少しだけ意地悪になって、素朴概念から抜け出してみませんか?

くるみのめさんは、関東から南阿蘇に避難した方らしい。私のフォロワーである。
HayakawaYukio 3532view 1コメント
8
ログインして広告を非表示にする
  • くるみのめ @kuwa39 2016-12-11 23:19:48
    関東からの移住者たちはもちろんなんの保証もない。 でも、子どもたちの健康を考えて避難移住した。 6年経って、皆仕事を見つけ新しい場所に根を張って生きている。 避難、と思っている間は自立できないのでは?と私も思います。 twitter.com/nuke_cs137/sta…
  • はい、おっしゃるとおりです。

  • くるみのめ @kuwa39 2016-12-12 21:46:20
    放射能と病気の関連を疑う人はあまりにも知識がなさすぎる。 広く検査したから甲状腺ガンが多く見つかっただけ、なんてことを平気で言う人は頭がおかしい。 それは、もっと憂慮すべきこと。 放射能以外の原因があるということ。 チェルノブイリの30年経過を知る人たちだけが危惧している。
  • 知識だけに頼って個別対象を観察するのを怠ると、しばしばそのような罠にはまります。偏った知識しか持ち合わせていない人によく起こります。

  • くるみのめ @kuwa39 2016-12-12 21:49:12
    ネットの放射能情報、大学関係のサイトはいづれも原発事故の放射能は恐れるな、みたいな論調。 自然放射線と同じではない。 レントゲンも医療放射線も使わないほうが良いが天秤にかけて皆、受けている。 恒常的に被曝している現場とは明らかに違うでしょ!
  • どれだけ被ばくしたかで決まります。それが自然放射線であろうと人工放射線であろうと同じです。まずは、測って比べることが重要です。

  • くるみのめ @kuwa39 2016-12-12 21:51:53
    甲状腺の検査をしなくて良い、結果を知らせる必要はないと言う人は、ご自身が是非高汚染レベル地域に移住してお暮らしいただきたい。 親の気持ち、子どもの気持ちがわかってから、病気にかかってからまずい、と気づいても遅いのです!
  • 死亡率を減少させない検診をしてはなりません。甲状腺がんはそれにあてはまります。とくに子供はそうです。これはむずかしいことですから、専門家の意見に従うのがよいかもしれません。それがいやなら、猛烈に勉強してください。勉強せずに門前払いしてはなりません。猛烈に勉強しても理解できない場合もあります。残念ながら、これは学力依存です。

  • くるみのめ @kuwa39 2016-12-12 22:29:24
    鎌仲ひとみさん、広河隆一さん、森住卓さん、野呂美加さん。 私がお話しを聞いている方たちは皆さんチェルノブイリに取材や支援で入っている方たちです。 直接病院に行き、子どもたち、子どもをなくした家族、医師たちから話を聞き、見、状況を実際に見ている人ばかりです。 twitter.com/kazooooya/stat…
  • チェルノブイリに取材や支援で行ったからこそ、利害関係が発生している場合があります。ここは想像力を発揮してください。わざわざ遠くまで行って、何日も滞在してなした仕事が無になったら誰でもいやでしょう?

  • くるみのめ @kuwa39 2016-12-12 22:32:26
    放射能由来は国際的な機関は否定しています。 もちろん、日本でも。 そんな人たちの言っていることを信じていると、大変なことになる、というのがその方たちの考えです。 チェルノブイリでの罹患数の中に含まれていないたくさんの子どもたちを彼らは見て、知っています。 もぐりって? twitter.com/kazooooya/stat…
  • チェルノブイリでは事故から30年たちました。さて、たいへんなことは起きましたか?たいへんなことはこの先きっと起こるでしょう。しかし、それは、事故を経験した人が誰もいなくなったあとかもしれません。

  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2016-12-13 08:34:13
    家族分割避難の線引き - 2012年8月まとめ togetter.com/li/357340
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2016-12-13 08:42:19
    他人のリスク管理に口を挟むことはしたくないから、もし私ならと仮定して言う。2012年8月には、関東からの避難を終了して戻ったほうがよいと思った。2013年10月には、福島中通りからの避難も終了して戻ったほうがよいと思った。このまとめとブログはそれを精一杯伝えるつもりで書いた。

コメント

  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2016-12-14 10:18:30
    チェルノブイリに行った人がなるだろう気持ちと同じように、遠くまで避難してそこに居続けた人は、何年も続けた自分の行動が無になったらいやなので避難を肯定する意見を好んで求めるようになります。これを心理学では確証バイアスと言います。もし合理的な判断をしたい場合は、このバイアスから脱却する必要があります。

カテゴリーからまとめを探す

「働き方」に関連するカテゴリー