【まとめ】「バレットジャーナル 人生を変えるノート術「発売記念 バレットジャーナル発案者 ライダー・キャロル氏 来日トークイベント

■概要  このまとめは、2019.04.20(土)に行われた「「バレットジャーナル 人生を変えるノート術「発売記念 バレットジャーナル発案者 ライダー・キャロル氏 来日トークイベント」に関連する呟きのまとめです。 ■参考 「バレットジャーナル 人生を変えるノート術「発売記念 バレットジャーナル発案者 ライダー・キャロル氏 来日トークイベント 続きを読む
手帳 ライダー・キャロル 伊東屋 list バレットジャーナル BulletJournal ノート Bujo まとめ
35
おりひか いくお @Orihika
#本日はこちら 『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』発売記念 バレットジャーナル発案者 ライダー・キャロル氏 来日トークイベント pic.twitter.com/d8q96JxEUU
 拡大
おりひか いくお @Orihika
#BuJo 中国イベントでは1000人の参加者席がすぐ埋まった。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo この方法は、自分が幼少期から試行錯誤してきた中で最も成功した手法。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo デジタル対アナログではなく、デジタル及びアナログ。両方を最適に使い分けることが肝要。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo 人間は高速かつ大量に思考を巡らせている。いらつきや鬱などは、ままならない情報が過多で整理がつかないことにより引き起こされる。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo 高速道路を走るように大量かつ高速に思考を巡らせるだけでなく、停車して見直す見つめ直すことが重要。そのために日記をつけることを始めた。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo やらなければならないことを書き出すのも重要だが、自分の内なる声をまとめることも重要。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo 学生時代、のもごとに集中するのが困難だった。特に興味のない授業においては。耳に入ってこない。だから絵を描く手法を試してみたが、先生にばれないよう偽装しながら行った。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo 先生に見られている時には字を書いている振りをし、見られていない時に絵を描く。実は授業に集中しているのは後者のときであった。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo ある時教師にそれを見抜かれるとともに、理解を示された。絵を描いている時に学びを得ているなら、その方法を試すことは良いことだと。ここで初めて、色々な方法を試しても良いのだと思い至った。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo ※アーティスティックなBuJoについて慎重に言葉を選択している。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo が続かない、という場合、芸術的かつ面倒だから、ではなく、BuJoを行う目的がないから。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo に興味を持つ方は、なにかいま生活や仕事に問題を感じているからではないか。その問題がなにかを突き詰めて、そのうち解決のためにBuJoを活用することを考えると良い。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo ※翻訳者のかたはやはり「ブレットジャーナル」と発音してしまう。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo 常に進化している。自分でも新たな方法をためしたり、コミュニティから新たなアイデアをもらうこともある。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo 新たなアイデアを共有する場合、自分自身でなんども慎重に試してから行うようにしている。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo 現在検証中の追加手法例:カスタムバレットに「+」を追加。「−」のうち、もう少し継続して考察すべき項目は「+」に変化させる。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo Q.なぜロイヒトトゥルムが公式に選ばれたのか。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo ノートはツールであり、使っている時にそれを忘れるくらい意識しなくてよい状態が良い。過去に使った他のノートは、紙が薄く、取り扱いが繊細すぎる、サイズが合わないなどの問題があり。ロイヒトA5が最適だった。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo 2013年、まだ無名だったBuJoの公式ノートとしてロイヒトを選びコラボを打診した際、自分のビジョンに共感してくれた。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo Q.どの色を使っている? 明言は避ける。カラフルでありたいが、自分の好みは定まっている。しかし皆さん向けには色々と提供したい。
おりひか いくお @Orihika
#BuJo Q.ペンは? もともとこだわりはない。しかしかつてノート失敗した際、ペンも理由だった。そして今ではこだわりが生じた。「ファインライナー」を使用。
残りを読む(12)

コメント

agegomoku @nekofurio 2019年4月21日
目的がないと続かないというのはわかるような気がする…というかあたしゃ普通のスケジュール帳でも毎年6月位には真っ白になっちゃうよw(それが嫌でbujoにしたけどちゃんと続いているとは言い難い)
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2019年4月21日
マークが覚えられなそうでまあ無理やなってなってる。あとページ振ってどうこうとかでもうわけわからん…
おりひか いくお @Orihika 2019年4月21日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする