編集可能

vabotterタグから戦術・技術論的なものを抽出してみましたよ

3/5,6のvabotterタグから戦術・技術論に特化して読みたいという話が出てたので、取り急ぎ纏めてみました。 追加・修正など、宜しくお願い致します。
26
渡辺 寿規(Toshiki WATANABE) @suis_vb
GAORAディレイでやってた。てらまわりんも、テンポがわかってない。石川に対して「入るのが遅いからブロックされた」と発言。真実は「トスが低いからブロックされた」。 #GAORA #vabotter #vleague
渡辺 寿規(Toshiki WATANABE) @suis_vb
要は、セッターもアタッカーも、どっちも本質を取り違えているからそうなるんでしょう。攻撃の起点は、実はアタッカーの助走開始のタイミングにある!!! #vabotter #getubare
渡辺 寿規(Toshiki WATANABE) @suis_vb
だから、アタッカーはボールを触っていない場面でこそ、サボらずに一目散に助走に全力で入ることが重要で、セッターはそれをちゃんと見計らって、出来れば4人のアタッカーが打てるタイミングまでぎりぎりまで、トスを上げない、これこそが本当の「はやさ」 #getubare #vabotter
@TetsuS1977
セッターの「タメ」「間」という概念はつかめにくいものですが、アタッカーへのうつ余裕を与える他に、おっしゃる「速さ」を生むためのものであると考えるとわかりやすいですね。@suis_vb #getubare #vabotter
渡辺 寿規(Toshiki WATANABE) @suis_vb
今日観戦していて残念だったのは、ファンや地元の小中学生たちが「あぁーやっぱ、セッターのはやいトス回しやね!」とか言いながら見ていたこと。ボールしか見ていないと、そういう発想になる。RT @TetsuS1977: セッターの「タメ」「間」という概念はつかめにくい #vabotter
渡辺 寿規(Toshiki WATANABE) @suis_vb
観戦中に親や付き添いの指導者が子供たちに「ほら、あの選手があぁやって助走に入ってるでしょ?」とか「あの選手はサボってたのに、セッターが見てなくて独りよがりにトス上げちゃったね」とか、ボールの動き以外のところに目をやるように教えてあげられる文化を、作り上げたい。 #vabotter
強行突破 @kaz10000
セッターがきっちりボールを待ち受けているのを見た段階ではやい攻撃は助走でGO!です。 #vabotter RT @hyuky_music: 球の下は遅くてもいい、ってことになると、そもそも信頼感が確率されてからの早さということになるわけで。やっぱ、あうんですかね。
強行突破 @kaz10000
セッターが苦しい体勢でトスを上げなくてはいけない時は、レフトエースとしてはオープンを打つ準備をする。助走スタートポジションでしっかり待ってトスを呼ぶとセッターも安心してトスを上げられる(はず)。 #vabotter
渡辺 寿規(Toshiki WATANABE) @suis_vb
ぎりぎりまでセットしない、というのと、ボールの下に早く入らない、というのは、同義ではありません。 RT @hyuky_music: 球の下は遅くてもいい、ってことになると #vabotter
強行突破 @kaz10000
はやい攻撃の助走スタートは、セッターに入るボールの位置を見てから助走スタート。クイック・ロングB・平行まではセッターがボールに触れる前に助走スタートしていた。それぞれスタートタイミングは異なっている。 #vabotter
竜 太陽 @rontaiwan
@suis_vb 理想的にはそうでしょうが、それをするとスパイクの空振りや、タイミングのずれたアタックの量産を生むような恐れはありませんか?QT: だから、アタッカーはボールを触っていない場面でこそ、サボらずに一目散に助走に全力で #getubare #vabotter
強行突破 @kaz10000
空中で待っていればいいだけ。タイミングがずれたらトスミス。 RT @rontaiwan: @suis_vb 理想的にはそうでしょうが、それをするとスパイクの空振りや、タイミングのずれたアタックの量産を生むような恐れはありませんか?QT: #getubare #vabotter
渡辺 寿規(Toshiki WATANABE) @suis_vb
それを、たった6人しか部員がいない、普通の女子中学生たちがやってのけている、という記事が、次号の月バレに載ります! RT @rontaiwan: @suis_vb それをするとスパイクの空振りや、タイミングのずれたアタックの量産を生む #getubare #vabotter
@TetsuS1977
スパイカーとしては、自分の最高点でボールを叩くことを心がけておけばいいですね。あとはいろんなタイミングのトスの出がある。@kaz10000  #vabotter
強行突破 @kaz10000
そして空中にいられる時間を長くする(高く跳ぶ)ことがセッターの助けになるということにもなると思います。 RT @TetsuS1977: 自分の最高点でボールを叩くことを心がけておけばいいですね。あとはいろんなタイミングのトスの出がある。@kaz10000  #vabotter
強行突破 @kaz10000
そのためには全力の助走と効率の良いジャンプへの転換。助走スピードとそれをブレーキングをかけながら上方向に転換させるテクニック。そして助走スピードが速くなればなるほどセッターの手元近くにボールがきてからスタートできる。 #vabotter
竜 太陽 @rontaiwan
@kaz10000 確かに。でも、逆にボールを目標に跳ぶのにくらべ、何もない空間に跳んでいくのはアタッカーも難しかったりするかも。 QT: 跳んでいるアタッカーに合わせるほうが、何も無い空間にトスを上げるより楽!っていうセッターだってたくさんいるはず。 #vabotter
強行突破 @kaz10000
ボールに向かって跳んだらもう理想のヒットポイントには間に合いません。 RT @rontaiwan: @kaz10000 確かに。でも、逆にボールを目標に跳ぶのにくらべ、何もない空間に跳んでいくのはアタッカーも難しかったりするかも。 QT: #vabotter
竜 太陽 @rontaiwan
@suis_vb 楽しみに待ってます。それが、安定して行えるんだったらすごいと思います。 QT: それを、たった6人しか部員がいない、普通の女子中学生たちがやってのけている、という記事が、次号の月バレに載ります! #getubare #vabotter
竜 太陽 @rontaiwan
@kaz10000 誤解をあたえてしまったようですが、大丈夫、理解しております。QT: ボールに向かって跳んだらもう理想のヒットポイントには間に合いません。 #vabotter
ぬのT @taknuno55
大山加奈さんのバレー教室。キャッチボールの重要性を強調。ちょっと残念なのは「腹筋で」というところ。前屈で打っちゃうんだよね。 #vabotter http://photozou.jp/photo/show/877684/70578042
渡辺 寿規(Toshiki WATANABE) @suis_vb
いい加減、元全日本選手を使ってバレー教室、っていう思考停止的発想をやめないとね。それしても競技人口増加に繋がってないんだし。 RT @kaz10000: 勉強する時間を与えないから RT @taknuno55: 残念なのは「腹筋で」というところ。 #vabotter
強行突破 @kaz10000
やるにしてもきちんと理論を学んでからにしてくれないと。逆に害をばら撒くことになってしまう。 RT @suis_vb: いい加減、元全日本選手を使ってバレー教室、っていう思考停止的発想をやめないとね RT @kaz10000: RT @taknuno55: #vabotter
ayanamiT @ayanami2015
柳本前監督のバレー教室は大盛況でしたよ@神戸 ディグという単語すら出てきませんが。あの立場の人がバレーを教えると、それがすべて正しいと子どもたちは思ってしまう。ファーストテンポを打たせても「遅い」と言われてました。#vabotter
ayanamiT @ayanami2015
ちなみに、柳本元監督は「ファーストテンポ」という単語に対して「???」みたいになっていたのはここだけの話。あの時代の全日本にはテンポの概念は無かったのかな?#vabotter
残りを読む(2755)

コメント

たむ @tamtam_twtr 2011年3月8日
いくつか追加しましたよ。
たむ @tamtam_twtr 2011年3月22日
ぽつりぽつりと追加してきましたが、これはこっちに追加しない方がいいのかな?
ayanamiT @ayanami2015 2011年5月5日
技術・戦術論ではないけど、CPVの記事で面白いものがあったから追加。
渡辺 寿規(Toshiki WATANABE) @suis_vb 2011年5月8日
(テンポは続くよーどこまでも。。。 を追加しておきました♪
でぐちきり @dhalmel 2011年6月23日
更新されたところだけ読む機能があればいいなぁと思い始めた今日この頃。これはとぅぎゃったんさんに要望を申し上げた方がよさそうですなぁ。
たむ @tamtam_twtr 2011年6月25日
さて、いつまで追加続けようかしらん?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする