68
すきえんてぃあ@着ぐ半自作 @cicada3301_kig
英語のクソぶり、医学用語が良くない 何が良くないって、日本人は「糖尿病」「大腿骨」って聞いたら、「病気だな」「骨だな」って分かるじゃん? 英語には「〜病」「〜骨」のはっきりした接尾がないから初見で分からない 医学書が「大腿骨とは大腿の骨である」みたいなアホ記述から始まる原因はこれ
すきえんてぃあ@着ぐ半自作 @cicada3301_kig
英語、というかラテン語の医学用語のカオスぶりは、歴史の長さを反映したもので、例えば心臓近くの「腕頭動脈」に「無名動脈」という別名があったりする 古い権威ある医学書で、ネーミングを忘れられたから、こんな通称が今まで伝わっている 日本語の医学用語は歴史が浅いので、こういうムダが少ない
すきえんてぃあ@着ぐ半自作 @cicada3301_kig
言うなれば、西洋の医学用語は自然言語で、東洋の医学用語はピジン的な人工言語
すきえんてぃあ@着ぐ半自作 @cicada3301_kig
糖尿病 diabetes 大腿骨 femur 英語だと「〜病」「〜骨」がないので、単語を丸暗記しなければ病気の話をしていることも分からない 「気管」「食道」なんかも、日本語なら子供でも直感的にイメージできるが 気管 trachea 食道 esophagus 英語ならこうなる
すきえんてぃあ@着ぐ半自作 @cicada3301_kig
「大動脈」 日本語は「大+動脈(artery)」だから直感的だけど、英語ではわざわざ aorta という別系統の用語がある ちなみにこの artery も「空気を保つ」みたいな意味だと言われていて、血液循環が発見される前の命名のまま 死体の動脈は空洞になるので、肺と繋がっていると誤解されていたのよ
すきえんてぃあ@着ぐ半自作 @cicada3301_kig
なんか軽くバズってるので、こっちでも愚痴っておきますが 英語には 「何番目ですか?」 という表現がない 「3日おき」「3年ぶり」 は表現できるけど面倒くさい
すきえんてぃあ@着ぐ半自作 @cicada3301_kig
英語の医学用語がクソなのは、無駄な歴史を抱えこんでるせいだが、じゃあ日本はどうかと言うと 「牙関緊急」「下疳」「横痃」「天疱瘡」「癤」「癰」「尋常性狼瘡」「くろそこひ」 みたいに江戸や明治から使われているような古い用語は意味不明の響きになってるので、やはり医学用語に歴史は要らない
すきえんてぃあ@着ぐ半自作 @cicada3301_kig
糖尿病 diabetes これは「甘い尿」を意味するラテン語が長ったらしいので「尿」だけ残して「糖尿病」の意味で使っている 気管 trachea これは動脈が「空気を保つもの」という意味になってる件に関係して、かつて気管は動脈に連続していると誤解され「荒い動脈」と言われており、「荒い」だけが残った
あいろんてきなひのし🦇 @iron_hinoshi2nd
@cicada3301_kig 用語をいちいち覚えるのは面倒という気持ちわかりますが、多くは他の簡単な表現で言い換えることが可能なので、めんどくさかったら代替表現で済ませるのもありかもしれませんね。
すきえんてぃあ@着ぐ半自作 @cicada3301_kig
@iron_hinoshi2nd leukocyte → white blood cell なんかは実際にどちらも使えますね
あいろんてきなひのし🦇 @iron_hinoshi2nd
@cicada3301_kig そんな風に、英語も接頭辞接尾辞などを用いなくても語の繋がり(曖昧な表現ですみません)でそれがどんなものかイメージしやすくなるので、医者が患者に伝えるときはそういった表現を使うべきでしょうね。 1つの事柄を指すのにいろんな言い方があってもいいとは思います。
たく | 豆 @TakTakU84
確かに医療に関わると同じ意味の病気なのに何故か呼び方が複数あったりして混乱する。日本語の表記はわかりやすい。夜尿症とか。 最近の英語の医学用語はだいぶ改善されてきてる気はするけど。症候群、病、とかが後ろにつく感じ。 ただ、日本人が見ると今度は病気なのかわからなくなる。

コメント

セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 11月21日
これ、日本語の株/相場用語に江戸時代の米相場用語が相当量混ざってて意味不明、と似たような話かも。
ろんどん @lawtomol 11月21日
法律関係だと、法律の条文になってる言葉だと法改正で対応できる(贓物罪→盗品等関与罪、など)学問上の用語だと改正なんてないから分かりにくい用語がそのまんまだったりする(刑法学の行為無価値・結果無価値はドイツ語の直訳とか聞いた)
半猫人(はんにょじん) @hannyozin 11月21日
「日本人の知らない日本語」で書かれてたけど、ドイツの医学の影響が日本では強くて、ドイツ人の日本語わかる人に病気の説明をするとき漢字で書いたらわかるみたい。ドイツも医学用語は単語の組み合わせだから。英語がラテン語の医学用語なのは学名付けるのと同じノリとも聞いたことがある。
文里 @wenly_m 11月21日
lawtomol 法律関係、民法の家族法以外の部分は平成の半ばぐらいまで明治から戦前までの漢字カタカナ句点無しの文体だったなぁ。
bluemonkshood @bluemonkshood 11月21日
これって杉田玄白さん達のおかげなのかな。大学の解剖がラテン語だったから、いまだに、臓器を英語で言おうとして、ラテン語になってしまうことがある。
ゆゆ @yuyu_news 11月21日
漢語の医療関係用語が難解漢字ばかりだと思ってたら、英語とか西洋語でもこういうオチなのか。
Hideki @hideki19810220 11月22日
こういう語源の話好き
nekosencho @Neko_Sencho 11月22日
恐らくオランダ語も似たようなものだと考えると、解体新書訳するの大変だったろうなあと。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする