漫画家・佐藤秀峰氏が語る「漫画家の平均印税収入」

マンガ家もピンからキリまでとは言いますが… 漫画家・佐藤秀峰氏(@mangaonweb)「2009年に単行本を発行した漫画家さんの数は、約5300人」
116
電書バト @densho810info

少し前の話ですが、とある漫画研究者の方にお会いしたんですよ。 その方の調べたところによると、2009年に単行本を発行した漫画家さんの数は、約5300人だったそうです。まぁ、そのくらいだろうなぁ、という印象です。(佐藤秀峰)

2011-05-28 22:22:44
電書バト @densho810info

その2 では、ここで問題です。2009年に単行本を発行した漫画家5300人の内、トップ100人の印税収入の平均はいくらでしょうか?(佐藤秀峰)

2011-05-28 22:24:38
電書バト @densho810info

その3 正解は約7000万円です。 さすが、売り上げトップ100ともなると、結構、いいですよね。 では、残りの5200人の印税収入の平均額はいくらでしょうか?(佐藤秀峰)

2011-05-28 22:27:43
電書バト @densho810info

その5 残りの5200人の漫画家の平均印税収入は、約280万円だそうです。(佐藤秀峰)

2011-05-28 22:29:21
電書バト @densho810info

ありゃりゃ、「その4」とするところを、「その5」にしちゃった。。(佐藤秀峰)

2011-05-28 22:32:06
電書バト @densho810info

改めて、その5 2009年の日本のサラリーマンの平均年収は409万円ですから、漫画家の場合、原稿料は経費で使い切ってしまうか、赤なので、単行本を出せている漫画家さんでも、年収はサラリーマンの7割以下ということになります。(佐藤秀峰)

2011-05-28 22:40:42
電書バト @densho810info

その6 漫画家が平均的なサラリーマンと同じ生活をするためには、毎年1冊以上、単行本を発行し、かつ、年間累計発行部数が12万部を超える必要があるそうです。(佐藤秀峰)

2011-05-28 22:45:11
電書バト @densho810info

その7 漫画家として、一生を全うするのは、ほぼ無理、というお話でした。(佐藤秀峰)

2011-05-28 22:48:18
電書バト @densho810info

その8 ちなみに単行本1冊あたりの平均発行部数は、3万部くらいだったかな?正確な数字がすぐに出てこないけど。(佐藤秀峰)

2011-05-28 22:54:10
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

原作者になった年は99万ちょいでした。翌年も150万にギリギリ届かず。ようやく200万を超えたのは4年目だったかな。現実は厳しい。 RT @mangaonweb: その5 残りの5200人の漫画家の平均印税収入は、約280万円だそうです。(佐藤秀峰)

2011-05-28 22:59:24
電書バト @densho810info

原作者は、原稿料で黒が出るので、漫画家よりちょっとだけ有利ですよね。それにしても厳しいです。。(佐藤秀峰)@mogura2001 原作者になった年は99万ちょいでした。翌年も150万にギリギリ届かず。ようやく200万を超えたのは4年目だったかな。現実は厳しい。

2011-05-28 23:02:46
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

@mangaonweb アシスタント代はいりませんが、原稿料の相場が漫画家よりはるかに低いので。トップクラスでも中堅どころの漫画家より安いです(−_−;) 数をこなせないと食えませんが、数をこなすには売れっ子でないとダメという矛盾。

2011-05-28 23:35:29
電書バト @densho810info

お返事ありがとうございます。 漫画家も原作者も厳しいですよね。 ところで、漫画家は一人で描く場合、作画分の原稿料が出ますが、原作+作画分の原稿料とならないのはなぜだと思いますか? よろしければ、お考えをお聞きしたいです。(佐藤秀峰)@mogura2001

2011-05-28 23:47:58
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

@mangaonweb 原作がついたらアイデア部分を他人に任せているので、原作付き作品は漫画家の原稿料をその分割引くべきだけど、慣例として漫画家の原稿料はなぜか満額出ている、と考えてはいかがでしょう。それなら得してる気分になりませんかね? 原稿料は作画+アイデアの対価と。

2011-05-28 23:59:51
電書バト @densho810info

複数の編集部に確認したことがあって、文章でも残っているのですが、原稿料は雑誌掲載における作画の対価で、アイデアの対価は単行本の印税で支払っているという考え方らしいですよ。その論理も変だとは思っているのですが。。(佐藤秀峰)@mogura2001

2011-05-29 00:10:44
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

@mangaonweb それは…おかしいですね。だって漫画界はある時期まで雑誌連載をまとめた単行本という概念はなく、その頃の単行本は書き下ろし単行本という形で印税が発生する物ですから(だから、複数の作品が雑多にまとめられた雑誌ではなく、著者単独で刊行する本という意味がある)。

2011-05-29 00:31:25
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

@mangaonweb 昔は雑誌に一度掲載された作品を単行本にまとめても売れるはずがないという事で、漫画は読み捨てる物でしたが、サンデーコミックスなどが大きな利益をあげたので、各出版社が独自ブランドを立ち上げました。その理論なら、それ以前は漫画にアイデア料はなかった事になります。

2011-05-29 00:35:54
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

@mangaonweb ここら辺は、レコード登場以前は音楽家はライブの演奏で稼ぐものだったのに、レコードの登場で歌唱印税という概念が生まれ、ビートルズのようにアルバムの売り上げで食えるので何年もツアーやらないなんて状態だった点と、近いのかもしれませんね。旧来の文化と新文化の混乱。

2011-05-29 00:41:10
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

@mangaonweb ただ、CDが売れない時代は、プリンスの様にCDをただで配布し、コンサートツアーで莫大な利益を得るという、音楽本来(旧来?)の在り方に回帰しています。本は音楽とは違うのですが、やや参考になる気はします。寄席の利益分配システムも。電子書籍時代には特に。

2011-05-29 00:47:47
電書バト @densho810info

モーニングからの回答だと、「原稿料は作画の報酬で、作家の評価×実績で算出されるものであり、アイデアの対価としては、印税を支払っており、それによって作家を保護している」となっていますね。。http://bit.ly/9NYTPA(佐藤秀峰)@mogura2001

2011-05-29 00:39:32
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

@mangaonweb モーニング編集部の考えをジャッジする立場にはないですが、自分個人は原稿料は変動制雑誌掲載料であり、単行本印税は歩合制の著者単独雑誌掲載料(漫画の単行本は書籍ではなく雑誌扱いだから)と考えます。雑誌は総制作費が決まっており、原稿料は相対的に決まるかと。

2011-05-29 00:58:13
電書バト @densho810info

後付けの論理な感は否めないですよね。ちなみに、「原稿料が作画料ならば、なぜ原作者に原稿料が支払われるのか?」と質問した所、「サービスだ」と言われましたよ。(佐藤秀峰)@mogura2001

2011-05-29 00:46:10
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

@mangaonweb …サービスって(笑)。わしら編集部の慈悲の心で原稿料を恵んでもらってる存在か。編集者はあんがい雑誌の歴史とか疎いですからね。その場しのぎで言い繕ってたら、お馬さんの脚がニュッと顔を見せちゃったんではないかと。

2011-05-29 01:04:08
電書バト @densho810info

漫画におけるライブって、何になるんでしょうね?(佐藤秀峰)@mogura2001

2011-05-29 00:49:45
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

@mangaonweb 昔は雑誌だったのでしょう。本来は寄席のように、雑誌の総売上の中から制作費や人件費などの諸経費を引いて、その黒字の中から人気に応じた原稿料が払われるべきなのですが、ある時期から雑誌が赤字でも単行本で莫大な利益が出る様になり、システムがおかしくなりました。

2011-05-29 01:08:50
残りを読む(2)

コメント

ワス @wsplus 2011年5月29日
0:10:44以降のツイートを追加
0
へぼやま @heboya 2011年5月29日
ちなみに携帯コミックでは、原作付きなどの場合、その分原稿料が数千円分差し引かれるというケースがあるようです。つまり、原稿料が=アイデア及び作画の対価、というのが、非雑誌社での解釈、と。
0
tweet🌐meme @CoolTweetMeme 2011年5月29日
漫画家とアニメーターと。辛くなる一方のエンタメ業界‥これからもっと厳しくなる。国内市場は縮小し、日本が得意としていた分野へは、海外勢が進出している。ローカライズしないまま進めようとしてきた日本発のサブカルコンテンツは、失敗続きで何も進展せず苦境に陥ったまま。各分野でブレイクスルーを果たす「ロールモデル」が出てきて欲しい!!!!
0
偽教授 @tantankyukyu 2011年5月29日
トップ100人だけ抜いて平均を取ったら異常な数値になるのはサラリーマンでも同じじゃないかなぁ
0
偽教授 @tantankyukyu 2011年5月29日
えてして誤解されがちだけど、「平均値」って実はあんまり意味ないんだよ。。。こういう場合重要なのは最頻値と分布図なんだけど
1
偽教授 @tantankyukyu 2011年5月29日
5300人のうち何割になるかは知らないけど、大手週刊誌みたいにアシスタントを何人も抱えて連載して……みたいのばかりが漫画家ではなくて、結構な数の漫画家が、主婦兼業。イラストレーターが片手間に単行本を出しただけ、なんて例もある。その収入の範囲内で妻子を養うことが前提のサラリーマンとはまずスタートが違うんだよね。だから単純に比較はできない。
1
謎部えむ🍵 @Nasobem_W 2011年5月29日
スポーツみたいに企業に所属して漫画とか小説を書くシステムができたらいいのに。
1
Shiro Kawai @anohana 2011年5月29日
「SAG(米国映画俳優組合)メンバーの90%は俳優の仕事での収入が$28,000/yr以下」を思い出した ( http://lat.ms/agEuHk )。この90%は兼業ということらしいが。
0
Shiro Kawai @anohana 2011年5月29日
(SAGメンバーになるのは簡単ではないので、兼業とはいっても趣味でやってます、みたいな人はほとんど入ってないと思う。SAGに入ったけれどしばらく俳優業から遠ざかってる、みたいな人は入ってるだろうけれど。)
0
セルフ執事 @SF_yomi 2011年5月29日
409万円×40年=1億6360万円。一冊の印税を50円くらいとして、ざっくり考えると、300万部以上を生涯で売れば、収入の面でサラリーマンやるよりも成功した人生。全部印税で稼ぐ必要も無いし。
0
セルフ執事 @SF_yomi 2011年5月29日
大手出版社の全社員平均を800万円とすると、生涯で3億2000万円。生涯で500万部以上売った漫画家さんは、大手出版社の社長より偉いって事になる。お金で全てを計るのは違うと思うけども、案外良い感じ。
0
セルフ執事 @SF_yomi 2011年5月29日
あきらかに新人の漫画家さんが、ちょっと調子にのっちゃったのか色々言ってたりするのを見て、それは違うんでないの? とか思ったんだけども、こうやってお金で見るとラインが見えて来たような気がする。年齢とかも加味して。
0
セルフ執事 @SF_yomi 2011年5月29日
年間5万部以下の人はもっと頑張りましょう、今は何を言っても我侭であり、負け犬の遠吠えです。と、年間20万部を越えてる先生相手に、出版社もリスクを背負ってるとか詭弁も良いところです、出版社は先生の作品で稼がせて貰ってる立場を忘れるな。って感じになると思う。
3
T @FUNDOSHIMASK 2011年5月30日
09年のコミック売り上げオリコンランキングはここに。http://bit.ly/b2Zkfk 億超えが10人以上いそうなのでベスト100でもピンキリだろうね。
0
文殊堂 @monjudoh 2011年5月30日
どっちもダウトでしょ>トップ100人だけ抜いて平均を取ったら異常な数値になるのはサラリーマンでも同じじゃないかなぁ >その収入の範囲内で妻子を養うことが前提のサラリーマンとはまずスタートが違う
0
文殊堂 @monjudoh 2011年5月30日
『2009年に単行本を発行した漫画家さんの数は、約5300人』の上位100人以外だから、全体から上位2%を除外した集団の話でもない。この5300人がそもそも上位なんだろうし。
0
文殊堂 @monjudoh 2011年5月30日
これがダウトだっていうのは漫画家がどうこうじゃなくて、そもそもサラリーマンが自分一人の収入で配偶者と子どもを養う前提なんて無いって話。>その収入の範囲内で妻子を養うことが前提のサラリーマンとはまずスタートが違う
0
clearbooka4 @mikanzuki 2011年5月30日
今時終身雇用で定年までリーマンできる時代じゃないのになぜ博打娯楽ニート産業での売れない漫画家の最低年収を保障しなきゃならんのか
0
kagawa daichi @arateka 2011年5月30日
そもそもマンガ家を平均収入で割り切るのは意味がない気がするけど。だってフリーなんだし、ビックドリーム夢見てみんなマンガ家目指してるんでしょ? 上位で7000万稼げてるんだったらいいじゃん。それ目指して頑張ればいい。アニメは違う。誰も儲かってないんだから。
2
כניאל (けにえる) @knyel 2011年5月31日
この話で引っかかったのは格差が最近になって生じたようなミスリードがされてるけど売れっ子とそうでない人の差は昔からでしょ?入ってくる人達も当たれば天国当たらなければ地獄は承知の上で入ってくるのだろうし、漫画家をサラリーマン化するのは果たして本当にいいことなのか疑問に感じるんだけど。
1
俺@2016 @o_mina564 2011年6月2日
つまらない作品を書く漫画家の生活を保護するのは間違ってるとは思う。けど、一部の作品以外特に話題にもならないとか、そんな二極化は増えてる気がするのは確か。話題作以外でも面白い作品はいくらでもあるんだけど、面白い作品を探そうという気力が読者側にないのが最近の傾向なのかと
1
俺@2016 @o_mina564 2011年6月2日
昔は『ひまつぶしツール』としての需要が漫画にはあったんだけど、今はケータイやパソコンなどが漫画にとって替わってて、昔はマイナー作品でも一定額売れる需要があったのに、それがなくなったのが最大の原因じゃないかと
1
内海まりお UTUMI Mario @mariouji 2011年6月2日
漫画家はサラリーマンと比べるんじゃなくて、どっちかと言うと「プロ野球選手」とか「プロサッカー選手」とかと比べた方がいいんじゃないかな?そしてそんなに売れなくても儲かる様なシステムが出来るんじゃないかと思うけど、出版会社は腰が重い。
1
Kazshige Maeyama @K_Maeyama 2012年1月16日
労働価値説はとっくの昔に否定されている。漫画家には印税がありそれこそが漫画家の作品の市場価値をあらわす数字になるはず。印税収入で生活できない漫画家は引退したほうがいいのだろう。印税収入が低いということは読者が少ないということですから。
1
犬面犬@最近はイラスト @inumenken 2014年5月22日
漫画家は儲かるイメージが世間にあるかもしれませんが、儲かってるのはごく一部だけという事なんですね。
1