【うみねこ】時系列を見直した金蔵の罪についての考察

ウィルの推理の抜け落ちを指摘。 時系列を見直すことにより、金蔵の罪が娘を犯したことではないことを立証。 19男とヤスは何者か。
6
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

EP7でウィルは理御が金蔵と九羽鳥庵ベアトの間の子どもであると推理しました。 その後の話の展開ではこの事実が後の惨劇の原因の一つのように描写されています。 この事実がある限り六軒島にはハッピーエンドは与えられないでしょう。 ですが、この事実。本当に事実でしょうか?

2019-02-16 00:42:11
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

結論から言います。 金蔵と理御、そしてヤスの間には血のつながりはありません。 ウィルの推理には見落としがあることをこれから指摘していきます。

2019-02-16 00:43:50
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

時系列を見直します。 もし19年前の赤ん坊が九羽鳥庵ベアトの子どもであるのならば 夏妃に赤ん坊が預けられる → 九羽鳥庵ベアト死亡 となります。死者に子供は産めませんから当然の流れです。 しかし、ここで疑問が出ます。 「なぜ九羽鳥庵ベアトは子どもと共に右代宮家に入らなかったのか?」

2019-02-16 00:47:43
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

金蔵は妻にベアトや九羽鳥庵のことを隠していました。 そんな彼がいかにも隠し子な赤ん坊を妻がいる内に連れてくるでしょうか? 19年前の赤ん坊が預けられた時点で金蔵の妻は死んでいると考えられます。 しかしおかしいことがあります。 楼座が家出をした理由は母に叱られたことでした。

2019-02-16 00:51:51
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

つまり時系列は 九羽鳥庵ベアト死亡 →金蔵の妻死亡 →19年前の赤ん坊 となります。 では、この19年前の赤ん坊は何者なのか? 金蔵はその嘆きの中で 「なぜ2度も私の元から去るのか」と慟哭しました。 2度です。金蔵は3度の死別を体験しているはずなのに。

2019-02-16 00:54:41
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

性別が男だった、赤ん坊だったからベアトリーチェと認識しなかったなど考えうる理由はあります。 しかし、時系列を見直した今なら別の解が生まれます。 「19年前の子どもはベアトリーチェではなかった」

2019-02-16 00:57:17
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

ベアトを失った金蔵は彼女から得た黄金を返却しようと考えるでしょう。 それは碑文から読み取ることができます。 しかし、ベアトが亡くなっている以上誰に返却すればいいのでしょうか。 それはベアトと血のつながった縁者です。 19年前の赤ん坊はベアトに血縁のある親族であると考えられます。

2019-02-16 01:00:27
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

金蔵は九羽鳥庵ベアトを失くした後に血縁を持つものを探して引き取りました。 それが「福音の家」を設立した理由です。 妻が亡くなるまで孤児院で過ごさせ、時が来たらスムーズに引き取るために。 しかし、金蔵の思惑よりも早く妻は亡くなったようです。 急遽赤ん坊が右代宮家に引き取られました。

2019-02-16 01:06:39
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

しかし、その結果はご存じのとおりです。 赤ん坊は落下。死亡しました。 その後再び血縁のある子供を引き取ることができました。 今度は前の赤ん坊の3つ年下の子どもです。 理御とウィルは3つ歳をごまかしたと推理していましたが、そもそも別人だったのです。

2019-02-16 01:10:03
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

ヤスはベアトリーチェの血を引く子供。 金蔵の子どもではありません。 金蔵の罪とは娘を犯したことなどではなく、娘を一人の人間として扱わずに悲しい思いをさせたまま死なせてしまったこと。 金蔵の慟哭は子を失くし、母に詫びる父の慟哭だったのです。

2019-02-16 01:12:16
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

EP3の楼座とベアトの邂逅のシーンを見てください。 ベアトは楼座が金蔵の関係者とわかると途端に警戒を解いています。 自分を犯した相手の関係者へのリアクションでしょうか?

2019-02-16 01:14:17
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

その後の楼座との会話でベアトは旅立ちを決意します。 「紅茶もドレスもいらない。金蔵とももう会わない」 私の日本語の能力が確かならば、この金蔵と紅茶とドレスは並列。 このセリフは自分の「好きなもの」を断ってまで旅立とうと言う固い決意の言葉です。

2019-02-16 01:16:14
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

では、ベアトと金蔵との関係はどのようなものだったのでしょうか? 私はそこにEP6の戦人と雛ベアトの関係を重ねます。 戦人は雛ベアトに旧ベアトリーチェを期待していた。 雛ベアトは見知らぬ旧ベアトリーチェに戸惑いながら戦人に接する。 そのまま金蔵とベアトの関係ではありませんか。

2019-02-16 01:20:30
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

戦人と雛ベアトは関係を良好に取り持つことができましたが、金蔵と九羽鳥庵ベアトはそううまくはいかなかったのでしょう。 九羽鳥庵ベアトは自分と言う物が持てず、楼座と旅立つことを決意し、そのまま事故に合います。 死亡の遠因を金蔵が作ったことになります。

2019-02-16 01:20:53
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

もう一度繰り返します。 金蔵の罪とは娘を犯したことなどではなく、娘を一人の人間として扱わずに悲しい思いをさせたまま死なせてしまったこと。 金蔵は黄金の郷でヤスに「お父様」と呼ばせました。 「金蔵」ではなく「お父様」と。 最後まで亡くした子供のことをを思っていたのでしょう。

2019-02-16 01:23:44
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

金蔵の罪は誤解でした。 そしてあまり語られませんが源次にも罪があります。 なぜ、源次は二人目の血縁者ヤスを金蔵から隠したのでしょうか?

2019-02-16 01:25:11
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

それは過去の罪を繰り返すことを恐れたため。 金蔵にすぐに報告してみたとしましょう。 すでに一人死なせてしまっています。 金蔵は今度こそ同じ過ちを繰り返さないよう、今度は人に預けず九羽鳥庵に幽閉するでしょう。 そしてまた自己を確立できない、水族館も知らない世間知らずを作ってしまう。

2019-02-16 01:28:24
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

そこで源次は自分の手元に置き、仕事や勉強を教え込み一人の人間として自立できるように育てたのです。 金蔵が昔の過ちを犯さないように。 ヤスの待遇はよかったようですしね。 源次自身も九羽鳥庵ベアトを真っ当な人間として育てられなかったのを悔やんでいたのかもしれません。 それが源次の罪。

2019-02-16 01:30:43
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

この考察が正しければEP7で縁寿と理御が見た惨劇とconfessionのカケラは偽書だったと言うことになります。 confessionのカケラが偽書である可能性をこちらで指摘しています。 【うみねこ考察】confessionのカケラの真贋考察 togetter.com/li/1319654

2019-02-16 01:32:40
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

ヤスが金蔵と血がつながっていないのであればヤスが譲治や朱志香と結ばれる未来もあったのかもしれません。 残念ながら六軒島は爆発してしまいましたが、絶望しかない未来のまま死ぬよりはマシかもしれません。

2019-02-16 01:35:13
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

この考察はこれまでの一般的な解から大きくかけ離れたものになります。 しかし、「我らの告白」ではベアトリーチェは1000人の内一人に思いが届けばいいと語ったそうです。 逆に言えば一般的な解が999人に届く解で、残りの一人に届く解にこの考察が含まれているかもしれません。

2019-02-16 01:44:53
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni

999人説の詳しい考察はこちらで行いました。 【うみねこ】我らの告白 考察 togetter.com/li/1319606

2019-02-16 01:45:57

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?