39
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
星占い基礎知識:それぞれの星座には「守護星」(支配星とも)があります。英語では「ルーラー」。その星座のご主人となる惑星です。まずは太陽と月。太陽は獅子座を、月は蟹座の守護星です。太陽はアポロン。明るい自己表現と生命力を司っています。獅子座さんが「陽気」なのは太陽の星座だから!
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
月は蟹座の守護星です。夜の女王さまである月、ルーナ。月は伝統的な占星術ではもっとも「湿った」天体だと考えられています。クレーターだらけの月面を知る僕たちにはちょっと違和感があるかもしれませんが、月が海の潮を司っていることを思い出すと納得。蟹座の情緒の波も月が司っているのでしょう。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
ほかの誰でもない、あなたがあなたでいるということの素晴らしさ。太陽を守護星にもつ獅子座は、その誇りで生きています。何かをなしたから、などではなく、自分が自分でいるという本当の誇り。それが獅子座の核。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
蟹座の守護星は月。地上の水界の支配者。満ちては干く潮は、海にも蟹座の心のなかでも起こっています。蟹座さんの心がいつも揺れ動き、リズムとサイクルをもっているのは月と深くつながっているから。身体と心のリズムに同調することが蟹座には必要なのです。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
カバラーといえばほんとにオススメなのがこの本です。 amazon.co.jp/%E7%B7%8F%E8%A…
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
今日の星座ことわざ、慣用句 腐っても獅子(獅子は百獣の王。厳しい状態でも獅子座のプライドは腐らず、また存在価値は無くならない) 井の中の蟹(蟹座は自分のテリトリーやホームからなかなかでない)
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
星占い基礎知識:水星マーキュリーは双子座と乙女座の両方の守護星です。マーキュリーは神々のメッセンジャーにして足の速い神様。ギリシャ神話ではヘルメスです。水星は双子座には情報への感度と高いコミュニケーションの能力を、乙女座には実際的な知識とスキルを与えてくれます。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
ちなみに”解釈学”(ハーメニューティック)という言葉は双子座と乙女座の水星守護星であるヘルメスが語源。言葉を解釈する学問ですね。そうそう、あの高級ブランド「エルメス」Hermesもヘルメスです。もともとは馬具制作から始まったそうで移動や旅行を司るヘルメスを屋号にしたんでしょう。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
水星ヘルメスは魔法の守護神。(ヘルメス文書は魔法の重要な教典)双子座は言葉と思考の魔法使いです。双子座の口から繰り出される言葉は、別々の事柄をトリッキーにつなぎ合わせ、斬新なアイデアや笑いという魔法を生み出す。無口な双子座もいるけれどその瞳の素早い動きが思考の速さを語っています。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
ちなみに最近ご一緒した中沢新一先生も双子座生まれ。中沢先生の書かれる、あるいは話される言葉の背後には水星、ヘルメスの神が透けて見えるような気がするのです。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
水星が守護するもうひとつの星座が乙女座。乙女座の魔法は一見地味だけどすごい。実際的で注意深い乙女座の魔法がなければこの世界はきっとカオスになっているはず。オフィスの窓、食器棚のカップがいつもきれいだなと思ったら、そこにはきっと乙女座の魔法がかかっているような気がします。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
もちろん、ルーズであまり潔癖じゃない乙女座さんもいます。でもよく見ると、たとえば”ここだけはちゃんとしておく”というラインがありそうなんですよね。見えない整理棚を作り出すのがそんな乙女座さんの水星の魔法なんです。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
あ、そうだ、水星ヘルメス、マーキュリーは「永遠の少年」(プエル・エテルヌス)の神です。水星を守護星とする双子座、乙女座の人がずっと若々しい印象があるのはそのせいかもしれませんね。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
ちなみに英語でMercuryというと金属の水銀も表します。水銀は金属なのに液体という二重の性質、ひとつのカテゴリーに収まらない物質です。これはとくに双子座の水星に当てはまるようなものかな。錬金術では水銀は硫黄(男性原理)と塩(女性原理)を媒介します。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
今日の星座ことわざ;「双子の手は口ほどにものをいう」(双子座の人体部位は手。双子座が乗って話すときには手は魔法の指揮棒を振るようにに動いている)「嘘から出た双子」(虚実ないまぜ)「乙女の神は細部に宿る」(乙女座がこだわるのは細部)「無理が通れば乙女引っ込む」(乙女座は正論)
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
おっと、これは。「赤」の歴史。牡羊座に星のある人、必見ですな。 theguardian.com/books/gallery/…
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
25.6日は大阪でコラボセミナー。豪華メンバーですよ、 exis-academy.amebaownd.com/pages/816989/p…
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
@ANIMA_MYSTICA @valet_de_coupe 円はスピリット、半円(月)は魂、十字は物質を指す、という解釈はアラン・レオから始まると言われていましたが、それ以前にセファリエルが神智学雑誌ルシファーで発表しているのを見つけました。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
惑星記号の意味を「解読」しようとする動きは一九世紀末から。着想のもとはエリザベス朝の魔術師ディー博士のモナド論でしょうが…通例、アラン・レオの解釈とされますがそれに先んじてセファリエルが神智学雑誌に書いているのを発見しました。amazon.co.jp/%E5%8D%A0%E6%9…
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
『占星術夜話』では惑星記号の解釈のルーツなども説明しています。 amazon.co.jp/%E5%8D%A0%E6%9…
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
星占い基礎知識:愛の星金星(ヴィーナス)は牡牛座、天秤座の守護星です。金星は愛と美の星。牡牛座さんも天秤座さんも、ヴィーナスに守護された、愛に満ちた人!ただ、牡牛座の金星は五感で捉えることができる喜びが大事。天秤座の金星はより理念的で抽象的な美を愛でる傾向があります。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
牡牛座の金星の美意識や愛は実質的で具体的。愛する人と料理を一緒にしたりホームセンターに行ったりすることに喜びを感じそう。天秤座の金星には、たとえばキャンドルの光の下のセンス良いプレゼントが最高の表現になるかもしれません。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
たとえば薔薇の花束があったとき。牡牛座はその香り、色、手触りに深い喜びを感じます。天秤座はアレンジメントやプレゼンテーションの仕方、そして添えられたカードの文言に心をときめかせるでしょう。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
牡牛座の守護星としてのヴィーナスを喜ばせる香りは高価な異国の香料ではありません。届いたばかりの新聞のインク、スープに入れようと庭から今摘んだハーブ、お日様で干したシーツ、駆け寄ってきた子犬に、ちょっと焦げてしまった目玉焼き。そんなものが立ちのぼらせる日常の幸せの香りなのです。
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
天秤座のヴィーナスは華やかで、でも繊細でエレガントな供物を喜びます。芸術品のような和菓子やケーキ。華奢だけどきらめくジュエリー。あるいは可憐な花。でも一番大切なのはそれが出てくるタイミングやシチュエーション。天秤座の金星の美意識の構造は「粋」にあるのです。
残りを読む(35)

コメント

UNI 2/1読書会 @atsucurry 2017年3月20日
『蠍座はいつも戦っている。自分自身と。』
exis academy @exis_academy 2017年3月24日
まとめを更新しました!「メリー春分」以来になってしまいすみません!ルーラーのお話・土星と、人体と天体の対応・山羊座までです✨
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする