2017年1月19日

こうのとり運用管制のお話・パレットやアームのこと

関係者の方による解説
3
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

運用管制官の具体的なお仕事紹介です。半年前にも一部紹介し始めていて、重なるところもありますが改めて。ご質問などあればどしどしください。ぜひ職業として目指す方が増えると嬉しいと思っています。 #こうのとり運用管制官

2017-01-14 13:35:21
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

① TRJ (軌道担当)の紹介 こうのとりの飛行計画を行うポジションです。 こうのとりはHII-Bで軌道投入されてから、ラフですが約100kmの高度差を使って目的地であるISSとの位相差を調整し、約束した時刻に到着できるよう軌道計画します。 #こうのとり運用管制官

2017-01-14 13:37:16
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

(承前) それを一手に担当するのがこのTRJというポジションです。合わせてデブリ監視や異常時に備えたバックアップ軌道も準備します。 打上日やISSからの離脱日が決まると、彼らが飛行計画を作成します。バランスのいい飛行計画にはセンスが問われます。 #こうのとり運用管制官

2017-01-14 13:38:26
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

(承前) 特に計画軌道を変えなければならない異常発生時(デブリ回避等)に、新たな軌道計画を到着日を変えずに短時間で作成してきたときのカッコ良さはぴかいちです。 実は私は一番やってみたいポジションです。というわけで、トップバッターにしました。 #こうのとり運用管制官

2017-01-14 13:40:05
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

STS-72でロボアームを操作して回収したのが若田さん。 twitter.com/astro_wakata/s…

2017-01-14 18:31:55
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

これか!落ちそうな感覚。 This is what a spacewalk is! twitter.com/thom_astro/sta…

2017-01-14 19:47:12
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

油井さん、ごめんなさい。笑わせてもらいました。でも、今後はこういう方向性で行くのも悪くない?(゚∀゚) twitter.com/astro_kimiya/s…

2017-01-15 12:34:45
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

これがロケット開発であり宇宙開発。失敗のないチャレンジはない。失敗から新しいものが生まれる。 twitter.com/mai_hayabusa/s…

2017-01-15 12:39:04
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

これは嬉しい!金井さんも嬉しいでしょうね!ということでリツイートさせていただきます! twitter.com/ta29walker/sta…

2017-01-15 12:45:39
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

@hachiya 私の立場では、失敗の仕方かなと。本来はこの手前(地上試験など)でしっかりと摘み取るべきでそのために我々がいるわけです。民生品にしても上手く適用すれば格段にコスト削減出来るわけで、むしろチャレンジは加速して続けるべき、と思います。

2017-01-15 13:31:25
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

2つめの管制官紹介は、PLAN (計画担当)です。 こうのとりの運用計画を立てるポジションです。ちょっと想像しづらいポジションかもしれませんが、こうのとり運用・ISS運用の核となる手順を組み上げる要ポジションなのです。 #こうのとり運用管制官

2017-01-15 21:06:32
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

(承前) こうのとり運用は手順書が2000ほどあり、それらを組み合わせてノミナル運用と異常発生時のトラブル運用を行います。その手順書群を様々な制約の下、組み合わせて計画(手順の時間割を作成)します。縁の下の力持ちで、彼らなしには運用が成立しません。 #こうのとり運用管制官

2017-01-15 21:08:38
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

(承前) また、ISS運用はリアルタイム計画変更の嵐です。変更のたびに登場し、変更の影響を受ける手順の見直しをするのもまたPLANです。運用開始1ヶ月前から管制室に篭ります。運用前中後で最も仕事が多いポジションで、人数も一番多いです。(終) #こうのとり運用管制官

2017-01-15 21:10:43
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

(付け足し) 帰りに行うテザー実験(KITE)の手順はゼロからの手順構築でした。KITEチームと連携してイタレーション的に準備を重ねてきました。先週行った手順確認会でも反映事項が多く出ました。実際の運用でも色々とあると思うので宜しくお願いします! #こうのとり運用管制官

2017-01-15 21:41:48
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

本当にデカイ。外に出て来た人が言うんだから間違いない笑 twitter.com/thom_astro/sta…

2017-01-16 13:22:36
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

今日のこうのとり管制官紹介はSYS-JとCMD(シスジェイとコマンド)です。2ポジションまとめて紹介します。 国内の全ポジションと連携し、運用手順を進め、こうのとりへ指令を送る役割です。まさに、こうのとりを遠隔コントロールする2ポジションです。 #こうのとり運用管制官

2017-01-17 00:29:05
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

(承前) もちろん、ただ決められた手順を進めるだけではありません。手順の構築のキープレイヤーであり、最も手順書に精通。リアルタイムでは、タイムキーパーであり、手順進行役であり、異常時手順の差し込みなど計画外にもとても強いです。 #こうのとり運用管制官

2017-01-17 00:36:11
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

(承前) フライトディレクタとはツーカーの関係で、英語と日本語が飛び交う中、目で合図して手順進行させることもあります。フライトディレクタ毎の癖や特徴から対策マニュアルもあるとか笑。ISS側との調整に難航していると「フライト、時間ですよ」とせっつかれたり笑 #こうのとり運用管制官

2017-01-17 00:41:47
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

(承前) こうのとり運用は、1ミッションで約20000行の手順を流します。その全てをSYS-JとCMDのコンビで行います。各ポジションが確認しつつ、それを仕切って進めるのがSYS-Jです。 ミッション中最も喋り、最も時計を見て、最も神経を使っています。 #こうのとり運用管制官

2017-01-17 00:47:15
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

(承前) この運用方法は、人工衛星と同じ方法で、実はISSやきぼうとは違います。送る指令(コマンド)が桁違いに多いので、手順進行と指令送信の専門ポジションが必要なのです。終 #こうのとり運用管制官

2017-01-17 01:03:51
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

バッテリ含め運んだ荷物は全て降ろし終わったので離脱します! おっと、曝露パレット置いていくところでした。23日午前にこうのとりのお腹に古いバッテリ満載の曝露パレットを戻す予定です(^^) twitter.com/jaxa_jp/status…

2017-01-17 12:17:30
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

こうのとり6号機で初めてISSの超重要システム品であるISSバッテリを輸送し、交換作業まで終わりました。 新しい曝露パレット、ロボティクス、EVAとが複雑に絡み合った初めてのタスクが、こんなにスムースに行くとは正直思ってませんでした(^^; 関連ヒストリーを今日1日つぶやきます!

2017-01-18 12:58:52
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

こうのとり2号機で初めてデクスターによる移設作業を行った際は、通信がしばらく途切れ次に画像が見えるとせっかく位置合わせしたターゲットがずれていていつまでたっても荷物を掴めないという事象が多発し、ものすごく時間が掛かりました。

2017-01-18 22:08:43
Takashi UCHIYAMA 内山崇 @HTVFD_Uchiyama

何が起きたかというと、時間が経って太陽の位置がずれるとターゲットからアーム先端までの構造部分に生じる僅かな熱変形でせっかく合わせたものが数cmずれてしまうのです。あれから6年。様々な更新が加えられ、運用技術も蓄積し、通信も改善され、今ではすいすい作業が行われています。

2017-01-18 22:12:13
残りを読む(15)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?