烏丸ストロークロックと祭『祝・祝日』

《仙台公演》2018年11月24日(土)・25日(日) せんだい演劇工房10-BOX 《広島公演》2019年1月18日(金)- 20日(日) 広島市東区民文化センター ◆作・演出  柳沼昭徳 続きを読む
短距離男道ミサイル 舞台芸術 神楽 演劇 烏丸ストロークロック 柳沼昭徳 小劇場
620view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ナリタシノ @baku_sy018
観た直後に書かないでほんとごめんって感じなんだけど、こないだ観た烏丸ストロークロック、「神霊の膝元であそぶ」ような舞台だったな。神霊はもともとかたちのないものを指す言葉。舞う人々の裾から、震える鈴の音色から、そこにないはずのものが押し出されるように浮かび上がる。
庄司彩華 @aaa_my_
先日の烏丸ストロークロック「祝・祝日」のチェロが未だに忘れられない。魅了され、興奮して吠えたくなり、じりじり我慢したのを覚えている。舞い手の焼けるような視線を思い出した。
yuki nakagawa @nakagawa_yuki
烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」@仙台は10-BOX、無事に終わりました。ありがとうございました。舞台写真などナタリーさんに少し上がっています。次は来年1/18-20で広島です。久しぶりに自分でも演奏しながら「これは何の楽器やったっけ?」と思うくらいの変奏になってます。宜しければ是非。 twitter.com/stage_natalie/…
阪本麻紀 @makinrock
烏丸ストロークロック『祝・祝日』仙台公演が終わりました!ご来場いただいた皆様、お手伝い頂いた皆様、10-boxの皆様、有難うございました。会話劇ではなく、身体から漏れ出してくる「何か」にひたすら向かった作品となりました。広島公演は1/18-20です。お待ちしています!karasuma69.org/pages/1237701/… pic.twitter.com/DSONy3h4HF
 拡大
小濱昭博 @akiakisitasa
烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」無事終演。 感謝、感謝です。 身にしみる、感謝と悔しさと。 神楽は奥深いですね、本当に。 そんなことを持ち帰りつつ、広島公演に備えます。 ご来場頂いた皆様本当に、ありがとうございました。
飯川晃 @e_kawatch
答えなどいらぬ、ただ風と土、祈りと躍動する身体がそこにあれば、オレは俺たちは大丈夫だ、と教えてくれた烏丸ストロークロックありがとう!
飯川晃 @e_kawatch
烏丸ストロークロック、超絶良かったな。Ladaの舞台をまたつくりたいと思った。金ためて安藤さんに本書いて貰おうか考えてみる。
ちばり @ricaerururu
思うくらい 踊りのなかに没頭していくこと。 その入り口を体験をした澤野くん、小濱くんがちょと羨ましかった のでした。私たちが失ってしまったものが そこにあるような気がするからね。 柳沼さんが10年かけて60番くらいまでつくれたら、 っていう夢もスゴい。 ぜひとも実現して欲しい。
ちばり @ricaerururu
仙台をカラダでなぞった後、ヘトヘトになりながら 烏丸ストロークロックの「祝・祝日」を観た。 「まち×カラダ」編。 2018年仙台のまち歩きをしつつ、頭のなかは江戸時代。 そういうカラダで神楽を踊る作品を鑑賞できたのは、 良かったな、と思った。 俺 なんで今こんなことしてんだ?!って
もん @mugicha_cha
烏丸ストロークロック「祝祝日」 音の舞台だと思った。最初にチェロに圧倒されたからかもしれないけども。 チェロの囃子、人の声、足を鳴らす音、扇子を開く音、舞台を擦る足袋、演者の息遣い。あの激しい舞さえも、布擦れの音を生むためのものなのかと。
待機 @sunameri_dance
烏丸ストロークロック『祝・祝日』 舞台上、もしくは舞台があるその周辺では、会話の競技性がすごく出る気がしていて、会話をするには毎回毎回その場でルールを決めなくてはいけなくて、それは日々会話をする上で実践していて、実践していくにはそれらはちゃんと忘れられて、なんで会話ができてるかな
一介一衛門 @TakaKawara
11/25 昨日に続き烏丸ストロークロック『祝・祝日』。終演後、作・演出の柳沼さんとゲストの方とのトーク。トークは、神楽に関連した話題がほとんどだったけど、朗読「祝日の手紙」についての話、例えばシベリア抑留を経験した石原吉郎を取り上げたこととか、言葉に関連する話も少し聞きたかった。
ななんこ @enanamayashiruu
#烏丸ストロークロック さんの「祝・祝日」観てきました。 神楽と演劇…どうなるんだろう?と思っていたのですが、神楽の舞台で熱く舞い踊る役者さんに惹き込まれた。 いにしえの風土や習慣が神楽として発展し、今に繋がっているのが感じられた凄い舞台でした*.(๓´͈ ˘ `͈๓).* pic.twitter.com/2fxtaqFIGK
 拡大
瀧原弘子 @hitakihara
下半身の安定と、仙骨のしなやかさ、軸と二本の線の意識、肩甲骨の翼の自由度、呼吸のコントロールとかをもっと上げていこう!と神楽舞台にちょろっと乗ってみて思った。
瀧原弘子 @hitakihara
烏丸ストロークロックと祭『祝・祝日』2回目観た!リピーター割引ありがたい。2回目も存分に楽しんできたっ!終演後にお願いして、舞台だんだんさせてもらって満足。神楽も観に行こう。
みさわ @kazuyamisawa
烏丸ストロークロック『祝・祝日』 やはり、身体そのものの見応えがあると、観劇後の充足感が違うよね。 全体的におしゃれでかっこいい。私も舞いたくなった。
一介一衛門 @TakaKawara
→とは言え、舞台の設えの見事さと言い、それの活かされ方と言い、そして最初は張り詰めていた空気が、柳沼さんの口上もあったりで次第に緩んで高揚していく様子など、この場に居られる喜びを、それこそみんなで祝い合いたくなるような素的な舞台だった。明日もまた見に行こう。
一介一衛門 @TakaKawara
11/24 福島→仙台。烏丸ストロークロック『祝・祝日』。中川さんのチェロの演奏、その中で舞う役者さん達の身体のあり様に圧倒された。では言葉は?最初の朗読「祝日の手紙」の「君よ泣くなよ死ぬな」。死ぬなは、生きろより、在ることへの願いが切実。その切実さを、言葉でもあと少し感じたかった。→
Fujii Yuki @jerzyx
初の仙台 10BOX。 烏丸ストロークロックと祭『祝・祝日』をみました。人間も動物のように自然と一体になれるのかもしれない、欲をなくして舞に徹する美しい姿にそう思いました。 仙台では明日がラスト。 広島では1/18金〜20日であります〜 pic.twitter.com/DBvczTrBGC
 拡大
 拡大
鈴木潤子@劇団わらび座 @harijun
#烏丸ストロークロック 『祝・祝日』 遠いようで近い震災の出来事。 あの日の出来事をずっと心に抱えて、でもあんなことが嘘だったかのように生きている今を、攻めるのではなく肯定してくれる舞台でした。 今こそ観たい舞台でした。 pic.twitter.com/l2S96ozyPp
 拡大
三島イチロー @ichiromyfriend
烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」観劇。 観るというより、一緒に祝日を祝おうという姿勢が功を奏す。 目の前にいるのは、ただの身体も緩やかなおっさんたちなのに、なぜか涙がでるんだ。 そうそう、今の僕に必要なのはこういうやつだよ!って思えた不思議な体験でした! #烏丸ストロークロック
カナン@タイ芸能サークル ミーオカー @canaan108
烏丸ストロークロック「祝・祝日」観た!面白かったし見入ってあっという間に過ぎた時間。 チェロも演者もめちゃくそかっこいい。 そしてすごくモヤモヤした(笑)きっとよいモヤモヤなのだ。
瀧原弘子 @hitakihara
烏丸ストロークロックと祭『祝・祝日』観た!なんかエキサイティングなものを観たよ!そして演奏がえらいかっこいいんだよ!終盤へ向かって螺旋に上昇するエネルギーは常世へ向かうけど、ここが現世か常世かなんてどっちでもいい。
もぐもぐ @harumogu2
烏丸ストロークロック『祝祝日』観劇。 荒ぶる神と人々の舞。かっこよかったー! あのね、チェロが私の知ってる楽器じゃないみたいだった! 小濱さんと澤野さんの新たな一面見た! 最初から素敵な舞台装置は、最後まで素敵だった…!
Fuyuko Ujiie Okawara @fuyukookawara
もはや打楽器と化したかのようなチェロの心地よい響きの中、男女がぽんぽん上下に揺れるような舞い。白昼、陽光の中で、仲睦まじい男女が契っているかのようだった♡神楽や土地のフィールドワークから創る試み、今後10年スパンで考えているんですって。印象的舞台。明日2公演→karasuma69.org
残りを読む(4)
「#演劇」
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする