内田裕也が日本のロック界に遺したもの

見出しの「日本のロック界」は日本国内の音楽業界と読み換えていただければ幸いです。 控えめに更新させていただきました
ラジ先生 ロックンローラー 内田裕也 ロックフェス 樹木希林 日本語ロック論争
22062view 28コメント
132
PsycheRadio @marxindo
裕也さん亡くなったか。
PsycheRadio @marxindo
高校生のころに同級生数人が六本木を歩いていたら道路の反対側に裕也さんが歩いていたので「裕也さ〜ん」と呼びかけたら裕也さんは間髪入れず手を高く振り上げて「お〜っ」と応えたのだそうだ。いつもその話を思い出す。
PsycheRadio @marxindo
その後自分もバンドをやるようになって「ロックの世界」の人から裕也さんの話を聞くことが少しあった。けっしていい話ばかりではなかったがどの話も「だけど裕也さんだけはしょうがないよね」的に終わるのが印象的だった。
山本一(自民党はいらね) @easybeats2011
@marxindo 自分は「エレキの若大将」の司会役と都知事選の立候補の話題を思い出しました。
PsycheRadio @marxindo
ビートルズの前座をやった人よ。
PsycheRadio @marxindo
ジョーもリキヤもすでにこの世にないのである。
PsycheRadio @marxindo
裕也さんはけっして「ほんとはいい人だった」的なところに収まる人ではなかったのラジよ。
PsycheRadio @marxindo
いまの人には信じられないだろうが東京でロックをやって食っていくということが「裕也さんが仕切っている小さなコミュニティに属すること」であった時代があるのラジよ。日本のロックがそこから「解放」されたのはそれこそ1990年代くらいではないか。
漬け物ぬか @Tsukemononuka
え…?その構造、全然ロックじゃないし…ヤ○ザの業界みたいじゃない…? twitter.com/marxindo/statu…
PsycheRadio @marxindo
そこの部分は言わずもがな、という意味も含めて「解放」と書いたのだが、人に伝わる文章を書くのは難しいラジね。
PsycheRadio @marxindo
でもそうやって「小さなコミュニティ」を作って支え合わなければ成り立たなかった時代は確かにあったのよ。その時代の人はひととおり裕也さんの悪いエピソードを語ってから「でもあの人がいなかったらやっぱり」と言う。
PsycheRadio @marxindo
まあこれもわかる人が3人わかってくれればいい話。
kous37(Kosuke Hotta) @kous37
そんなこと言ってたら内田裕也さん、亡くなったのか。ほんと毀誉褒貶のある人だったし違うサイドにいるミュージシャンの方が贔屓だったからアレな記憶もあるのだけど、樹木希林さんや本木雅弘さんなど周辺にいる人たちの魅力もあって後期にはかなり毒も薄れた面も。いやそう見えただけかもしれないが。
PsycheRadio @marxindo
自分も毀誉褒貶ある人でありたいラジね。
山岡重行@心理学者 @yamaokashige
洋楽ロックの市場は大きかったが、日本人ミュージシャンの生活を支えるほどジャパニーズロック市場は大きくなかった。芸能プロダクションに所属した歌謡ロックは、日本のロックファンには受け入れられなかった。そのJロック創世記から市場拡大のため様々な試みをしたのが裕也さんだった。 RIP twitter.com/marxindo/statu…
山岡重行@心理学者 @yamaokashige
ロックファン=洋楽ファンに日本のロックを認めさせ市場を拡大しようとしたのが裕也さん。 しかし裕也さんの意図とは異なり、Jロック市場の拡大は洋楽ロックを聴かないJロックファン層の拡大による。その層が拡大したのが1990年代である。 twitter.com/yamaokashige/s…
PsycheRadio @marxindo
山岡さんがこういうふうに教えてくれるのはありがたいラジね。
PsycheRadio @marxindo
裕也さんという人がなにをしたのか、というのはいまの人にはどんなに言葉を尽くしても伝わらないのだろうと思う。
新潟日報モア @niigata_nippo
[新潟日報モア] 新潟大学、文系の4学部を再編 2020年4月から niigata-nippo.co.jp/news/national/… pic.twitter.com/leNZPDyBgd
 拡大
PsycheRadio @marxindo
1965年頃の日本ではポップ・ミュージックは「アート」ではなく「興行」で,興行を取り仕切ってるのは主に任侠系暴力団だったわけです。美空ひばりと暴力団との関係をはじめ,歌手と暴力団トラブルは切っても切れない関係だった。
PsycheRadio @marxindo
ミュージシャンたちが生きるには暴力団の配下になるか,(これも暴力団系であることも多かったが)芸能プロダクションに雇われるかしかなかったわけです。そこにビートルズが来て,ロックが入ってきた。
みどり吉田 @midomido0239
@marxindo 暴力団とか右翼とか、評判が悪いですが、私は若い頃、集金のバイトをしていた時、そういう関係の人は、集金に行くと割りときちんと金を払ってくれて、質の悪いのは、素人でしたけど。
PsycheRadio @marxindo
そういう暴力団支配とか芸能プロ支配とかは極めて「ロックじゃない」わけで,そういうものに支配されない日本のロック,というのを作ろうとしたひとりがビートルズの前座をやった裕也さんだったわけです。
残りを読む(33)

コメント

ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 3月18日
「俺たちはジジイになってもロックをやる最初の世代だ」という言葉自体が、今の若い人知っているのかどうか。
マク(*´﹃`*)゙ヌス @oa26dl1NAcptdAF 3月18日
“困った時には「ロックンロール!」と言っておけばいいという文化”←残したもの
ゆー @you7030uc 3月18日
HR/HMの世界では「FTBを輩出したプロデューサー」という印象はあるけど、内田裕也が日本のヘヴィメタルバンドを認めているという話は聞いた事がない。多分ロックのサブジャンルの中でもメタルだけは好きじゃなかったんだろう。
ドラゴンチキン @dragonchicken19 3月18日
安岡力也氏の告別式の裕也さんは最高にカッコよかった。
おいちゃん @semispatha 3月18日
90年っつーとBUCK-TICKとかでロック聞くようになって「いかすバンド天国」が始まった辺りの時代で、その直後くらいにビジュアル系出てきてるよなーて記憶なんだが。ライブハウスだけでやるよりメジャーデビュー志向の流れだからなあ。あとあれか。マイケルジャクソン来日が87~88年。
紺碧 @Konpekin 3月18日
そういう「ロックの親分」みたいな人が、選んだ女性が樹木希林さんだったって所が、やっぱり最高にロックだなと思ってしまうな…
丸自 @psychic_segals 3月18日
清濁併せ持つって今の日本だとすごく叩かれるもんね。清いものは全て清く、濁ったものは全て濁ってないと信じてやまない人たちが大半だから。 だから内田裕也に対してもヤクザのパーティーで歌ってた、なんて言って笑う人が出てくるんだ。代表曲ないのに、なんて笑う人が出てくるんだよ。
バジル @dNPQyjwy2HfUdMX 3月18日
ミュージシャンは音楽だけやってろと言われる昨今だが 昔はそのミュージシャンが音楽だけやるのが困難な時代があったという話なんだなぁ
ゆゆ @yuyu_news 3月18日
ロックンロールではないが「夫に先立たれた妻は長生きするけど、妻に先立たれた夫は長く持たない」という巷の凡庸な話を思い出した。
けてもー @ketemo 3月18日
これ読むと内田裕也すげぇし尊敬されるわな、って思う。
hararitto @sseg14 3月18日
言わずもがなな話になるけど、この史観はフォーク&ニューミュージックの部分が抜けてるので、そこは注意。 ミュージシャンが全国ツアーを組めるようになったのも、内田裕也含めた先駆者の試行錯誤があったからですね。
"佐伯武久"と呼ばれた子 @kazomag 3月18日
ニューイヤーロックフェスに行くと、ほんとファミリー感があるんだよね。前座に出てくる若い駆け出しバンドの紹介を裕也さんがやってたり 「こいつらはロックンロールやるために東京に出てきました。応援してやって下さい」なんて言ってさ。 文句無しにカッコいい人なんだよ、裕也さんは!
Daiji @Daiji75 3月18日
正直私にも内田裕也といううさんくさい人物はついぞ理解できなかった。でもラジ先生がここまで言うというのは心に留めておきたい。今後人物評日本のロック史に触れることがあったときに、そこから読み取れるものが違ってくる事があるかもしれない。
電子馬@お腹いっぱい。 @Erechorse 3月19日
なるほど...音楽プロデューサーに近かったのか。日本語ロックとバトルした事しか知らなかった。
渚稜@4/29芦原橋ソルトバレー映画祭 @nagisaryou 3月19日
まあ「芸能事務所主導ロック」とか「ヤクザ興行師」をダサい、関わりたくない、と忌避する感覚はわかる。基本若い文化は強いものや年老いたものに巻かれたくないのよ。ちょっと前のアイドル界や声優界、ネット文化もそうだったでしょ。ネット界はフジテレビだのavexだの大手を叩いて悦に入ってたし。そんな中、強力なオピニオンリーダーがいたら縋るよね、という単純な話。
葵真碧(mao aoi) @maochin39blue 3月19日
これは今の感覚では分からないだろうし、知らない人はこんな事があったことすら事実として認めたくないだろうけど、90年代の暴対法が施行されるまでは、地方でデカイコンサートをやろうとするだけでヤクザへの根回しが必要だったとかわかんないでしょ?全国ツアーなんかそういう根回しなしでは出来なかった時代。チケットを少し回してダフ屋で稼がせてやるから邪魔しないでくれとかね。そういう交渉があったこととかも分からないだろうし、そういう慣習を脱しようと駆け回った内田裕也の存在とかわかんないんだろうな。
渚稜@4/29芦原橋ソルトバレー映画祭 @nagisaryou 3月19日
ただ「芸能事務所主導ロック」を昭和臭い、歌謡曲だかロックだかわからない歌を、アイドルだか俳優だか歌手だかわからない人が歌ってて、音楽に詳しくないミーハーな人たちが支持してた、みたいな事実誤認は行われてほしくない。80年代のトライアングルプロのお仕事とか、90年代のビーイングに関しても、ロック史で取り上げてほしいですわ。
葵真碧(mao aoi) @maochin39blue 3月19日
デカイコトを為すためには、悪を懐柔する必要があり、その為に悪になる必要があった。当然、最終的にはそこから脱する事が目的なのだけれど、それが一つのノウハウになり、慣習となった。未だに祭りなどの時は全然あり得る根回しだし、そういう事なしにイベントは出来ないんだよ。
Hiroshi Yamashita @HiroshiYamashi4 3月19日
みうらじゅんのロックン川柳思い出した
marumushi @marumushi2 3月19日
俳優としての内田裕也というとまず「コミック雑誌なんかいらない」「10階のモスキート」辺りだろうけど、「不連続殺人事件」のギラギラしたエネルギッシュな裕也が印象に残っている。晩年のモショモショした喋り方と違って普通に演技上手かったしw
みずの とんび @lunatic_tonbi 3月19日
つい最近コカイン使用で逮捕されたピエール瀧は、当時22歳だった平成元年に石野卓球とともに電気グルーヴを結成し、20代からコカインを使用したというマスコミ報道があったことを踏まえて考えると、音楽業界から暴力団を排除してくれた内田裕也さんの功績を全力で踏み躙ったに等しいのではないかという気がしてきました
島村鰐 @wani_shima 3月20日
なんででかい顔してるのか全然わからんかったがそういう仕事してる人だったか
nekora2520 @nekora2520 3月20日
知らなかったけど、どうやらポピュラー音楽の業界ゴロだったという事らしい。
nekora2520 @nekora2520 3月20日
清濁併せ吞むという事は、悪事も働いていた悪人という事で、彼に泣かされた被害者も相当居たに違いない。
ハスケットビンマー @bye_bye_blues 3月20日
あいつはイイやつだったとは誰も言ってないのに良い奴や悪い奴のどちらかにしておきたい人たちはなんなんですかね
ashen @Dol_Paula 3月22日
昔はコンサートにしろ祭りにしろプロレスにしろ興業と名のつく物は後ろにヤクザが控えてたのは今の人には理解されないよなぁ。根回ししないと「誰に断って興行しとるんじゃい」と嫌がらせをされる時代。”昭和の歌姫”美空ひばりが地方興行をスムーズに出来たのも山口組の庇護があったからだし。内田裕也はコンサートをヤクザから切り離して自分達のシマにしたってことか。
anony_mous @anony__mous 3月22日
高木完さんの内田祐也関連呟きも面白い! http://bit.ly/2Fs0mLH #dommune #utamaru