シネコンでスクリーンサイズ調整をやめた事に対する反応まとめ(その7)

最近のシネコンではテレビ放映のように画面サイズをピラーボックスやレターボックスで上映しているので黒浮きが発生し画面に締まりがありません (その6)http://togetter.com/li/904941
ビスタ レターボックス BLAME! ローグ・ワン スクリーン ミッドランドスクエアシネマ シネスコ 映画館
mr_n_cinema 3082view 3コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • 吐誤射 @Togosha_tw 2016-12-18 03:18:22
    やっぱり映画ファンだとそういう細かいことが気になるんですなぁ。。。
  • エリア83“ゆゆゆ県民deブラム!” @area83ontweet 2017-05-24 19:32:51
    塚口サンサン劇場シアター4の『BLAME!』東亜重音7.1ch重低音ウーハー上映は素晴らしいですよ。昔ながらのスクリーンマスク(カーテン)がするするーと開いてシネマスコープサイズへ拡大、映写機のレンズがややゆっくりズームしていって、四隅ピッタリのシネスコ上映が始まるんです。湾曲していないフラットスクリーンだから映写光の歪みもなくって最高の没入感です。加えて笑っちゃうくらいびりびり効くウーハーの重低音と。
  • エリア83“ゆゆゆ県民deブラム!” @area83ontweet 2017-05-24 19:38:15
    地元県のAC3館(高松東、宇多津、綾川)はULTIRAもTHX認証シアターもないごくふつーのシネコンですけども、スクリーンサイズ合わせて上映してくれるところは気に入ってます。シネスコ洋画の上映前に、カチンとロックが外れてスクリーンマスクが稼動するのは“今から映画みるぞー”って、気合い入りますよね。私自身はレターボックスでもそんなに気にならない方だけども、あれはお客様の声でもっと褒めておかなきゃいかんのかも。

カテゴリーからまとめを探す

「アニメ」に関連するカテゴリー