編集部イチオシ
2020年3月1日

📽️ジオン大戦記録 MSV戦記🎞️

「それはゴッグから始まった・・・」 80年代のガンプラ第一世代を生き延びた懐古厨モデラーによる、講談社ポケット百科シリーズ『モビルスーツバリエーション』などを基に独自解釈した世界観です。#大人のモナカキット部  の完成品によるまとめになります。全て筆塗りによる製作です。あくまでも『機動兵器』という事で綺麗にはこだわっていません。ご了承下さい😋 【ジオン大戦『ジオン公国独立戦争』】 宇宙世紀0079年の1月に宣戦布告、宇宙世紀0080年の正月を迎えて、1月26日に終戦。13ヵ月におよぶ戦争である。
13
☠マダオ™ @madao2005

ガンダムの思わぬ抵抗により劣勢を強いられたジオン軍は、新型MSの開発を急いだ。グフ、ズゴック、そして開発ナンバーMS-09、局地戦用重MSドム。ジェットストリームアタック、トリプルドム。窮地に立たされたガンダムの運命は…パーフェクトコレクション!バンダイのプラモデル #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/u7j0yx0cgN

2021-04-15 23:34:38
拡大
拡大
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

特務部隊からの要請で、前期型を改良した強行偵察型(Eタイプ)も開発された。機体各部に新型の探知システムを装着し、「実験(EXPERIMENT)機」と称する関係者もいる。だが、偵察任務はアッガイの方が適しているとして、試作型2機で生産中止となった。外観上の違いは特にない。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/6LuAVO40F2

2021-04-15 19:02:00
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

MSM-07S ズゴック。各地の潜水艦隊に配備され、強襲作戦や上陸作戦を主に行っていたようだ。ズゴックの生産はキャリフォルニアベースが担当しており、後期には、反応炉の高出力化や運動性の改善、装甲板の軽量化・強化などが図られた『MSM-07S』へと生産が切り替えられている。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/3uxTNP4bfg

2021-04-15 19:01:00
拡大
拡大
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

本来はMSM-04となるはずだったが、ゴッグの実戦データに基づく設計改良を受けたため完成が遅れた。だが、そのために性能は向上し、本機により水陸両用モビルスーツは完成の域に達した。戦闘力はMSMシリーズ中、最高のもので、パイロットによってはザク以上の戦果をあげている。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/7UWDtgu2JQ

2021-04-15 19:00:01
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

『ジオン軍階級章』 【ヘ】伍長 【ヘヘ】軍曹 【ヘヘヘ】曹長 【傘型】少尉 【傘型+ヘ】中尉 【傘型+ヘヘ】大尉 【傘型の左右に縦棒付】少佐 【傘型+W字】中佐 【傘型+ヘ+W】大佐 【傘型+ヘヘ+W】設定無(准将・少将) あの傘型デカールにこんな設定があったとは🤔 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/0C2RFSFo8u

2021-04-10 16:10:10
拡大
拡大
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

陸戦型局地戦用モビルスーツとして開発されたドムだが、基本設計の良さを買われ、空間戦用モビルスーツとして再開発された。これがMS-R09『リックドム』と呼ばれる機種である。急造とはいえ、総合性能ではゲルググには及ばないものの、Rタイプのザクを遥かに凌ぐものであった。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/ioLlOjxarz

2021-03-23 19:36:28
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

MS-09 ドム。生産はキャリフォルニアベースとグラナダが担当した。ドムの開発に並行して研究された武器に、360ミリバズーカ砲がある。これは、それまで製作されたモビルスーツの携帯火器のうち、最大級のものである。試射実験はキャリフォルニアベース北部の試射場で行われた。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/V6NEqKTM7V

2021-03-23 19:35:22
拡大
拡大
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

YMS-09は、外部の形状に多少手直しを受けたものの、ほぼプロトタイプ通りの形で量産が開始された。型式ナンバーはMS-09で『ドム』と名付けられ、ユーラシア大陸中部に初配備された。この時、初めてドムに乗り込んだのが、突撃機動軍キシリア少将指揮下の”黒い三連星”であった。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/8lceVS13SV

2021-03-23 19:33:31
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

連邦軍のモビルスーツ部隊はジオン軍のものと異なって、基本編成は1個小隊RGM-79を5機とし、加えてRB-79の支援を前提とされていた。これはチームワーク重視の集団戦闘を中心に考えていることを意味する。連邦軍には地球上型と宇宙型の2種類の編成が有るが、基本的に変化は無い。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/K3B5MmdbRO

2020-12-17 19:36:04
拡大
拡大
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

RX-78シリーズのRXモビルスーツは、ジオン軍の一連のモビルスーツに単一機種で対抗できるよう設計され、地上、水中、宇宙での運用が可能であった。それがジオン軍のMS-06との決定的な違いである。量産型であるRGM-79GMは、簡略化ではあるがRX-78タイプを引き継ぐ設計であった。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/Muld6hHOdW

2020-12-17 19:34:52
拡大
拡大
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

RB-79ボール。『スペースポッド』を拡大設計し、簡易RXモビルスーツとして計画されたのだが、完成したものは空間専用簡易モビルアーマーであった。空間戦において、RGM-79GMの支援用に開発された。大戦末期に大量に戦線に投入されたが、どれほどの戦果をあげたかは不明である。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/oFZ2Rf0afG

2020-12-17 19:33:20
拡大
拡大
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

連邦軍のRXモビルスーツは数が少なく戦力として不安があった。そのため支援機としてSP-W03スペースポッドにRX-75の主砲を改修して搭載したRX-76が開発された。量産型はRB-79ボールと呼ばれ、RGM-79と同行して中距離支援攻撃を主任務としたが、急造な機体のため被害も多かった。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/Wtm8UCA2Vd

2020-12-17 19:32:10
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

RX-77-4の北米戦線投入と入れ替わるように、ジオン軍の”アプサラス作戦”に対抗すべく、3機のRGC-80が中央アジアのチベット方面に配置転換された。コジマ大隊の第08MS小隊をサポートし、ジオン軍のエースパイロットであるノリス・パッカード大佐操るグフを猛砲撃で撃破している。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/SmOiSvmjgb

2020-07-29 18:41:09
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

RGC-80 GMキャノン。RGC-80隊の内、最大の戦果を挙げたのは北米戦線の部隊だった。当時、指揮官を失ったばかりとはいえ無傷のジオン北米方面軍に、RGM-79、RGC-80の混成部隊が壊滅的打撃を与えたのだ。大戦史上、特筆すべきものでありながら、この戦闘はあまり知られていない。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/OIUTehZK2w

2020-07-29 18:39:36
拡大
拡大
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

RGM-79がRX-78の量産タイプであったのと同じく、RGC-80はRX-77ガンキャノンの量産タイプである。RGM-79との部品共用率が60%もあるため、一般にRGM-79のキャノンタイプと言われる事もあるが、これは誤りである。事実、RGC-80の開発プランは最初からRGM-79とは別に進行していた。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/d32vCvDqgZ

2020-07-25 15:20:45
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

RGC-80が初めて実戦参加したのは北米戦線であった。塗装は量産初号機と同じだが、これは慣熟訓練終了直後に実戦配備されたために、再塗装する時間がなかったためだろう。現在よく知られるRGC-80のウインター迷彩は、キャリフォルニアベース攻防戦以後、終戦まで使用されていた。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/MKeiORxBnh

2020-07-18 00:42:23
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

シュタイナー隊こと『サイクロプス隊』は突撃機動軍に所属する特殊部隊である。新型ガンダム『RX-78NT-1』の奪取任務を命じられ、地球からサイド6『リボー』へと転戦した。任務に投入された18タイプはNT-1に撃破されたが、06タイプでNT-1を撃破した事で部隊の役目を終えている。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/RPaB3mxBLz

2020-07-12 14:15:53
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

正式名称が無い18タイプだが、広く認知されているのは『ケンプファー』という名称だろう。これは戦後『リボー事変』を証言ドラマ化(※1)する際に、機体名が無くては困るとマスメディアが名付けた愛称が定着した非常に珍しいケースである。 ※1:0080ポケットの中の戦争/AEE® #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/SmTaub487i

2020-07-12 14:14:23
拡大
拡大
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

『コロニー内部』という重力下での戦闘を前提に開発された18タイプは空間戦用仕様ではない。結果的には07タイプをリファインしたような特性になっている。強襲用という目的のため、軽量で装甲は薄い。戦場が『中立コロニー』という事を考え、ビーム兵器の採用は見送られている。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/I4jLsNdxVF

2020-07-12 14:12:50
拡大
拡大
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

MS-18E。『ルビコン計画』に際して製作。テスト時に腰部エンジンが暴発するなどのトラブルを経て、80%の形で完成とされた。特殊な試作機のため正式名称は与えられなかったが、機体の色や形状から、配備されたサイクロプス隊の兵士は『蒼い薔薇』『トゲ付き』などと呼んでいた。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/dHWbA4mmLN

2020-07-12 14:11:27
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

Fタイプはそれ以前のAタイプ、Cタイプと、内容的に大差はない。地球侵攻にともなって、空間戦装備を取り除いた陸戦型のJタイプを開発、その際にFタイプも再設計され、後期型が完成されている。ザクⅡをベースとする数多くのバリエーションは、後期型を基に設計開発されている。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/Tnuve7YacQ

2020-06-04 20:05:09
拡大
拡大
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

MS-06F ザクⅡ。最も多くつくられたタイプで、単に『ザク』と呼ばれる場合は、この機種をさす。MS-05 ザクを全面的に設計し直したもので、完成機はMS-05と形状が異なったため、新しい型式番号が与えられた。外観はCタイプと同じ。ジオン軍の全てのモビルスーツの基本となった。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/qJCD4W4as9

2020-06-04 19:54:25
拡大
拡大
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

ザクは今次大戦におけるジオン軍の主力モビルスーツである。MS-05とMS-06に分けられ、正確には、MS-05がザク、MS-06がザクⅡである。しかし生産機数が多い事から、06タイプをザクと呼び、05を旧型ザクと区別する人も多い。ザクⅡには生産時期により、前期型と後期型が存在する。 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/IDpCaQTlTI

2020-06-04 19:45:48
拡大
拡大
☠マダオ™ @madao2005

戦後金平糖宙域で起きた『星の屑事変』は極秘扱いであった。戦後初の観艦式の中、連邦軍の星である『ガンダム』の試作型2機による模擬戦での誘爆事故はまさに星の屑であり、数年後『スターダストメモリー』という架空戦記の題材になった際に公表されている。 『ソロモンの悪夢』/アナベル・ガトー著 pic.twitter.com/NucgG6d8XM

2020-05-15 20:43:10
拡大
☠マダオ™ @madao2005

ソロモンは「金平糖」と呼ばれ、地球連邦軍の拠点として活動を始めていた。これによって連邦はジオン侵攻の強力な足掛かりを得たのである。援軍が補強され、最終的な作戦が開始されようとしていた時、ソロモンに奇妙な事件が起こった。 『ソロモンの悪夢』/アナベル・ガトー著 #大人のモナカキット部 pic.twitter.com/PYs4v5z39s

2020-05-15 20:40:28
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(132)

コメント

ねこ @NEKOmk3 2020年3月1日
インチキ設定だった0080も、ちゃんとテレビ、映画、初期MSVに落としているのが素晴らし過ぎる。
1
☠マダオ™ @madao2005 2020年3月2日
NEKOmk3 ありがとうございます。0080が分岐点でしたね。出渕氏はあくまでも『リファイン』だとしたデザインが、バンダイの意向で新型機になってしまった。これ以降タガが外れてしまったと感じています。ただし今のガンプラ繁栄を考えるとそれが正解だったのかもしれませんが… いつかはケンプファーも、大河原氏のデザインだとしたら…という風に製作したいと考えております(^^
0