編集部イチオシ

【高価なオーディオシステム】この人のオーディオの何が凄いかというと、所謂音像定位である。二本のスピーカーの間に、歌手がスーっと浮かび上がる様は、目に見えない幽霊というか、存在感のある透明人間というか…

「音像定位は視覚に左右される」のだ。 最初、錯覚と知りつつも、あたかも能面が歌っているように実感してしまうと、その能面が移動しても(錯覚の延長として)音像が動いて「感じる」のだ。
音楽 楽器 オーディオ ピュアオーディオ 音像定位 錯覚 スピーカー 音質
40
三一十四四二三 @31104423
昔の我がホームシアター。これは10年以上前だと思う。 音響機材は今より立派。メインスピーカーがスイスの名機ボレロ。センターはディナウディオという変則。アンプはマッキントッシュか… 音は甘くていい感じだったが、これらは全部(不思議と時を同じくして)壊れたなぁ。 pic.twitter.com/lKdNVzghOx
拡大
三一十四四二三 @31104423
その後、暫くはサラウンドをやめて、メインスピーカーがパストラルシンフォニーでアンプはトライオードの真空管だった。 しかし、これは全く映画向きでないシステムだったなぁ。 音楽はまぁまぁ良かったが… 我慢して何年か使ったが、あんまりマニアックに走ると良くないことを学んだ。 pic.twitter.com/9jXGPo4Kij
拡大
三一十四四二三 @31104423
フロント、センターともボレロだったことがあった。センターはラックに横倒し。 PS3が出た頃だな。これしかまともに機能するBDプレーヤーが無かったのだ。 アンプは安いAVアンプなので、まともな音は鳴ってなかっただろう。 何を考えていたのか? pic.twitter.com/dfYZLirVMw
拡大
三一十四四二三 @31104423
(続き)音楽用と映画用を分離することも試みた。 スピーカーが変わっても、暫くこのやり方を続けたが、やはり共鳴があり、それがとても気になりだしたので、やめざるを得なかった。 映画専用に使ったダリの安いトールボーイはなかなか良いスピーカーだった。昔なら5倍以上高かっただろう。 pic.twitter.com/osnn9JpjUp
拡大
三一十四四二三 @31104423
で、今はこれ。年齢相応にシックになった。 音楽、映画兼用のシステム。 まずスピーカーが映画用途には最も不向きな機種なのだが、そんなにガンガン鳴らさないので、今はこれでいいかな…と納得している。 センタースピーカーは完全廃止。プレーヤーの上に乗っているのは玩具のパラゴンだ。 pic.twitter.com/BjanzPpnHS
拡大

 
 

三一十四四二三 @31104423
昔、先輩に恐ろしく高価なオーディオシステムを構築している人がいて、時々聞きに行っていた。この人のオーディオの何が凄いかというと、所謂音像定位である。二本のスピーカーの間に、歌手がスーっと浮かび上がる様は、目に見えない幽霊というか、存在感のある透明人間というか…とにかく気味が悪い程
三一十四四二三 @31104423
リアリティのある音像を現出させることに成功していた。 私のステレオでも「あるまとまりのある音の塊」が二本のスピーカー間に現れるのだが、歌手の肉体が感じられることはなく(これが値段の差か…)と落胆したものだ。 そんな時、私の別の先輩が、比較的安価な装置を使って、恐ろしく精密な音像定位
三一十四四二三 @31104423
を実現したというので、こちらも聞きに行ってみた。 この先輩のシステムはかなり廉価な入門機で構成されていたが、二本のスピーカーの間、やや後方の壁に「能面」が、掛けられていた。 「今からあの能面が歌います」という。プレーヤーのスイッチを入れると、なるほど能面が歌っているように聞こえる。
三一十四四二三 @31104423
しかしそれは珍しいことではない。二本のスピーカーの間に音像が定位しており、そこにたまたま能面があるから、錯覚として能面が歌っているように聞こえるだけだ。(何だ、こんなものか…)とがっかりしていると、先輩が手元の機械を操作した。能面が上方に動き出した。能面は細い紐で吊られているのだが
三一十四四二三 @31104423
その紐がリモコンで巻き上げられるのだ。すると、不思議な事が起こった。かなり上方に移動した能面の口から、やはり歌声が聞こえるのだ。能面の移動にともない、音像も移動した!もちろんスピーカーの位置は変化していない。 私は思わず能面の裏側を確認した。能面の口元に別のスピーカーが仕込まれて
三一十四四二三 @31104423
いるのではないか?と疑ったからだ。しかしそれはただの能面であった。 上方に移動した能面から歌声が聞こえた時の衝撃は、あの高級機の精密定位を上回る衝撃だった。 「音像定位は視覚に左右される」のだ。 最初、錯覚と知りつつも、あたかも能面が歌っているように実感してしまうと、その能面が移動
三一十四四二三 @31104423
しても(錯覚の延長として)音像が動いて「感じる」のだ。 いや、これと同じようなことを、私は知らぬうちに経験していた。100インチスクリーンに映画を写し、その音を二本のスピーカーで再生しても、そのセリフは、ちゃんと登場人物の口元から聞こえるではないか。劇中人物がスクリーンのどこにいても
三一十四四二三 @31104423
セリフはその口元に定位し続ける。映画がモノラルでもだ。視覚情報が、聴覚情報を惑わせてしまうのだ。 今、私のオーディオシステムは、二本のスピーカーの間にラックを置き、その最上部にJBLパラゴンのミニチュア模型を乗せてある。二本のスピーカーからすると、パラゴンの位置はかなり低いのだが、 pic.twitter.com/8GVcuASyaZ
拡大
三一十四四二三 @31104423
ぼんやり音楽を聴いていると、その音を発さぬはずのパラゴンから、歌声が聞こえることがある。これは先の能面の働きをパラゴンが担っているのである。 パラゴンがスピーカーであることを知っている人には、パラゴンから歌が聞こえる。 しかしパラゴンを知らぬ人(ただの変なオブジェと思ってる人)には pic.twitter.com/Rdo0ZTwURj
拡大
三一十四四二三 @31104423
パラゴンは歌わない。 音像定位はスピーカーやアンプの力だけで得られるものではない。視覚から生じる思い込み、錯覚、妄想が、より精密で生々しい音像を生み出すのだ。
三一十四四二三 @31104423
現在、HARBETH P3ESRというスピーカーで音楽も映画も兼用しているが、これはあまり映画向きではないように思う。なによりもまず、そのデザイン&佇まいが、音楽に特化した印象を与える。この古典的で瀟洒な姿形は、ダイナマイトの爆発やら、怪獣の叫びやら、ヤクザの恫喝には、全く不向き。そういう音 pic.twitter.com/H8wcUrvWBZ
拡大
三一十四四二三 @31104423
を入力し続けたら、バチが当たって壊れるのではないか?と不安になる。 現状、何事もなく機能しているから大丈夫ではあるのだろうが、ある人に「汚い音を出させていると、変な癖がついて音楽が綺麗に鳴らなくなる」と諭されたこともある。 以前は、それを恐れて、音楽用と映画用、夫々のスピーカーを pic.twitter.com/6wzXE0c9dz
拡大
三一十四四二三 @31104423
並列させていたこともある。しかし、これはスピーカー同士が共鳴し合うのか、明らかに音が混濁していた。 実際は汚い音を入れたら癖が付く、ということは無いと思うが(ゴジラの咆哮は汚い音だろうか?)、そうした不条理を悩むのもオーディオの楽しみなんだろう。 あちらには記念バージョンもある。 pic.twitter.com/wSIOMENGBR
拡大
石原俊 @ishiharashun
@31104423 オーディオ評論の大先輩である長島達夫氏は愛用していたジェンセンのスピーカーを音楽にも映画にも使用しておられました。氏曰く、汚い音も入れた方がスピーカーにカツが入って音が良くなるそうな。
三一十四四二三 @31104423
@ishiharashun 果たして、スピーカーというメカニズムに音楽の「音」と映画の「音」を判別する能力があるのか?という疑問もあるわけです。 しかし、冷たいメカニズムに対して、そうした幻想を抱くこともオーディオの愉しみだと最近気づきました。
石原俊 @ishiharashun
@31104423 ハーベスのブックシェルフ型スピーカーからその種のサウンドを得るには稠密な音色を持つ真空管式アンプがオススメですよ。ここの製品は価格がリーズナブルだと思います。triode.co.jp/tri/pma.html
三一十四四二三 @31104423
@ishiharashun 実は私、トライオードの真空管アンプを持ってるんです。EL34のやつです。でも、なぜか私の耳には物足りなくて、ハーベスには使ってないのです。部屋の関係かもしれませんが、ハーベスにマッチするといわれる木製のスタンドもダメで、金属製に乗せてます。
石原俊 @ishiharashun
@31104423 お好みでがだんだんわかってきました!
三一十四四二三 @31104423
@ishiharashun 多分、私は本当はハーベス は向いてないんだろうな…と思う時があります。無意識にハーベス の個性を殺す方向に向かっている、と人に言われます。
残りを読む(5)

コメント

柏木彰二 @GmailShoji 2018年2月26日
オーディオ関係のこの手の解説は面白い、欲しいとかに結びつかないのが難点
nekosencho @Neko_Sencho 2018年2月26日
よくわからんけど楽しそうな感じはわかる
しましま @jkgkikllh 2018年2月26日
実際にコンサートホールで聴くと。音響が良すぎて目の前で演奏しているのに別方向のスピーカから聞こえてくる錯覚に陥る不思議。
毛海王⋈ @masu_ooyama 2018年2月27日
正直オーディオはわからないけどピュアオーディオ(笑)とは違って説得力を感じてしまう。何にしても思い切り音を鳴らせる環境は羨ましい。
catspeeder @catspeeder 2018年2月27日
視覚の話とギョエイセキの話は面白かった。
いとけい 3.31ハードヒット ニコプロ生中継(を観戦) @itokei_ 2018年2月27日
同じ場所にある使っていないスピーカーは、端子をショートさせておくのです
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2018年2月27日
人間とは五感でキャリブレーションを行うような生き物なので。こういう現象が起きるんだよ。ちょっと堀江由衣のジャケ写で試してくる。
文里 @wenly_m 2018年2月27日
このまとめの主題と微妙に関係ありそうなので貼っておくけど、家電量販店でSONYのスピーカーがなく画面で音を出すテレビの音聞いてびっくりしたわ。→ 画面自体を振動させて映像全体から広がる音を実現する http://www.sony.jp/bravia/a1_sp/sound.html
茶でもすするか @zzz_zzz_zoo 2018年2月27日
ボーズのスピーカーのデモで、布がかぶせてあって如何にもそこから音が鳴っている風に見せかけておいて、布を外したらそれが実はダミーで、真ん中の方に置いてあったスピーカー本体からすべての音が鳴ってました、ってのがあったな。
フローライト@『今日どこさん行くと?』応援中 @FluoRiteTW 2018年2月28日
カーオーディオのプロショップでデモカー視聴させてもらったんだけど、ほんとに前方定位するし音像動くしチューニングの効果ってのを体感した。でも自分で調整はムリ。
みさご@アタシってほんと○○ @misagoya 2018年2月28日
音響ガチ勢すごい。ステレオってここまで人を動かすものなんだろうなあ
RXF-91 @rxf_91 2018年2月28日
オーディオは宗教
いとけい 3.31ハードヒット ニコプロ生中継(を観戦) @itokei_ 2018年2月28日
「汚い音」の件は、 #水伝 にツッコむ際の Shine の話をなんとなく思い出す
nekosencho @Neko_Sencho 2018年2月28日
おいらはここまでこったオーディオはやってないのだけど、複数画面のパソコン持ってて、たとえば右の画面で動画を再生していてスピーカーは正面って場合でも右から音が聞こえるような感覚はあるので、視覚に影響されるってのは実際に体験している。
みっくす・じゅーす @mixjuice_100cc 2018年2月28日
コンサートをVR視聴すると、ショボいスピーカーでも迫力と臨場感が生まれます
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする