「この世界の片隅に」感想

「この世界の片隅に」感想
1
えまのん @emanon58123

どうしても観たかった念願の「この世界の片隅に」をやっと観れた。 よい映画、だったと思う。原作が大好きでクラウドファンディングもして、公開後話題になっているのを自分のことのように嬉しくなっていた作品。 よかった、と思う けれどなんとなく、なんとなく、ふんわり、なにかが、引っかかった

2016-12-29 23:57:35
えまのん @emanon58123

@emanon58123 同行してた原作未読の友達に聞いた。「面白かった?」「うん!来てよかった!」「わかった?」「うーん、なんかところどころ繋がりがふんわりしてたけど、そういうものかなーと思って観てた」

2016-12-29 23:57:51
えまのん @emanon58123

@emanon58123 特に気になったのはやっぱり水原とりんさん。映画の尺の問題上ごっそり削られていたのは残念だし、戦争のなかの生活という”非日常”の中に成り立つ水原との邂逅があまりにも日常の中に埋没していたせいでまるで浮気現場を覗いたような、現代倫理を押し付けたくなる気分に。

2016-12-29 23:59:09
えまのん @emanon58123

@emanon58123 個人的には学校での鉛筆が無くなるシーンも消えていたため、海とウサギのシーンもやや唐突に思えた。また、漫画で一番印象的であった”この国の正義”に言及する台詞も変わっていて少しがっかりした。 (友人は鬼いちゃんも印象薄かったねぇと言っていた)

2016-12-29 23:59:45
えまのん @emanon58123

@emanon58123 あと、前半少し気になったのは”音”だった。生活の音を求めたのか、音楽の無いシーンが多々あり、その時の音が少し薄いと思ってしまったのは”サウルの息子”の迫ってくるような重厚な音を無意識的に求めていたのかもしれない。けど物語に没頭するにつれ気にならなくなった

2016-12-30 00:00:34
えまのん @emanon58123

@emanon58123 でもそんなことは些細な事だ。 鑑賞して改めて、「感動した」「昔を思い出した」という感想を見ると「風化させていはいけない物語を語りつぐ」という気持ちは伝わっていたのだと思った。 けれど同時に風化しているのだなぁという気持ちを改めて感じさせられた。

2016-12-30 00:01:36
えまのん @emanon58123

@emanon58123 私は「はだしのゲン」に恐怖し「少年H」を「長崎の鐘」を読んだ世代だ。幼心に新聞に戦後五十年の特集が組まれていたのを今でも覚えている。それでも濃厚な物語を追うのが精一杯で、”私よりも上の、戦争をより身近に感じている世代が作ったなぁ”という印象が拭えなかった

2016-12-30 00:02:31
えまのん @emanon58123

@emanon58123 以前この時代の結婚観に違和感を覚えるツイートをみたけれど、さもありなんだ。感覚がは変わるものなのだ。 児玉隆也の「君は天皇をみたか」にある”天皇”へのパラダイムシフトが、まさに”戦争”という事象ことに対しても起こっているのだと、そう思わされた。

2016-12-30 00:05:23
えまのん @emanon58123

@emanon58123 普遍的なものはあれど、そこに至る符丁を読むには前提知識が必要だ。その時代の前提がなければ印象もまるで変わってしまう。 以前に、英国人の中で私一人日本人という状況で「風立ちぬ」を観たことがある。

2016-12-30 00:05:58
えまのん @emanon58123

@emanon58123 零戦が飛んで行くシーン、もちろん特攻隊を想起して涙ぐむ私とその前提のない英国人の感情の温度差を感じた。そしてまた、常に軍隊があり派遣を行っている彼らにとって戦争=本土決戦・悲惨のイメージではない、という前提の違いを如実に感じた。

2016-12-30 00:06:40
えまのん @emanon58123

@emanon58123 帰り道友人が「そういえばすずさん達普通に広島に行ってたね」と呟いた「どういうこと?」「だってはだしのゲンでは広島帰りだったり行った人は凄く差別を受けてたよ」「そうだっけ?」 同じものを共有していてもどんどんそれは断片的になっていく。

2016-12-30 00:07:24
えまのん @emanon58123

@emanon58123 だからこそ語り継ぐことが必要だし、そこに”存在すべき”作品だと思う、そんなことをつらつらと考えていた。 映像と音がついてならではの演出はとても素敵で、後半になるにつれどんどん素晴らしくなっていった。またぜひもう一度観たい映画だった。 #この世界の片隅に

2016-12-30 00:08:26
えまのん @emanon58123

この世界の片隅にのことをまだつらつらと考えていたのだけれど、フォークルクルセイダーズの「戦争を知らない子供たち」も、現在にはない感覚のアンチテーゼであったのだと思って。これも一つのパラダイムシフトと思う。 とても良い記事。 finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/20…

2017-01-02 09:41:10

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?