八つ目の大罪の話

http://togetter.com/li/152717 から派生したマジメなお話。 気をつけたいものです。
ログ
2
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo
昨日「七つの大罪」であほなことをぬかしたように、また何人かは知ってのとおり、ウリは子供のころ日曜学校とか通わされたカトリック教徒。でも信心はまったくない。けど家族の付き合いで1年に1、2回は教会に連行される。
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo
ミサの中で神父さんが聖書の引用をしたりして「説教」を行うんだけど、その中でなかなか興味深い話があったので思い出しながら書き連ねる。
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo
その日、説教をした若い日本人の神父の体験談がその日の話だった。外国人の神父と久しぶりに再会したとき、パソコンの前につれてかれて、Youtubeの動画を見せられたって言うんだな。
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo
その動画は、スリランカ内戦の動画だったそうだ。ここまで聞いて「ああ、LTTE(http://bit.ly/jLpQyv)だな」と心密かに思った。そのときLTTEが政府軍にほぼ制圧されたというニュースを知っていたので、おそらくそれ関連だろうと。
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo
その動画は、リンチで捕虜だか民衆だかが処刑される動画。
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo
「なんで、こんないやなものを見せるんだ?」と、彼は外国人の同僚に聞いた。そしたら同僚は答えた。「ぼくはね、その場にいたんだよ」
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo
「できることなら彼らを助けたかった。走って前に出て、彼らを守りたかった。でもできなかった。足が動かなかった」
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo
「助けられなかったことを後悔しているのか?」「それよりももっと伝えたいことがある。そのとき、ぼくは殺している人たちの顔を見た。それがとても恐ろしかった」
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo
「彼らの顔にはあるものが浮かんでいた。それは、嘲りだ。彼らは嘲りながら殺していたんだ」
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo
人間のもっとも忌まわしい感情とは、嘲りであるとそのとき悟ったのだそうだ。
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo
「七つの大罪」はどれも結局人間が欲望に溺れた姿であるけれど、スペイン宗教裁判の流儀にのっとって八つ目を追加するなら、それはたぶん「嘲弄」になるのではないかと思う。
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo
実際ほんとに八つ目に入れても、ちょっとこんな重い話がソースだとカラっと笑えないでしょ…?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする