アプリで作成

小野不由美先生「ゴーストハント」の紹介

ゴーストハントがめちゃくちゃ面白かったので、少しでも興味持ってもらいたいという思いで作りました。
小野不由美 ゴーストハント
4
優水 @ysui
【ゴーストハントとは?】 「屍鬼」や「残穢」で知られる小野不由美先生によるホラーノベル。 現在メディアファクトリーの幽ブックスから完全版が出ている。 元は少女向けティーンズノベルで、「悪霊シリーズ」と呼ばれるもの。そこに大幅にリライトを加えたものが上記書籍。
優水 @ysui
【ゴーストハントとは?・2】 元が少女向けである事もあり、主人公の少女の一人称で進行する。 そして、後述するが出て来るキャラクターがひたすら濃い。外連味というか、属性盛り盛りというか。 そういう漫画的な主人公周りと対照的に、ホラーの調査は極めてロジカルかつ学術的。先ずは機材の設置!
優水 @ysui
【ゴーストハントとは?・3】 そうして様々な可能性を検討、或いは排除した上で浮かび上がって来る怪異の正体が、これまた半端ではない。1巻はやや変則的なのだが、その後どんどんと恐怖は増して行く。全く容赦がない。 本当に少女向けかと言いたくなる。 残穢書いた人だからな……折り紙付きですよ。
優水 @ysui
【ゴーストハントの登場人物・1】 ・谷山麻衣 主人公。物語は彼女の一人称で進行する。ひょんなアクシデントから心霊調査に協力することに。最初はちょっと共感性低かったものの、どんどんいい子さやこの子がいないとなー、となって行く。 感情移入しやすい、平凡な女子高生。
優水 @ysui
【登場人物・2】 ・渋谷一也(ナル) 「渋谷サイキックリサーチ」の所長。 17歳。黒づくめ、黒髪、闇色の瞳、超絶美形。それでもって性格は唯我独尊のナルシスト。それでついた通称がナル。様々な分野への造詣が深く、怪異の解明はほぼ彼が行うと言っていい。 めちゃくちゃ毒舌。
優水 @ysui
・リン ナルの助手。右側の前髪を長く伸ばしている。長身。 無口&無愛想で初期はマジで全然喋らない謎の御仁。その上一巻では即リタイア。だが少しずつ存在感を示していく。 実はかなり色んなことができる。すごい。 喋るときは大体敬語。
優水 @ysui
・滝川法生(ぼーさん) 高野山出身でありながらラフな格好をした上に髪を伸ばしてる破戒僧。 2巻裏表紙とか見るにかなりイケメン(主観)。後述の綾子と共に、一巻での印象はあまり良くないが、物語が進むにつれて主要メンバーの中でも頼れる存在になって行く。めちゃくちゃ前線戦闘派。独鈷も使う。
優水 @ysui
・松崎綾子 自称巫女。と言いながら見た感じは化粧バリバリしたおば……おねえさん。お祓いの時以外特に巫女服は着ない。 初期は口も悪くかなりやな感じだが、根がとてもいい人で面倒見もいい。 彼女の存在に救われる事も多々あり。 殆ど対霊での活躍は見られないが…………?
優水 @ysui
・ジョン・ブラウン 童顔のエクソシスト。 京都弁が混じったような妙な日本語を操る。性格が最初っから飛び抜けて良い。癒し枠にして戦闘要員。 除霊などで聖書(……ヨハネのなんかだったか)を諳んじる時は流暢な日本語を喋る。 他、文化の違いから別方向の視点を提示する役割も持つ。
優水 @ysui
・原真砂子 テレビとかにも出演しちゃう、有名霊媒少女。おかっぱ頭に着物という日本人形のような出で立ち(かわいい)。 主に霊視を担当するが、これは様々な条件によって精度が変わる。それでも相手の存在を見極める重要な役割を負う。麻衣とは同い年。 ナルに好意を寄せるようになる。
優水 @ysui
【まとめ?】 と、こんな感じで濃いレギュラー陣がいながらみんなどんどん魅力的な活躍をしていくという、キャラメインの楽しみ方もできながら、繰り返しになるもののホラーとしても非常に本格的。妥協なし。 キャラの濃さで遊んでる分怪異については遊びなし。それがゴーストハントだ!

コメント

○○もへじ @marumarumoheji 2019年2月4日
いなだ詩穂さん作画のコミック版もいいですよ。 電子書籍化もしてるし。
殿岡@キャプテンはお知らせが読めない @bathtime39c 2019年2月4日
アニメも良かった。続編やってほしいなー
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする