Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

成宮寛貴の引退に際して「薬物中毒」を引き合いにだすと炎上します

そもそも成宮寛貴の引退理由は「薬物使用」では【無い】のだが・・・・
3
リンク Yahoo!ニュース 成宮寛貴の引退にミッツ「誰か彼のそばにいてあげて」と心配(女性自身) - Yahoo!ニュース タレントのミッツ・マングローブ(41)が12月9日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月 - Yahoo!ニュース(女性自身) 1 user 116
まとめ 成宮寛貴さんのコカイン疑惑、画像をよく見るとキメてるのはあのお菓子なんじゃないかという可能性が浮上 もうソレにしか見えない→ガチ勢の見解→そりゃおいしいわけだよ 847116 pv 1840 473 users 4921
. @hrk_074

母親が亡くなって、中学からバイトして 1人で弟養って高校大学までいかせて二流に受かったけど、弟の先を考えて一流に行ってくれって成宮にお願いされて、弟は辞退して一流大学に主席で合格。 今は弟結婚して自分は役者として成功した、俳優 成宮寛貴を死ぬほど尊敬する。 #成宮寛貴 pic.twitter.com/nfxIXTv6yq

2016-12-09 17:36:02

町山智浩 @TomoMachi

ロバート・ダウニーJRは、ありとあらゆる薬物中毒になり、何度も逮捕され法律で裁かれたが、人々は、日本のように「あいつを映画に出すな」「テレビに出すな」と彼の俳優人生を潰そうとはしなかった。だから、ダウニーはコミック・ヒーローのアイアンマンになれたんだ。

2016-12-09 19:37:44
メモライズ @yoshikazu91

@TomoMachi 何度も逮捕ならジャンキーから立ち直れてないやん アメリカのショウビズが薬物となれ合ってるだけ

2016-12-09 20:04:51
町山智浩 @TomoMachi

結局立ち直れたからアイアンマンになれたんです。あの、アヴェンジャーズとかご存知ないですか? @yoshikazu91

2016-12-10 01:20:43
koh1 @henry6th

@TomoMachi @yoshikazu91 ある時期に、薬物と完全に手を切ったんですよね。それ以降、周囲の方々が支援してくれて、今やハリウッド最高の出演料を得る役者に。日本でも、このくらいのトレランスがほしいところです。

2016-12-10 01:39:50
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015

そもそもアイアンマン(トニー・スターク)って、原作では一時期アルコール依存症だったんで、むしろ適役じゃないかと思うんだけど。 twitter.com/TomoMachi/stat…

2016-12-10 10:50:35
CDB @C4Dbeginner

ロバート・ダウニーJrのドラッグ経歴は「映画監督だった父の勧めで8歳からドラッグの常習者になり…」という冒頭部分で「もうこれ本人を責めるのは酷だろ」というか、そこからリハビリしてアイアンマン就任後はノー逮捕なのを褒めたくなってくる。 twitter.com/TomoMachi/stat…

2016-12-09 22:20:18
志摩子 @blue___jasmine9

@TomoMachi 的外れだったらすみません。 誰も成宮くんの俳優人生を潰そうとはしていないと思うのですが… Twitterやテレビなどでも彼に同情している人が大多数な気がします。 結果的に潰された形にはなってしまっていますが、それは親友に裏切られた事が一番の原因なのでは?

2016-12-09 19:43:01
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara

@blue___jasmine9 @TomoMachi 成宮寛貴氏は薬物使用云々で引退するのではなくセクシャリティがこのような事情で暴露されたことに精神的に耐えられなくなって引退するのでしょう。薬物云々はまずガセ、問題はそのガセを誰がマスコミに流したのか、でしょう。

2016-12-09 23:46:40
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara

@blue___jasmine9 @TomoMachi 続き)というか成宮寛貴の「薬物使用」「疑惑」が報じられたのってもう一週間以上前ですよね、確か。これまで警察も麻取もまったく動いていないのだから、ここは日本ですからそっちの方はまずほぼ確実にガセです(検査も陰性なんだし)。

2016-12-10 02:50:27
無駄にツイッターIDが長い人 @ChaoticActivity

@TomoMachi @yoshikazu91 僕も町山さんの文章を読んで、最初は「あれ?米国では誰も気にしないって書かれてるけど、アイアンマンの時はマーベル側が薬物問題を気にして難色を示す中でジョン・ファブロー監督が推し続けた、っていう話だったよな?」と違和感がありました

2016-12-10 09:21:32
無駄にツイッターIDが長い人 @ChaoticActivity

@TomoMachi @yoshikazu91 しかし、後で気づいたのですが、制作側が諸々のリスクを感じて避けようとするのは当然として、日本ではそもそも関係ない第三者のメディアが「あいつを採用しちゃダメだ」と騒ぎたてるのがおかしい、と指摘されてるんですよね、きっと

2016-12-10 09:25:22
あさいれん @Vantrowa

犯罪者を手厚く扱ったら犯罪者が減らないだろうが。何美談にしようとしてんだ。頭お花畑だろ twitter.com/TomoMachi/stat…

2016-12-10 00:02:58
おっ @oppaioppaioppa3

成宮寛貴さんの件で大勢がセクシャルマイノリティに偏見ないって発言してるけど 吉田豪 @WORLDJAPAN さんや 町山智浩 @TomoMachi さん みたいに著名人の噂レベルだったり『公にしたくない』他人のセクシャリティを広めて馬鹿にするタイプは減らないよね

2016-12-10 00:27:49
urot @Urot3

町山智浩、マリファナを好意的に取り上げるなど何故か違法系の薬物に甘いな。アメリカは薬物に甘すぎるから、日本より圧倒的に薬物中毒患者が多いってこともあるんじゃないの? twitter.com/tomomachi/stat…

2016-12-10 09:43:06
らんでぃ @randy319RR

初めから薬やらない人の方が立派なんだからいちいち美談にしなくていいよ。薬物中毒って被害者な面もあるだろうけどその反面加害者でもあるから。薬やる奴がいるから無くならないんだよ。失敗や過ちは誰にでもあるし時と場合によっては許されるべきだけど、第三者が許してやれと気軽に言う事じゃない。 twitter.com/tomomachi/stat…

2016-12-10 10:34:42
桑嶋千弦 @chizuru_kuwa

そうかな。日本人も特に「俳優人生を潰そう」なんて積極的に芸能人について考えてなんかいないと思うけど。 twitter.com/TomoMachi/stat…

2016-12-10 11:17:40
uesugi_fanclub @uesugi_fanclub

みんな、槇原敬之が1999年に覚醒剤使用で逮捕され、1年半の懲役くらったけど、「世界に一つだけの花」を作曲したのはわずか4年後、2003年のことなのは忘れないでよ。 槇原敬之が社会復帰が許されなかったら、あの名曲は生まれることはなかった。 セカンドチャンスがある社会の方がいい。 twitter.com/TomoMachi/stat…

2016-12-10 12:15:14
ならづけ @nara_duke

日本でヤク中の芸能人が排斥されてるみたいな言い方だな。twitter.com/TomoMachi/stat…

2016-12-10 05:57:55
Ito shoji @Itoshoji3

@TomoMachi 思考停止の欧米信者。アメリカの薬物中毒の多さを考えれば向こうの方が正しいとは言えない。そもそも少なくと芸能界では日本薬物からの復帰はさほど難しくない

2016-12-10 07:09:24
残りを読む(26)

コメント

リコ/みつき @rico_o 2016年12月10日
日本の芸能界は薬物で逮捕された人が何人も復帰してるから町山氏の指摘が意味不明すぎる。
10
永沢壱朗 @Nichilaw 2016年12月10日
大麻がうまくキマって何か見えたんだろう。
0
猫背侍 @peko_twi 2016年12月10日
炎上しているようには見えなかった
1
ケイ @qquq3gf9k 2016年12月10日
薬物なら清水健太郎や田代まさしがいるぜ。
0
やし○ @kkr8612 2016年12月10日
麻薬がどんだけ社会に浸透してるかの違いでしかない案件では?薬物使用に寛容な社会が良い社会とは言えんじゃろ。
1
sahama @sahama 2016年12月10日
テレビは公共の電波である以上、視聴者には叩く正当性がある。コカインやったけどテレビ出るなんてのは電波の私物化でしかないね。
0
sahama @sahama 2016年12月10日
ネット放送とかなら文句言う奴に「嫌なら見るな」で済むんだからそっち行けばいい。
0
inu @inu1122 2016年12月10日
ガセと言い切ってる人は、逆にどこからその情報を仕入れたんだろう
0
影山影司 @apto117 2016年12月13日
ロバート・ダウニーJRは法の裁きを受け、復帰へ挑戦した。件の人は病院での検査を拒み、引退した。その違いでしょう。それを国民性の違いで説明するのは間違っていると思う。
0