『不沈 タイタニック 悲劇までの全記録』読書録

久々に読み返したらめっちゃ興味深い内容が多かったので、特に面白かった内容を備忘録がてら もくじ ・映画と史実 ・タイタニックでの暮らし ・ケタ違いな量の補給物品 ・タイタニックの構造 ・生存者たち ・ただ一人の日本人乗客(仮) ・不吉な噂 ・沈没の原因と多くの犠牲を招いた要因 ・タイタニックと並ぶ悲劇の船『ドニャ・パス号』 随時読み進めつつ更新する予定
タイタニック 航海史 大英帝国
dzurablk_kai 6612view 11コメント
56
ログインして広告を非表示にする
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-05 22:21:48
    ご紹介までに、先程から読んでるタイタニック本はこちらになります pic.twitter.com/GGpI0WueS8
     拡大
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-03 17:28:51
    ダニエル・アレン・バトラー氏の、タイタニックについて綴ったノンフィクション『不沈』、ほんっと久しぶりに見返したけど、いいなぁ 名著は時を経てもなお、記憶の中で錆びない
  • 映画と史実

  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-09 12:40:55
    いやしかし、タイタニックの映画観ながら『不沈』読んでると、まるで映画の小説版かと見紛うばかりに描写が同じで、驚くばかりだ どこまでリアルに作られた映画なんだ 唯一違う点といえば、マードック一等航海士は拳銃自殺ではなく、海に投げ出されて命を落としたという点くらいか
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 00:31:09
    タイタニック、見返せば見返すほど主人公たちオリジナルキャラを除いてありとあらゆる台詞やエキストラの振る舞いが史実に忠実過ぎて、ある一線を越えた瞬間から逆に『史実と異なる点を見つけるエクストリーム神経衰弱間違い探し』と化してくるから、史実ネタ大好きな軍艦クラスタさんにはマジオススメ
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 00:32:52
    いやだって、あの嫌味なローズの婚約者がボディカーガード執事と『あの野郎ルールばかりで男は一人も乗せやしない』『反対側では男も乗せてます』って会話してるのすら、ライトラー二等航海士とマードック一等航海士の当時の振る舞いそのものを指した言葉なんだもの もうなんなのこの映画・・・w
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 00:35:31
    ・屋根から下ろす最中転覆する折り畳みボート ・客室係に『早く君も救命胴衣をつけるんだ』と促し、最期はキャビンで呆然としていたアンドリュース技師 ・甲板で演奏を続ける楽団 ・ボートを下ろすのを焦りすぎて潰されかける先に下ろされたボート 信じられるか、これ全部実話なんだぜ・・・?
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 00:37:40
    マジで『拳銃自殺したのはマードック一等航海士ではなく(おそらく)ワイルド航海士長』って点くらいしか、史実と違うところが見つかんねーんだけど・・・ だって、飾り煙突の第四煙突から出る煙にすらこだわってるんだぜ?(微妙に他の煙突と煙の出方が違う pic.twitter.com/fyeJNBxEni
     拡大
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 02:42:40
    どう見ても黒煙が出てなさそうな、劇中の四号煙突 pic.twitter.com/652OoOf60s
     拡大
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-09 12:43:44
    ちなみに タイタニックの生存者の中には、高級船員が拳銃自殺するところを目撃した証言をした人が複数おり、これはマードック一等航海士ではなくワイルド航海士長だとする説もあるのよね
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 02:03:00
    あっ、もうひとつ映画タイタニックの中で、史実と矛盾する点を見つけた 劇中では最後の夜に、ブリッジでスミス船長とマードック一等航海士が氷山に関して会話してるけど、これ実際はマードック一等航海士ではなくライトラー二等航海士だったよう
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 02:11:04
    あ、でも午後10時にライトラー二等航海士はマードック一等航海士と当直を交代してるので、衝突時に船の責任者だったのはマードック一等航海士で間違いないみたい そういう点も踏まえてジェームズ・キャメロン監督は『拳銃自殺した高級船員』にマードック航海士を充てたのかもね
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 02:29:07
    タイタニックが氷山と衝突した際の、当直の船員たち 操舵手・・・ヒッチェンス操舵員 見張り員・・・フリート(左)・リー(右) ※ホワイトスター汽船は当時珍しく、甲板員を見張りにするのではなく専任の見張りを雇っていた 見張り員からの連絡を受けた船員・・・ムーディー六等航海士 pic.twitter.com/A0MbyKVbcG
     拡大
     拡大
     拡大
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 02:48:17
    スミス船長に被害報告をしてる(左端の船員)のはおそらく、四等航海士のボクスホールだろうなぁ 彼は衝突直後スミス船長に命じられ簡単な被害確認に向かうも異常は確認できず、その後常繕係と郵便係が浸水した旨ブリッジへ報告に上がってきてから郵便室の状況を確認、再度報告してる pic.twitter.com/xMQeaLEQkh
     拡大
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 14:02:13
    タイタニックの信号弾を打ち上げていたのは、ロウ操舵員とボクスホール四等航海士らしいので、劇中のこのシーンも二人だろう ロウ操舵員はこの夜、後部甲板の補助ブリッジ(吹きっさらしの陸橋みたいな部分で酷く嫌な部署だった)で当直に当たっていたらしい pic.twitter.com/o7zaLn9gVt
     拡大
     拡大
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 14:04:25
    ロウ操舵員はこの夜完全に存在を忘れ去られていたらしく、氷山を目撃した後に救命ボートが下ろされ始めてから『ボートが漂流している』旨ブリッジに電話をして初めて事態に気付いたらしい 電話に出たボクスホール四等航海士が信号弾を持ってくるよう命じて、ブリッジに駆け戻ったと
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 14:08:42
    ちなみに、ボクスホール四等航海士とロウ操舵員 二人はタイタニックのすぐ近く、10カイリ程度しか離れていない所から近づきつつあった船の航海灯に気付いている だが相手の船は無線にもモールスランプにも応答せず、結局救助は来なかったらしい
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 14:09:13
    スミス船長はこれを受けて『海軍の6インチ砲があれば奴の目を覚ましてやれるのに』といったことをロウ操舵員にぼやいてる
  • SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa 2017-12-10 14:12:08
    @dzurablk_kai 氷山にビビって「近くに居ませんし」ということにしてほっかむりして逃げたクソ野郎ですね>en.wikipedia.org/wiki/SS_Mount_…
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 14:36:51
    @sudo_simoigusa あ、この船実在したんですか! マウント・テンプル号と・・・
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 02:51:45
    @dzurablk_kai ははぁ、アンドリュース技師、タイタニックが衝突した時にはプロムナードデッキの図面を眺めるのに忙しくて、衝突には気付いてなかったのか 婦人が談話するライティングルームを乗客用個室に改装したかったらしい
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 02:33:55
    @dzurablk_kai タイタニックの劇中で客室係が船の振動に関して『プロペラが落ちただけです』と説明するシーン、あれも実話で、モデルはおそらくジェームズ・ジョンソンという客室係 その年の始め、オリンピック号に乗務していた彼はプロペラ脱落を経験していたのでそう思ったらしい pic.twitter.com/MA33FvORRE
     拡大
  • 深海さかな @dzurablk_kai 2017-12-10 01:15:36
    タイタニック、ローズが転んだときに「大丈夫か?」と助け起こしたコックの人 この人も実在の人物だった気がする・・・(もはや疑心暗鬼に近い確信 pic.twitter.com/HCpaR2SF1w
     拡大
  • えふみふ @Fd_Fmif 2017-12-10 01:16:44
    @dzurablk_kai パン焼き主任の男性ですね。たしか生還していたと思います
  • えふみふ @Fd_Fmif 2017-12-09 13:17:25
    映画タイタニックの吹き替え版では、シェルブールで乗船してきたベンジャミン・グッゲンハイムが従者や愛人に「素晴らしい時間通りだ」と話している声が微かに聞き取れるんだけど、そういう背景の何気ない会話が好き。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「映画」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする