Yahoo!カテゴリ最終日の元サーファーの想いあれこれ #ありがとうyahooカテゴリ

まとめました。
6
岡本真/最新著『未来の図書館、はじめます』販促中 @arg

#ありがとうyahooカテゴリ 1 なるほど!これはいいね。1999年~2004年までヤフー在職10年の前半5年をサーファーとして過ごしました。あの時代に一日ひたすらウェブをみる体験ができたこと、その後の5年につながりました。

2018-03-29 18:46:16
岡本真/最新著『未来の図書館、はじめます』販促中 @arg

#ありがとうyahooカテゴリ 2 その後、私はYahoo!知恵袋の企画・運用のプロデューサーを務めるわけですが(2003年から兼務してた)、サーファーとしてさまざまなサイトをみていた経験は自分が今度はサイトをつくる側にまわったときに本当に有効でした。

2018-03-29 18:47:29
岡本真/最新著『未来の図書館、はじめます』販促中 @arg

#ありがとうyahooカテゴリ 3 ちなみにサーファー職の試験は2回受けた。1回目は1998年の秋。書類で落ちた。翌1999年は合格で井上雅さんと有馬さんに各種資料と情報源 dir.yahoo.co.jp/Reference/ 社会科学 dir.yahoo.co.jp/Social_Science/ をやりたいです!と言ったことを思い出します。

2018-03-29 18:50:05
岡本真/最新著『未来の図書館、はじめます』販促中 @arg

#ありがとうyahooカテゴリ 4 そういう誰も言わなそうな希望を出したからか?、無事採用され1999年5月からサーファーとなったわけで、希望のカテゴリに加え、さまざまなジャンルを担当させてもらいました。

2018-03-29 18:51:16
岡本真/最新著『未来の図書館、はじめます』販促中 @arg

#ありがとうyahooカテゴリ 5 相当なカテゴリ構造をつくり、相当なサイトを登録したけれど、個人的に印象的だったのは「半導体製造装置」 dir.yahoo.co.jp/Business_and_E… ですね。「ビジネスと経済」(ビジ経)以下の「企業」カテゴリをB2CとB2Bに再編したときにつくった。半導体について超まなんだw

2018-03-29 18:53:43
岡本真/最新著『未来の図書館、はじめます』販促中 @arg

#ありがとうyahooカテゴリ 6 ちなみにサーファーネームは「ぱんどら」だったな。もう私のおススメは残ってない。> dir.yahoo.co.jp/Entertainment/…

2018-03-29 18:55:52
岡本真/最新著『未来の図書館、はじめます』販促中 @arg

#ありがとうyahooカテゴリ 7 これももう残ってないけれど、「Z39.50」というごく一部には刺さりまくりそうなカテゴリもつくった。

2018-03-29 18:58:09
岡本真/最新著『未来の図書館、はじめます』販促中 @arg

#ありがとうyahooカテゴリ 8 ということで名残惜しいし、ヤフーがデータセットとして残さないみたいなのは残念だけれど、Yahoo!カテゴリ dir.yahoo.co.jp お疲れ様でした。この仕事ができたこと、誇りの一つです。とうことで、その後のサーファーのみなさんもお疲れ様! @YahooCategoryJP

2018-03-29 19:00:36
岡本真/最新著『未来の図書館、はじめます』販促中 @arg

#ありがとうyahooカテゴリ 9 追加:カテゴリ周りの登録作業に使うツール(名前は出さないほうがいいよね?)の管理担当的なことをしていた経験はよかった。あれでエンジニアと話す機会が増えた。特に @hiyuzawa にツールからログがワンクリックで見れるようになればいいのになーと

2018-03-29 19:16:52
岡本真/最新著『未来の図書館、はじめます』販促中 @arg

#ありがとうyahooカテゴリ 10 と言ったらすぐにメッセンジャーで「実装だん!」みたいな瞬殺連絡がきたときにエンジニアは魔術師と印象づけられた。その後、新卒エンジニア教育みたいな場で話すとき、そういうマジックモーメントを与えるエンジニアたれとよく話した。

2018-03-29 19:18:25
岡本真/最新著『未来の図書館、はじめます』販促中 @arg

#ありがとうyahooカテゴリ 11 つことでカテゴリに関わってくれたエンジニア、デザイナー、そしてカテゴリ付きの広告を売りまくってくれていた営業のみなみなさまにも感謝。

2018-03-29 19:19:02

コメント

JINMIN_party_Japan @Net_Uyoku_JpJ 2018年3月29日
個人的には「割と無差別に情報を集める」ロボットによる検索よりも「まとめる人の才能によりいろいろ差が出るが、より的確な情報が出ることが多い」カテゴリ検索のほうが現代の状況には適合している気もするが、これは現状を見るに年寄りのたわごとなんだろうなぁ。
3
ehoba @htGOIW 2018年3月30日
今でもアンテナサイトが一部ジャンルでは生き残ってるように、ある特定の情報を集めたいときは、リンク集・ニュースサイト・データベースの立ち上げ(Wikiとか)になるのだろう
0