小説家・北村薫が語る「小説が書かれ、読まれる理由」に感動の声「確かにそう」「心を突いた言葉」

無意識にそう感じていたのかも
57
文月夕 @hanameiro

「小説が書かれ読まれるのは、人生がただ一度であることへの抗議からだと思います」という北村薫の言葉が、とても好きです。選ばなかった、選べなかった、与えられなかった、たくさんの「もしもの世界」に、小説を読み、また書くことで、私たちはいきられるのだと思う。

2018-09-25 22:38:24
文月夕 @hanameiro

いまさらの補足ですが、北村薫のデビュー作『空飛ぶ馬』単行本の著者の言葉に書かれているそうです。創元推理文庫版の解説(安藤昌彦)にもこの一文が引用されていて、私はこちらで知りました。

2018-09-27 10:19:00
みんなの反応
な ぽ ん @n2nnn22

私はみんなの人生が見たい😉😉😉👍 (訳:もっとくれ) twitter.com/hanameiro/stat…

2018-09-28 13:55:15
densan44 @densan444

@hanameiro いくつもの人生を経験できるから。

2018-09-26 22:15:23
ようタス @mocom_roco

わかるー!時々メモ帳とかに書く時すごく思う

2018-09-28 11:53:57
崎田薫 @blPgbQFlmN8wyHF

@hanameiro 「これから選べる」世界への選択肢を想像させるのも重要な役割かと思われます。フィクションを弾圧したがる手合いがやりたがるのが「自分達が勝手に用意した道しか進ませない」ことなので

2018-09-27 09:45:06
【俺。】オブザデッド脳 @_ishin_21

@hanameiro むちゃくちゃ良いこと言いますね。完全に同意します。

2018-09-27 22:48:14
ゆめの @poro_popopo

これそのまま映画にも当てたい言葉。美しいわ。 twitter.com/hanameiro/stat…

2018-09-27 23:40:25
磯崎みずほ💫劇団晴天「曇天短編集」演助 @Mzh_Sirius

すてき。 この言葉とても好き。 だから私も本を読むのは好き。 twitter.com/hanameiro/stat…

2018-09-28 00:21:16
とと @tt_highbridge

私以外の人の人生を覗いてみたくて、私は人に話を聴いている。そこには物語がある。 twitter.com/hanameiro/stat…

2018-09-28 00:34:54
V(-¥-)V ごとう さとき@駄文屋 @SatokiV

とてもいい言葉だが、その反面小説を読んで“もしもの世界”を体験するには、豊富な語彙と理解力を持っていることが必要になる。 “見ればわかる”部分の多い漫画や、ビジュアルそのものの映画やTVドラマに人が流れているのは当然だろうなぁ…( ̄~ ̄) twitter.com/hanameiro/stat…

2018-09-28 01:06:06
縹麓宵 @lbxx876

思わず溜息をつきたくなるような素敵な言葉ですね。こんなにも心を突いた言葉があったでしょうか…… 本当、小説を書くことで、私はもうひとつの人生を生きている気がする、その通りでなにも言えない…… twitter.com/hanameiro/stat…

2018-09-28 02:20:43
しほ @HpYCIDPDNxRUp33

その北村薫さんが書いたスキップでそれこそ「一度きりしかない人生」なのに自分の知らないうちにサクッと間を飛ばされて元にも戻れない。自分で選べなかった、それなのに突然つきつけられた環境に一生懸命適応する主人公の内面の強さが際立ってましたね twitter.com/hanameiro/stat…

2018-09-28 06:38:33
K @arcadia0821_k

本当にこれだけで、これを実生活に於いて、ベースにしたくて、それで生計を立て生きてたかったから選んだ節もあります。がんばる。生きねば。 twitter.com/hanameiro/stat…

2018-09-28 09:18:38
ⓇyoRyo @ryo_backstep

分かるような気もするし分からないような気もする

2018-09-28 12:30:35
Ham mama(出荷待ち) @mac0m0ch1

自分は人生がただ一度であることを甘受してしている、と思っていたけどこうして本の世界へトリップするたびに自分のもしもを願っていたのかも知れないな。 夫は一度しかないからと色んなものを捨てて、常に新しいことに挑戦しているけど、誰もがそう出来るわけではなくて… twitter.com/hanameiro/stat…

2018-09-28 09:55:07
コロナこんこん(RITU)@STG作る! @qwas669

がい骨レストラン「世の中に本ほど良い物は有りません。ページをめくるたびに、知らない世界へ連れていってくれるんですから――」 これ思い出した~

2018-09-28 11:14:24
残りを読む(5)

コメント

nanasiyzyz @aabyyz_ 2018年9月29日
まあ疑似体験のためだよね。そもそも物語は「他人の経験を疑似体験して教訓とする」ために産まれたしな。「俺今日、やべえイノシシと狩りの途中にであったぜ」的な。 語り部が最古の職業と言われる所以よ。
1
nanasiyzyz @aabyyz_ 2018年9月29日
でも、人生が1万回あっても、小説はやっぱり読まれたと思うけどね。
2
nanasiyzyz @aabyyz_ 2018年9月29日
ところで、この視点だと、Sow的なスプラッタ小説とかは「無残に死にたいなあ!」とか言う人の需要に答えてできたのかね。なんか違う気もするが……
0
湯飲み @sencha_inYunomi 2018年9月29日
aabyyz_ まぁ死を経験するのも生涯一回こっきりで、その上やり直しが利かないですしね。一種のジェットコースター的な怖いもの見たさってのもあるかと。
0
湯飲み @sencha_inYunomi 2018年9月29日
だから本を読むのが楽しい。
0
おれすてす @nojima73 2020年9月26日
ジェットコースターの例えも上がっているが、「安全に」生命の危機を体験したいという欲求はあると思う。
0