9月29(日)国分寺例会報告

・レースフォーザギャラクシー ・ポッホ ・くいずです ・宝石がいっぱい! ・ニューファンドランド 続きを読む
ボードゲーム 国分寺 カードゲーム
0
ニチ_技術書典8_2日目_え20 @nichi_DQX
レースフォーザギャラクシー 。日本語版は良い。ジャンプドライブも日本語版ならもっと良いのだろうなあ pic.twitter.com/2l7Sr9HZKM
拡大
ニチ_技術書典8_2日目_え20 @nichi_DQX
トランプのゲーム? 3つのフェーズに分かれてて、最初は運ゲー。そしてポーカー風のゲーム。最後が順番に出していくゲームだけど、1、2フェーズで得た相手の手札から戦略を立てられる、がAを持っていないとコントロールできない。A持ってなくても運良く3フェーズ目勝てる時もある。 pic.twitter.com/TvGSi4cb9j
拡大
ニチ_技術書典8_2日目_え20 @nichi_DQX
レスアルカナ。このゲームは勝てないなー。 pic.twitter.com/u9zNE6xPUe
拡大
ファ熊(双天至尊堂) @dousoshin
ライフタイムゲームズの新作「宝石がいっぱい」は、カードをめくった時に笑える神経衰弱系のゲームで超面白かった。 単なる神経衰弱だけでなく、相手の得点を奪えたり戦略要素もあるのが素晴らしい! 今度のゲムマに出すそうなので、発売が楽しみだ。 pic.twitter.com/0TT1q4rD4d
拡大
拡大
ちき @chikipage
ゲーム会より帰宅。テラミスティカ。
ちき @chikipage
まさかの3週連続テラミスティカw 今日はこれオンリー。3人。くじ引きで種族決めたら拡張のやつ引いたので、リヴァーウォーカーを選択。スコップ持たず、船は1距離固定。司祭を使って土地を開拓していく種族。なかなかにトリッキー。100点は超えたけどあんまり納得いかんプレイやったなあ。 pic.twitter.com/hGNVf3MUdq
拡大
ぺやんぐ @peyoung_tg8
今日も国分寺ボドゲ会に参加!遊んで頂いて感謝です! ・エマラの王冠 ・ティラミスティカ拡張入り 両方面白かったけど、ティラミスティカは久々にやって前にやったときよりも印象良くて楽しかった。またやってみたい
ぺやんぐ @peyoung_tg8
エマラの王冠 ダブルロンデル?な感じはしないかな。資源を取るアクションを回るのと、資源使って勝利点取るアクション回りながら自分の全員共通な手札でアクションを実行したりこうしたりしていく、ちょっとパズル感覚なゲームだったかな?手札運が良いといいのかな? pic.twitter.com/a2JrBOGFpc
拡大
ぺやんぐ @peyoung_tg8
1番の問題は、所見ではだけど、ひじょーに回った後のアクションの実行出来る出来ないが分かりずらい、俺だけかな?2ラウンド目位でようやく理解。んーもうちょいスッキリまとまらないのかな?といったところ。理解すれば間違いはないけどね。終盤逆転起きやすい設計なのかも?
ぺやんぐ @peyoung_tg8
テラミスティカ ノマドで初心者に優しい種族だったが惨敗。初盤からスタピー取りに行ったので積極的にお金を取るプレイに走らないとダメだったったな。神殿もっと早く取りに行かないと。なんか色々とあーすればこーすればと考えるのが楽しい、再戦したい。 pic.twitter.com/0jRChzPCbB
拡大
流星キック @ryuuseikick
【昨日遊んだゲーム】◇:初プレイ ・レースフォーザギャラクシー ・ポッヘン ◇くいずです ・宝石がいっぱい! ◇ニューファンドランド ・グレートウェスタントレイル ・テラミスティカ
流星キック @ryuuseikick
【レースフォーザギャラクシー】初見殺し。ルールはかろうじて理解したとしても、ではさてどうプレイすればいいのか分かりづらい。拡張のゴールタイルを導入することでプレイの指針にはなると思うが、それでも経験の差はでてしまうな。というわけで圧勝 pic.twitter.com/4F7frTxqj4
拡大
流星キック @ryuuseikick
本当は2~3回連続で遊べば勘所も分かってくるんだけど、人が集まってきたので1回で終了。慣れれば楽しいので、これからも普及していきたい
流星キック @ryuuseikick
【ポッヘン】以前、米アマで買おうかどうしようか迷っていたミシガンラミーの元ネタ、かな。ほぼ手札運の軽いギャンブルゲームで、3種類のミニゲームを行う pic.twitter.com/jCmmk1BKCe
拡大
流星キック @ryuuseikick
各スート7~K,Aまでの32枚デッキを使う。つまりスカートデッキですな。シャフルして1枚オープンしてそれが切り札(というかまあキーとなるスートカード)になり、残りをプレイヤーに配り切る。枚数にばらつきがあってもかまわない
流星キック @ryuuseikick
最初のゲームは、手札に切り札スートの絵札やA、789のシークエンスがあればポットのチップを獲得していく。そうそう、最初に全員、9つのポットに1チップづつ入れていくのだ pic.twitter.com/QZscphJkKI
拡大
流星キック @ryuuseikick
これらはまた手札に戻す。ピノクルなどのように手札に役があればそれを見せて得点するというのと同じ。これが元かもしれない。まあ、これによって誰がなんのカードを持っているのか解る仕組みだけど、分かったところでどうしようもないことの方が多いのだけどw
流星キック @ryuuseikick
次のミニゲームは、手札に同じランクが2枚以上あればベットできる。最高は4カードで以降、3カード、ペアの順に強い。これはランクのグループのみのポーカーみたいなもので、実際にポーカーの元ネタではないかと言われている
流星キック @ryuuseikick
最後のミニゲームはポーカー勝負で勝ったプレイヤーから手札の1枚を捨てる。それ以降は手番順に関係なく、同スートで昇順でカードを捨てていく。最高ランクのAが出たらその場を流して、Aを出したプレイヤーがリードとなって同じようにカードをプレイしていく
流星キック @ryuuseikick
最初に手札をなくしたプレイヤーが勝利して、ポットのチップを獲得する。これを繰り返して誰かが破産したらゲーム終了、チップを一番獲得したプレイヤーが勝利する
流星キック @ryuuseikick
手札運が強いが、こういうミニゲームを連続でプレイするのは楽しい。いかんせんボードのポット穴とチップが小さくて取り扱いづらいのが難点だけど。 それと、あとで調べたルールと若干違ってたところもあった
流星キック @ryuuseikick
最初の手札役でチップを獲得できるミニゲームでは、KQのマリッジがあれば、KとQのポットのチップもがっさり獲得できるようだ。今回はマリッジがあったらそのポットのチップだけ獲得していた
流星キック @ryuuseikick
あと、最後のニューマーケットというかスニップスナップスノーラムというか、最近でいえばラマというか、あのミニゲームでは、リードプレイヤーは手札のそのスートの中で一番低いランクを出さなければならないようだった
流星キック @ryuuseikick
まあ52枚デッキを使うバージョンもあったり、ミシガンラミーでは手札5枚でがっつりポーカー勝負だったりで、時代とともにプレイバージョンもいろいろ変わっているのだろうとうかがえる
流星キック @ryuuseikick
【くいずです】お題カードに対して、答えのカードがランダムに並べられる。その答えを一番覚えている人が勝つ。クイズではない。記憶ゲーだ。ルールを聞いてる時点で全てを憶えられないからどこかの列に絞るしかないが、それがデザイナーの狙いだろう pic.twitter.com/cl1eKZDW01
拡大
残りを読む(32)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする