【うみねこ考察】人格説に代わるトリックの考察

一般に語られるうみねこの結末を考察により別の見方をすることができることがわかりました。 安田紗代が犯人ではない場合、人格説に代わるトリックが必要です。 汎用性が高くかつ全ての赤字を満たすことのできるトリックを考察しました。
うみねこのなく頃に 作品考察
6
■考察の概要
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
うみねこの結末の別の見方とは以下のようになります。 我らの告白の考察より、今一般的に語られている真相は999人に向けたものではないかと考えました。 まだ語られていない1000人の内1人に届く真相がうみねこにあるのではないでしょうか。 【うみねこ】我らの告白 考察 togetter.com/li/1319606
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
金蔵と九羽鳥庵ベアトの関係について時系列を見直したところ、ヤスは金蔵の血をひいていないリーチェの血縁者なのではないかと言う見方ができることがわかりました。 【うみねこ】時系列を見直した金蔵の罪についての考察 togetter.com/li/1319667
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
そして、現在のヤスが金蔵の子どもである説の根拠となるconfessionのカケラやEP7の縁寿が見た舞台も名無しの偽書作家が書いたものであると言う可能性があります。 【うみねこ考察】confessionのカケラの真贋考察 togetter.com/li/1319654
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
ヤスが犯人ではない。ボトルメールは犯行計画書ではないと考えた時に、ではボトルメールは何なのかと考えました。 ボトルメールは安田紗代が書いた「ミステリ小説」です。 【うみねこ考察】ボトルメールについての考察 togetter.com/li/1320262
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
これらの考察を前提にヤスの復讐のための犯行であると言う既存の説を否定し、新たな真相を探りたいと思います。 ヤスが犯人でなかった場合の隠された「トリック」つまり「魔女の心臓」を探りたいと思います。
■人格説に代わるトリックの考察
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
安田紗代(紗音)は犯人ではないと仮定すると、それに代わるトリックが必要になります。 できればいわゆる人格説よりも汎用性高いものが望ましいです。 作中の全ての密室・アリバイを赤字を満たしつつ破ることができるそんなトリック。 それが「ある」と言う根拠を作中から読み解いていきましょう。
■前提となる考察
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
トリックを見つける前に幾つかの前提となる考察が必要になります。
・金蔵にとってのベアトリーチェ
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
画像は07th様の公式HPから真里亜の紹介文です。 注目してもらいたいのは赤線の囲みの部分。 なぜ、真里亜は金蔵から嫌われるのでしょうか? それに対する私の答えは 「金蔵のベアトリーチェと真里亜のベアトリーチェは違うから」となります。 pic.twitter.com/YWHnRgL6IZ
拡大
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
EP7で金蔵が自ら語ったように、金蔵にとってのベアトは六軒島で出会った人間リーチェです。 それに対して真里亜にとってのベアトは六軒島に住む魔女です。 同じベアトですが、同好の士とは言えません。 つまり金蔵は『魔女であるベアトリーチェを否定』していると言うことになります。
・悪食島の悪霊の祠
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
六軒島の沖には悪食島の悪霊を祀った祠があります。 六軒島がまだ小豆島だったころに先住民によって作られたようです。 EP2では紗音がそこまでモーターボートを使って移動していますね。 さて、ここで疑問が起きます 「なぜ、昔の人たちはそんな不便なところに社を建てて霊鏡を安置したのか?」
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
ここは岩場のようなので海難事故の慰霊や注意喚起などが考えられます。 しかし資材を運ぶだけでも結構な苦労だと思います。 手間をかけるのならば手間をかけるだけの理由があるはず。 悪食島の悪霊はただの怪談話ではなく『過去にあった出来事をモデルとして語り継がれている』のではないでしょうか?
・魔女幻想を過信しない
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
EP3にてワルギリアは戦人に、ベアトとの戦い方としていわゆる「猫箱」などと言われる物語の修正について説明しました。 修正された部分を私は「魔女幻想」と呼称しています。
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
さて、この魔女幻想ですが戦人だけではなくプレイヤーにも大きな力を与えました。 なにせ現実では起こりえない部分は魔女幻想として自分なりの勝手な解釈を与えることができるようになったからです。
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
ですが、本当にそれでいいのでしょうか? 作中には魔女幻想の様でいて、実は魔女幻想でない部分もあるかもしれません。
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
EP2にて紗音や郷田たちを嘉音が襲撃してきたシーンです。 本来死んでいると赤字で宣言された嘉音が異常な発言をしながら襲ってくるのですから魔女幻想だと思いますね。 しかし、このシーンでは生き残った紗音たちが探偵である戦人にこのシーンを「報告」と言う形で観測させています。
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
なので、このシーンは「実際にあったこと」もしくは「紗音たちの口裏合わせ」の二択になるのです。 ここで重要なのはその二択から選択することではなく、そのどちらだったとしても『紗音たちは嘉音が襲ってきたものとして行動、発言をしている』と言うことです。
■六軒島に存在するトリックとは
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
さて、ここまでの前提となる考察を踏まえて六軒島のトリックを見つけます。 考察の起点は先ほどのEP2嘉音襲撃の後のシーン。 部屋を楼座に追い出された譲治と使用人が厨房で今後の相談をするシーンです。 ここから始めましょう。
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
譲治は紗音に、なぜ嘉音の様子を見て蜘蛛の巣を取りに行ったかを問いただします。 それに対して紗音は「悪霊の昔話を思い出した」と答えています。 さて、私はここに違和感を感じます。
残りを読む(20)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?