2018年7月15日

超魔神英雄伝ワタル感想

超ワタル全51話の視聴感想です。20年前にリアルタイムで見ていました。過去のワタルシリーズは視聴済みです
2
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

さて、ワタル2から超ワタルを今回から書いていくことにする。大体4話ずつ書いていこうと思ったが今回ちょっと6話まで急いでみた。ワタルシリーズでこの超が世代になるのでリアルタイムで見ていた。20年ぶりに見返すことになり懐かしい #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/mhIT223yjp

2018-07-15 16:06:22
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

この超ワタルについては1997年と2から約7年ぶりに放送されたTVシリーズだが、放送局がテレ東へ移ったのはまだしも、スポンサーもサンライズが既にグループに所属していたからかバンダイへ変更されている。翌年頭にガオガイガーが放送を終了して勇者シリーズが終わったため #超魔神英雄伝ワタル

2018-07-15 16:07:34
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

サンライズのロボットアニメに区切りが就いたような印象もある。というか1997年のロボットアニメはビーストウォーズが放送し、ガオガイガーら勇者シリーズにとって代わる存在となっていた。また同年にヒカリアンが放送され、翌年には爆外伝、カニパンといったSDロボットアニメが #超魔神英雄伝ワタル

2018-07-15 16:09:08
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

結構重なって放送されており、勇者シリーズからトランスフォーマー、SDロボットアニメへシフトしていく流れは平成初頭とは反対ともいえる。ワタルは2だけでなく超もSDロボットアニメ乱立期に送り込まれることになった訳だが、ただヒカリアン、爆外伝などの競合作が #超魔神英雄伝ワタル

2018-07-15 16:10:18
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

若干対象年齢が下だった感じはある。ワタルは爆外伝同様コロコロに連載されていたものの、コミカライズが半年ほどで打ち切られ情報ページもフェードアウトしていき、前2作ほどの勢いはなかった(爆外伝はコミカライズは別冊ながら情報記事は本誌にVの最後の方まであった) #超魔神英雄伝ワタル

2018-07-15 16:11:49
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

その傍ら、少女漫画雑誌ASUKAでコミカライズされていたそうで、アニメディアでも結構クローズアップされていた。後者はワタルが過去の時点で既に高年齢層の支持も得られていたのも大きいかもしれない。そしてリメイクの在り方だと、ワタルの前年にラムネがリメイクされているが、#超魔神英雄伝ワタル

2018-07-15 16:13:57
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そちらはロボットがリアル等身に変わった為SDロボットアニメには当てはまらない。それはさておき過去作品からのキャラクターなどについて年月が開いているが特に説明がなく、早い話「旧作を知っている事」をある程度前提としたリメイクだった。こちらの方はより高年齢層志向に #超魔神英雄伝ワタル

2018-07-15 16:16:28
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

シフトしていた。ワタルの方に関しても一応過去の続編(ただパラレルワールドとの見方も強い)としてか、7年間のブランクが開いていても特にキャラクターや設定の説明がない。導入でワタルがアンコクダーによって救世主としての記憶と良き心を奪われてしまい #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/QPbC6hUEnC

2018-07-15 16:17:54
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

早速不良に早変わりして番長の真似事をしていた所、シバラク先生とヒミコに懲らしめられ創界山の危機との事で半ば強制的に連れ戻される。ここまで5分足らずで起こる出来事であり、正直ワタル2の翌年に放送された3なのか?ともいえるようなシンプルな導入に徹している #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/pmLiIyCs09

2018-07-15 16:19:43
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

一応今作での違いとして、ワタルが救世主の記憶と良き心を奪われてしまった事。この辺りは2で成長要素がないため頭打ちになってしまう反省もあったのかもしれない。最初ワタルは救世主になることを面倒くさがり、一応受け入れても良き心を奪われたために龍神丸を呼び出せない等 #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/nfDMF20dSw

2018-07-15 16:21:29
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

過去では見られなかった事態に追い込まれる。襲い掛かる魔神から動物を咄嗟に救った事からまだワタルにはわずかながら良き心が残っていたとして、龍神丸が召喚される。過去よりシャープにリファインされたデザインは結構好き。登龍剣のエフェクトも結構格好良い #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/5Ta1zcTUTS

2018-07-15 16:23:19
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ということで、一応龍神丸を呼び出せたとの事で創界山を救う旅にワタル一行は出る。ただあくまで救世主としての記憶が戻っただけで良き心は戻っていない。良き心を取り戻すことが今作のワタルのドラマでは……と思うところだが、実質今の所第2話までしかそのドラマが描かれず #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/0QvP86PMHK

2018-07-15 16:25:46
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第3話以降について正直過去のワタルと殆ど雰囲気が変わらず、下手すると2の前半の繰り返し、古き良き冒険譚をもう一度やっているような感じもある。良き心を奪われたワタルが感情移入しにくい別人になってしまう恐れもあったのかもしれないが、もう少し当時の現代っ子風に変えて #超魔神英雄伝ワタル

2018-07-15 16:27:08
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

良かったのではないかと思うところはある。幸い大分年月が開いているので画風などの変化もあるため悪い意味でマンネリと感じるまでではないが……。ちなみに超での新キャラではまず、賞金稼ぎのスズメ。空神丸を操るとの事で……いわばクラマの代替というところで #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/yZoxe7sEC6

2018-07-15 16:32:03
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

すなわちクラマが出てきません。超から入った身だったので母が買ったワタル関係の本でクラマってキャラがいたのかと後で知った身です。この辺りは山ちゃんのスケジュールが多忙やギャラの都合でクラマの登場が叶わなかったとの説があるそうだが、真相はわからない。#超魔神英雄伝ワタル

2018-07-15 16:33:12
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

アンコクダーから指名手配になっているワタルを捕まえて賞金を手に入れようと考えているが、ワタルが戦いに勝つたびに賞金が跳ね上がるため今は敢えて行動を共にしているとの事らしい。余談ながらスズメの中の人は宮村優子さんなので、綾波とアスカがいることになる。 #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/Ofhm7r1XLI

2018-07-15 16:34:36
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

続いて美少年・聖樹。どうやら虎王がワタルを守るために送り込んだ木の人形らしい。私の母が当時伊藤健太郎さんのファンだったので彼の事を凄い贔屓していた気がする。無表情で天然系男子。そんでもってこの世界ではもんペットというペットボトルで飼うことができるモンスターが #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/YsQ4UopqjF

2018-07-15 16:37:26
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

流行っているらしく……まぜっこモンスターというゲームが当時発売されていたらしいが、まぁポケモンと同年の作品との事でここは察してもらいたい(笑)エンドタイトルのおまけコーナーに登場しているが、本筋とは多分関係ない。そんでもってEXマンに変わりはにわぁまんという #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/uiLnP8tsqq

2018-07-15 16:39:26
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

場面転換、解説キャラも一応いるっぽい。敵側のドナルカミファミリーは2のドツイタル将軍と暗黒3兄弟のリメイクっぽい印象がある。ドラン、ドルク、ドードの3兄弟だが、何やら本当は4兄弟らしく1番上の兄が設定だけで本編には現れずじまいだったような…… #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/hJI2nTilWG

2018-07-15 16:41:52
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

20年前の本で設定画があったような気がしたが、記憶があいまいなので正直自信はないのだが。この中では特にドードが積極的に前線に出ることもあり出番が多い(ただワタルとはまだ強くなるまで戦わないスタンス)精神年齢が彼と比較的近いこともあり、前半のライバルポジっぽい? #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/g01ELqFBbp

2018-07-15 16:44:37
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ここから各話について書くが、全体的に前2作よりシュールなノリが強く、刺客たちがカーレンジャーなどの浦沢先生の作風に影響されているような気がする。第2話は町中の人々がバンジージャンプすることを強いられる苦しみが描かれ #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/TfFwajtvwj

2018-07-15 16:46:12
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第3話では町が野球盤になっていた。その刺客サンカンオーが過去に消える魔球に失敗して大恥をかいたトラウマから野球盤でしか野球が出来なくなったとかの非常にバカバカしい理由。あくまで野球ではなく野球盤なのでボールのサイズが半端なく大きく、撃てば打球が家を巻き込む等 #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/LopIR9gXPC

2018-07-15 16:48:07
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

魔神で野球盤対決をやるのもシュールではある。第4話が町がお化け屋敷になってしまい、ウラメシヤンを怖がらせないと村が解放されないとのネタ。中の人が塩屋翼さんのせいか同期に放送されていたはれぶたの武蔵小金井を思い出さざるを得ない。ちなみにやはり怖いのは女装した #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/HnCJ1cQx5e

2018-07-15 16:50:14
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

シバラク先生だった。第5話は町中がコギャルのコスプレを強いられるといった非常に時代を感じさせるネタ。その為コギャルに扮する訳だが、正直ワタルと聖樹が女装しても全然違和感ないのが笑える。シバラク先生に関してはこれはもう論外なのは置いといて #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/CXRd6HpZH8

2018-07-15 16:52:23
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ちなみに今回の刺客エーコ役の樋口智恵子さんは、前番組だったけろけろチャムで主演を務められていた。校則を違反しているようなコギャルネタだが、エーコが過去にかわった色のランドセルを使っていた為に馬鹿にされたことをトラウマとしており #超魔神英雄伝ワタル pic.twitter.com/chrkSqEEVQ

2018-07-15 16:54:26
拡大
拡大
拡大
残りを読む(133)

コメント