Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
アプリで作成
2018年6月20日

日刊ゲンダイに事実無根の記事を書いた作家の溝口敦に名誉毀損で損害賠償の判決が下る

まとめました。
17

ソース↓

日刊スポーツ @nikkansports

溝口敦、名誉毀損で220万円の支払いを命じられる nikkansports.com/general/news/2…

2018-06-19 19:43:38

当時のツイート

Marika @MaMaZ_marika

日刊ゲンダイの溝口敦氏の記事は全くの事実無根です。公称100万部以上も発行している夕刊紙の署名記事で、面識のない私に対し捏造するとは筆者と媒体の良識と見識を疑います。新聞は公器。その性質からまんま信じてしまう方も出てくることは容易に想像できたはず。これがまかり通ってしまう不思議。

2016-02-09 02:20:11
Harry Reems @reemstoreems

@MaMaZ_marika いくらタブロイド紙でもこれはアウトでしょう。担当者は素人か? 編集長の首が飛ぶレベルだし、場合によっては講談社にまで波及する事案。

2016-02-10 01:13:31
デニーズへようこそ! @hede1134

@MaMaZ_marika これはヤクザクラスタの皆さんが即反応したくらいにヒドいあんけんよ。正規に手続き取ったらよいよ。

2016-02-09 19:55:53

当事者のツイート

Marika @MaMaZ_marika

本日は私、生島マリカを原告とした溝口敦氏および日刊ゲンダイと争っていた裁判の判決がでました。【勝訴】です。まだ判決文を確認しておりませんが全面的にこちらの言い分が認められたものとなっていることをヒロナカ法律事務所より報告を受けております。内容については後日ご報告したいと考えます。

2018-06-19 20:54:40
Marika @MaMaZ_marika

ご心配いただいた溝口敦氏と生島マリカの裁判ですが、本日の午後に判決がでました。結果は勝訴でした。この二年間、問題の記事に加え、答弁書なども読むと、ほんとうに悔しくて眠れない夜を過ごしました。とくに友人の薬物問題については、わたしは疑って心配して心を痛めていた側の立場の人間なのに、

2018-06-19 21:04:45
Marika @MaMaZ_marika

「生島ルート」なる実際には存在しないものから薬物を入手したなどと出鱈目を書かれ理解に苦しみましたし、また、学のないわたしが己のカラダを切り刻んで書いた拙い文章を、ゴーストライターが手がけたなどとも書かれて、わたしはもちろん、読者の心も傷つけられました。

2018-06-19 21:05:02
Marika @MaMaZ_marika

一緒に怒ってくださった皆さん、ありがとうございました。勇気をもらったことを思い出し、ここにご報告させていただきました。

2018-06-19 21:05:11
Marika @MaMaZ_marika

もうひとつ。裁判も終盤に近づいた頃には全く付き合いのない反社の人間から訴えを取り下げるよう携帯に数回も電話等がありました。その人物がこの裁判とどのような関わりがあるのかは知りませんが、それらは全て保存してあります。言いたいことはたくさんありますが、ひとまずここで筆を置きます。

2018-06-19 21:11:09
Marika @MaMaZ_marika

報道は大ジャーナリストで作家の溝口敦氏に忖度して彼の敗訴を報じないと思います。彼らに誤報・訂正記事に対するジャーナリストとしての真摯な対応があることを願いますが、そうでない場合は判決文の内容や度肝を抜かれる答弁書の内容などはまた追々どこかで発表したいと思います。

2018-06-19 21:23:46
Marika @MaMaZ_marika

「溝口さんも問題ありすぎっていうか本当に彼女がそういうことをしたという確信があるなら署名記事書くより先に…こういう文章を削除しないでそのまま載せてしまうゲンダイもよく分からないけどこれ…原告側が勝ったらかなりヤバイ案件であるということが理解できているのかどうか」下記ブログより抜粋

2018-06-19 21:31:15
Marika @MaMaZ_marika

フォロアーの皆様へ。どうか皆さんリツイートをお願いします。少しでも私の名誉を回復するのに協力して下さい。記事の内容は何ひとつ本当のことは書いてません。ひとつの証拠もない。無を有にして書いたのです。3を8にしたのではなく0を8にしたのです。捏造記事で貶められ冤罪を着せられたのです。

2018-06-19 21:44:05
肥モン @koemonn7

日刊ゲンダイに記載された記事等をめぐり作家の生島マリカさんが株式会社日刊現代、作家の溝口敦さんに損害賠償などを求めていた民事訴訟は、本日判決が言い渡されました。

2018-06-19 13:24:03
肥モン @koemonn7

1 株式会社日刊現代及び溝口敦は、被告に対し、連帯して金220万円を支払え。 2 株式会社日刊現代は、別紙1記載のウェブサイトの記事を削除せよ。 3 溝口敦は、別紙2記載のウェブサイトの記事を削除せよ。 3 訴訟費用は、これを5分し、1を株式会社日刊現代、溝口敦が、4を生島マリカが負担する。

2018-06-19 13:24:03
肥モン @koemonn7

溝口敦さんと株式会社日刊現代の惨敗といえる判決が言い渡されました。あれだけの記事を取材の裏付けもなく発表した溝口敦さんと日刊ゲンダイには民事上の責任とともに表現者や出版社としての道義的責任も問われそうです。

2018-06-19 13:24:04
肥モン @koemonn7

この判決文ですが、わかりやすいように「原告」と記載されている箇所を「生島マリカ」に、「被告ら」と記載されている箇所を「株式会社日刊現代及び溝口敦」と置き換えています。

2018-06-19 23:36:21
肥モン @koemonn7

4 この判決は、1項に限り、仮に実行することができる。

2018-06-19 13:24:04

コメント

あかこ @akakored 2018年6月20日
全くの被害者、事実無根と裁判で認められてさえ、訴訟費用の4/5は被害者がもたなくてはいけないなんて、酷いなあ。
17
田中太郎 @mustang_two 2018年6月22日
全く根も葉もない記事を書いたとなると、これまでの記事や著作の信憑性が問われるのでは。
1
とら @tora_tig 2018年7月4日
akakored ここまで来ると、どういう内容なら民事で被告側が訴訟費用全額負担になるのか法曹クラスタに聞いてみたい
2
Love Shinto @revolteaware 2018年7月4日
では、生島さんとは面識のないライターが書いた、根も葉もない人物評だったのですね。 印象操作(情報の一部は事実でない)ではなく、情報操作(情報の全部が事実でない)です。 イエロージャーナリスト、取材をしないで直接情報抜きに事実と離れた記事を書くって、著名なライターにもいらっしゃったんですね。 裁判費用は、なぜ報道加害ライター側が100%持たないのでしょう? 裁判所のバランス感覚、慣習を市民として疑います。
0
木犀劇場 @former_TY 2018年7月7日
これは酷い。日刊ゲンダイはもはやこの世に存在してはいけないレベル。
2