ラブホテルの地理学—ラブホはどこに集まるのか―

ラブホテル街の立地や景観について 「人が集まる場所である都市には、自ずと人々の欲望を満たす場が生まれます。その一つがラブホテルです。単調な生活から抜け出し、あるいは社会のしがらみから逃れて、自由な時間を謳歌する。ラブホテルはそのような空間です。一方で、ラブホテルは風紀を悪化させ、犯罪を助長するものとして忌避される存在でもあります。それゆえ、ラブホテルは限られた場所にまとまり、「ラブホ街」を形成します。」 大阪:生玉、難波、十三、桜宮 続きを読む
ラブホテル 地理学
513
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
ラブホテルはどこに集まるのか。それが気になり、ここ数年断続的に調べています。それなりに関連ツイートが溜まっているので、タグとツリーでまとめることにしました。まず初めは某所での発表スライドを。今のところこれが一番体系的な報告です。twitter.com/Naga_Kyoto/sta… #ラブホテルの地理学
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
「ラブホテルの外観は立地するラブホ街によって傾向が異なる!?」 今年からはwebニュースサイトで連載をしています。大阪を対象地として、立地や部屋数、料金、歴史など様々な観点から分析をしています。こちらはその第一弾。 #ラブホテルの地理学 twitter.com/Naga_Kyoto/sta…
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
「大阪のラブホテル料金から見る、「街の個性」」 連載第二弾。料金からラブホ街の特色を分析してみました。到底“実用”に足る分析ではありませんが、場所ごとにこれだけ個性があるということが分かってもらえればと。 #ラブホテルの地理学 twitter.com/Naga_Kyoto/sta…
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
「「難波」ラブホ街は、いかにして「ファッションストリート」になったのか」 連載第三弾。こちらは歴史編。住宅地図からひたすらラブホを抜き出しました。めっちゃ時間かかりました。地図作成で力尽き、文章がおざなりになっているのはご愛嬌です。 #ラブホテルの地理学 twitter.com/Naga_Kyoto/sta…
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
列村、塊村…地理でお馴染みの村落形態、どうも郊外型ラブホ街にも当てはまるようで…?ということは散村もあるんでしょうかね。あるでしょうね。 #ラブホテルの地理学 twitter.com/Naga_Kyoto/sta…
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
ラブホ立地の面白さについて。いつかはその他の歓楽施設の立地も調べてみたいです。 #ラブホテルの地理学 twitter.com/Naga_Kyoto/sta…
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
阪急駅前、十三のラブホ街。大阪市ではなかなかの規模。駐車場台数が多いのが特徴。路上にたくさん車が停まっていたのが印象的でした。 #ラブホテルの地理学 twitter.com/Naga_Kyoto/sta…
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
十三のラブホテル街。壁面の意匠が凝ったものが多く、アイコンで魅せる茶臼山や、スタイリッシュさを売りにする難波のラブホ街とはまた違ったものを感じた。ネーミング部門では「HOTEL103」が入賞。 pic.twitter.com/Lhe1sBX6QJ
拡大
拡大
拡大
拡大
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
櫻宮のラブホ街。大阪では最初期にラブホ街として知名度を上げたエリア。花見客が目当てだのGHQが関係しているだの、様々な噂があるので一度ちゃんと調べてみたいところではあります。 #ラブホテルの地理学 twitter.com/Naga_Kyoto/sta…
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
西日本最大のラブホ街、京都南インター近辺。ここについては以下の論文が詳しい。 水上敬太「都市郊外における風俗宿泊施設の立地とパート従業員の雇用システムの成立:京都南インターチェンジ付近を例として」 #ラブホテルの地理学 r-cube.ritsumei.ac.jp/repo/repositor… twitter.com/Naga_Kyoto/sta…
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
京都南インター近くのラブホ街。郊外型のラブホ街らしくスケールが大きい。蔵風のラブホがあって驚いた。伏見が近いからかな。 pic.twitter.com/7mDWd2Ht8w
拡大
拡大
拡大
拡大
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
京都南インター周辺の航空写真。1988-90の時点ではラブホ街は形成されておらず、90年代以降に急速にラブホが建ち始めたことが分かる。京都南ICの開通は1963年だが、そこから即座にラブホ街が形成されたわけではないようだ。 pic.twitter.com/zAE71OKmgJ
拡大
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
日本でのラブホテルは、欧米への強い憧れと共に広がっていきました。店舗名につけられる都市名はそれを反映しています。言語で言うとフランス語やスペイン語の店舗名は多いイメージがありますね。ラブホから読み解く場所イメージ。 #ラブホテルの地理学 twitter.com/Naga_Kyoto/sta…
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
浜松・鹿谷町のラブホ街。台地のキワという立地がアースダイバー的な想像力を惹起させる。 #ラブホテルの地理学 twitter.com/Naga_Kyoto/sta… pic.twitter.com/TLWwO4AxI4
拡大
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
鹿谷町ラブホテル街(と言っても4軒のみ)。台地の陰にあり、あまり目立たない。ラブホテルの立地としては相応しいか。「無断駐車禁止」の字体に場所性を感じる。 pic.twitter.com/rNajawCVgR
拡大
拡大
拡大
拡大
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
鶯谷のラブホ街。全国屈指の知名度を誇る。上野駅に近く、出稼ぎに来た人たち向けの旅館街が転換したもの。 #ラブホテルの地理学 鶯谷、「ラブホテルの街」の知られざる素顔 | 東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/222… twitter.com/Naga_Kyoto/sta…
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
鴬谷のラブホテル街。円山町よりは少し古い印象。円山町は飲み屋街と一体化していたが、こちらは駅前商店街と一緒になっている。数が多いうえに山手線からはっきりと見えるので、鴬谷=ラブホのイメージはより増幅されて、もはや歌枕になるんじゃないかというくらい。 pic.twitter.com/ljnoqEIEKi
拡大
拡大
拡大
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
鴬谷の元三嶋神社。参道にはラブホがいっぱい。これは生國魂神社のように神社を中心としてラブホ街が形成されたわけではなく、たまたまラブホ街に神社が残ってできた景観。玉垣には東日暮里の町名がたくさん見られた。 #参道研究会 pic.twitter.com/AwKAyPUJZY
拡大
拡大
拡大
拡大
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
こちらも有名。渋谷は円山町のラブホ街。岐阜の御母衣ダム建設で沈んだ村の人たちが始めたという説があるが、金益見の調査によれば「岐阜グループ」は円山町でも一部かつ後発組だという。 #ラブホテルの地理学 twitter.com/Naga_Kyoto/sta…
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
円山町ラブホテル街。今まで見てきたラブホ街の中で最も賑やか。都市型ラブホの特色なのか、そんなに凝ったデザインのものはない。一軒だけアジアンテイストなホテルがあった。 pic.twitter.com/ptPzADZbVZ
拡大
拡大
拡大
拡大
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
円山町はもともと甲州街道の宿場町。明治以降、代々木練兵場の将校が出入りする花街となった。宿場町型花街というと京都だと橋本とかと似たようなものなのかな。雰囲気は全然違うけど。
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
円山町のラブホ街について。「白川村発祥説」は佐野眞一(2000)『東電OL殺人事件』によるもの。その反論は金益見(2012)『性愛空間の文化史:「連れ込み宿」から「ラブホ」まで』第一章を参照。 #ラブホテルの地理学 渋谷にラブホテル街が生まれた理由、知っていますか? | LEON leon.jp/staytravel/8341
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
追記、佐野『東電OL殺人事件』では、渋谷ホテル旅館組合相談役の有賀氏や、最初に白川村から円山に来た杉下氏へのインタビューから、御母衣ダムと円山町の結びつきが指摘されている。しかし、杉下氏は「円山町でホテルをやっている岐阜の連中は、みんなうちの親戚ばかりです」としか言っていない。→
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
→つまり、円山町にいる岐阜出身者に占める白川村出身者が多いだけで、円山町全体で白川村出身者が多いとは言っていない。しかし、この微妙な差異は理解されず、円山町=白川村という短絡的な形で広まってしまった。→
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
→金益見氏は、白川村発祥説を次のように否定している。 「佐野氏の聞き取りは、少し大げさである。渋谷でホテルを経営するものはほとんど「渋谷ホテル旅館組合」に入っているが、組合のなかで白川村出身の経営者は一部であり、「後発組」とされている」(『性愛空間の文化史』p.28)
残りを読む(11)

コメント

[74]Kirara@妖怪酒くれ @Kirara1314 2020年4月9日
コミケでそこそこ厚い薄い本になりそうな……
プチターボ @petit_turbo 2020年4月9日
コミケも良いけど、個人的には是非おもしろ同人バザールに持ってって頂きたい
青たくさん @no6m5o 2020年4月9日
こういう視点から見るって、面白いです。
シナモン @cinnamonP 2020年4月9日
同じ歓楽街でも、キャバクラがメインか性風俗がメインかで違うだろうし、郊外の準工業地域にあるホテルの成り立ちも違うだろうし…商業地域だからといって自由に建てるわけにもいかないし…地域性を調べるのにもラブホテルを題材にするとは意外な切り口だなあ
ikazuchiboy @ikazuchizoku 2020年4月9日
Kirara1314 厚い薄い本って何だよ(哲学)
ゆーき @yuuki_s7 2020年4月9日
郊外に伸びる旧幹線道路沿いに並び立つラブホ街の雰囲気、これが大好き。関西だと裏六甲のいかにも隠れ里めいたあの一角とか。入ったことは、ないけども…
ソフトヒッター99(カタログスペック厨) @softhitter99 2020年4月9日
「ラブホ」というテーマはマイナーかもしれないが、やってることは地理学の王道w
アネみみ@8cmアニソンCDを懐古する。 @ane_memi 2020年4月9日
東京足立区の散発的に立地しているラブホの不思議。小学校の近くにもあって身近な存在だったわw入ったことないけど…
藤原 北斗 @hokutofujihara 2020年4月9日
岐阜だと特に何もないけど南北に広い道路が走ってる岐南町あたりがラブホ街になってる。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2020年4月9日
道一本隔てて風俗営業ができるエリアが区切られ、学校は嫌悪施設なので非風俗エリアの境界に立てられたりする。そのため案外近い立地になりがち。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2020年4月9日
円山町は戦前からの色街だからそのままラブホに転業したとしても不思議はないと思う。
おきぐすり @1985oronine666 2020年4月9日
田舎だとよく高速のそばにあるよね~。めっちゃ古いやつw久しく行ってないから行きたい←
キャンプ中毒のドライさん(Drydog(乾)) @drydog_jp 2020年4月9日
4号沿いにラブホが多い理由も載ってるかな?
おく のぶ @samorou 2020年4月9日
ane_memi 23区だけど車の保有率が高く、団地などの集合住宅がそこら中にあるから、まとまらずバラけたって印象ですね。
山元 太朗 @tarogeorge 2020年4月9日
円山町の岐阜発祥説は佐野の前から雑誌の豆知識的なところで取り上げられていた気がする。
すいか @pear00234 2020年4月9日
ぶっちゃけ繁華街というか飲み屋街からそこそこの時間と距離の範囲に固まるってだけじゃね? そこそこの時間と距離、それと地代が絡むぐらいなもんで。 鶯谷だってあそこは昔は結構な歓楽街そばだったんだろ?
okkyuu @okkyuu 2020年4月10日
横浜町田インター近辺は 町田市側にしかラブホが建ってないんだよね 横浜市側には一軒もない
しの @_sieraden_ 2020年4月10日
ラブホといえば田舎は高速道路の出入り口沿いです
でー@でとこーだ @detcoder 2020年4月10日
山間部に林立するラブホはどういう感じで出来たのだろう? 例えば、六甲山の有馬辺りにかなりあるのだけど。ドライブという口実で連れ出すためだろうか
酔宵堂 @Swishwood 2020年4月10日
南インターのアレ、西日本最大だったのね……そこまでの規模とは思ってなかった。
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2020年4月10日
塊街型は花街がまずあって、その客が利用するニーズと、許可のとりやすさだろうね。 列街型や山中型は主要道路で郊外からの車利用を当て込んだ感じ。 ぼくたちのお父さんお母さんも家の中では中々難しいので利用していると思います。
ひらのぶ @hiranobu 2020年4月10日
大阪で言うと太融寺とか谷九とか、お寺や墓所と一緒にあるイメージが強くて、両方とも町のエッジ的な場所に造られたんやなあって思ってた
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2020年4月10日
うちの街にあるラブホは基本国道沿いだな。ちなみに元ラブホ跡を開発して出来たTSUTAYAがある。
また結婚したバツ3 @CAFE_XXX 2020年4月10日
時代背景にもよるところがあんな。車社会前後でラブホの立地も変わるやろ
katasan111 @karasan111 2020年4月10日
やばい近隣に住んでいてたまに利用するからめっちゃ頷きながら最後まで読んでた。薄い厚い本早く
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 2020年4月10日
井上陽水が歌ってるので、ラブのホテルは川沿いにあるものだと思っている。 #適当 #なんか言ってやった感
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 2020年4月10日
ウイークエンダー(1975-1984:NTV)世代なんでそう思うだけだが、昔は「モーテル」って言ってなかった?(米国発祥の原義のものとは違う意味で)
プロミネンス @Tokudasama02 2020年4月10日
いつか使う、使いたい、使わせて下さい
さとうあきひろ @akihirosato1975 2020年4月10日
連れ込み旅館の時代からラブホの時代にどう変化していったかとかも気になる。千駄ヶ谷なんて、1960年代までは道玄坂とか目じゃないぐらいの連れ込み旅館街だったって話聞くけど、文教地区指定を受けてその手の旅館が徹底排除され、今じゃ跡形もないもんなぁ。
@minato_k_celes 2020年4月10日
江戸時代の「社寺仏閣に参ったついでに命の洗濯♡」から続く流れはあるはず。浅草寺周辺「いかにも観光地でございます」ゾーンの外縁はラブホテル多かったよ?
チャダ @puppetmaste2501 2020年4月10日
新青梅街道沿いに「H2O」と言うラブホがある。そこで色んなカップルが大人の階段上ったんだろうなぁ。古いアルバムの中にある想い出が、流出したり、しなかったり。悲喜交々だね。
伯父さん @xingyun11594 2020年4月10日
都会と郊外の境目(隣の市との境目)が多い気がします そして条例などで 小学校、中学校、高校からかなり距離がある 離れた場所に作られてますよね 必然的に場所は限られてますね (都会の近くでは><) 昔職場の寮に入ってた20歳の女の子の言葉 「仕事が終わるのは5時で寮の門限が11時なら その間幾らでもH出来るんだから妊娠して当たり前じゃん」 その時 寮にいた19,20、21の女の子が3カ月連続で次々と3人も 妊娠、退寮、結婚していった。↑は 3人目の女の子が言い切ったセリフ!!
しろうと @sirouto 2020年4月10日
https://www.nippon.com/ja/views/b02701/ 日本にはなぜラブホテルがあるの?(金益見/神戸学院大) >「外国人から見れば、ラブホテルは「日本の文化」」 外国人から見ても、日本のラブホテルに独自性があるらしい。ではなぜ、日本でラブホテルが発達したか? その理由は重層的だと私は考える。もし、日本が仏教(神道)国でなく、イスラム教国なら、規制が厳しく成立しなかったかも。あるいは、島国じゃなく土地が広ければ、アメリカのモーテル式になってたかも。やはり日本風土の産物。
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2020年4月11日
minato_k_celes そういや京都の縁切り神社こと安井金比羅宮の周辺つか祇園界隈はラブホ多いな……。
龍希 @kY5li76GOFG8GET 2020年4月14日
ikazuchizoku 暗黒ミルク風呂とか超巨大リトルデーモンみたいだな。