棋士によるソフト使用疑惑「証拠なし」第三者調査委員会

<調査委報告書> ・三浦九段が不正行為の証拠はない。 ・スマートフォンなどに不正の痕跡は確認さなかった。 ・将棋ソフトとの指し手の一致率は計測のたびにばらつき、不正認定の根拠にならない。 ・対局中の映像で、不正の痕跡や長時間の離席がなかったことが認された。 ・三浦九段の出場停止処分の当時は、必要性・緊急性があった。 ・三浦九段を正当に遇し、早く将棋界を正常化されるよう要望する。
日本将棋連盟 将棋 不正 第三者調査委員会 ソフト 三浦九段 カンニング
moonsun0321 1775view 2コメント
2
ログインして広告を非表示にする

コメント

アプリならコメントをいいね順で見られます。

カテゴリーからまとめを探す

「バラエティー」に関連するカテゴリー