佐藤剛裕氏によるチベット問題に対する重要な示唆

Newsweek 日本語版:中国「輪廻転生廃止は許さない」の記事について、ネパール在住の文化人類学者・佐藤剛裕氏がチベット問題に対する重要な示唆をツイートされていたのでまとめてみました。
67
佐藤剛裕 @goyou

このニュースを読んで思うところをちょっと書きます。Newsweek 日本語版:中国「輪廻転生廃止は許さない」http://t.co/FyVIBC6

2011-03-08 20:42:58
佐藤剛裕 @goyou

皮肉だとか、ブラックジョークだとかいう反応が見られたのですが、そういうレベルの問題ではなく、もうちょっと危機感を持って読まなくてはならないと思ったからです。

2011-03-08 20:44:14
佐藤剛裕 @goyou

このニュースでは、元中国人民解放軍である共産党幹部が、「われわれはチベット仏教の歴史的慣例と宗教儀式を尊重しなければならない」などと語り出したことを伝えているが、これは、中国側が次期ダライ・ラマの転生者を擁立する準備を着々と進めていることを示しています。

2011-03-08 20:44:34
佐藤剛裕 @goyou

亡命したダライ・ラマ14世は、ゲールク派一宗派による支配が近代化の立ち後れを招いて国家主権を失ったと考えてきたので、とくに1970年代以降、超宗派運動を支持して、宗派間の融和を推し進め、チベット人全体の統一を図ろうとしてきました。

2011-03-08 20:45:14
佐藤剛裕 @goyou

それに対抗するために、中国共産党は、旧権残存勢力であるゲールク派保守強硬派政権を復活させてチベット支配の原理に据えようとしていることが、このところの、中国政府はチベットの宗教文化を保護する、次期ダライ・ラマは必ず転生する、というプロパガンダに明確に表れています。

2011-03-08 20:49:26
佐藤剛裕 @goyou

そのために、中国共産党政府は、チベット自治区内外のゲールク派の保守強硬派勢力に秘密裏に資金援助を行い、ダライ・ラマ14世の、超宗派運動を基盤に据えた民主化政策を妨害しています。ここで言うゲールク派の保守強硬派勢力というのは、ゲールク派内部の少数派ではなく、むしろ大多数です。

2011-03-08 20:50:33
佐藤剛裕 @goyou

つまり、チベット人社会が内側に抱えている差異の部分で起こっている軋轢を激化させるようにしむけながら、20世紀半ばのチベット侵攻以前にチベットを支配していた論理を、チベット自治区の支配原理として都合の良いイデオロギーに仕立て直して賦活させようとしているのです。

2011-03-08 20:52:24
佐藤剛裕 @goyou

中国共産党政府がゲールク派の保守強硬派と一体になってチベットを支配しようとした時に、チベットの文化破壊は完全に終結するといえるでしょう。

2011-03-08 20:52:47
佐藤剛裕 @goyou

チベット人社会が内在的に抱えてしまっている差異というものがなんであるかということを意識しない限りは、それを乗り越えることは出来ないのです。

2011-03-08 20:56:47
佐藤剛裕 @goyou

こういう話をしていると、あの人は、チベット人が触れたくない問題を口に出して、世界中で盛り上がっているチベット支援の流れに水を差そうとしている不愉快な人だという反応をするチベット支援者が多いのですが、もうそうは言っていられない時期にきているでしょう。

2011-03-08 20:58:46
佐藤剛裕 @goyou

チベットを支援しようという者は、ダライ・ラマ14世やカルマパ17世の支持している超宗派運動とその理念に基づく民主政権を支持していることでしょう。その時に、20世紀前半までのゲールク派政権を懐古するような反動的言説には耳を貸してはならないという明確な意思を持つべきだと思います。

2011-03-08 20:59:01
佐藤剛裕 @goyou

これから3/20に控えているチベットの首席大臣の決選投票は、インドでもネパールでも、中国政府の工作による選挙妨害の危機にさらされています。この選挙が無事に執り行われるように祈るのみです。皆さんも関心を持ってニュースに注目して下さい。 http://t.co/8rc11bo

2011-03-08 21:04:52

コメント

岡一輝 @okaikki 2011年3月9日
離間の計か。相手を二つに引き裂いて片方を傀儡とする。中国にかぎらず、古代ローマも大英帝国も使って来た、伝統的な大国のやり口ではあるなあ。一方が傀儡化する前に意思統一できれば、日本みたいにはねのけることは可能なのだけど。
0
サワダイジューロウ⛅ @SAWADA_Ijrh0727 2011年3月9日
日本も近代以降に限っても、明治維新の時とWW2の敗戦時、あやうく分裂しかけた。強運にも助けられそれは回避できた。チベットが早く自立できることを望む。
0
くつなひろみ @YINGUO 2011年3月9日
「チベットに関心を持つ人へ - シュクデンって何?」 http://togetter.com/li/23041 剛裕さんのつぶやきを中心とした関連するまとめです。 「14人のダライ・ラマ」を読むと、チベットの歴史的時空を知る一助になると思います。なおこの本ではシュクデンに関する記述を避けている印象がありますが、縺れた糸を解くために知るべきことだと考えます。
0
佐藤剛裕 @goyou 2011年3月10日
このチベット問題についての連続ツイートで、一部で誤解をまねいたりもして、なんだか殺伐としてしまったので、本心のところで意図していることをつぶやいてみました。あわせてお読みいただけたらと思います。 佐藤剛裕の8bit脳による仏教 http://togetter.com/li/109948
0