「ネットデマ」を意味するほうのNHKドラマ「フェイクニュース」、サブタイトルに配されている「あるいはどこか遠くの戦争の話」の意味は?

もともとは「誤報」企画だったそうなので「ネットデマあるいは誤報」を意味する方としてもよいかもしれませんが。 https://news.mynavi.jp/article/20181023-fakenews/ ※タグにある「炎上」は、とくに「ドラマが炎上している」ことを意味したり主張するものではなく「ネットデマ」とセットで起こる「炎上」にまつわるまとめをたどれるようにするためものです。
フェイクニュース(ドラマ) 炎上 あるいはどこか遠くの戦争の話 ネットデマ テレビ ドラマ 野木亜紀子 フェイクニュース
6
野木亜紀子 @nog_ak
出演者のツイートがどれも「明日!」になってますが、もう今日です。 NHK 土曜9時 『フェイクニュース』前編 あるいはどこか遠くの戦争の話 いよいよオンエア。リアタイできない方はTL薄目でどうぞ。 #フェイクニュース土ドラ
とうぐち @orange_sunday7
あるいはどこか遠くの戦争の話、この副題の意味するところは #フェイクニュース土ドラ
いつじ @WinnerWind
副題が「あるいはどこか遠くの戦争の話」 すげえな。
せんり@ベヒアモイベ復刻で成仏 @34eeee
サブタイトル「あるいはどこか遠くの戦争の話」 なんだろうって思ってたけど、あわわ……
野木亜紀子 @nog_ak
『フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話/前編』ご覧くださりありがとうございます。録画の方もありがとう。美術さん渾身の「竹取の里」「鶴亀屋うどん」食べてみたい。果たして猿滑はどうなるのか?樹は真相に辿り着けるのか?怒涛の後編は来週の土曜9時! #フェイクニュース土ドラ
『サブタイトルが「あるいはどこか遠くの戦争の話」なのは、後編にどうつながってくるんだろうな』
薊野成美 @nalumi_azamino
サブタイトルが「あるいはどこか遠くの戦争の話」なのは、後編にどうつながってくるんだろうな。 #フェイクニュース
あおぞら @aozoraryusei
#フェイクニュース ぞっとした。秀逸!今の世の中、社会、あふれるネットの情報。その中でいかに正しい情報を得るか、発信するか。見極める難しさ。そしてその裏にある本当のこと。核心に迫ること…。あるいはどこか遠くの戦争の話というサブタイトルの意味がよくわかった。
塵山 @chiriyamax
#フェイクニュース の『あるいはどこか遠くの戦争の話』って副題秀逸すぎません???
たかた @tkt_shark
あるいはどこか遠くの国の戦争の話、では済まないこわさだよね… 拡散、特定、MAD作成まで全部現実にある話 #フェイクニュース
たかた @tkt_shark
国の、は要らなかったね!それでも「フェイクニュース、あるいはどこか遠くの戦争の話」ってとても秀逸なタイトル…
♖梨咲(りさき)♕🐧🎀 @hyphen0206
フェイクニュースのサブタイトルでいいのかな?『あるいはどこか遠くの戦争の話』ってのがすごく深い。確かにあるいはどこか遠くの闘いの話なんだよな。 #フェイクニュース
いつじ @WinnerWind
「あるいはどこか遠くの戦争の話れという副題についての解釈が無限に存在しそうなんだけれど、それでもどこかしっくりきてしまうのが絶妙。
チャポカ @chartpop696
一切妥協のない脚本に痺れました。そして野木亜紀子さんが『あるいはどこか遠くの戦争の話』とサブタイトルを付けていたのにも痺れました。 #フェイクニュース
MA-SA @masa12531363
あと個人的には「あるいはどこか遠くの戦争の話」っていう副題がどこで伏線回収してくるかがめっちゃ気になる…w 後編めちゃくちゃ楽しみです! #フェイクニュース #フェイクニュース土ドラ
Maiko Kozuka @kozukata
「フェイクニュース」いいなあ。本当にいまのネット社会過渡期を扱いつつ、真実と良心の普遍的な話でもあって、副題の「あるいはどこか遠くの戦争の話」がきいてる。優れたフィクションの作法だなあ。#フェイクニュース土ドラ
『多分戦争の話は後編にも出ないんですよ。ただ、CNNがバグダッド空襲を中継した時みたいに、実際に起きていることを画面の向こう側、どこか遠くっていうふうに感じてしまうことはある』
いつじ @WinnerWind
多分戦争の話は後編にも出ないんですよ。ただ、CNNがバグダッド空襲を中継した時みたいに、実際に起きていることを画面の向こう側、どこか遠くっていうふうに感じてしまうことはある。 けれど実際には自分の父親がフェイクニュースを撒いてるかもしれないし、自分が拡散しているかもしれないわけでし→
いつじ @WinnerWind
ょう。 そういう意味での「あるいはどこか遠くの戦争の話」だと思う。 本当に「どこか遠く」なのではなくて、「君たちが『遠く』だと思っている現実の君の隣にある戦争」という皮肉。 と、個人的には解釈したい。
ジョアンナもとはし☔️BETTER TOMORROW @funkin4hk
#フェイクニュース土ドラ「あるいはどこか遠くの戦争の話」というサブタイトルは放映版で始めて見た。正義感を振りかざしての行動が大騒ぎを呼び、ひょんなことでひっくり返される怖さ、それを利用して事を有利に運ぼうとする輩、全て存在するわけだから他人事と捉えちゃいけない。自省します。
最上直美 MOGAMI Naomi @mgmnom
『フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話/前編』を見ながら、「いちいちツイットとかしてる連中ってほんとクズみてえだな」と思いつつ……「ぢっと手を見る」。
snowair / yy_fuk @snowair
#フェイクニュース 個人的には副題の「あるいはどこか遠くの戦争の話」というフレーズにやられてしまった。戦争は実はそう遠くない出来事なのかもしれないという逆説的な意味で。
sigmr @sigmr
フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話 sigmr.sakura.ne.jp/blog/%e3%83%95…
酒上小琴【サケノウエノコゴト】 @raizou5th
#フェイクニュース ……どえらいドラマ作ったな。「あるいはどこか遠くの戦争の話」というのが刺さる。ネットの中は対岸の火事。自分が安全なところにいて、風向きが変わったってこちらには一向関係がない。まさに「どこか遠くの戦争の話」。どっちが悪くても、どっちが勝っても関係ないのだ。
ショコラ @chocola__vv
フェイクニュース見入ってしまった。RTなんて反射的に判断されることでしかないのに、連鎖すると良くも悪くも大きな渦になる。目の前のRTボタンはTLにしか繋がってないようで全世界に開かれてるのを忘れちゃいけない。 ラストの「あるいはどこか遠くの戦争の話」というサブタイトルに鳥肌が立った。
残りを読む(39)

コメント

marumushi @marumushi2 2018年10月23日
ドラマの中のネットのフェイクニュースにゾッとしているひとたちが、自分たちがまさに今見ているTVがフェイクニュース発生装置である可能性を疑いもしてないのも、なかなかにゾッとする
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする