烏丸ストロークロック×庭ヶ月 共同連作「凪の砦」

・『凪の砦』総収編 作・演出/柳沼昭徳 《京都公演》2017年2月9日(木)〜2月12日(日)@アトリエ劇研 《名古屋公演》2017年2月25日(土)・2月26日(日)@ナビロフト 《松山公演》2017年3月4日(土)・3月5日(日)@シアターねこ 続きを読む
演劇 舞台芸術 烏丸ストロークロック 柳沼昭徳
0
護国寺 @gokokuji3
過日。烏丸ストロークロック「凪の砦 総収編」にお邪魔しました。作品を通して注視される動と静の表現にコンテンポラリーダンスを用いており、思想の表現としても真摯で嫌味の無い、印象深い作品でした。ホント広島に定期的に来てくれたらな、という思いしかない。
I元(観劇残留思念体) @i_moto_y
凪の砦 総収編(烏丸SR×庭ヶ月)感想6】→個別には、「まるでタイムスリップでその場に入り込んでしまったかの様に始まり、進行する回想シーン」の演出、「パイプ椅子を老婆に見立てた下の世話のシーン」、舞台をぐるりと囲む落ち葉、生演奏の音響、…様々に強い印象を残してくれました。
I元(観劇残留思念体) @i_moto_y
凪の砦 総収編(烏丸SR×庭ヶ月)感想5】→…非現実の舞台で強く実感できました。 それ故に、やはり結末があまりにも皮肉で切ない。いや、だからこそ、この結末が活きるのか。 「生と死」ばかりでなく、震災を引き合いにした「施設の契機と終焉」、すべからく輪廻と対照が際立つ作品でした。→
I元(観劇残留思念体) @i_moto_y
凪の砦 総収編(烏丸SR×庭ヶ月)感想4】→それらの「空気」を作る「役者」の力量を強く感じた芝居でもありました。話の都合で人が順に動くのではなく、各々の生活の集合で舞台が成り立っている感覚が強く、「あぁ、この人たち、みんな各々で生きているんだなぁ」と現実なら当たり前のことを、→
I元(観劇残留思念体) @i_moto_y
凪の砦 総収編(烏丸SR×庭ヶ月)感想3】→舞台で幾度となく繰り返される「生死の輪廻」の言葉は、本来そんな悪い言葉じゃないはずなのに、あたかも無間地獄のイメージを刷り込んでくる。死者が今なお成仏せずに普通の生活を続けるラストのイメージは、その無限地獄の体現にも映り、強烈でした。→
I元(観劇残留思念体) @i_moto_y
凪の砦 総収編(烏丸ストロークロック×庭ヶ月)感想2】→肩を寄せ合い生きていく風情は、作中で語られる「落ち葉の下のてんとう虫」という表現が言い得て妙。介護に忙殺されながらも愚痴一つ言わぬ…楽しそうと言っても過言ではないスタッフの強く明るい振る舞いが、対照的に悲壮感を滲ませる。→
I元(観劇残留思念体) @i_moto_y
凪の砦 総収編(烏丸ストロークロック×庭ヶ月)感想1】結末があまりにも壮絶。絶句というのが終演直後の正直な気持ちでした。 「三ツ山養生所」と称する、見た目はいわゆるポスピスの様相だが、世話をする方も、される方も実は"ワケあり"ばかりの施設。→
I元(観劇残留思念体) @i_moto_y
先々週末にナビロフトで観た、烏丸ストロークロック×庭ヶ月の「凪の砦 総収編」 ツアー終わったところで、えいっ。 ​ (ノ゚∀゚)ノ ⌒ 感想
akinator @akinator23
シアタねこを去る、烏丸ストロークロック×庭ヶ月共同連作『凪の砦』総集編。森の養生所を訪ねる人の物語。シンプルな舞台装置と照明で展開される役者の演技と高齢介護信仰深い物語が良い。ちりばめられる構成・動きと相まって、物語と時間が奥深い謎と想いの死生観をといていく。
ねおきてぃ @kittynyaaaa
『凪の砦』ちょっと自分でも引くほど涙が止まらなくて焦ったんですけどアフタートーク始まったので気合いでひっこめました。観てよかったです。
むらやま @patchworks_km
凪の砦、見られて幸せでした。
メタス @hihihihi_mts
烏丸ストロークロックさんの凪の砦すんげぇよかった…
変劇団 @hengekidan
今日は観劇の友フジイくんと、シアターねこ『凪の砦』総収編へ。 いつどこで巻き込まれたのか分からない衝突感に包まれています。 明日の13時からがラストです。お近くの方はぜひ…! pic.twitter.com/cR4vMpMK3E
拡大
情熱'ダイヤモンド @jonetsu_d_0v0
烏丸ストロークロック×庭ヶ月 共同連作『凪の砦』総収編を観にシアターねこへ。 観客の想像力を刺激しやすい仕掛けが散らばった作品だなぁ、と感じました。 爆弾みたいなモノを扱っていたので敏感になったのかもしれない。 明日もシアターねこで13時~あります!!是非!!
スージー @suzy_purariin
親族が心肺停止で倒れてから持ち直し、喜びと不安と疲れが混じりあったこの2週間。 山奥のホスピスを舞台に死のあり方を見つめる芝居。凪の砦を観てきた。 やっぱり琴線に触れるがあり、込み上げてくる。 スッキリ!っという芝居でもないけど、芝居に救われる部分もある。
こだま @shino1869
烏丸ストロークロックさんのお芝居、「凪の砦」観劇しました。深く深く心に沈んでいく感覚。見に行って良かったなぁ。
ナツ@初本公演ありがとうございました! @aoirokonoha
烏丸ストロークロック×庭ヶ月共同連作総収編『凪の砦』観ました!!今夜と明日の昼も公演あるみたいですよー(о´∀`о) pic.twitter.com/6Z5GuO3gDP
拡大
かわうそMOW @mangoukon
凪の砦 とてもとてもとても良い時間でしたし、アフタートークもステキでしたー! 空席あるらしいのでお時間ある方は是非行って私と感想語り合うお茶会してくれたらいいと思います。 最後はただの願望です(*`・ω・´)
豊田のきときと地蔵11/4(日)大阪Soap Opera Classic @kitokitojizou
『 凪の砦と小坂本町一丁目映画祭Vol.14 』 ↓ ameblo.jp/kito-kito-jizo… アメブロを更新しました。 お時間のある時にご覧いだけたら幸いです。 pic.twitter.com/JmcauDBZB6
拡大
西田一道 @Saachin16
演劇な週末♪ 土日に、2つ見てきた。 テアトロ・マジコの「眠り姫快刀乱麻」。 烏丸ストロークロック「凪の砦」。 活劇に、心理劇。 味はちがうが、時を忘れる。 セリフ回しや身体表現。 芝居は、まだまだ奥深いと感じた。
みわひろみ @mirohiwami
ナビロフトは何回も行ったことあるのに迷子に。ここはどこ?。。駅まで戻ってやり直して着いたけど。観劇後に駅まで帰りながら、どこを間違えたのか考えたけどワカラナイ…。三ツ山養生所にたどりつかせないトラップだったの? 烏丸ストロークロック×庭ヶ月「凪の砦 総収編」を観てきました。
古場ペンチ @kobanu
凪の砦総集編。コミュニティが超最小の限定的な人々。自意識や被害妄想から解放され、一般人より不気味に優しく接し合う。逆にコミュニティ広い。僕には非常に気持ち悪くて、それでも作中の人々の顛末が気になり目が離せませんでした。人は死んだらどこに行くのかと言う問いの答えがひとつありました。
古場ペンチ @kobanu
烏丸ストロークロック×庭ヶ月 共同連作『凪の砦 総収編』2/25(土)ソワレ観劇。静かなのに、その息づかいで圧倒されました。これまで庭ヶ月メンバー主体の『凪の砦①②④⑤』は観てきましたが、当時感じていた違和感がほとんど削ぎ落とされて、純粋に作品の中に入り込んで行きました。 twitter.com/niwakagetsu/st…
かとうさん @hiroopen
凪の砦、観た。死を看取るコミュニティの話。今の話だが、昔噺のような語り口でもあり、ドキュメンタリー映画のようでもあり。役者と客席がほんと近いなー、役者の汗、目線までハッキリ観た。惹き込まれた。セリフの一つ一つが刺さるな。
永田 @nagatadnaoko
@nacaotanaco 烏丸ストロークロック×庭ヶ月 共同連作 『凪の砦』総収編。架空だけど、対人や孤独を内側から思い起こさせる。独特の雰囲気。
残りを読む(71)
「#演劇」

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする