編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

漫画編集者が漫画家を育てず使い潰す問題

実は十年前から言われていたそうです
マンガ 漫画家 編集者
3924view 0コメント
15
Natsumelo Anthony @summereye
ある時期から若い人の原稿で「これくらい言われれば気づくし言ってくれたら直すのになんで編集は言わないんだろう、断然読みやすくなるのに」というポイントを放置してるマンガが急激に増えたの。作家の自己修復機能って早い段階で身につけないと悪い意味で作風になって治らなくなるのよ。>RT
Natsumelo Anthony @summereye
作家の自己修復機能以上に編集の漫画修復機能が継承されてない、これはネットマンガがどれだけ発達しようが大手出版社の財産だったはずなのに。これじゃ編集の仕事はネットか中小・エロなどで売れてる作家に看板を名刺に声かけるだけで、じゃあ給料分の仕事してなくね?ってあれ、もうそうなってるか。
Natsumelo Anthony @summereye
こういうじわじわくる衰退、韓国ドラマ買い付けて流した方が安いよねってなって若手脚本家が全然育たなくなったとか、そういうのと同じであと数年延命すれば焼き畑で去ってく世代の罪、どこの世界も同じよねえ。
Natsumelo Anthony @summereye
ぼかー若い時に皆川先生に今のまま簡単に載る雑誌に行くな、成長が止まる。今はまだネームを治せる編集がいるところにいろって言われてたよ。ぼかー周囲の人たちに恵まれてたなあ。おかげで二十年後も少年漫画が描けてるよ。
Natsumelo Anthony @summereye
しかも作品を修復するどころか一巻売れなかったら打ち切りねーって目利きの責任も負わずにリスク作家に丸投げ、宣伝は自分でしてだもんなあ…。あ、ぼく今の担当さんがネームのおかしいとこ指摘してくれないととても連載なんかできないよ!いちいち冷静にネーム見てたらゾーンに入んないから。感謝!
Natsumelo Anthony @summereye
ぼくがいま言ってることって十年前にはもう現場の編集が言ってたことなんだよね。今ぼくが言ってるのはそのとおりになりましたねえってだけで。
Natsumelo Anthony @summereye
しかしこの問題、実際編集が育たず作家も育たず(勝手に育つ人や天才は ほっといても出てきてるが底上げがない)結果、ちゃんと育てられた世代の僕らが若い世代の突き上げを食らわずに今でも現役で仕事がまわってくる理由でもあるので、受益者として被害者ヅラもしにくいわけで。
Natsumelo Anthony @summereye
ぼくらはまだ描いていられるけど育てられる編集はどんどんえらくなって現場を離れてしまってる。現場にいたい人は起業するしかない。でも昔のままの育成方法じゃ若い作家さんはほかの選択肢も多いからはなれてってしまうしそもそも出版の先に明るいビジョンがないからあえて来る理由がない。
Natsumelo Anthony @summereye
だからぼくらがある程度ノウハウを流す責任があるような気がしてるんだけどどうせあれだろ、売れた人の話しか聞かないんだろみんな。ぼくらの持ってるノウハウは売れるかどうかよりももっと基本的で地味ーな土台なんだけど、最近はそこが崩れてるのよく見るからああ衰退ってこういうことだなと。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする