」は、凡庸な題名とは異なって、まさしく「奇妙な味」の映画というしかない仕上がりとなった。とにかく、ストーリーを要約できない。公式サイト参照。続
持永昌也 @mochinagamasaya
劇場「退屈な日々にさようならを」(監督:今泉力哉) ks-cinema.com/movie/cinema6/  江戸川乱歩の造語である「奇妙な味」は、本来ならロアルド・ダールやサキの異色小説を指すものとして知られているが、一部の映画や演劇にも該当するのではないか。続
シネマJACK☆すぎうら @m__sugiura
『退屈な日々にさようならを』 笑いと不穏感が入り混じったこのエンタテインメントは、一方で”被災地からの切なるメッセージ”という側面をもつ。 激しい喪失感と”どう折り合いをつけてきたのか”。本作には、そんな心の記録が刻まれているのだろう。 #退屈な日々にさようならを #eiga pic.twitter.com/tBTMylrmVI
拡大
拡大
拡大
拡大
yasushi.tsugihiro @yts
((( 🔊👂))) "退屈な日々にさようならを" by カネコアヤノ from "印税生活" pic.twitter.com/asjhXsu2ww
拡大
鈴木コング太一 @taichil
今泉力哉監督最新作『退屈な日々にさようならを』観た。好きだった。好きだ、好き、俺が一番好きだから、これはもう俺の最新作でいいとおもう。 俺、映画やっと撮りました。『退屈な日々にさようならを』よろしくお願いします。
やすん @yashunkuso
『退屈な日々にさようならを』 本気でみたかった・。。。
毛玉之 @kedama_zone
『退屈な日々にさようならを』イラスト(仮) まだタイトルも(仮)だったころ、YOUTUBEに上がったスチールから練習で描いたもの。適当なセリフ入れたんだけど。本当に人が死んだり、殺人事件だったw ペロペロさん他、入ってない人も、いずれちゃんと描きますよ pic.twitter.com/wGpfwyAa43
拡大
西野ヘリオガバルス @non_diocle
若き映画監督カジワラがどんなふうに歩いているか見るだけでも、『退屈な日々にさようならを』を観に行く価値はある。まるで激流をくだる筏か、あるいは巨大なおっぱいの上を歩くかのような、優雅なバランス感。映画がおわり、観客たちはわけもわからずカジワラ歩行を下手に真似ながら帰路につくのだ…
Sights/Seitz/Sites @7thcontinent
『退屈な日々にさようならを』役者のほぼ全員が初見であるせいか、シーンが切り替わる度に人物が同定できずキョトンとしてしまう部分もあるが、最後にはすべてがつながり、明確な像を結ぶ。決して、パズルが完成しておしまい、というだけの空疎な作品ではない。あとになにやら哀切なものが残るのだ。
Sights/Seitz/Sites @7thcontinent
今泉力哉監督『退屈な日々にさようならを』いつものようなダメ人間の笑いを誘う日常が、とあるサインを契機にありえない展開へと突入し(このときのスローモーションが秀逸)、バラバラだった時空が終盤に向けて収斂していく。とんでもないことをなんでもないことのように描いていておもしろい。
石川真吾 @ishikawaSHINGO
明日から川越上映街道。川越市にシハナンしたのが5月。一瞬のような永遠のような半年間だったなあ。ひとりでも多くの人に観てほしいなあ。『退屈な日々にさようならを』の半券をお持ちの方、リピーター割1000円でご覧いだけますよ。待ってる。あなたを。 #川越街道 pic.twitter.com/9ODbpf6ZOI
拡大
石川真吾 @ishikawaSHINGO
『退屈な日々にさようならを』タイトルどおりしっかり退屈なシーンもある。映画で退屈を描くのは勇気のいることだ。僕だったら切る間を残せるのが今泉さんの作家性なのかもしれない。そして、喪失だけの映画ではなく、母性の映画なのだと思った。12/1,12/2にまた上映あります。おすすめ
オリヴァー @arinco_bot
@_necoze_ いまは東中野、昔は荻窪?と仰っていたような。『退屈な日々にさようならを』非常〜〜に良かったです!!
こいけまり @mmarikoike
昨日の上映にいらした、音楽担当のマヒトゥ・ザ・ピーポーさんと。 魂の波動そのものみたいな、とても不思議でやさしい音が、『退屈な日々にさようならを』全体を支えています。 ひれ伏したくなるようなご感想もいただきました。宝です。ありがとうございました。 pic.twitter.com/WtpPjwAL4s
拡大
土屋 いくみ @tsuchyikumi
「退屈な日々にさようならを」。役者さんも素敵だった。ダメだけど憎めない男の愛おしさ、その彼女の美しさと安定感。女子高生のきらめきと残酷さ、女の子達のため息、都会で擦れていく男の哀しさ、奥さんの優しさと悔しさ、待つ女のダンディズム、見つめる女の心のふるえ、そしてなにより内堀太郎。
土屋 いくみ @tsuchyikumi
「退屈な日々にさようならを」今泉監督の新しい一面を垣間見たような作品。監督が好きで得意なことと伝えたくて苦手な事が入り混じった作品だったのかなあともおもった。昔からのファンとしてはどっちも好きだし、どっちも一つの作品として見て見たいと思う。
土屋 いくみ @tsuchyikumi
「退屈な日々にさようならを」 いろんなものを失うこと。その受け止め方。本当と本当じゃないこと。見ているだけで名前のないいろんな思いが自分の中に生まれてきた。トーストを食べるシーン、フライドポテトを食べるシーン。その音と存在感と生きてるっていうこと。いろんな人に見てほしい。
とんぺー @Ameyashiki0214
『こっぴどい猫』『知らない、ふたり』などの今泉力哉監督作!映画『退屈な日々にさようならを』予告編 youtu.be/qEggdeMnTcU @YouTube
拡大
石川真吾 @ishikawaSHINGO
『退屈な日々にさようならを』今泉力哉監督 於:新宿K's cinema 死で結びつけられた人々が不在について語るポリフォニーな恋愛コメディ。今泉家のキリスト教仏教神道ごっちゃ混ぜな信仰観が美麗な映像で語られる。ぺろぺろと猫目の怪演がたまらん。りりか、めちゃ可愛い。
たかたによしこ @taka_441
退屈な日々にさようならを のチケットを譲った友人が、こないだ出演者さんに声をかけれなかったのがかなり悔やまれたらしく出張を延長して、もっかい見に行ったそうな!(笑) いい人に譲ったよ、私!(笑) ちょっと動機が不純な気もするが。。。(笑)
小林 司 @mosatsu_p
りりかが初めて人前に出たのが2年前の冬の「オレの愛する女たち」。''すごい可愛いコがいる!''ってりりかの存在を教えてくれたレイチェルがchelmicoになって『退屈な日々にさようならを』の挿入歌歌ってる。縁は循環する。
小林 司 @mosatsu_p
『退屈な日々にさようならを』のりりか、めっちゃよかった。なんか泣けてきたな。
毛玉之 @kedama_zone
『退屈な日々にさようならを』 猫目はちさん とても、いい奥さんな、雰囲気でした 食事のときの会話が楽しい「魚古い」とか「トウモロコシ」とか ほんのり、やきもち可愛い。スイカ持ってウロウロ(^^) でも太郎さんなら、ぜんぜん心配無い気がする
残りを読む(75)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?