【論文・研究不正問題】記事『STAP細胞事件が覆い隠した科学技術立国ニッポンの「ヤバい現実」「史上最悪の研究不正」をご存知か?榎木英介』と #骨粗鬆症 とビタミン利権 (2019.11.27作成)

まとめました。
1
Priamal Fear @PriamalFear

STAP細胞事件が覆い隠した科学技術立国ニッポンの「ヤバい現実」 @gendai_biz gendai.ismedia.jp/articles/-/686… #現代ビジネス

2019-11-27 11:23:26
リンク 現代ビジネス STAP細胞事件が覆い隠した科学技術立国ニッポンの「ヤバい現実」(榎木 英介) @gendai_biz あのSTAP細胞事件の後も、多くの研究不正が明らかになっている。中には「史上最悪の研究不正」と言われるほどのケースも…… 206 users 1225
Priamal Fear @PriamalFear

@gendai_biz 弘前大学:研究活動の不正行為に関する調査結果について 2017.11.15 更新 hirosaki-u.ac.jp/30242.html

2019-11-27 11:26:28
リンク 弘前大学 研究活動の不正行為に関する調査結果について|弘前大学 研究活動の不正行為に関する調査結果について 弘前大学のお知らせ, 新着ニュースです。大学案内、入試情報、受験情報、研究・産学・地域連携、国際交流・留学、シラバス、就職情報など、弘前大学に関する情報を掲載しています。 1 user
Priamal Fear @PriamalFear

@gendai_biz 元教授で医師S氏(自殺?)骨粗鬆症などの専門家。 ”2019年11月21日現在、撤回された論文数は実に87報に及ぶ。撤回論文を除くと、患者の治療ガイドラインの結論が変わってしまうという。つまり、S氏の不適切な論文のために、患者が不適切な治療を受けていたことになる。患者への影響は計り知れない。”

2019-11-27 11:35:40
リンク Retraction Watch The Retraction Watch Leaderboard Who has the most retractions? Here’s our unofficial list (see notes on methodology), which we’ll update as more information comes to light: Yoshitaka Fujii (total retractions: 183) See … 4 users 328
Priamal Fear @PriamalFear

@gendai_biz TIDE OF LIES sciencemag.org/news/2018/08/r… Researcher at the center of an epic fraud remains an enigma to those who exposed him Kai KupferschmidtAug. 17, 2018

2019-11-27 14:01:10
リンク Science | AAAS Researcher at the center of an epic fraud remains an enigma to those who exposed him After years of detective work, it's still unclear why a Japanese doctor faked dozens of clinical trials 59 users 2166
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

@PriamalFear "Two years later, in April 2015, JAMA told the researchers the hospital had not responded, and it would publish an "expression of concern"—a short note to flag Sato's JAMA paper as suspicious. It would not publish the whistleblowers' paper, however;"

2019-11-27 14:22:37
Priamal Fear @PriamalFear

@YuriHiranuma What universities can learn from one of science’s biggest frauds nature.com/articles/d4158… Holly Else. 18 JUNE 2019

2019-11-27 14:35:08
リンク www.nature.com What universities can learn from one of science’s biggest frauds Detailed analysis of misconduct investigations into huge research fraud suggests institutional probes aren’t rigorous enough. 1 user 7
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

@PriamalFear "Detailed analysis of misconduct investigations into huge research fraud suggests institutional probes aren’t rigorous enough.”

2019-11-27 14:37:49
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

@PriamalFear "The universities did not respond directly to criticisms of the investigations, which Nature flagged to them, but offered further details about their inquiries and the outcomes.” どっかで聞いたような話だすね。w

2019-11-27 14:38:23
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

@PriamalFear ”報道機関が情報公開法を通じて入手した非公開資料を見せていただいたところ、医学部では論文の結論に影響がないから、不適切なグラフなどがあっても研究不正ではないとされていた。” gendai.ismedia.jp/articles/-/686…

2019-11-27 14:58:10
Priamal Fear @PriamalFear

@YuriHiranuma 6TH WORLD CONFERENCE ON RESEARCH INTEGRITY 2-5 June 2019 Abstract (PDF) wcrif.org/images/2019/PD… O-028 pic.twitter.com/ZHNxWizCJn

2019-11-27 15:00:55
拡大
Priamal Fear @PriamalFear

@YuriHiranuma で、ビタミンKに行き着くと・・・うちの母親も被害者だなw 「死んでも論文は残る」からと徹底的に追求してますね。 学会とかは、そのガイドラインについては無視してるのかな・・・

2019-11-27 15:06:17
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

@PriamalFear ”大学”の体質という所でしょうか。

2019-11-27 15:13:58
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

@PriamalFear 波及効果が半端なく甚大ですよねえ。この論文不正問題について、初めて知りました。ガイドラインについては気になりますよね。 この4人の研究者らにとっては、もはやライフワークみたいになってるんでしょうが、他人の不正行為の追求という、なかなか報われないことをやり続けるのは大変ですね。

2019-11-27 15:23:26
Priamal Fear @PriamalFear

@YuriHiranuma ですね・・・科学者らしいと言うか・・・なかなか真似できませんね。 この件も、健康被害が出ていないので無かった事にしようとしているんですかね。 ちょっと調べてみます。

2019-11-27 15:27:04
残りを読む(24)

コメント

のび @Novifam 2019年11月27日
世界ではジャップは嘘つき民族、は常識だからね仕方ないね
0