マンガ作品無料公開ブームに乗っかって、『ヒーロークロスライン』をざっくり紹介

10年ほどまえに、独自に『ヒーローもののシェアードワールド』を企画した作品群があったこと、知っていますか? いまこのときだからこそ、『ヒーロークロスライン』を広めたい。
3

まずはなにも聞かずに、マンガ図書館Zで『ヒーロークロスライン』と検索して、気になるものから開いていただいてもいいのですが。

目安となるものを、ぼちぼちと語っています。

ちーけー @spr_tk

せっかくだし、マンガ図書館Zで読める『ヒーロークロスライン』シリーズの紹介すっか!

2020-03-30 21:30:44
ちーけー @spr_tk

『ヒーロークロスライン』とは! 雑に言うと、日本でも【ヒーロー物のシェア・ワールド】を作ろうぜ、と企画された作品群だ! 作品数はそこそこあるんだけど、主導していたのがマガジンZ編集部だったようで、同誌の休刊に伴い縮小、ほとんどの作品が事実上の打ち切りエンドになってしまったんだ!

2020-03-30 21:33:21
ちーけー @spr_tk

参加クリエイターの中心っぽいのは、村枝賢一、長谷川裕一、衣谷遊、たかしげ宙の各氏あたり。

2020-03-30 21:36:34
ちーけー @spr_tk

【ヒーロー物のシェア・ワールド】なのでアクション系が多いけど、ギャグ・コメディもそこそこ、日常系といえるのもあったり、作風はいろいろだ。

2020-03-30 21:37:44
ちーけー @spr_tk

主な舞台は日本。1999年に『オルタネイション・バースト』という現象が発生し、さまざまな『能力』に目覚めた『ノッカーズ』と呼ばれる人々が生まれ、ある者はその能力を悪用し、そしてある者は正義のために・・・ というのが基本設定。

2020-03-30 21:40:42
ちーけー @spr_tk

まあとりあえず、マンガ図書館Zで『ヒーロークロスライン』と検索すればぜんぶでてくる(はず)なので、とりあえず開いてみるとよろし。 mangaz.com/title/index?ca…

2020-03-30 21:41:30
ちーけー @spr_tk

とりあえずは、クロスオーバーの客演が多い以下の3作品から入るのがおすすめ。 まずは、村枝賢一氏の『ジエンド』。mangaz.com/series/detail/… 『Z-END』は掲載誌がかわったあとの続編だから気をつけろ。

2020-03-30 21:43:40
ちーけー @spr_tk

次が、たかしげ宙/松本レオ両氏の『クランド』 mangaz.com/series/detail/…

2020-03-30 21:44:41
ちーけー @spr_tk

最後がたかしげ宙/衣谷遊両氏の『ALCBANE』。 mangaz.com/series/detail/…

2020-03-30 21:45:39
ちーけー @spr_tk

とりあえずこの3つを抑えれば、あとはお好きなように‥‥といいたいところだが、クロスオーバー性が高く、他の作品にひととおり目を通すことが前提の作品が3つほどあるので注意だ。

2020-03-30 21:47:47
ちーけー @spr_tk

ひとつが、椎名かつゆき氏の『ひろよん』。 mangaz.com/book/detail/13… まあ、要は全作品全キャラ総登場のお祭り4コマだ。

2020-03-30 21:48:54
ちーけー @spr_tk

次が長谷川裕一氏の『スタジオ秘密基地劇場』。 mangaz.com/series/detail/… 1巻はオムニバス短編集だが、2巻は全ヒーロー共闘のボス戦がメイン。いわば『ヒーロークロスラインの集大成』。

2020-03-30 21:51:23
ちーけー @spr_tk

そしてもうひとつが『ヒーロークロスラインNEO CROSS トリアプロクス編』。 mangaz.com/book/detail/13… これは、ヒーロークロスライン制作陣による合作で、やはり全ヒーロー共闘による強大な敵との戦いを描いた、これもまた、『ヒーロークロスラインの集大成』。

2020-03-30 21:54:41
ちーけー @spr_tk

というところで、長谷川裕一/栗原一実の両氏による『MEAN』についても触れなければなるまい。 ヒーロークロスラインの大半の作品が2009年を舞台としているのに対し、この『MEAN』は1999年を舞台としている。

2020-03-30 22:00:09
ちーけー @spr_tk

そして『MEAN』の主人公たる少女『ミィン』は、2009年には『存在しない』。 にも関わらず、集大成たる2つの戦いのそのどちらにおいても、ミィンの存在はさまざまなヒーロー達をつなぐ、重要なものとなっている。

2020-03-30 22:02:45
ちーけー @spr_tk

そしてこの『MEAN』、単行本としては全3巻がマンガ図書館Zで読めるのだが‥‥ 実は昨年、完全描き下ろしの同人誌扱いで、『完結編』が刊行されている。 現在ではKindle版(amazon.co.jp/%EF%BC%AD%EF%B…)が購入可能なので、この一連ツイートから興味を持たれた方は、是非読んでいただきたい。

2020-03-30 22:06:44
ちーけー @spr_tk

そんなところで、推敲もなしに勢いだけで書いた 『ヒーロークロスライン』の紹介、ここまで。

2020-03-30 22:07:27

コメント

Orihika @Orihika 2020年3月31日
※マンガ図書館Z入りしていたのか。
0
傘張長也(巽)@林檎様のディナーの添え物 @ZanderSouKu1 2020年4月1日
「アルクベイン」の後だと、「セイル」や「青の橘花」もお薦めしたいところ。
0
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2020年4月1日
で、ヒーロークロスラインに登場させた設定が何故か全く別企画の「死が二人を分かつまで」にも登場したりするよね。たかしげ先生そういうの多すぎぃ
0