26
ボランティアなのに「枠」とは…?
共同通信公式 @kyodo_official
ボランティアに中高生枠 - 東京五輪で大会組織委 this.kiji.is/34959884543905…

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、同年4月1日時点で18歳以上であることなどを条件に募集する大会ボランティアとは別に、新たに「中高生枠」を設ける方針であることが22日、分かった。次代を担う若年層がボランティア活動を体験することは教育的価値も高く、有意義と判断。組織委関係者は「各方面から要望が多かった」と述べた。

役割は、競技会場や選手村などで運営に関わる大会ボランティアよりも限定的で、競技会場の内外での観客の誘導、サッカーやテニスのボール拾いやバスケットボールコートのモップがけ、入場待ちの観客に向けた楽器演奏などが検討されている。

引用:ボランティアに中高生枠 東京五輪で大会組織委 - 共同通信
※参照されているリンクは北海道新聞ですがツイを拾いきれなかったので配信元の共同通信を参照しています。

本間 龍  ryu.homma @desler
「各方面から要望が多かった」って、酷暑でボラが集まらないことを危惧する方面からに決まってる。腐った文科省の号令で、忖度しまくりの学校現場がクラスや部活単位で強制動員をかける悪夢が目に浮かぶようだ。 ボランティアに中高生枠 東京五輪で大会組織委 hokkaido-np.co.jp/article/174199
本間 龍  ryu.homma @desler
異常、ついに中高生までタダボラ動員。11万人の無償ボラだけでは足りず、中高生までJOCと電通の利益のために働かせようとしてる。保険もかけず、酷暑で倒れても全て自己責任。まともな親なら絶対に応じてはならない。 ボランティアに中高生枠 東京五輪で大会組織委 hokkaido-np.co.jp/article/174199
こめいぬ @kome1nu
@desler 何度でも言いますが、長野五輪の時、地元大の1年生「全員にボランティアが割り振ら」れ、毎朝3時に大学集合で白馬に運ばれ、7時から19時まで屋外で働かされ、半冷凍の弁当を与えられ、22時に大学に放り出された地獄のような2週間を私は忘れません。
こめいぬ @kome1nu
@desler 補足すると、私が割り振られたのは「ここは駐車場ではなくシャトルバスの転回場でづ」と言う仕事。現場責任者は高校新卒の村役場職員さんで、大学生ボラが4〜5人。第二外国語まで喋れる旨の腕章を装着し、各国マスコミの車を追い返さねばなりませんでした。まぁ、○HKが最も言葉が通じませんでしたが。
イメージ的には根こそぎ動員なヤツ。
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
この前の戦争でいうと、鉄血勤皇隊とかひめゆり部隊とか、そんなレベルにきたか。 ボランティアに中高生枠 東京五輪で大会組織委:どうしん電子版(北海道新聞) hokkaido-np.co.jp/article/174199
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
今から、「一生の思い出に」とかいってうっかり応募してしまう子を減らすようになんとかしなくちゃいけないな。確か映画「Uボート」で主人公の報道班員は、Uボートに乗り組んだ動機を「冒険がしたいと思ったんです」と、海底の極限状況下で告白するが、そんな目に遭う子は減らさねばいけない。 twitter.com/ShinyaMatsuura…
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
だって、明らかに「五輪で儲けるぜ」で動いている連中がけっこうな数いる中で、ボランティアもなにもあったもんじゃないでしょうが。労働力が欲しければ適正な賃金を支払えってことだから。
東明六郎 @dokosci
@ShinyaMatsuura ボランティア参加が、大学や高校で卒業単位の義務になりつつあります。地味でしんどいボランティアもおおいなかで、オリンピックは派手で余録がありそうと思う学生も多いのではないかと。ボランティアをめぐる情勢とセットで考えるべき
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
ボランティアが義務単位って、すでにそれはボランティア(volunteer 自分の意志で進んで物事を行う人)ではないですよ。 とんでもなく間違っている。 自発性のないボランティアはボランティアではなく強制徴募です。 twitter.com/dokosci/status…
ボランティアだからね。自己責任。保険?何のことやら…。
kemofure @kemohure
東京オリンピックのボランティアの中高生枠、事故発生時に労災が下りるか調べてみたけど、無理っぽい。本当に酷いね。 ボランティアは基本的に労災とみなされない。 社会人及び大学生にはボランティア保険が存在するが、中学生・高校生が加入なボランティア保険がざっと調べた限り存在しない模様。
kemofure @kemohure
「ボランティアは基本的に労災とみなされない」という凄まじいリスクが常にある訳で、所属企業・大学もしくは個人でボランティア保険に入っていない状態で東京五輪ボランティアするのは、労働を遥かに超える高リスク。中高生のボランティアはこの状態に置かれることをもっと考えるべきだと思う。
kemofure @kemohure
五輪ボランティア中・通勤中に労働災害が起きても、労災(労働者災害補償保険)は一切出ない(ボランティアを公務中とみなされた教員なら出るかもしれない)、基本的にボランティア保険に入っていない限り全く補償されない、そもそも中高生はボランティア保険に入れない。 現状の制度が酷すぎて危険すぎる
kemofure @kemohure
所属している企業or大学がボランティア保険に未加入の場合で、ボランティアをやるなら絶対にボランティア保険は自腹で加入しておいた方が良いと思う。保険に入っていない場合、労災がないから、保険未加入だとボランティア中もしくはボランティアの通勤中に何が起きても自己責任で補償はされない。
kemofure @kemohure
中・高生の場合(未成年者)は監督義務者(保護者)を被保険者(契約者)とするタイプのボランティア保険なら、保護者(未成年本人ではない)は一応加入できるようです。ただ非自発的ボランティア(学校主導下のボランティア)の場合は加入できないので、今回の学校(中学・高校)主導の五輪の場合は入れなそうです
kemofure @kemohure
児童・生徒向けボランティア|東京都教育委員会 ボランティア活動中の事故や災害による、ケガや賠償責任に備える「ボランティア保険」という保険があります。加入については、最寄りのボランティアセンター又は社会福祉協議会へお問い合わせください。 教育委員会公式、ガチで投げっぱなしだった
kemofure @kemohure
上記サイト(東京都教育委員会の東京五輪に関する児童・生徒向けボランティアのボランティア保険について)は 「ボランティア活動中は事故やケガに注意!」 でグーグル検索すると公式サイトが出てきます。めっちゃ辿り辛いサイト構成になってる…
ボランティア活動中は事故やケガに注意! ボランティア活動中に注意したい事故

ボランティア活動中、不慮の事故は誰にでも、どんな状況でも起こる可能性があります。例えば、転倒や転落によりケガをしたり、食中毒や熱中症にかかったりする場合があります。また、自分自身ではなく、第三者にケガをさせてしまったり、物を壊してしまったりする場合もあります。
いざ事故が起こってしまうと、治療費や賠償金が高額になるケースもあるので注意しましょう。

事故防止のために気をつけたいこと

ボランティア活動を安全に、そして楽しく行うために、次の5つを心がけましょう。

  • 責任者の話をよく聞くこと
  • 動きやすく、天候にあった服装を選ぶこと
  • 足元や背後に注意すること
  • 疲れを感じたとき、体調が悪いときは無理せず休むこと
  • 周囲のボランティアと協力や情報共有すること
    ボランティアは自主的な活動ですが、事故が起きた場合は個人の責任ではすまない場合もあるので、十分に注意を払って行動してください。
もしものための「ボランティア保険」

ボランティア活動中の事故や災害による、ケガや賠償責任に備える「ボランティア保険」という保険があります。
加入については、最寄りのボランティアセンター又は社会福祉協議会へお問い合わせください。

引用:児童・生徒向けボランティア|ボランティア活動中は事故やケガに注意!|東京都オリンピック・パラリンピック教育

kemofure @kemohure
少なくとも東京都教育委員会は上記の公式サイトを見る限り、「学生(中高生)がボランティアをする場合、自発的に自腹でボランティア保険に加入するのをお勧めする」以上のことは何も言っていないように思われます。学生はボランティア保険加入前提と言っている方もいるけどそのソースを知りたいです
学生だけの問題ではないし2年前から進捗していない…?
わさび@球磨Lv.149 @meuniere
東京五輪のボランティアサイト覗いても保険の項目が一切見当たらないんだけど、個々人でボランティア保険入れってことなんだろうか?投げすぎでは?
残りを読む(1)

コメント

いのうえ せいいちろう @seicha_ino 2018年3月26日
中高生には労災はもとよりボランティア保険の適用も無い模様、酷いな
窓間 @madoma_ 2018年3月27日
記事見ると中高生枠を設けるだけで、結局は各個人が応募するんでしょ?学校の管理下とは言い難いから保険については社会福祉協議会のボランティア保険でカバーできるんじゃない。
べんがろほ @6engaroho 2018年3月27日
ボランティア参加したかどうかを内申書に書かないことを明言するべき。
Shun Fukuzawa @yukichi 2018年3月27日
seicha_ino 批判が多くなれば、さすがに創設するんじゃないんですかね。
@ssru_mm 2018年3月27日
建前では任意参加ということになっているんだろうがどうせ実質強制でやるところが出てくるからNG
easyiizi1111 @easyiizi1111 2018年3月27日
今後各教室で「志願者は一歩前へ!」が繰り広げられる模様
やま @yama_53 2018年3月27日
ボランティアをレガシーにしようなんていう小池都知事の発想がどこから出て来たのかは分からないが、早急に中止してもらいたい。いらんねん、レガシーなんて。
せいちゃん @seichan10920609 2018年3月27日
カネだして雇えって。┐('~`;)┌ それをする前からボランティアを「集める」のはおかしい。 ボランティアってのは「集まる」ものだ。(´・ω・`)
しもウサ△ @shimousasougou 2018年3月27日
seichan10920609 本当にその通りだと思います。私は熊本地震のボランティアに行った経験しかありませんが、役場の方が「ボランティアの方に来て頂ける環境を作らなくては行けない」と仰っていました。東北の豪雨の際はボランティア不足が叫ばれていましたが、同時に被災地へのアクセスの悪さも取り上げられていました。本来やらば自治体がバスなりを用意して来て頂ける環境を作るべき…そう思いました。ボランティアだから勝手に集まるだろは違うと思いますね。五輪も同じくです。
warawora @warawora 2018年3月27日
「入場待ちの観客に向けた楽器演奏」 出たなブラック部活の代表吹奏楽部の強制動員 甲子園で炎天下演奏してるから平気だと?
マシン語P @mashingoP 2018年3月27日
この場合のボランティア≒義勇兵ってスペイン内戦より朝鮮戦争の謎の中国人軍団だよね。
kn @darks508 2018年3月27日
長野オリンピック当時の大学生の闇かわいそう。日本でオリンピックが開催された年から次の開催まで間がありすぎて、当時嫌な思いした人は絶対次回尽力しないだろうけど、ホイホイ尽力しちゃって嫌な思いをする新参はたくさんでてきそうなので、ぜひ語り継がれてほしい
やし○ @kkr8612 2018年3月27日
そもそもVolunteerって(有償無償を問わず)自発的に志願して引き受ける、という意味の言葉のはずなのに、日本においては何故か「無償での勤労奉仕」という意味に歪められた結果「若年層から『良い経験になるから』というやりがい搾取によって労働力をかき集める」のがボランティアってうん、何それ……
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする