Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「今しか見られない開発黎明期の映像」ホリエモンロケット #momo2 が打ち上げ失敗するも次に期待する人々

これからは宇宙産業の時代
51
田端秀章📈公式アカウント @hideaki825

#ホリエモンロケット #momo2 #発射失敗 でとても残念。そして失敗を笑うバカが多くてさらに残念。何かに挑戦してる人なら他人事じゃないし全く笑えないと思う。#インターステラテクノロジーズ #堀江貴文 pic.twitter.com/KzDEJeoB4w

2018-06-30 06:23:46
リンク 時事ドットコム 民間ロケット打ち上げ失敗=2号機、直後に墜落-北海道:時事ドットコム 北海道大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST)は30日午前5時半、小型観測ロケット「MOMO(モモ)」2号機を同町の発射場から打ち上げたが、直後に墜落し炎上、失敗した。成功すれば、民間単独開発のロケットでは国内初の宇宙空間到達となるはずだった。 けが人はなかったが、破片などが飛び散る可能性があり、発射台から約600メートル離れた指令所にいた同社社員らが避難した。安全上の理由から消火活動は行わず、自然鎮火を待った。 ISTは昨年7月30日にモモ1号機を打ち上げたが、66秒後 14

打ち上げまでの経緯

いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

燃料充填始まって少し時間の余裕が出来たので、MOMO2号機について見学の方に説明していることをかいつまんで書いてみる

2018-06-30 01:07:23
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

ロケットには種類があって、液体ロケット、固体ロケット、ハイブリッドロケットとある。MOMOは液体ロケット。

2018-06-30 01:08:00
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

行き先の方にも種類があって、MOMOは観測ロケット。suborbitalとか言う。人工衛星を打上げるものはorbitalとかいう。軌道速度(第一宇宙速度)になるかどうかが違う。

2018-06-30 01:09:57
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

サブオービタルかオービタルの違いは、↓の本とかあさりさんの漫画がわかりやすいのでどうぞ あさりよしとお の 進め!なつのロケット団 1 (楽園コミックス) を Amazon でチェック! amzn.to/2tFw2XQ

2018-06-30 01:11:12
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

MOMOは全備重量1150kg、推進剤なしでは300kg程度。かなりが推進剤。推進剤はエタノールと液体酸素。エタノールは純度の高いお酒。工業用エタノール(ソルミックスAP-7)だから飲めないけど。

2018-06-30 01:13:47
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

アルコールが燃料なので、ロケットっていうと難しそうだけど、アルコールランプのオバケって感じ。アルコールランプのオバケなので、炎の主な色は青色。豪快な煙は出ない・・・(見栄えがしない。。。)

2018-06-30 01:16:13
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

ロケットエンジンは推力1.2トンのちからを発生させるもの。推進剤は1秒間に7L程度燃やしている。エタノールの燃焼特性はガソリンに近いが、そういう推進剤を猛烈に燃やしながら飛んでいく。

2018-06-30 01:17:14
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

ロケットエンジンの燃焼時間は120秒間(2分間)。120秒間の間に加速しまくって、高度40kmに行き、あとは慣性で高度100km超まで登っていく。その後は重力に引かれて落下して、海面に落下する。

2018-06-30 01:18:33
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

2分間の加速の間にマッハ4(秒速1200m)になる。時速にすると時速4300km程度。新幹線や飛行機なんか目じゃない。

2018-06-30 01:20:34
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

観測ロケット打上げにおいて大きなイベントは、Liftoff、MaxQ、MECO、Apogee。それぞれ地上から離れるタイミング、空気の力を一番受けるところ、メインエンジンカットオフの加速度が最大になるところ、遠地点(最大高度)。打上げ後120秒のMECOまでなんとか言ってくれたら安心。初号機はMaxQでトラブル

2018-06-30 01:23:36
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

現在打上げのために作業手順書のチェック項目を一つづつ確認しながら作業していっているところ。この作業手順書は当日の作業だけだが、200項目以上ある。前日までの手順書もあるけど、これも200項目程度。当然一つでも抜かすことは出来ないし、一つでも想定通りでなかったら確認作業が入る。

2018-06-30 01:26:02
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

MOMOは風まかせに飛んでいくのではなく、能動的な制御を行っている。エンジンの炎の噴射の向きを変えるジンバルと、ロール方向に勝手に回らないようにホットガスのサイドジェットをつけている。

2018-06-30 01:40:20
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

青い炎の様子はこちらの地上燃焼試験を御覧ください。 youtube.com/watch?v=Rm1FRZ…

2018-06-30 01:42:17
拡大
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

ジンバル制御の様子はこちらを。地上での試験の様子 youtube.com/watch?v=VmPWsn…

2018-06-30 01:42:54
拡大
いな | 稲川貴大(ロケット屋) @ina111

制御してのフライト試験の様子は制御実験機シリーズLEAPの様子をどうぞ youtube.com/watch?v=qz2ZbZ…

2018-06-30 01:44:07
拡大
GOROman @GOROman

現在午前3:34 ロケット発射日和 pic.twitter.com/gxeCkRF3q7

2018-06-30 03:35:43
拡大
GOROman @GOROman

ロケット発射?! G-WAVE 北海道の帯広から配信中! by GOROman showroom-live.com/5b153955166

2018-06-30 03:54:09
GOROman @GOROman

ロケット 5:30発射予定!!! G-WAVE 北海道の帯広から配信中! by GOROman showroom-live.com/5b153955166

2018-06-30 04:51:50

打ち上げ失敗

残りを読む(23)

コメント

あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2018年6月30日
かつては国家プロジェクトでやっていたことを考えれば、こうやって民間でも試行錯誤を重ねられる時代になったんだよなぁ・・・。決して無駄ではないしむしろ積極的に取り組んでいくべき。
34
とーま @vicy 2018年6月30日
宇宙の価格破壊って発想はすげーと思ったわ。でも安全設備はケチるなよ…。燃えっぱって。
2
LiliumCasaBlanca @CasaLilium 2018年6月30日
ロケット本体より発射場が燃えたのが痛いな
1
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2018年6月30日
まあロケットの開発時期なんてこんなもの
14
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2018年6月30日
H-IIロケットのLE7エンジンなんてあーた、ターボポンプの羽根車の重心がミクロン単位でずれていただけでガッツンガッツンバイブレーションおこしちゃって結局「神の手」の職人さんが手作業でバランス調整やってたし、燃焼試験じゃ安定した初期燃焼ゲットするのに2年かかってるし。ホリエモン気長にがんばれとしか言いようがない(わりと真剣に応援してたりする)。最後の一円までロケットに突っ込むつもりで頑張ろう!
12
denev @_denev_ 2018年6月30日
これ打ち上げ自体は失敗でも企画としては成功やんけ。ホリエモンずるいなー。
5
Rogue Monk @Rogue_Monk 2018年6月30日
データがきっちり採れて活用できるなら、大成功だ。
15
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2018年6月30日
「2分間の加速の間にマッハ4(秒速1200m)になる。時速にすると時速4300km程度。新幹線や飛行機なんか目じゃない」X-15「あ、はい……(人が操縦する機体でマッハ6.7を出した)」F15/MiG25「半分以上は出してますよ?(マッハ2.5。MiG25はもう少し出す)」コンコルド「商業機でマッハ2.0出してましたよ?」
0
ぶる〜の @shin10276707 2018年6月30日
ホリエモンが広告塔やから名前が出るのはしゃーなしやけど、出発点はあさりよしとお先生の「なつのロケット」やで。 ひと夏の冒険(ただし理系)やで。
6
唯野 @tadano29 2018年6月30日
ここ1年の間に似たようなコンセプトのロケットが次々打ち上げ成功しているから商売としては厳しいが……まあ趣味道楽文化事業的側面も強いし次は成功するといいですね
2
neologcutter @neologcuter 2018年6月30日
「もし転んでも、起き上がる時に床から何かを拾い上げるなら、それでいいのだ。」というのがホリエモンの人生だよなー。
2
neologcutter @neologcuter 2018年6月30日
発射1秒でエンジン圧低下 落下、炎上の民間ロケット https://this.kiji.is/385719111373636705←やはり「噴射孔以外のところから火が噴き出してる」が直接の原因か。
1
木犀劇場 @former_TY 2018年6月30日
中島みゆきの「ファイト!」じゃないけど、ホリエモン憎しで笑ってる奴は何もしねえ奴だろうから虫の羽音か何かだと思ってればいいと思うよ。
2
フォートレス @nutahuate 2018年6月30日
ここでウェルナー・ロックスミスの名前が出てくるのは良いな。 挑戦者は図太く失敗を気にせず挑戦し続けてほしい
5
niiboshi @niiboshi 2018年6月30日
しかし、ホリエモンだから叩いていいというのはどうにかならんか。
6
クリスマス・ピポ @christmaspipoSG 2018年6月30日
日本の国産人工衛星「おおすみ」が打ち上げ成功したのは、確か6号機
0
nekosencho @Neko_Sencho 2018年6月30日
このロケットがどういうものなのか知らんが、ロケット開発の初期にはアメリカやロシアもさんざんこれやってきてるので、一から開発してるのだとすれば何の不思議もない話ではある。 どこかで安定した運用ができてるロケットの小改良だとするなら情けないかもしれないが、それでも何らかの学習にはなったろう。
5
kyk @0_kyk 2018年6月30日
アポロ1号なんかは宇宙飛行士ごと地上で燃え尽きるなんて悲劇に見舞われてますし、死人怪我人が居ないのは幸い
1
小山内 @hattifnat 2018年6月30日
変な言い方だけど、とても綺麗な失敗だったとわたしは思います。これが見られて良かった。
5
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018年6月30日
打ち上げが成功して軌道に乗れば商売として競合力があるのなら産みの苦しみ。無いのならもの好きの道楽。
3
聖夜 @say_ya 2018年6月30日
「今しか見られない開発黎明期の画像」というのがある意味一番危険な勘違い。21世紀になってもスペースシャトルとそのクルーは事故で失われたし、SpaceXにせよMOMOにせよ実用化事業化すれば事故が無くなるという保証はない。そういうコストまで織り込んで行うのが現代のアフォーダブルな宇宙開発であり無人化もその一環
1
アオカビさん @Penicillium_ch 2018年6月30日
燃料が別の経路に漏れて主エンジンへの供給低下→燃焼停止なので、失敗のレベルとしてはわりと深刻な方。もしエンジン周りの信頼性が低いのなら全部再設計だから、原因によっては開発が振り出しに戻る。でもがんばってほしい。
2
TaiDa @idarf777 2018年7月1日
事後にこうやって耳目を集めているのだからその意味では成功と言える。見物に来た人たちも少なくとも退屈はしなかったでしょうし。飛行自体は何度でも改良しつづければいい。
0
みま @mimarisu 2018年7月1日
プラネテスのOPでもロケットが似たように発射直後に墜落爆発してるからみんな一度は通る道なんだろうな
1
🎀かつまたいさ🎀(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2018年7月1日
このニュースで初めて知ったわ。で、成功してたら気づかずスルーしてたと思うわ。
0
moxid @moxidoxide 2018年7月1日
自重でぽっきり折れるウエハースみたいな羽をした飛行機の映像を思い出す
0
たろー @hanpa64 2018年7月1日
もの好きな作家や漫画家が自宅台所でコツコツ作ってたロケットエンジンがここまで来たんだぜ。すごいもんだよ。
1
progknn@五月病(出勤再開うつ) @progknn 2018年7月1日
国のロケットですら失敗しないかハラハラするレベルなので、民間のロケットじゃある程度の失敗は想定内でしょ。 でも、失敗する事で宣伝になるとはなんたる皮肉。 北海道の産業になるかもしれんので頑張って欲しい。
0
しもべ @14Silicon 2018年7月3日
今後のプラスになるかどうかとは別にそのまま降ってくるロケットはシュールだったと思う
0