Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

動画『気候変動について彼らが言わなかったこと』を訳してみた。太古の昔から気候はずっと変動してきたし、これからも変動し続ける。気候変動は地球という惑星の日常に過ぎないのだ。

グリーンピースの共同設立者の一人で、現在は脱退して過激なエコロジー活動家を批判する立場のパトリック・ムーアが語ります。
51
tarafuku10 @tarafuku10

動画『気候変動について彼らが言わなかったこと』を訳してみた。 太古の昔から、気候はずっと変動してきたし、これからも変動し続ける。「気候変動」は、人が引き起こした最新の大惨事などではなく、さまざまな複雑な理由がからむ、地球という惑星の日常に過ぎません。youtube.com/watch?v=RkdbSx… pic.twitter.com/71yrgiV0ny

2019-10-08 18:03:36
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

唯一変わらないことは、常に変化はあるということだ。 これは人生にも当てはまるし、気候にも当てはまる。46億年前に地球が誕生して以来、気温は常に変動してきた。 たとえば、過去2000年間だけを見てみても、現在よりも暖かかったローマ時代の温暖期のあと、寒冷な暗黒時代が訪れ… pic.twitter.com/HAP59zM3Cx

2019-10-08 18:04:34
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

…次に、少なくとも現在と同じくらい暖かかった中世の温暖期がやってきた。それに続く小氷期には、ヴァイキングがグリーンランドから追い出された。そして、300年前から現在にかけて、気温は徐々に上昇している。変化の連続である。そして、もちろん、この中で人間によって引き起こされたものはない。 pic.twitter.com/excYQLaH2U

2019-10-08 18:05:10
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

過去40万年間で、大きな氷期が4回あった。つまり、地球のかなりの部分を巨大な氷床が覆っていた期間だ。氷期と氷期の間には短い間氷期があった。現代は、間氷期である。これらはすべて、250万年前に本格的に始まった更新世氷河時代の一部である。 pic.twitter.com/ZOkAjII33X

2019-10-08 18:06:56
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

これは、現在も継続しており、したがって私たちは今でも氷河時代に暮らしていることになる。南極や北極が氷に覆われているのがその証拠だ。3,000 万年前には、地球上に氷はまったくなかった。 pic.twitter.com/VySIBrKHvc

2019-10-08 18:07:16
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

さて、地球温暖化を大騒ぎする人々が蛇蝎のごとく嫌うCO2はどうなのか? CO2はこの構図のどこに収まるのか? あなたが思うほどしっくりとは収まらないのである。 気温とCO2レベルの間に強い相関関係はない。それどころか、何百万年という長いスパンで見れば、これら2つは全く同期しないことも多い。 pic.twitter.com/CIpMWQ4nnY

2019-10-08 18:08:26
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

どのような期間を切り取ってみても、ほぼすべてで気候が変化していることがわかる。その理由は完全には解明されていない。しかし、大気中のCO2の濃度以外にも、さまざまな要素が影響を与えていることはわかっている。 pic.twitter.com/LEjqDrdfxh

2019-10-08 18:09:02
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

たとえば、地球が太陽の周りをまわる楕円軌道の形とサイズ、太陽の活動、地球の軸の揺れと傾きの量などである。小氷期のピークから現在までの比較的短い300年という期間を見てみても、一定ではない。最新のトレンドは温暖化である。 pic.twitter.com/zvtCYzK3c0

2019-10-08 18:09:19
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

しかし、それが始まったのは、化石燃料を燃やして大量にCO2を排出するようになるよりも、さらに100年近くも前のことである。21世紀に入ってからは、特に大きな温暖化傾向は見られない。メディアの喧騒をよそに、過去20 ~30年の傾向は基本的に横ばいである。 pic.twitter.com/GWOX4EcpXd

2019-10-08 18:09:37
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

ところが、人によるCO2排出量は史上最高レベルである。この期間の全CO2排出量の約25% は人に起因するものだが、実質的に気温は上昇していないのである。 pic.twitter.com/ssdgl1jtof

2019-10-08 18:09:56
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

では、今後はどうなるのか? 気温の上昇傾向が再び始まるのか? 長い期間にわたって横ばいが続くのか? それとも、気温は下がり始めるのか? 誰にもわからない。最大かつ最速のコンピューターでさえも。 pic.twitter.com/h2S8zhZ07l

2019-10-08 18:10:13
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

私が提示した情報、つまり遠い昔から前世紀までの気温の上昇、低下、横ばいなどのデータは、調べようと思えば誰でも調べることができる。それなのに、こうした単純な事実を口にするだけで、「気候変動否定論者」と呼ばれることを覚悟しなければならない。 pic.twitter.com/lU65UiarKt

2019-10-08 18:10:28
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

それは、馬鹿げているだけでなく、卑劣である。馬鹿げている理由は、筋金入りの懐疑派ですら、気候が変化していることを否定していないからだ。卑劣な理由は、誰かを気候変動否定論者と呼ぶことは、その人を意図的にホロコースト否定論者に関連付けることだからだ。中傷はそろそろやめようではないか。 pic.twitter.com/dAL0GZmqMx

2019-10-08 18:10:49
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

気候は、私たちが理解できない多くの要素に左右される、地球上で最も複雑なシステムであり、気候を予測することは、科学とは程遠いものだ。天気や気候を予測すること、いや、何であっても60年後のことを予測できると考えるのは、少しばかり傲慢な態度ではないだろうか。 pic.twitter.com/y2s2YUXWN5

2019-10-08 18:11:08
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

科学の決着は付いていない。議論は続いている。気候は常に変動している。常に変動してきたし、これからも常に変動する。 グリーンピースの共同設立者のパトリック・ムーアでした。(了) pic.twitter.com/A2Ccw78uM2

2019-10-08 18:11:37
拡大

コメント

Mr.H(え〜い16回目(❗)のシャドウバン😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅) @DrStrangel 2019年10月29日
常に冷静な語り口と確かな知見に裏打ちされ、それでいて平易なサヨク運動家への対抗言論を的確に選択する @tarafuku10氏の抜群のセンスにはいつもながら脱帽させられる。
9
sdff @jkgkikllh 2019年10月29日
なぜ素人は数学の論文にはケチを付けないのに気候変動の論文にはケチを付けるのか。
8
sdff @jkgkikllh 2019年10月29日
このおっさんは学会で学者相手に対等に議論できるの?素人に発表してないで学会で発表したらいい。
4
nekosencho @Neko_Sencho 2019年10月29日
こういう話のマヌケなとこは、二酸化炭素排出抑制などの温暖化対策まで無駄だと言い出すバカがいることだな。 原因が人類であっても自然現象であっても、温暖化で困らないようにするには温暖化対策をするしかないという単純な話を理解できてない。
12
たるたる @heporap 2019年10月29日
100年単位で起きる気候変動が数十年で起きてるから問題だって、ばっちゃが言ってた。
7
pdx_jp @pdx_jp 2019年10月29日
Neko_Sencho 温暖化対策は必要だけど、計画しても実際には大排出源に目をつぶってて達成できない二酸化炭素削減対策が適切な方法かどうかは厳しく査定されるべきですね。海面上昇で沈むと言われてたツバルとか騒がれなくなったと思ったら逆に面積増えてたという論文がネイチャーに載ってたりするし。むしろ温暖化に伴う気象変動に対する防災対策の方が喫緊かつ効果的な対策じゃないですかね。
36
pdx_jp @pdx_jp 2019年10月29日
再生エネルギーに思いっきり舵を振ったせいで電力供給会社が疲弊した結果、老朽化した送電線が原因の大規模な森林火災で毎年大量に二酸化炭素ばらまいてるカリフォルニアみたいなバカなことはしちゃダメなんじゃないですかね。
26
sako @SSako86 2019年10月29日
典型的なチェリー・ピッキング。
3
あらⓅ★ @arapix 2019年10月29日
まさにコレ。気候変動は必然だから対応する技術開発が必要なのに、人類の進歩を止めようとするバカのいかに多いことか。
11
シオシオ神殿 @WsaltTemple 2019年10月29日
万年単位で生物相が大きく変わるような変化を含めば確かにそうかも知れないが、数百年単位で考えれば、つまりオレらやその子孫に影響ある範囲だと温暖化対策は意味あると思うけどね。これ面白い。https://www.amazon.co.jp/gp/product/4532198917/
3
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年10月29日
Neko_Sencho 温暖化対策はいいんだけどさ、飛行機に乗るのは恥だとか言い出したり、ヨットでパフォーマンスしたり、肉を食うな、虫を食えとか言い出すのが環境対策になるの?って話。 正直日本の贅沢は敵だ!みたいな耐乏生活路線で環境問題を何とか出来るとは思えないね
34
サブ3 a.k.a. ビール女子💩 @SSSUB0721 2019年10月29日
二酸化炭素だけ目の敵にしてお茶濁してんじゃないぞってことですかね
21
とーま @vicy 2019年10月29日
そういや、なんかで、昔の気候は正確に測定できるって言ってたな。どうやるんだろ。昔の天気情報かなんかのデータをスーパーコンピューターで逆算すんの?
0
柳川弥生 @pibililaspa 2019年10月29日
単位のないグラフを使う人は信用しないことにしてるんだ
4
Hiroshi Yamashita @HiroshiYamashi4 2019年10月29日
環境負荷を減らすに越したことはないのでCO2削減が無駄とは思わんけど、経済活動に悪影響与えてまでやるこたないよねという話?
1
ひふみよいつ @hihumi_yoitu 2019年10月29日
常在菌がどんなこと考えてるが知らないけど、俺は勝手に身体洗うし、ヤクルトも飲む。
0
ざんせつ @zantenmori 2019年10月29日
vicy 1年のうち8月は暑くて1月2月がクソ寒で雪が降るのが分かるのと同じじゃないですかね。 太陽の活動が周期を持っているのと過去の文献から分かる、みたいな事をどっかで聞いた覚えが。
1
a7R2Lj @a7R2Ljtm 2019年10月29日
Neko_Sencho 二酸化炭素排出抑制が温暖化対策ではないと言っているのですが・・・
21
sako @SSako86 2019年10月29日
現状の温暖化対策の問題をあげるのはいいんですが、CO2をを無分別に排出する言い訳に使われなければいいですがね。
1
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2019年10月29日
日本では秋から冬にかけて緩やかに気温が低下してゆくが、今日は昨日に比べて急激に気温が下がっている。これは異常気象ではないだろうか…と言うのが「急激な変化」論の例。過去の気候変動のデータの分解度が低いのだから、現在のデータもそれなりに期間を取って平均しないとマズいんだよね。
0
ろんどん @lawtomol 2019年10月29日
vicy 「古気候学」というジャンルかと存じます。
3
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2019年10月29日
「温暖化*防止*対策」と「温暖化*適応*対策」をワザと曖昧にした表現をして対立者が「温暖化対策に反対してる」と表現する詐欺的な主張、十年以上前から変わってないよな。
0
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2019年10月29日
少なくともこの件については国内では、一応フロントに立って議論してた気象学者が赤祖父さんとの議論で彼が主張してることと関係ない事を上げて反論してるのを見て「ああ、無理なんだな…」と悟ったよ。
0
おろろ @fYe39CoQsPrbZVK 2019年10月29日
気候の変動が二酸化炭素による異常事態じゃなく、普通に起きる事なんやろ。だから温暖化防止じゃなくて「数十年前の安定した気候に無理矢理保とう」運動で、その一貫として二酸化炭素調整があるべきやて話や
4
佐渡災炎 @sadscient 2019年10月29日
温暖化の問題は、「今現在人類が多く暮らしている地域」がちょっと暮らしにくくなることであって。逆に、「今までは人類が住むには気温が低すぎた地域」に人が住めるようになるわけで、温暖化を何とかしようとするよりは人類の活動地域をシフトするほうがおそらく簡単。自然は人類の敵。
0
nekotama @nukotama001 2019年10月29日
pdx_jp 査定されるべきって、誰がやるのよ。たらればではどうにもならんよ。
1
nekotama @nukotama001 2019年10月29日
sadscient デントコーンの害虫の拡散や特大台風の連発がそんなのどかな状況かな。
0
pdx_jp @pdx_jp 2019年10月29日
nukotama001 各国が政策や規制に反映する時点で査定したらいいんで、各国の主権の範囲内で十分対応可能ですけど。っていうか、実際守れませんみたいな対応が各国から続々出てる時点で程度の差こそあれ各国やってらっしゃるわけですから、たらればでもなんでもないですよ。
4
nekotama @nukotama001 2019年10月29日
何故、オゾンホールを世界で初めてちゃんと確認したのが日本の南極基地であるという事実が広まらないのだろう。
1
nekotama @nukotama001 2019年10月29日
pdx_jp 守れませんという話は、各国の政治的な問題や産業の問題で出来ないという話で、別に科学的に分析した結果ではないんじゃないですか。アメリカは守る気なんか最初からないから、NASAに地球温暖化は水蒸気のせいだという研究をさせたりはしましたが。
1
yaya @yakumokumaneko 2019年10月29日
電車まで打ち壊し対象にしてたからマジで産業革命前の移動手段しか取れないしなぁ CO2は減りそう
2
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年10月29日
そもそもCO2を悪者にし始めたこと自体が、単に中東の石油に依存したくないという世論工作だったんだし
7
pdx_jp @pdx_jp 2019年10月29日
nukotama001 科学的に分析するのは科学者の仕事で、それは自由にやってもらえば結構。成果を実際の社会にどう反映するかは政治の仕事。そこで社会として実際にやる意味があるかどうかなど精査すればいいわけですから。守れませんってのはそういう精査の結果ですよね。科学の成果より社会の現実を取ったという。
0
佐渡災炎 @sadscient 2019年10月29日
nukotama001 被害というのは人類の視点であって。いずれにしても人類ごときのしかもCO2排出がどうたらという程度のことで地球の自然そのものをどうにかできるはずもなく。
1
佐渡災炎 @sadscient 2019年10月29日
nukotama001 地球温暖化の最大要因は太陽の活動ですよ。
4
佐渡災炎 @sadscient 2019年10月29日
nukotama001 水蒸気の方が温暖化効果が高いというのは単なる科学的事実ですが。大気組成中の割合から言っても単位量あたりの熱容量から言っても。
2
pdx_jp @pdx_jp 2019年10月29日
nukotama001 科学的に分析といってるけど、気候変動モデルの予測が本当だったとして二酸化炭素削減が環境変動に伴う被害の抑制に効果的なのか、また効果があるとして費用対効果はどの程度なのかの検証はどこまで進んでるんですかね?寡聞にして知らないのですが。
1
a7R2Lj @a7R2Ljtm 2019年10月29日
fYe39CoQsPrbZVK その「二酸化炭素調整」に意味があるかないか(たぶんほとんど意味がない)今時点でわからないという話です。必死にCO2を抑制して100年前の濃度に戻してもその苦労(=コスト)に見合う効果は得られない可能性が高い。
3
佐渡災炎 @sadscient 2019年10月29日
sotonohit 「太陽の活動」を「太陽放射の強さ」だけに限ったら相関が見えなくなったというだけの話では。https://www.nature.com/articles/ngeo1282
1
佐渡災炎 @sadscient 2019年10月29日
太陽活動の変動は100万年スケールでトレンドを見る必要があり、さらにそれが地球の気候に影響するまでのタイムラグも不明なので短期的な観測では検出が難しい。今のところは「太陽の影響は考えないものとする」という詭弁的モデルを適用しているだけ。
0
佐渡災炎 @sadscient 2019年10月29日
「ただし摩擦はないものとする」とか「空気抵抗はないものとする」みたいな力学のテストでしか使わんようなモデルを、生きてる人間が住んでる環境に適用するのはっきり言ってマッドサイエンスですよ。
0
酔狂先生(へたれ無双)@特殊な用途のカオマンガイ @sotonohit 2019年10月29日
sadscient いやその論文でも扱っているのはsolar irradianceだし、影響があるのは北半球の冬の気温だけで全球平均気温にはほとんど影響ないと論文のイントロに書かれていますし… ちなみに太陽風のその他のパラメータの時系列データは下記Fig 8ですが、やっぱり関係は薄そうです。 https://www.nature.com/articles/srep41548
1
酔狂先生(へたれ無双)@特殊な用途のカオマンガイ @sotonohit 2019年10月29日
sadscient 「短期的には観測が難しい」なら、短期的、たとえば現代社会の予測にとって重要な千年以下のタイムフレームでは検出出来ないようなレベルの変化しか起こさないということですよ。
1
酔狂先生(へたれ無双)@特殊な用途のカオマンガイ @sotonohit 2019年10月29日
sadscient もう一つ付け加えると、太陽等に変化があったとき、地球のエネルギー収支・物質循環がそれにみあった状態になるのには千年ほどあればだいたいは足りるので、それより長いタイムフレームで相関らしいものが見えたとしてもそういうのはたいがい偽相関でしょう。
0
佐渡災炎 @sadscient 2019年10月29日
sotonohit 「千年ほどあれば足りる」のソースはありますか?
0
酔狂先生(へたれ無双)@特殊な用途のカオマンガイ @sotonohit 2019年10月29日
Lkpi8dEIKmF7bi1 どのみち枯渇性資源に永遠には依拠できないので、再生可能エネルギーだけでまかなう社会を想定しましょう。すると太陽放射+地熱の資源量には上限があります。そしてエネルギーを使う活動には効率の上限もあります。それを地球上の一人当たりに割り当てた時、飛行機が無制限に利用できるとは限らないですね。
0
酔狂先生(へたれ無双)@特殊な用途のカオマンガイ @sotonohit 2019年10月29日
sadscient 縄文海進の時のような地盤変動は1万年オーダーでしょうが、それはだいたい地域的なものでしょう。気温変化に対する森林の適応は樹木の寿命の数倍程度。大絶滅レベルのイベントであれば、生態系の進化適応はさらに長いでしょうが、通常は生き残った種が速やかに入り込むので物質循環の速さは事後の状況次第。海水温変化と大気中CO2濃度の変化がおよそ数百年遅れ未満(IPCC AR5 WG1 5章)。
0
酔狂先生(へたれ無双)@特殊な用途のカオマンガイ @sotonohit 2019年10月29日
sadscient 現在の人為的CO2排出量は地球が温室効果によって昇温できるよりも速く増加しています。AR4の古い図ですが、大気中のCO2濃度がある時点で一定になったとしてもそこから数百年は少しずつ温暖化するでしょう。 https://www.ipcc.ch/report/ar4/wg1/global-climate-projections/fig-10-34/
1
酔狂先生(へたれ無双)@特殊な用途のカオマンガイ @sotonohit 2019年10月29日
sadscient https://www.ipcc.ch/report/ar4/wg1/global-climate-projections/fig-10-35/ こちらも同じくAR4、2100年で人為的排出を0にした場合の予測です。1000年だと収束には微妙に足りなさそうですが、2000年は掛からないかな、というところ。
1