「昔はそんなアレルギー、障害、病気の子供はいなかった。最近になって増えた気がする」などと言う人に対してサクッとある言葉を返すと良いかもというお話

医学が進歩して良かった そして理解が増えることを願う
265
(RAVEN)23時には寝たい @6BT9

「昔はそんなアレルギー/障害/病気の子供はいなかった。最近になって増えた気がする。」と言われたらサクッと「昔は死んでたでしょうからね。」と単刀直入で返すように心掛けている最近。 ソフトに相槌うちながら本題まで持って行く時間があるとは限らないからな~。

2018-03-08 13:47:29
(RAVEN)23時には寝たい @6BT9

余裕があれば「今は理由がわかって生き延びる方法もわかって、いい時代ですね」まで笑顔で言うんだ

2018-03-08 13:48:50
(RAVEN)23時には寝たい @6BT9

「なるほど確かに!」てなる人はそれで支障ないし、「今の子供は病気だアレルギーだと甘やかされてると思わない?」と文句を言うのが目的だった人は口を噤んで離れていきまする

2018-03-08 13:50:57
なるほど、医学の進歩を感じる
★LEMONADE★ @lemo_momo__

めちゃくちゃかっこいい………私もそう言えるようになりたい… >RT

2018-03-09 09:15:18
犬子(ネコ型) @inuko153

私の年齢でも、10代の頃から悩まされていた数ヶ月単位で続く「微熱、倦怠感、頭痛」がアレルギーによるものだと判明したのはここ数年だからなあ。

2018-03-09 09:56:38
謝一通@24時間営業中 @oneway_gw2k

アレルギーの怖さは自分でも経験してるけど、それ以上のアナフィラキシーショック担った人を何度も見てきてるのでそんな気は起きないどころか注意啓蒙してます('A`)<RT

2018-03-09 10:01:05
@3anowim

@6BT9 連投すみません。 なので「昔はアレルギーなんてこんなにいなかった」といわれたら、「団塊世代が、化学物質まみれになったせいじゃないの?」と返答しています。

2018-03-09 06:56:19
mira @mirano0226

昔は突然死と判断されていたのが医学の進歩で原因がアナフィラキシーショックと分かるようになっただけで昔もアレルギーあったと思う。

2018-03-08 23:37:01
ケンボイ〈月眼鏡〉 @Kenboy00Q

増えたんじゃなくて「分かってきた」なんですよね>RT

2018-03-09 09:14:19
ゆえ←@20ブリデ*青海Aコ53ab @rosegarden1833

私は、なるほど確かにってなった。 昔と今で環境の変化はあるけど、食べ物系アレルギーなんかは下手すりゃ死んじゃうもんな_(:3 」∠)_

2018-03-09 09:21:48
ライラック @chicachicafl

医学は日々進歩してるんだってことがどうして分からないのかなぁ 研究者や医者が毎日努力してる証左なのに

2018-03-09 09:16:57
イスルギ @mettann029

私もこう返してる。 今の子が弱いんでなくて昔は単純に死んでたんです。だから「いなかったんですよ。」って。

2018-03-08 22:35:08
as9k @as9k

検査ができないから原因不明の病気として処理されていたと思う。インフルエンザや花粉症は一昔前は風邪だと思われていたからね

2018-03-09 01:00:39
†┏┛DAI┗┓† @DAICBDP

分かる……生まれた時は未熟児だったし幼稚園行く前まで心臓の壁に穴空いてたりアトピーと卵牛乳アレルギーだったり喘息持ってる上にすぐに扁桃腺腫れて気管支炎起こして肺炎で死にかけだったりで十年前に産まれたら死んでた……

2018-03-09 10:01:22
てとの@アークス指揮官 @tetono001

@6BT9 私も先天性心臓病ですが、あと10年早く生まれてたら1歳にもならずに死んでますね。 現代医学の進歩に感謝ですよ

2018-03-09 07:32:51
昔は…
筋肉ほしい @hemp1029

昔はみんな死んでましたから。FA

2018-03-09 10:02:15
香 ˹ 2 期 ! ! ! ˼ @TBRkaori

昔って普通に小さい子ちょいちょい死んでたもんね。重度のアレルギーとかあった子も多かったんだろうね。

2018-03-09 10:02:39
726und @726und1

@6BT9 @sousai_h 昔は人類にはどうしようもない事は諦めるか、受け入れていたんでしょうね。

2018-03-09 00:44:34
ぴぐまり🐉 @pygmali

@6BT9 アレルギーなんて、大昔じゃどう見ても呪いにしか見えないですから私もそう思います…

2018-03-09 00:45:58
Yutaro @yutaro_today

@6BT9 実際、昭和の新聞開くと「特異体質」で子供死んでたりする。それがアレルギーとは限らないけど、アレルギーで死んだら「特異体質」で済まされていそう。

2018-03-09 00:55:24
ロングロー @longlow1

@6BT9 @Yamashita238 そういえば、「昔は熱射病なんて無かった」って言ってた看護師さんだったかがいたような… それは、熱射病って言葉が無かっただけだろうって思いましたがσ(^_^;)

2018-03-08 22:09:32
不知火 @ryo_humoe

大抵「食あたり」で死んだ事になってたんだろうね

2018-03-09 09:30:51
ソエム @YoshidaSoem

@longlow1 @6BT9 @Yamashita238 そんなこと言えば、江戸時代には肓腸炎なんてのもありませんでしたね。罹患したらまず全員死んでただけで

2018-03-09 00:43:21
残りを読む(15)

コメント

言葉使い @tennteke 2018年3月9日
元ツイートの人は(つまんねぇ話題振ってきやがったな…)で言ったような感じがするんですけど、マジレスすると、頓死でもしなければアレルギー症状は目に見えるわけで、幼いうちに淘汰されるにしたって語り継がれるでしょう。真偽の確認のしようがない怪異談ですら語り継がれているのがあるんですから。
15
カカオ30% @hyakusiki1017 2018年3月9日
祖父が幼い頃、庭で死んでいた狸を可哀想に思って一人で埋葬したら、その日から謎の発熱、発疹、挙げ句呼吸困難にまでなって、家族が「狸の祟りに違いない」とお寺さんにお祓いしてもらったら快方に向かった、という話聞いた事がある。今思うとそれ動物アレルギーじゃ……。アレルギー症状事態を怪異談として語り継いでる可能性もある気がする。
143
nekosencho @Neko_Sencho 2018年3月9日
昔たくさんいた「鼻たれ小僧」(鼻水だらだら垂らしてる子供)も減ったな、あれも花粉症とかだったのかもなあ(確認してません)
42
hechikoTKB @hechikoTKB 2018年3月9日
tennteke 症状は目に見えるがその原因がアレルギーだとはわからなかっただろう、ってことですよ
131
お空キレイキレイ @747_bold 2018年3月9日
そもそもアレルギーって遺伝もあるから昔はいなかったとしたら今の人もアレルギーいなかったのでは…?
7
ポポイ @popoi 2018年3月9日
ちょっと前までは「#プルトニウムは飲んでも大丈夫」って公然と言われてたんですよねえ……(嘲)
7
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
以前「アレルギーを未だに好き嫌いの問題だと思っている世代がいる」と母に話題振ったら「昔は子供の原因不明の頓死が多かった気がする」と言っていた。母の主観なのでエビデンスとは言えないけど。
83
アル @aruhate 2018年3月9日
昔なら医者や坊主を見ると「ナンマンダブナンマンダブ」拝んでそうなジジババが前世の行いが悪かったとか言ってる
0
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
「熱射病」ってあまり聞かないなあ。最近は「熱中症」では? 「日射病」で倒れる子供は多かったので、夏は必ず帽子を被れと怒られていたよなあ。
7
點面悪鬼百之助 @x743 2018年3月9日
心がけるほど言う人いるのかな
3
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2018年3月9日
Neko_Sencho マジレスすると「あおっぱな」は栄養不足によるもの。減ったのは生活が豊かになったから。
61
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2018年3月9日
popoi 誰が言ってたんだよ?w そのタグもお前のツイートしか出てこねえぞw
93
川田零三 @kawada0zo 2018年3月9日
Neko_Sencho あれは感染症で、公衆衛生等の向上で減少したけれど、入れ替わるようにアレルギー症が増えた…という経緯のはず。あえて裏はとらない。
4
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
malchan1224 『プルトくんネタ』でしょ。トンデモ過ぎてすぐに引っ込めたので一過性にしか話題に成らなかったので。私もスチールだけで実物は見た事有りません。
21
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
popoi 「中性子は物質と干渉しないですり抜けるから大丈夫」と言って、臨界中の黒鉛炉の前に立った『怪物頭脳』も実在しましたね。
6
川田零三 @kawada0zo 2018年3月9日
といいつつググる。やはり衛生環境と栄養の改善により減少したといわれてます。で、免疫能力が高まったからこそ一方でアレルギー症は増えた、と http://www.3443.or.jp/room/q0203_40.htm kawada0zo
39
いかおとこ @mororeve 2018年3月9日
環境ホルモンなんて一時期騒がれ過ぎたけど悪影響は想定されてたより大分小さかったのにね。未だに騒いでる人いたんだ。
43
いかおとこ @mororeve 2018年3月9日
アレルギーに関しては腸との関連がわかって来てるから、寄生虫の減少や食生活の変化も関係してるかも。
8
川田零三 @kawada0zo 2018年3月9日
そういや「綿の国星」の猫アレルギーの描写は酷かったなと思い出す。ウィキペも「劇中での描写は猫恐怖症~くしゃみ、眼の痒みや鼻水などの症状は一切無かった」とツッコミ。80年代前半だとアレルギーの認識はこんな程度だったのだろう
7
もどき @Fake5LL 2018年3月9日
アトピーの子供なんて昔は人知れず殺されてたりしそうだ
1
ポポイ @popoi 2018年3月9日
malchan1224 ねえねえ、なんでググってみないの?(つぶらな瞳)
4
@sbayasi 2018年3月9日
てんかんや精神障害も「昔はいなかった」からな。狐憑きや悪魔憑きってことで処理されてただけで。
117
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
mororeve 割と玉子アレルギーとか多かった気がするけど、『未だ腸が消化しきれないのに珠子などを含む離乳食を与えた事が原因なのが多い』という話を聞いた事がある。だけど雑学レベルなので今の認知がどうなっているのかは知らない。配合した小麦粉の粒子が大きかったので石鹸で大量の小麦アレルギーを起した事件なんて有りましたね。また花粉症はディーゼルエンジンの出す窒素産物との関連も疑われてましたが、いまはどうなっているか。
4
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
アレルギーてのは、人の体内にはアレルギー物質に対応するコップがあって、そのコップから溢れたらアレルギーになるみたいな説明を受けた事が有ります。アレルギーに為り易い体質はあるけど、アレルギーに為らない体質の人は居ないとも聞きます。
10
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2018年3月9日
hyakusiki1017 ソレ、アレルギー症状よりもタヌキに付いてたノミやダニ等から感染症を伝染された可能性が高そう
82
朝雑炊 @Jingisukan512 2018年3月9日
熱射病というか熱中症は記録の上では昔からありますね。栄西禅師が阿育王寺に向かう途中に暑気で気分が悪くなって、お茶飲んで回復というエピソードとか(飲ませた茶屋の主人は別の理屈付けしてたけど、こまけぇこたぁいいんだよ)
1
ローストの肉 @ROM69787270 2018年3月9日
いや、お互い感覚でしかないから根拠になる情報ないもんかな
1
夢浦忍 @Y_SINOBU 2018年3月9日
歴史上で毒サツされたとされてる人の中には、アレルギーでシんだ人も結構混じってるような気がする
8
いかおとこ @mororeve 2018年3月9日
sysasico1 茶のしずくでたくさんの被害者出てる時点でこの年代はひ弱だからアレルギーみたいな理屈は通用しないですよね。
54
にゃふらっく @nya_hu 2018年3月9日
乳児突然死症候群とかも、今は理由がわからなくて虐待ではとか言われることもあるけど、数十年後には理由がはっきり分かったりしてるのかもなぁ。
37
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
Y_SINOBU 「蕎麦アレルギーの人物にそば殻枕を送って殺す」とかドラマにありましたね。
6
NTB006 @NTB006 2018年3月9日
金持ちなら座敷牢というのがあったが、貧乏人は・・・
1
なんもさん @nanmosan 2018年3月9日
寄生虫研究によると、近年激減した寄生虫の寄生によってアレルギーを緩和する物質が分泌される、というけっこう有名な説があるんですけどまだ十分に検証されてないようですからねえ。そして、清潔すぎる環境のせいで抵抗力が落ちるという考え方は、科学的な検証がなくても直感的には納得しやすいものでして、これを科学的に論破するのも現状では悪魔の証明に近いものがあります。おそらく一番ベターな対処法はあんまりカリカリしないことですな。
3
いかおとこ @mororeve 2018年3月9日
特に統合失調症なんかは1952年に初めて治療薬が出来たからそれまでは閉じ込めてただけだし、バリアフリーが進んで障害者が外に出れたから増えたように見えてるだけだろって思うわ。
70
ミサキ @r_w_m_c 2018年3月9日
子どもは7歳まで神様のものって言われるくらいに死亡率高かったのって、こういう事なんだろうなあ
90
マシン語P @mashingoP 2018年3月9日
アレルギーは免疫反応なので免疫力を落とせば起きなくなります。その代償として些細な病気でも命を落とすんですが。こういう形を変えた近頃の若いもんはを持ち出す年寄りには、そいつらの祖父母世代が受けていたのと同程度の医療を受けるようにすればよろしい。
16
なんもさん @nanmosan 2018年3月9日
花粉症に関しては戦後の植林政策でスギ花粉が劇的に増えたせいとわかってます。北海道には白樺花粉症くらいしかないですし、地域性が強い上に絶対数が少ないのでさほど深刻な社会問題になってないですしね。このようにアレルゲンが増えたって理由があると話は簡単なんですけど、アトピーみたいな過剰免疫や自己免疫疾患が増えた理由はよくわからないってのが現状でしょうな。
15
もうだめぽ @moudamepo150701 2018年3月9日
アレルギーに関してはその通りだと思うが、最近のなんでもかんでも「症候群」と名付けて病気認定しちゃうのもどうかと思うがな
7
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
nanmosan リウマチは知られていましたから、自己免疫疾患の認知が無かっただけでは無いでしょうか?
2
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
sysasico1 一時期、リウマチ菌探しなんて行われていましたし。
3
ざの人(棘用垢) @zairo2016 2018年3月9日
自分は冒頭の3つのツイで本当に納得したんだけど、今でこそエピペン注射を携帯する時代だけど、世間の無理解によるアレルギーで食べられない食材の給食を無理に食べさせる強要があって、学校の給食で死んだお子さんは相当いただろうな、と思わずに入られない話。
10
ヘリオドール @heliodor_ruby 2018年3月9日
malchan1224 原発関連の広報用らしき説明映像で、プルト君というキャラが飲んでしまっても吸収されず排出されるから…という内容の事をPRしてました。プルト君で検索するとすぐ出てくると思います。詳しくは検索してみてください。 ただ、”飲んでも大丈夫”と公然と言われていたというより、一部の極端な原発推進派がそうPRしてたという事だと思いますが。
2
tako @tako6502 2018年3月9日
放射線物質が一番やばかったのは冷戦期の核実験なんだがな。福島やチェルネブイリなんて目じゃないぐらい飛び交ってた
72
earth music&eco bag @ecobag_free 2018年3月9日
おじさんおばさん、間引きって知ってる?生まれたときに何かあった時点で○しちゃうんだって。昔はよくあったらしいね!
7
ヘリオドール @heliodor_ruby 2018年3月9日
昔、子供の頃から病弱でよく熱を出し、子供のうちに死んでしまったって人達の中にはこういうアレルギーが原因だった子も結構いたんでしょうね。七五三は幼いうちに死なず、ここまで無事に育ったことを祝うものだし、七歳までは神のうちという言葉も残るくらい、死んでしまうケースが多かったようですから。
37
ざの人(棘用垢) @zairo2016 2018年3月9日
malchan1224  補完、花粉症が増えた理由はどうして?というと →  杉の木は、花粉症が認知される前の戦後から、木材需要の高まりにこたえるため、国が積極的な造林を進めてきたから というのがありますよね。毎年1500万本以上が新たに植林されるそうで、花粉が少ない品種の植林もありますが、まだ全体の10%でしかないそうで。
0
なんもさん @nanmosan 2018年3月9日
まあ個人的には現状科学的に確定してないものを確定してるかのようにマウント取るってのがあまり好きではないので、アレルギー近年増加説に対しては、その中でも認知論(人が認知したときからそれは存在する的な説)を主張してる人だけには近寄らないようにしてる感じですかね。だってアレルゲンが確定してるもの以外は原因がわからないもの多すぎるわけで、原因がわからない以上正確なデータって取れっこないんですよ。
11
おやすみくぼた @lamlamlue 2018年3月9日
「アレルギー」というものが見つかって、不治の病とか言われてたけど、これアレルギーってやつらしいぞって医学界で言われ始めたのがまだまだ60年ほど前だから、ご年配の方は知らないよな
48
なんもさん @nanmosan 2018年3月9日
moudamepo150701 症候群ってのは病名じゃなくて特定の症状をさしてるものでして、ぶっちゃけ言うと「よくわかんないけど同じ症状出てる患者たくさんいるからとりあえず一つにまとめとけ」という医学上の方便です。別に医者だって全員がそれに納得してるわけではないですから一般人が納得できないのもしゃあないですな。
18
ざの人(棘用垢) @zairo2016 2018年3月9日
mororeve 気になったので、環境ホルモンで調べたところ、近年のマスコミ報道では、まず「内分泌攪乱化学物質」と正確に述べ、その後に「いわゆる環境ホルモン」などの注釈をつけることで、不明確な用語から距離をおいている。(抜粋 ことから、マスコミが単語を使わなくなったからという理由があるかもしれません。で魚類への影響はあって人類の影響は少ないが、いまだに研究されてはいるみたいです。 関心のある人は調べてみましょう。
5
ざの人(棘用垢) @zairo2016 2018年3月9日
スギ花粉症上は、コップに水がたまって溢れでた状況、として想像すると理解しやすい解説は、図解で私も見たことがあります。 sysasico1
0
@P03054371 2018年3月9日
昔は病気の子なんていなかったなんて言う人聞いたことない。世代にもよるかもしれないけど高齢者だとみんな夏休みにクラスに一人は腸チフスで死んだとか語らない?
4
言葉使い @tennteke 2018年3月9日
hechikoTKB 漆にかぶれるのが今ではウルシオールによるアレルギー反応ってのは、アレルギーという言葉は無くても知られていることにカウントしていいでしょ?あと食後に喉が苦しくなるときがあって振り返ってみれば甲殻類食べてたときだとかって、そういうのはないの?
0
ポポイ @popoi 2018年3月9日
malchan1224 #大橋弘忠 氏て学者先生も,スね。<#プルトニウムは実際には何にも怖いことはない。水に溶けないので飲んでも体に吸収されず、体外に排出されるだけだ>
3
ULFE @lefuy 2018年3月9日
生存バイアス定期
26
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
tennteke カウントできねーよ。漆がそういう毒性の植物だと思われてただけ。振り返ってみれば~、というのも事前知識があってこその発想。症状と食材を結びつける発想そのものが「アレルギーの存在を知っている人間」ならではのもの
33
ポポイ @popoi 2018年3月9日
malchan1224 斯様な妄言吐く輩,其にイイネしてる輩の普段のツイートを検証したら,オモロイ結果が出そうな気がするねw
2
tsukina @tsukina_ttt 2018年3月9日
メディアがなかった頃はそのぶん人一人が一生の間に知る情報の量も相対的に今よりずっと少なかったでしょ。極端な話、現代でも「来月4月1日から法律で"本日亡くなった乳幼児一覧"が毎日国民に発表されることになりました」みたいなことが突然起きたら、その日から人は絶対前日までの感覚と比べて「こんなに亡くなってるの?」「なんだか多いね」「増えたね」と言うよ。
10
言葉使い @tennteke 2018年3月9日
08_Reader う~ん、毒は誰が食べても致死量に達したら発祥するけど、アレルギーは個体差があるから発症しても注目されなかったってことかな?となると、実は「なんかこれ食ったらすっげー苦しいことになるんだけど、苦しくなるから嫌だ食べたくないと言っても“好き嫌い言うな!”と怒られる。納得いかん!」て人がいても伝わってこなかったってことか?“好き嫌い言うな!”は今でもあるからなあ。
2
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
tennteke だから「これ食ったら~」というのが現代人マインドの発想なんだって。その時代において無毒であると認識されている食物と体調不良を結びつける発想そのものを捨てるところから始めないと。大昔、毎日パンを食べる国の人が小麦アレルギーを発症しても「パンを食べた後に体調を崩す」とは考えない。「毎日、同じ時間帯に体調を崩す」となるだけ
41
@Q_fever 2018年3月9日
この手の話になるとハンディキャップを持ってる人間は切り捨てろとか言い出す強い人(笑)がよく現れるけど、ほんの少し前までは「今メガネやコンタクトレンズを着けて生活してる人」もその一種だったのよな。つまりハンディキャップはテクノロジーで解決できる可能性が大いにある。それ以前にハンディキャップなんて後天的にいくらでも自分に降りかかる可能性がある可能性があるのに、よくそんなことが言えるなと思うけどね。
82
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
tennteke そもそも自分 tennteke で「真偽の確認のしようがない怪異談ですら語り継がれている」って書いてるだろ? 逆に考えて「真偽の確認のしようがない怪異談」の発生源ってなんだと思う? 当時の人の知識で説明の付かない自然現象に「怪異」という説明を与えたモノだよ。カニを食ったら体調を崩した? そうだねカニの祟りだね。ご先祖様がカニを虐め倒したのかもしれないね
17
moxid @moxidoxide 2018年3月9日
発覚する前に別の理由で死んじゃう子も多かったろう
1
言葉使い @tennteke 2018年3月9日
08_Reader いや、毒は民間療法も調理段階の対処法もあるじゃん。フグの肝食ったら死ぬ、食べちゃって体が痺れたら体を土の中に埋めろとか、コンニャクってなんであんな面倒な行程で作るんだ→そもそもあんなややこしいことまでして食べようってよく思ったなとか、ジャガイモは色だから解りやすい、芽が出たら青くなってるところは食うなとか。梅やギンナンにもある。で、毒とアレルギーのグラデーションを考えると、うーん、なんで言われないのかなぁ。
0
言葉使い @tennteke 2018年3月9日
じゃぁ昔は、蟹食ったら苦しくなるから食いたくない、と言っても「好き嫌い言うな!」と怒られて苦しいのを我慢していた(発疹とか出なかったのかね)、で生き残ったけど自分の子供は甲殻類アレルギーがなかったから「苦しいのなら食わなくていいぞ」が伝わらなかったって感じなのかね?
0
五月雨山茶花蝉しぐれ @taken1234challe 2018年3月9日
うん。 だからアレルギーのない人同士でしか子供が生まれなくなって、アレルギーが遺伝されず、結果的に「アレルギー持ち」がいなかったんだろ。ある種の自然淘汰だよね。人類という種族としての自浄作用というか、アレルギーの無い状態を基準としたホメオスタシスというか。
3
五月雨山茶花蝉しぐれ @taken1234challe 2018年3月9日
アレルギーの無い人より、社会保険という制度に厄介になってるわけだ。健常な人に頭下げて生きなきゃね。
1
言葉使い @tennteke 2018年3月9日
そうか、コンニャクの「なんであんな面倒なもの~」を聞いたとき、時代劇の「毒味役」が頭に浮かんで、コンニャク芋の毒を実用化するために、自分の殿様がやられたときの解毒剤を考えているうちに食用に行き当たったんじゃないかと思いついたんだけど、「毒味役」てのは時代劇に出ても「アレルギー役」に相当する部署は「料理番」の中にもいなかったのか。「うちの若様は蟹を口にしたら苦しんでいる。どう蟹を料理したら~蟹は出せないのか~」とか。
0
kudamakikkk @kudamakikkk 2018年3月9日
sysasico1 それ説明出来ない事を納得させる為の誤魔化し。同じ環境で風邪ひく人とひかない人とか、タバコの本数とガンとか、糖尿病とか何でもコップ論で説明出来ちゃうよ。いかにも詐欺師が使いそうな上手い言い回しだね。
3
A,I @syusak 2018年3月9日
nanmosan 科学的に増加自体を確定できないならなおのこと「増えたと思ってるのはお前が勝手にそう感じているからだろ?」という認知論で終わりじゃないですかね。
8
もっこㄘん @Mokko_Chin 2018年3月9日
かつての医療が今より未熟な時代の脆弱な人間は早逝していたか、疾患として一般に認識されてなかっただけの話では。
4
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
tennteke コンニャクって何処で作られたんだろう?と潜ったら、『中国に置ける蒟蒻芋の栽培』に対する専門論文がかなりの量ヒットしたので、自分の手に余ると諦めた経験が有ります。
2
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
誰かは忘れましたが、芸能人で桃が大好物でよく食べていたら「桃アレルギー」になって昏倒してしまい、好きで好きでたまらないけど、命に替えられないので食べられないと言う人がいました。
0
*ゆっっっけ @CNANGyukke 2018年3月9日
小学校のとき、牛乳アレルギーの友達が一人いたけど、他にそういう子がいた覚えがない。今はちゃんと乳幼児のうちにアレルギー検査する習慣があるけど、昔は食べさせて異常がでてやっとアレルギーだって気づくようなことが多かったんじゃないかしら。ちょっとお腹こわすぐらいの軽い症状の子だったら風邪気味なのかな?ぐらいで気づかなかったのかも。
3
サディア・ラボン(ドラクエ10ではヒエロサロメ) @taddy_frog 2018年3月9日
「雷さんにお臍を取られる」というのは、夕立の時に、急激に気温が下がるから、服を着せるために言ってたのかな。
0
きさら@女神転生III @m_kisara 2018年3月9日
tennteke 祟りで全身腫れ上がって死んだとかって話は結構あるので、怪死に分類されてたのではないかと。
36
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2018年3月9日
以前も同じようなまとめで同じこと書いたけど、アレルギー持ちは「すぐ蕁麻疹が出る病弱な子」とされてたんじゃないかな。それでアレルゲンにさらされ続けて早逝すると。あと目で見て明らかな先天異常は産婆さんがその場で〆て死産として届けてたって話はあるよね。こっちはどの程度真実なのかはわからないけど。
0
まこす @sayonarain 2018年3月9日
アレルギーが知られていない時代にカニ食べて、喉かきむしって急に倒れたとする。食べてたのがカニだけならカニの祟りって言われるだろうし、おかずの一つにカニが入ってたなら何が悪かったのか特定できないから急な食中りとか毒を盛られたとか言われそう。
41
エビゾメ @ABzome 2018年3月9日
「何が原因で何の病気か分かるようになる」って重要なんですよね。21世紀にもなって、それまでずっと食用として愛されいたキノコが実は食べて数週間だかしてから症状が発症するとずっと気づかれてなくて近年になってようやく毒キノコだと知られたという例なんかもあります。これを「今の人は昔の人が食べられたキノコも食べられないから根性がない」とか言い出したら頭おかしい人ですよね。
62
꧁꧂眼鏡オヤジ꧁꧂ @kgbn1112 2018年3月9日
今みたいなアレルゲンフリーなんて贅沢な物はなくて、食事が食べられないなら餓死一直線だっただろうしな。ただまぁ、杉を大量に植樹して杉林を全国に作ったのは戦後からだから、花粉症が増えた=アレルギー体質者が戦後になって増えたってのは間違いではない。
6
0700 @shitiji0700 2018年3月9日
健康問題まとめにまで出てくる真偽認定マンはこの話題に限らず俺が嘘くさいと思ったからこの話は嘘!と真面目な話にまでクソコメ書くからTogetterでもブロックできるようにした方がいいと思う
21
꧁꧂眼鏡オヤジ꧁꧂ @kgbn1112 2018年3月9日
ググると出てくるけど、林野庁の人工林齢級は60-65年前に植えた物から急激に増加。これは1950年台の戦後期に相当。杉が花粉を飛ばし始めるのは樹齢30から。要するに1980年台から。花粉症の症例が急増したのとだいたい一致する。
6
tsuachiya @tsuachiya1 2018年3月9日
ガンや糖尿病で死ぬ前に感染症や怪我で簡単に死んだから、ガンや糖尿病の遺伝子が残ってるんだろうしな。自然界ではアルピノの個体が中々生き残れないとかさ。
1
イマジニア @imaimaeq2 2018年3月9日
うつ病や発達障害も同じだと思う。鬱は昔から病名はあったが精神疾患として多くの人に認知されるようになってきたのは最近な気がする。発達障害は昔なら変わり者で片付けられていただろう。
16
フルグラ美味しい @frugura 2018年3月9日
kawada0zo なるほどー。「1970年前後から日本人の動物性蛋白質と動物性脂肪の摂取量が多くなり、免疫能力が高まったためと考えられています。」
1
フルグラ美味しい @frugura 2018年3月9日
ある意味、昔の人よりも、体が元気になり過ぎてるってことか。
1
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2018年3月9日
「雑で間違ったことを言う相手に、雑で概ね正しいことをいって黙らせた」という話なのに、コメント欄で正しくはこうだと俗説並べたり、詳しくはこうだと半端に雑な知識開陳する人がいて、さらにそれらを諭す人も微妙に間違ってたりと割と地獄絵図。どの程度の確度の話なのか考えないと、医学的な話はこうなりますなぁ……。
10
56号 @56gojp 2018年3月9日
子供の頃から動物に接してるとアレルギーになりにくい、みたいな話をNHKで見かけた気がする。
2
おろろ @fYe39CoQsPrbZVK 2018年3月9日
kawada0zo こっちの方が得心いくな。寄生虫その他雑菌が減って感染症が減った分、免疫過剰が増えたと。
4
まいず @yokai83 2018年3月9日
飛躍しすぎで何も共感できない
2
奥山犛牛 @bogyu 2018年3月9日
アナフィラキシーショックによる死が昔は原因不明とされていたってのは確かにその通りだけど、「最近アレルギー増えた」に対して「昔は死んでた」は雑を通り越して間違ってるだろう。通常死ぬことはない鼻炎やアトピーに対しては何の説明にもなっていないし、そもそも、死に至るほど重篤な食物アレルギーはかなりまれで厚労省の統計によると年間数例しかない。
18
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
tennteke そいつらは誰にとっても有害だから「原因はこいつだ」とサルでも分かるからだよ。フグ毒が一万人に一人にしか効かなかったとしたら、わざわざ工夫なんかせずに食いまくって、毒で死ぬ奴がいても「どうしてあいつは死んだんだろう」って首をかしげるだけ
9
NTB006 @NTB006 2018年3月9日
例えば統合失調症とかは古今東西発症率が大差ないって研究があったはずなので、見えるようになった。というのは大きいと思う。
8
節穴 @fsansn 2018年3月9日
法に守られ甘やかされているだけであって、アレルギー塗れの俺とアレルギーの無い年配の方が殴り合ったら死ぬのは貧弱な年配の方だぞ
0
カメの子07 @westeye1182 2018年3月9日
漆のかぶれってアレルギーだったのか、とろろを触ると痒くなる事と似たようなものだと思ってた
0
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
bogyu アトピー、死ぬよ? アトピーそのものではなく感染症で。アトピー性皮膚炎の赤ちゃんに適切な治療を受けさせず感染症で死なせた両親が逮捕されたりしてる。衛生面がアレな時代ならもっと高頻度で感染症に罹患して治療も出来ずに死んでただろうな
42
lion @lion55571 2018年3月9日
雑な質問に雑に返したって話か。
7
FX-702P @fx702p 2018年3月9日
江戸時代にもそばを食ってすぐに死んだ人がいたらしいけど、いまならそばアレルギーと見当つくけど当時は食あたりの一つとか思われてたのかな。
11
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
bogyu それと鼻炎の場合は、江戸時代には鼻紙なんてものが普及してたし、上で出てる青っ洟の件もあるんで、おそらくは当たり前に起きる現象過ぎて病気と認識されていなかったんじゃね
11
寺田33 @tera3333 2018年3月9日
適当にググったらアレルギー性鼻炎の患者数は2004年の40万2千人から10年後の2014年には66万3千人増えているというデータがありました。このデータが正しいとして「アレルギー患者が増えたのは増えた分の人は昔はほとんど死んでいた」という仮説を適用すると「2004年にはアレルギー性鼻炎で20万人以上死んでいた」という結論が出せます。アレルギー性鼻炎から肺の疾患が発症すれば死ぬこともあるかもですが、大した根拠もなく信じられるほどの納得感はないなあ。
6
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
アレルギーは遺伝するというのは懐疑的です。体質は遺伝して当たり前ですが、自分は花粉症に成りましたが知る限り血縁者で花粉症になった人は居ません。何故自分が花粉症に成ったかは推測出来ます・・・。スギ抗体を打ち続ける事で花粉症は大分改善しましたが目鼻に花粉アレルギーを疑う事は有ります。
0
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
sysasico1 「昔は不明だった病気がアレルギーだと解った」と言う事をアレルギーが増えたいう言葉をと置換している方が見受けられますが、アレルギーそのものは増えたかどうかは確定したエビデンスは無いのでは?
13
カラシナ @kokurikoo 2018年3月9日
軽度のアレルギー性鼻炎を放置してた人たちが病院に行くようになったってだけでは・・・
28
やまPP @nigatudou 2018年3月9日
昭和では「食中毒(子供の死因3位)」で済まされてきたんだよね。
40
lion @lion55571 2018年3月9日
アレルギーの話ばっかだけど(なんで?)、ガンなんかは長寿になったせいで増えたとかなんとか。食生活の変化もあるだろうけど。現代病ってやつもそうなんだろうな。 アレルギー疾患の増加については、やはり増えているらしく、衛生環境の変化が背景にあるとも言われているみたいですね。アレルギーでバタバタ死んでたからとも言い切れないかと。
3
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
例えば鳥インフルエンザ、またはスペイン風邪で「サイトカインストームで免疫力の強い若者ほど重篤化して死んでいった」と言うかなりの査証を集めている仮説を前にすると、「アレルギーを起こして死ぬのは淘汰して当然」みたいな意見には(アレルギーに限りませんが)「じゃあ、お前がアレルギー起こしたら子孫を残さずさっさと死ねよな」という感想しか持てません。
3
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2018年3月9日
( ´H`)y-~~「昔は要介護の老人って少なかったよね」
35
tsuachiya @tsuachiya1 2018年3月9日
血液検査でアレルギーを可視化できるようになつむたから増えたんじゃねーかな。
3
筐ヶ瀬 巻飴 @KATAMIGASE_Mai 2018年3月9日
例えば喘息の統計を平成11年→平成26年で比べてみると、患者数が大きく変わらないのに対し、喘息による死者数は年々減少し、15年間で70%程減っている(https://goo.gl/vKZqfX)。逆に昔はもっと死んでいたと推定できる。食物アレルギーの死者数推移は横ばいなので、昔どうだったかは分からない。
3
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
tera3333 スギ花粉は、認知度が上がったので申告が増えたと言うだけでは無いでしょうか? lion55571 ガンと長寿化は相関関係にあるのは数々の統計から明らかです。昔は癌そのものの認知が少なかったので癌とは解りにくかったのでは? 徳川家康が「鯛の天ぷら(素揚げ)に当たって死んだ」とか有名ですが、最近は胃がん説が有力らしいです。昔の人は「脚気」とか「熱気当り」とかが死因と記録されてますが、実際の死因は別だったのではないかという説は多いです。
4
かつまたいさ(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2018年3月9日
「ズバッと言ってやった」系の話が嫌いな儂でもこれにはシャッポを脱がざるを得ぬわ
1
lion @lion55571 2018年3月9日
食べ物のアレルギー(アナフィラキシー)で死亡した人もここ20年弱、年間0~6人だから食物アレルギーについては言うほど多くはなさそうですね。他のアレルギーはわかんないけど。
4
lion @lion55571 2018年3月9日
sysasico1 そういえるデータを見たわけではないので、判断できません。
0
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
自分は幼少時、親戚の会合時、伯父や父の会話に出てきた「『自分はおちょこ一杯のお酒が生死の分かれ目だ』と言ったので、『騙しておちょこ一杯分の酒を飲ませたら昏倒して救急車を呼ぶ羽目になった』」と言う話が強烈に印象に残ったので、食べ物で生死が分かれるという話には若干のトラウマがあります。あと前に飼っていた母の愛犬がドックフードに含まれる大概の食品にアレルギーを持ってて、最期は肝機能不全で死んだ事も強い忌避感となっています。
1
ネット・アイドル界の重鎮だんごむしさん☀ @sengodebu 2018年3月9日
座敷牢でちょっとはぐぐれよ、さすがに処分はしてねえよ、まあ死んでるようなもんだが
1
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
sysasico1 犬でなく前者の人物ですが、「白米を食べただけで酔っ払った症状を見せる事が有った」言っていました。当時、会話していた親族は総て鬼籍に入ってるので確認しようもありませんが・・・。
0
ジョンお姉さん @MagnaCarta2 2018年3月9日
昔からあったにはあったんだろうけど、「我慢できるものは我慢してた」だけじゃろ。いい意味でも悪い意味でも。大威張りで「アレギーでございます!対応しなさい!」みたいな居丈高な態度に出ずに。( ´H`)y-~~
4
和田名久司 @sysasico1 2018年3月9日
ABzome ベニテングダケとか毒キノコを漬けておくと毒が抜けて食べられるようになるって、その過程で何人犠牲になったか、如何に人類は食に汚いかを考えると気が遠くなります。これが文化だと言い切った方も居るようですが・・・。
2
lion @lion55571 2018年3月9日
sysasico1 返事が雑すぎました。家康の癌?はまさに長生きしたからではないかと思います。70くらいでしたっけ?
1
聖夜 @say_ya 2018年3月9日
スギ花粉症に関しては戦後行政で建材用に植えまくった副作用なので戦前には存在しなかったという当たり前の話。言ってみれば水俣病や四日市ぜんそくと同じでかつ未だ解決できていない最後の公害といえます
9
Cook⚡生還しました。後遺症なし!詳細はピン留め @CookDrake 2018年3月9日
寄生虫仮説が収録されてますが、ツリーをたどると現在は否定されてるという説明が出てきます(未収録注意)
5
白影 @White_Shadow_ 2018年3月9日
少し前にニュースで見た中国の遺伝子組み換え技術が発達するとアレルギー反応が起きにくい体質の子供が生まれるようになって「昔はそんなアレルギーあった」と言われるようになるんですかね
0
araburuedamame @rpdtukool 2018年3月9日
大正生まれのうちの爺さん10人兄弟だったが、3人は成人せずに死んでっからそんなに間違ってないと思うぞ。「子供は死ぬもの」って感覚は冗談抜きであったし、だからいっぱい産んでつじつま合わせてたわけで。
22
名無しのえまのん @477_emanon 2018年3月9日
アレルギーが種の弱点だとして酷いと死ぬものとするとまだ淘汰されきってないイメージになる
1
lion @lion55571 2018年3月9日
アレルギー以上に死ぬ要因は沢山あったので、死亡率は今より高いのは当たり前だろうなぁ……
9
lion @lion55571 2018年3月9日
http://www.sankei.com/life/news/180110/lif1801100047-n1.html この記事によるとスギ花粉については、ここ2、30年でも増えているとの調査結果が出ていますね。また、乳幼児の食物アレルギーの増加も花粉症の増加を加速させてる(かも)とのことなので、認知不足が原因とも考えにくいです。
4
karankaran @karankoron07 2018年3月9日
昔は原因不明の死因や多発した乳幼児の死因原因をアレルギー、っていう流れおかしいでしょ。普通に考えて大半が病気や医療の遅れ。 昔は少なかったという言説にアレルギーが認知されていないというのも1つにあるけど、衛星公衆の発達改善による現代病というのが大きいのでは?少しググれば出てくるし、農家でのアレルギー発症率の低さや、乳幼児時期に猫を飼育していた子の喘息発生率の低さの研究は読んだことある。
2
lion @lion55571 2018年3月9日
[c4730510] 昔はそうであったという事実が残るだけで、批判はたいして起こらないと思うけど。
0
やま @yama_53 2018年3月9日
日々知識を更新しないと、「自分の頃はなかった」みたいなことを自分も言ってしまうんだろうなー……と、自戒しておこう。アレルギーは思っているよりは身近だものね。
24
ジョンお姉さん @MagnaCarta2 2018年3月9日
rpdtukool 「感染症(抗生物質が普及する前)」を忘れていないか?
5
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
lion55571 「症状が出てすぐに病院へ担ぎ込むことができる環境が整っている」っていう大前提を忘れちゃダメですよ?  lion55571 戦時中の資源確保と戦後の復興で木材が使われまくる→1950年代からスギ植林スタート→スギが花粉を作り始めるまでおおよそ30年→1980年代から花粉症が増え始める 長年に渡る植林の結果、ここ2、30年はアレルゲンの絶対量が激増する一方だから患者も増えてるだけってオチ
2
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
karankoron07 思いっきり話が逆。昔は重篤なアレルギーを発症した子供が原因不明の死亡と扱われていたという話であって、原因不明の死亡の正体がアレルギーだっていう話じゃない
15
lion @lion55571 2018年3月9日
08_Reader それはもちろん。ただそんなに大昔のデータって無いので、そこまで昔の話はしてないつもり。つまり不明であるという認識です。スギ・ヒノキ花粉については自分もそう思いますよ?
0
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
lion55571 じゃあ「食物アレルギーについては言うほど多くはなさそうですね」っていうのは西暦何年代くらいを想定してた?
3
lion @lion55571 2018年3月9日
08_Reader えーと、書いてあるんですが、20年弱くらい前ですね。
0
えびとろあなご蒸し@ロボガZポセス鯖 @ebitoro 2018年3月9日
sysasico1  金田一少年で「そばアレルギーの少女にそば茶飲ませて殺す事件」もあったし。
1
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
lion55571 エピペンの輸入が始まってからですね。アナフィラキシーに対する有効かつ効果的な対応策が導入され始めて以降の統計なら、そりゃ死者は少ないのでは?
10
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
lion55571 そもそもにおいて、話題の俎上にのぼっている「昔は」というのはたかが20年やそこらの話ではないでしょう。それより前に生まれた世代の更に親世代が子供だったころとかそういうレベルでは
10
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
lion55571 更に言うと、そういう統計は根本的に「当時認知されていなかった事例は数に含まれていない」ことを前提に読む必要があります。例えば「その20年間の前半は食物アレルギーの民間認知が低くて死者数が正確に計上されなかったために少なく、20年間の後半は認知度向上に伴うエピペンの普及によって死亡事故を未然に防げる可能性が高まったので死者数が少ない」ということも大いにありえます
10
lion @lion55571 2018年3月9日
08_Reader うーん、その時代のデータって見つからなかったので、その範囲で話しています。どこかにありましたっけ?
0
おろろ @fYe39CoQsPrbZVK 2018年3月9日
無理矢理食わせてる奴と昔は死んでたとしか思えない奴の考え方は一緒なんかなとも思うわ。他の要因探ろうともせず1と0で考えるあたり。昔より増えたから治療の対象になって病名が付いて、広く認知されたから多く感じるんだろう。
4
lion @lion55571 2018年3月9日
08_Reader 先に挙げた新聞記事では、食物アレルギー自体が増加傾向にあるとのことでしたので、少なくとも今よりは少なかったとは思います。認知されていなかったというのもその通りだとは思っていて、そこは全然否定してないですよ。
0
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
fYe39CoQsPrbZVK 「昔は死んでた」というのを「0か1かで考えている」ってのはちと曲解が過ぎるのでは? 昔は症状を抱えたまま生存していた患者数が少なかった(発生数は同じでも死亡を回避できるようになれば患者数自体は激増する)わけだから、そのまんま後半の理屈につながるでしょ
13
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
lion55571 データも見つからないくらい社会的・科学的な認知が著しく低かった時代に発症者が適切な診断と治療を受けられたはずがなく、認知されていなかったが故に「昔はいなかった」と思い込んでいるに過ぎないのだ、というのがそもそもの本題ですし
11
yahhoi @syyahho 2018年3月9日
これがワラ人形ってやつかと思ったら元ツイートよくみたら「こういうこと言ってくる人がいたらこう言ってやる」っていう予行演習だったのでセーフ(?
3
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
lion55571 新聞記事がその辺の正確な解釈をして記事を書いているわけないでしょう。病気の認知度が上がって診察を受ける人が増えて「医療関係者が認知している患者数」の数が増えただけでもそう書きますよ
7
lion @lion55571 2018年3月9日
08_Reader んー、それ言われたら後は何も言えませんね。想像でしか言えないので。
3
てのひら @TOan_canth 2018年3月9日
花粉症そのものは19世紀にイギリスで報告されたのが最初と言われているようですね。畜産に必要な牧草による花粉症でした。日本では戦後、杉を植えて復興財源に充てようとしたので、自然環境ではありえないほど密集して植えられ、成長したスギがバンバン花粉を飛ばす様になったので『花粉症が増えた』のだと思いますよ。
3
pekoe_tw @peckoe_tw 2018年3月9日
こう返せば黙るだろうの演習してたけど、いちゃもん付けてくる人は想定の外から打ってくるという見本
4
てのひら @TOan_canth 2018年3月9日
花粉症って、飛散する花粉の量により反応する人しない人が出るので、かつて花粉飛散量が少ないうちは花粉症だと思わず「風邪のひき始め」と思っていたのではないでしょうか。私の父も70年前から花粉症なのですが、子供の頃は「春先は必ず鼻風邪をひく」と思っていたそうなので。
10
てのひら @TOan_canth 2018年3月9日
長くなりましたが、最後。戦後一斉に植えられた杉の寿命もあと30年ほどで尽きるそうなので…数十年後には「スギ花粉症なんて病気があったんだって」なんて話になるのではないでしょうか、なったらいいな。毎年この時期は『杉なんて焼き払えばいいのに』と願わずにいられません。
5
lion @lion55571 2018年3月9日
TOan_canth 自分もそんな調子だったなぁ……風邪のつもりで病院行ったら花粉症言われた。
0
てのひら @TOan_canth 2018年3月9日
あ、付け加えさせてください。戦前生まれでお腹に回虫がいたこともある私の母は、サバのアレルギーでした。戦後の学童期に死にかけています。昔からアレルギー患者は存在したし、寄生虫がアレルギー症状を絶対的に防いでいてくれたというわけではないですね。
9
SAKURA87@多摩丁督 @Sakura87_net 2018年3月9日
単にそれなりに弱い程度の人は目立たないから記憶に残ってないどけやろ。
1
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
lion55571 そもそも論として、アレルギーの人が増えているという考えそのものが想像にすぎない、という指摘の話なので
10
あっくん2号 @blood_colony 2018年3月9日
原因不明で子供が死亡。死亡原因は不明だが直前に近隣住民から食べ物を貰っていた。なぜ死んだのかわからないがそいつを逮捕、そして懲役…みたいなこともあったかもな。
0
08_Reader @08_Reader 2018年3月9日
TOan_canth むしろ寄生虫が喘息やアレルギーのリスクを高めるという研究もあるという
4
いかおとこ @mororeve 2018年3月9日
taken1234challe その理屈が通るなら何故現代にアレルギー持ちや先天性障害があるんだよ笑
10
逆さまつげ @kitayokitakita 2018年3月9日
アレルゲンが食物由来ならその通りやが、農薬やらの化学物質に反応してまうパターンもあるからね。なんで80代以上が「昔はアレルギー持ちなんてそんなに居らんかったのになぁ」は医学以外の生活環境の違いも含まれるんやで。
1
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018年3月9日
sysasico1 うちが餓鬼の頃は、日射病と熱射病は、学校の教科書にも載っていた、極当たり前の名前です。双方をまとめて、改称したものが、熱中症です。
4
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018年3月9日
sbayasi あの曹操孟徳は若い頃、癲癇を騙って、嘘吐きな身内を退けたとか。尤も、これは横三(演義)内の場面なので、史実ではどうだか…。
0
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018年3月9日
tennteke ソラニコフとチャコニコフには気を付けろ!病気にさせられるぞ!#幼女戦記
0
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018年3月9日
tennteke そうだよなぁ…フグの味噌漬けとか、西洋でもシャグマアミガサタケの食い方とか、何故か伝わってたりするんだよなぁ。あれ、どっちも毒物の話なんだよなぁ。逆にソテツの雑な毒抜きで死んだ人もいるとか…。
0
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018年3月9日
[c4729268] そう云う人間は、他人を平気で差別や侮辱出来る、人間の風上に置けない存在になる。あの、大量殺人幼女の如く(ジャック・ザ・リッパーに非ず)。
9
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2018年3月9日
単純に子供の死亡率が高かったからじゃね。そんな時代にアレルギーごときが注目されるものか。
1
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018年3月9日
そもそも、そう云う"病気"の命名理由となる"症例"は、プログラムのバグと同じで、再現性が大きく関係してるんだよなぁ。つまり、原因特定には、その原因たる物質もしくは要素と、症例たる事態と、その両方が揃わないと駄目なんだよなぁ。
1
おろろ @fYe39CoQsPrbZVK 2018年3月9日
免疫過剰が一因なら、昔だとむしろ今平気な奴が病弱な子で、アレルギー持ちは丈夫な子だったて可能性もあるわな。軽く調べたら江戸時代でも××嫌いに無理矢理勧めて大変な事になった的な話はあった。まあ医療機関や厚労省が増えた言うてるんだから増えてんだろう
0
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018年3月9日
この記事自体が、プログラマにも通じるものがあってなぁ。
0
すんすけ @tyuusyo 2018年3月9日
そもそも死んだ庶民の記録が残るのは日本だと江戸時代以降なんすよね。それ以前は戸籍がいい加減すぎて追うどころではない。 行旅死亡人の記録と報道制度ができるまでに大量の無名の死者が出ていると思いますよ。 死因に至っては本当に近代になるまでわかんないだろうな。
4
すんすけ @tyuusyo 2018年3月9日
前近代の記録って本当にヤバイですよ。 そこそこの武家でも、戦国時代くらいだと系図がぐちゃぐちゃですから。江戸時代に作成された北条氏の系図なんて、北条早雲なるひとが誰なのか誠に混乱している。
5
汝、翼を与える@ばってん先に翼ばくれんね イベント・・(出た、出たが最初から居るとまでは・・・) @ryunosinfx 2018年3月9日
せやな。言葉で状態を分類出来るだけの情報と経験、叡智がカオスの淵から命を救いあげてる感。
0
bt @bt_20_20 2018年3月9日
自分も担当になってから初めて知ったけど、平成26年6月にアレルギー対策法ができて、法に基づく基本指針ができたのがほんの1年前の平成29年3月。基本指針には、政府の問題意識や今後の対策がまとまってるので、一読をお勧め http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000191882.html
2
bt @bt_20_20 2018年3月9日
同じページに平成30年度の予算案が載ってるけど、アレルギー疾患対策予算額6.9億円、うち厚労省科研費などが5.8億円なので、実際の対策費は1億円程度、これを多いと見るか少ないと見るかは、個人の価値観ですがね・・・
2
bt @bt_20_20 2018年3月9日
基本指針(正確には「アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針」)、字ばっかで読んでられないよという人には、http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000112475.html に載ってる西間参考人資料、海老澤委員提出資料がキレイにまとまっててお勧めです
2
bt @bt_20_20 2018年3月9日
コメントでもアレルギーが増えてる原因がいろいろ議論になってるけど、スギ花粉とか単一の原因はともかく、いろいろ複合するアレルギー疾患でこれ、という原因はまだ特定できていないので、疫学研究をちゃんとする必要がある、というのは基本指針に出てきます。
4
bt @bt_20_20 2018年3月9日
あとは、アレルギー疾患は最新の知見に基づく治療をすればコントロールが可能となりつつあるけど、医師のレベル差や誤った知識の普及でそれを受けられない人がいるから、啓発とか医療の均てん化をする必要がある、というのが基本指針の主な中身ですかね。
4
きたあかり @kita_akari0420 2018年3月9日
以前NHK「総合診療医ドクターG」で、卵巣奇形腫への免疫反応が原因で脳が攻撃され、幽霊(幻覚)が見える、痙攣、異常行動が起きたっていう事例が紹介されてて こんなん数十年早ければ、狐憑き・祟り・加持祈祷ってなるしかないヤツやん……って戦慄した事がある。 原因が特定される事、理解される事こそが本質なんだなーって。現代医学パねえ。
19
よもやま@垢変しました。 @yomoyamawara 2018年3月10日
医学のあれそれもあると思うけど「アレルギーは好き嫌い」とか「アレルギーは甘え」とか言う人が無理やり食わして死んでたんだろうなあって思う
3
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2018年3月10日
重篤なケースは知らんが、「〇〇を食べるとじんましんが出る」という話は、昔はあるにはあったが実際に出会ったことはないなぁ。大人数のクラスだったり転校したりして今の子供より大勢と出会ってるはずなんだが。
0
しぇりりん(万年欠食) @m_sheririn 2018年3月10日
そいえばラテックスに対してアレルギー持ってる人はコンドームつけられないんやろかとある日ふと思って。はともかく昔は給食とかに五大アレルゲンすら書いてなかったと思うけど(田舎なんで給食はセンターとかじゃなかった)インフルエンザの予防接種の問診票に「卵を食べて発疹出た事がある」な記述はあったな…
3
Briareos@残弾数はいつも────── @briareos 2018年3月10日
まぁぶっちゃけ「昔は多産多死」でしたからねぇ、アナフィラキシー反応による子供の死亡なんて、皆さんおっしゃるように「死因不明」で処理されてたんでしょうな。そういや七五三て「7歳ぐらいまでは子どもが死にやすいから」とかそういう説がありましたっけ・・・
0
neologcutter @neologcuter 2018年3月10日
医学が進歩すれば体のあらゆる不調について合理的な説明が付くようになるはず。昔はアレルギー(特に小麦)なんか殆ど認識されてなかったはず。
1
Kana @EyesLemonade 2018年3月10日
kita_akari0420 http://mainichi.jp/movie/video/?id=117670561 抗NMDA受容体脳炎ですね、正に映画「エクソシスト」のモデルになった話はこれが原因と言われてるそうです。
2
3gou@ゾンビランドDEMPA!! @merumeru1701 2018年3月10日
最近は癌で死ぬ人が増えたってのも同じ。癌以外で死ななくなったのよと。
2
ephemera @ephemerawww 2018年3月10日
7歳までは神のもの。死んでもおかしくないとされていた我が国も、いまでは幼児死亡率の低さで世界一とか。しかしそれは表題のような前時代的な妄言を吐く人間のおかげではなく、一握りの正しい知識を持った人達と医学、医者のおかげだ。これだけ教育制度が整った先進国にいて、国民が自然科学に無関心で正しい知識を身につけようとしないのは情けない限り。国民の科学知識の底上げをもっとしていきたいものだ
0
kn @darks508 2018年3月10日
聞き飽きてしまった
0
電気屋 @thedenkiya 2018年3月10日
アレルギーって言わば免疫システムの副作用。免疫は遺伝的なもんもあるが、環境に対して後天的に最適化される要素もある。例えばワクチンなんてのは意図的に免疫を刺激して感染源を免疫システムに学習させるワケだ。で、現在ワシらはとても衛生的な環境に生きているので、免疫を正しく学習させづらくてなってる。そのために免疫活動の不適であるアレルギーが増えているって仮説を衛生仮説と呼ぶそーな。コレは一部ののアレルギーに対しては実証されてて、多くの専門家はアレルギー全般で成り立つと考えてるらしい。
0
電気屋 @thedenkiya 2018年3月10日
衛生的であることによって、多分アレルギーは増えている。だが、ソレ以上にさまざまな感染症をはじめとする疾患が減っているので、衛生的であるコトは総体としてはヨいコトなのだとワシは考えてる。
0
伍長 @gotyou_H 2018年3月10日
狐憑き=認知症だったんだろうなと思う
0
コーヒー豆 @coffee3156 2018年3月10日
昔は平和だったっていうのもそうだよね 子供の誘拐も神隠しじゃ〜で済ませてた
8
もっこㄘん @Mokko_Chin 2018年3月10日
放射性物質(ラジウム)が体にいいとされていて商品も売られていた時代はあったにはあったがかなり昔だな。http://karapaia.com/archives/51748543.html
1
人生よんしゅうめ@働きたくない @marumasa58 2018年3月10日
「良かったですね、昔だったら貴方みたいな人年寄りになる前に亡くなってましたよ」と言わない優しさ
5
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
アレルギーは免疫異常だ。そしてそれを誘発するのは原因物質の摂取だ。食物性アレルギーは年間を通して毎日同じ食物を摂取し続ける事で誘発される。牛乳・卵などに多いのはもともと日本人の腸が遺伝的にそれを処理しきれないからで、免疫が異物と判断し攻撃、一緒に自らの体まで攻撃する。食物を旬の時期のみ摂取し伝統的な和食にすれば寛解する。大豆・米・蕎麦に関しても同じメカニズムだ。除去食は免疫に原因物質を忘れさせる作業である。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
長男は牛乳卵米大豆アレルギーだった。医師の指導のもと5日間回転法を息子が乳児の時に母子で行った。全ての食物を5日以上の感覚をおいて摂取し回転させる。息子は3年で寛解した。次男は妊娠中から気をつけて8ー8法を行い、卵米大豆は大丈夫だったが添加物・キウイに過敏だった。無農薬米で寛解した。三男は乳児に呼吸困難に陥り母子入院した程だったが除去食を5年続け寛解した。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
寛解はしたものの体質自体は同じなため、風邪をひいたり寝不足だったりすると原因物質で症状が出る。そのため長年かけて食べても大丈夫なものを手探りでひろげてきている。その結果現在は理解ある人の間で普通に生活している。健康時は何を食べても全く症状は出ない。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
つまりは食生活の急激な西洋化と冷蔵設備や流通の充実による旬の消失、腸が処理しきれない異物としての添加物が引き金となり食品自体まで異物と認識し排除しようとする免疫の働きであり、そういう意味の食物性アレルギーは昔は少なかった。年間を通して同じ食物を摂取するのは生物にとっては異常なのだ。米や大豆は伝統的に日本人の体は異物と認識していなかったのに、残留農薬や添加物が一緒に与えられたために異物と認識してしまったのだ。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
つまりは除去食とは「免疫が間違って攻撃する」のをおさめるために原因物質の存在を忘れさせるのが目的なのだ。そして除去食を続けている時に誤って食べたりするとかえって激烈な反応を引き起こすことがある。それは除去食前は毎日摂取していたため免疫も激烈な反応はしなかったが完全に断ったのちに急激に摂取すると過敏になっている免疫を刺激し総力戦を行うからだ。これを危険視して減感作療法を行う場合もある。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
だが減感作療法は治療期間が長引く。完全除去が実は治療の早道だし、それを徹底してこそゴールである寛解も近づくのだ。昔は完全除去は難しかったが蕎麦アレルギー事件により社会的に認知され学校が本格的に対応を始め、アレルギー対応食品も普通に市販されるようになった。長男の時は辻アレルギーショップからまとめ買いしたものだが今は実に便利になったものだ。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
私は幼い頃から卵かけご飯が大好きで、妊娠中は子供に栄養をつけようと勝手に考え毎朝目玉焼きを食べたり、卵かけご飯を食べたりしていた。もちろん昼食や夕食にも卵が入っている。海苔にはツヤ出しのために卵白が塗ってあり、お菓子などは卵が大抵入っていた。過剰摂取である。これが長男のアレルギーの引き金である。その証拠に、妊娠中8ー8法を行った次男は卵は平気であった。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
8ー8法とは実に簡単で、妊娠8ヶ月から卵を断ち、出産後8ヶ月は母子ともに卵を断つというものだった。次男と三男はこれで卵アレルギーは起きなかった。遺伝による体質はあるのでキウイ・農薬・添加物アレルギーは起きたが他はなく、除去も簡単であった。長男の時に知っていればこうはならなかったとは思うが後の祭りである。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
食物性アレルギーはアレルギーマーチという形で進行する。はじめは皮膚に出る。次に呼吸器系である。精神症状も出る。人によっては同時に出る。アトピーが治ったら喘息に移行していた、ということがある。人によって免疫の反応の違いがある。アレルギーパッチテストは捕捉率が50%ほどだ。パッチテストには現れなくても症状が出る。昔は「親が気にするからアレルギーになる」などと馬鹿な医者も多かった。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
アトピーはアメリカで80年以上前に発見されている。そして乳児のアトピーは死ぬ死なないではない。死ななくてもアトピーはある。そもそもアトピーは「奇妙な」という意味である。当時の医者にとって全く未知のものだったからだ。アメリカの食生活の後追いをした日本にアトピーは50年程遅れて登場し爆発的に増えたのだ。だからアトピーに関しては「昔は少なかった」は真実だ。アレルギー=即死ではない。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
だから元ツイートは実に乱暴である。会話の行く先を先回りし一方的に対話を打ち切る非礼さがある。昔のアレルギー持ちが死んでいたというのは乱暴である。乳児死亡率が高かったのはアレルギーのせいではなく医療の問題だ。感染症によって子供は死んでいた。こういうアレルギー=死亡という乱暴な論理はあまり広まって欲しくない。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
なお、私のツイートは長男が食物性アレルギーになった当時の最新の学説に基づいているので今は古いかもしれないと申し添えておきます。勝手に息子にお菓子を食わそうとする年寄りさんたちには完全に教育を施し周囲を説得するためにかなり勉強しました。医師の指導も受け書籍を濫読し「食べさせてもいいじゃん」という軽い意見を何とか調伏させることに成功したのです。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2018年3月10日
「蕎麦アレルギーは蕎麦屋の子に多い」という言い伝えがありますが、これは父親が蕎麦打ちをして帰宅し仕事着や体に付着していた蕎麦の粉を乳児や妊婦が吸引して起こることが多かったためで現在は当てはまらないことも多い。つまりは異物と認識させない配慮が必要。
0
リー・ダーウェン @Lee_Darwen 2018年3月10日
熱中症について「昔はエアコンなんか無くても皆耐えてたんだぞ」って言う高齢者に詳しく話を聞くと、実は堪えられなかった人は死んでたって話を思い出した。
14
黒猫 @blackcat_ab 2018年3月10日
そもそも元ツイの「昔」っていつなんだろうね。今の年寄りの子供の頃には既に喘息とかあったはずだし、戦後は光化学スモッグも発生してたし、都市部の水は汚染されて飲めもしなかったらしいし、公害問題で散々苦しんだ人たちも報道されてきたはずなんだけど、よっぽど周りを見てないか、単に昔は良かったイメージだけではなかろうか。
3
麻樹・あるいはまお @maki_miquette 2018年3月10日
アレルギーがどうのこうの以前に戸籍制度自体が戦後よりも更にいいかげん(元気でも戸籍がない子などザラにいた)だった訳で座敷牢とかとは別の意味で『存在認識されてなかった子』も考慮に入れるとまあ色々と昔はこんな病気なかったという論拠自体が崩れるんだけどね
3
冶金 @yakeen4510 2018年3月10日
昔は不登校なんてなかった。
0
Ikunao Sugiyama @Dursan 2018年3月10日
ADHD者として考える時があって、「昔ならまっさきに罠にかかって死んでただろうなぁ」とか「猛獣に真っ先に出会って最初に死んでたろうなぁ」とか「落石しそうな山道でまっさきに落石にあってただろうなぁ」とか。
1
Ikunao Sugiyama @Dursan 2018年3月10日
ADHD者として考える時があって、「真っ先にフグ食って死んだ人間はわからないけど、それを見ていた中で2番めにフグ食って死んだ奴はおそらく『発達さん』なんだろうなぁ」とか。
1
和田名久司 @sysasico1 2018年3月10日
元ツイートは「自分の見知(勘違い)に適合しないトンチキ」を『黙らせる雑な方法』であって、そういうトンチキは正しい見知を説いても納得なんてしないものです。前に挙げたコップの例えは極めて分かり易く単純化したもので、アレルギーは誰にでもなる可能性のあるモノと理解しています。癌もまた同じですね。たまに「家は家系的に癌に成らない」とか言う人とは多く会います。実は自分も含めてかつての親族の認識がそうだったりして・・・。でも、癌になった親族がひとり出たら間違いだと悟りましたが。
3
和田名久司 @sysasico1 2018年3月10日
sysasico1 また、アレルギーを起した人の原因を推測できても、「こうだからアレルギーになる」「こうすれはアレルギーにならない」というエビデンスは確立のしようが無いものではないかと思います。リスクとベネフィクトで考えれば、現代の方が栄養学的にも、衛生面でも、医療面でも、昔より遙かにましだと確信しています。
2
和田名久司 @sysasico1 2018年3月10日
sysasico1 「自分の見知(勘違い)に適合しないトンチキ」でなく「自分の見知(勘違い)に適合しない事実を認めないトンチキ」でした。
2
和田名久司 @sysasico1 2018年3月10日
sysasico1 少し単純化しすぎた様です。アレルギーを起した人の原因を推測して、「アレルギーに為りにくい環境を整備する」ぐらいは出来るかと。
2
あぜ @tanglejar 2018年3月10日
電話でテレビでネットでSNSで…… そろそろ打ち止めであろうが、人それぞれが接する情報の量自体が増えているのも一員としてありそう。皆いたけど、大抵の人は知らなかったし気付かなかったんだ。
3
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2018年3月10日
「昔は死んでたでしょうからね。」が気に入らなくて気に入らなくて仕方ない人たちは、「ソフトに相槌うちながら本題まで持って行く時間があるとは限らない」が読めてないとしか思えん……。元発言の人も、相手に通じるレベルで返す話してるだけで、雑なのはわかってるよ。そして、「アレルギー/障害/病気」の話なのにアレルギーだけしか見ない自身の雑さをなんとかしてから、「雑さ通り過ごして間違ってる」って他人を批判して?って感じ。
12
おろろ @fYe39CoQsPrbZVK 2018年3月10日
リアルの会話でんな雑な返しきたらそうだねで返すだろうよ。ここ棘の米なんですが
1
ナニコロ @nanikoro 2018年3月10日
簡単だけど、良い返しだと思います。
3
tarako @AodamaSuika 2018年3月10日
アレルギーに関しては少なかったのは事実よな。花粉症はスギ・ヒノキの植えすぎが大きいし、それ以外のアレルギーも昔は大抵の人が寄生虫飼っててそいつに免疫システムが仕事してたから余力がなくてアレルギー出るほどの余裕がなかったって話は聞くし、今も花粉症の人がこっそりサナダムシをry
1
白河清周@もういいよ不倫ネタ @shirakawa_kiyo 2018年3月11日
mororeve 環境ホルモンに関しては、「ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議」が「ダイオキシン・環境ホルモン」では喰えなくなって、遺伝子組換えやネオニコチノイドに多角化しているのがいい例。
0
第四干瓢期 @0086smart 2018年3月11日
>文句を言うのが目的の人は(この説明で)口を噤んで離れる 莫迦を甘く見てはいけません。そういう手合は進化論を曲解して「劣悪な遺伝子の持ち主は生かしておいても社会の邪魔だから殺処分すべし(キリッ)」と御高説をタレ流しますから。
4
中国万歳 @China_wonderful 2018年3月16日
「今の子供は病気だアレルギーだと甘やかされてると思わない?」と文句を言うのが目的だった人って限らないのに決めつけて言うのはおかしい。いや、話の流れでそれはわかる、って思っているのかもしれないけど、本当にそうか自問した方がいい。
0
なんもさん @nanmosan 2018年3月16日
今の子供はどうこうじゃなくて、正直毎日風呂入ったり毎日下着替えたりが当然の風潮って面倒くさいんですよ。中国産の野菜は農薬ガーとか合成添加物がどうのこうのとかタバコの副流煙とか、昔の人はそんなのまったく気にしないでも余裕で長生きしてるという実感があるわけでして、けっきょくは現代の清潔すぎる社会全体に対する反発の一つだと思います。
0