フィリピン・タール火山の噴火(3)地殻膨張

まとめました。
10
橋本学 @manabu0131dpri
Sentinel-1の画像解析してみました.カルデラ中心部はデコリレーションして何も見えませんが,周囲に変動が見えます. クラックらしいのはちょっとわかりにくいですね. www1.rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp/~hasimoto/Mana…
Raffy Tima @raffytima
After the phreatic eruption last Sunday and its continuous volcanic activity, the picture perfect features of Taal Volcano has changed. Compared to the photo taken by @ruthcabal15 last December, the famed Taal volcanic lake has disappeared in the drone photo I took today. pic.twitter.com/AVPzZvcjOa
拡大
拡大
拡大
拡大
橋本学 @manabu0131dpri
縞の数が勘定できないくらい,たくさんあります.色の1サイクルが2.8 cmで,青→ピンク→黄色→青の順番に地表と衛星の間の距離が伸びていることを示します.これは東側から観測した結果です.カルデラの東側が短縮,西側が伸長なので,カルデラ全体が膨張しているように見えます.
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
思ったとおり、かなり強烈な膨張ですね。しかも地割れが生じているカルデラ南西縁付近に寄っているように見えます。比較のためにGoogleMapと並べました。 twitter.com/manabu0131dpri… pic.twitter.com/9Q4RB6iaG9
拡大
橋本学 @manabu0131dpri
Here is a Sentinel-1 interferogram from a descending orbit. Changes between Jan 9 and 25 was detected. www1.rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp/~hasimoto/Mana…
橋本学 @manabu0131dpri
@usa_hakase 残念ながら、1月9日の画像は南の島、ミンドロ島?が写ってませんでした。データはあるはずなので、時間ができたらトライ、ということで
Ryusuke IMURA @tigers_1964
うーん。姶良カルデラでこんなの見えたら、私は逃げるよ。 twitter.com/usa_hakase/sta…
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
これ姶良だったら規制委員会が川内原発停めるレベルだよね。 twitter.com/tigers_1964/st…
Ryusuke IMURA @tigers_1964
@usa_hakase 大きな噴火がホントに起こるかどうかは、わからないけど、数日でこうなることが、大変恐ろしい。数年前にカルデラ噴火がわかるなんて妄想以外の何物でもないことがわかる。
R. Natsuaki @flyingwktk
タール火山の湖の南西にあるSan Nicolas 付近、Sentinel-1 の時系列動画で比べてみると汀線が何十m か沖にずれてるように見える。漂着物かもしれないけど。 pic.twitter.com/AT1uVPNLjv
早川由紀夫 @HayakawaYukio
PHIVOLCSは、地割れについて15日8時の報告で言及した。しかし、それが地殻膨張の結果であるとは断定してない。16日8時の報告には地割れへの言及がない。 pic.twitter.com/pS6vqswJsv
拡大
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
12日に噴火したタール火山がこのあと大噴火に至るかどうかはわからないが、広域で起こっている顕著な地殻膨張をみると、この火山危機がフィリピン経済に長期にわたって打撃を与えるのが確実だ。何十万人が避難生活を強いられる。大噴火に至った場合、マニラ首都圏に住む2500万人に甚大な影響が及ぶ。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
▼Taal, Philippines chance Magnitude death 1   M3   0 0.5  M4   1,000 0.05  M5   30,000 0.005  M6  1,000,000 0.0005  M7 30,000,000
早川由紀夫 @HayakawaYukio
リスクまで考える。 chance Magnitude death risk 1   M3   0   0 0.5  M4   1,000   500 0.05  M5   30,000   1,500 0.005  M6  1,000,000   5,000 0.0005  M7 30,000,000  15,000
早川由紀夫 @HayakawaYukio
噴火の内容は、 1   M3   0 12日に実現済み 0.5  M4   1,000 0.05  M5   30,000 0.005  M6  1,000,000 カルデラ陥没、6000年ぶり 0.0005  M7 30,000,000 火砕流がマニラまで到達
Sotiris Valkaniotis @SotisValkan
Ground deformation (line-of-sight) around #Taal volcano #Philippines from #Sentinel1 unwrapped interferogram. Displacement values in meters. Processed w/SNAP at @esa_gep. 3D view using ALOS DSM elevation. pic.twitter.com/yHpEP4jBx3
拡大
Sotiris Valkaniotis @SotisValkan
And the phase interferogram for the area around #Taal volcano #Philippines from #Sentinel1 #InSAR. Each color fringe is 2.8cm of surface dispalcement. Processed w/DIAPASON at @esa_gep. 3D view using ALOS DSM elevation. pic.twitter.com/0S2FpChU3I
拡大
Floriane Provost @FlorianeProvost
First processings of the latest #Sentinel1 acquisitions over the #TaalVolcano showing complex deformation and important amplitude changes. Using the DIAPASON and COIN services on @esa_gep. pic.twitter.com/WEQushquA7
拡大
拡大
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
12日14時に始まった水蒸気プリニー式噴火が12時間で終わったのは、火口湖の水が使い果たされたからだろうか。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
火口湖の面積は1平方キロだ。平均深さ20メートルとすると、2000万トン。噴出したマグマと同じだ。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
次は、乾いた通常のプリニー式になって軽石(スコリア)が降るのだろう。そして火口が拡大して、タール湖の大量の水が接触するようになるとベースサージ(火砕流の一種)が発生する。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
気象衛星ひまわりの高解像度画像はここで見られるんだった。 himawari.asia/himawari8-imag… 10分おきの画像がアーカイブされている。日本時間1540(フィリピン時間1440)からタール噴煙が出現する。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
夜間も映る赤外は「24時間地球」で見ることができる。 himawari.asia/himawari8-imag… 日本時間0230に噴煙の根本がタールから離れる。水蒸気プリニー式噴火の継続時間は11時間だった。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
火山灰雲は、やっぱり13日午前中に小笠原父島に届いたはずだなあ。降灰報告ないのかなあ。 pic.twitter.com/6WKBxczHIv
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
タール湖の水量は一定と考えて、南西部で陸地が隆起したから、そこの汀線が沖に行ったと考えるのがよいだろう。
残りを読む(26)

コメント

肉=ローステッド @nnWEnSAaoRMHcri 2020年1月16日
まだ終わりじゃ無いのか……
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする