編集部イチオシ

彼岸島一気読み感想まとめ。

「彼岸島」全33巻と「彼岸島 最後の47日間」全16巻と「彼岸島 48日後…」現24巻までをまとめて一気読みした感想のまとめ。
6
銅折葉 @domioriha

彼岸島を全巻買って一気読みしてるのだけども、この話、宮本明って男の喪失の物語やねんな。

2020-06-27 14:18:54
銅折葉 @domioriha

島の中にやけにでかい病院が出てきたあたりが契機だった気もするが、冷と合流したあとに「ここから10キロくらい行ったところに」とか言い出したあたりでいよいよ本格的に小さな島という設定が抛棄され、兄貴との決闘では結婚式が行われる洋風の教会が出てくるところに何も疑問を覚えなくなっていく。 twitter.com/domioriha/stat…

2020-06-27 15:29:02
銅折葉 @domioriha

彼岸島、通して読むと次に何をすべきか、何をしたら事態が進展するかの小目標の設定(武器があれば邪鬼を攻撃できるので明が敵を引きつけている間に加藤が武器を取りに行く)がすごく明瞭でわかりやすく週刊連載での状況説明がシンプルな手法だなあ。

2020-06-27 15:30:37
銅折葉 @domioriha

この小目標設定が明瞭すぎるので、その前の場面では瀕死の重傷だったりもう動けないはずのキャラが次の状況設定において再配置し直されるところで動けるんじゃねーか、って戸惑うわけだ。

2020-06-27 15:32:39
銅折葉 @domioriha

常にメイン視点、メイン行動権を渡されたキャラがプレイアブルになり、その行動の小目標をクリアできるかのミッションを積み重ねて展開が進むので、あくまでそのプレイアブルの行動の成否が大事で、周囲のキャラはそのために自動で動く感じなんだな。

2020-06-27 15:34:13
銅折葉 @domioriha

修行直前の明さん、修行後の明さん、兄貴と戦ってる頃の明さん、順番に過酷な状況によって心を喪失しており、その最終形が48日後の武人明さんなので、確かにベルセルクのガッツを見ているような気分になる。

2020-06-27 15:35:14
銅折葉 @domioriha

彼岸島、どこでサバイバルホラーからスタイリッシュ丸太アクションに道を踏み外したのだろうと思って読んでいくと最初からじゃねーかって感じになるんだけど、でも邪鬼や亡者が出てくるあたりまではある程度初期構想にあったようにも思うんだな。

2020-06-27 15:40:13
銅折葉 @domioriha

明さんが身体能力的にズバ抜けてしまった修行が契機だという話もあるが、スタイリッシュ丸太アクションの片鱗はむしろもっと早いうちからあれこれはみ出している。

2020-06-27 15:41:08
銅折葉 @domioriha

修行直後の明さんはむしろ脆いところも多くメンタルも不安定で、戦闘力だけは伸ばしたものの過酷な戦いに身を投じるにはまだまだ未完成という印象が強い。 あと崖から落ちかけたとき片手で岩につかまった状態から「タッ」とか「トッ」でボタンひとつで復帰できないので身体能力はまだまだ感。

2020-06-27 15:42:58
ぐい井戸・ 御簾田@ハゼ釣りいきたい @tailfinslap

@domioriha 最序盤の邪鬼は「島から出られない」というクローズドサークルに必要な舞台装置の面もありましたし、孤島のサバイバルホラーという大元のコンセプト上、初期から構想に入っていた存在だと自分も思いますね……

2020-06-27 15:43:30
銅折葉 @domioriha

あとまあ彼岸島読んでてなんの疑問もなく受け入れてしまったが「こいつは、吸血鬼の熊か!」ってなんだよ。あそこ海の孤島やぞ。病院あるよりもよっぽどむちゃくちゃやぞ。

2020-06-27 15:46:31
銅折葉 @domioriha

@tailfinslap もうちょっと一年中彼岸花が咲いてるところを物語に絡めてくれればあるいはもっと情緒的なストーリーになったかもしれない……。

2020-06-27 15:48:56
銅折葉 @domioriha

「やった!亡者の森を抜けたぞ!」「行くぞ!このまま師匠を捉えた吸血鬼の村まで!」「見えてきたぞ!」「なんだあの煙?」「温泉よ。もともとここは温泉地なの」 もはや海に浮かぶ小さな島での会話じゃない。(このちょっと前に海に巨大な砂丘があってそこに抵抗組織のアジトがあったりするけど twitter.com/domioriha/stat…

2020-06-27 16:44:11
銅折葉 @domioriha

彼岸大陸とは良く言ったものであるな。

2020-06-27 16:44:38
銅折葉 @domioriha

彼岸島、無印の20巻前後の描写ですくなくとも淡路島とか佐渡島サイズでないともう成立しない。

2020-06-27 16:45:11
銅折葉 @domioriha

「うわあマジで大きい森だぞ」「ここは彼岸島の樹海と呼ばれてるの」「あそこに湖があるでしょう」 もはや物語自体が小さな島が舞台であることを微塵も認めようとしてない。 twitter.com/domioriha/stat…

2020-06-27 17:10:24
銅折葉 @domioriha

彼岸島、明さんの仲間が当初は加藤、ケンちゃん、西山、ユキ、ポンで、そのあと兄貴、師匠や冷と合流し、ポン、冷、兄貴、ケンちゃんと順に喪失していくのだな。仲間として新たに補充された人も居るけど、原則的にはひとつずつ絆を失っていく。

2020-06-27 17:20:22
銅折葉 @domioriha

このあと隊長が加わり、しかし西山、ユキ、隊長とも離別する。こうしてあらゆる絆を失った武人にして救世主の明さんが生まれた後、一方で鮫島や勝次、ユカポンという新しい絆ができていく流れ、やっぱりベルセルク感強いな。

2020-06-27 17:23:30
銅折葉 @domioriha

「山の中に吸血鬼達の駐屯地があります!」「よし、田中さん案内してくれ」のコマの次でページめくったら思いっきりページぶち抜きでズバッ!って吸血鬼真っ二つにするコマ入れるのやめーや。どう見ても田中さんかケンちゃんが真っ二つになってるようにしか見えんぞ。

2020-06-27 17:30:15
銅折葉 @domioriha

おかしい……雅の元に人間を護送する途中にある山道の中継基地だったはずの廃寺が、崖の上に巨大な塀で要塞化して中に吸血鬼達の街が築かれ島一番の賑わいを見せ片隅に雅の居城である五重塔が建造されていることになっている……なぜこんなシームレスに島が拡張していくんだ……

2020-06-27 17:45:19
銅折葉 @domioriha

あっこいつが隊長なのか……(30巻目の冒頭で気付く)

2020-06-27 17:47:04
銅折葉 @domioriha

隊長のケースがあるとするなら、五十嵐中佐もそうなれた可能性があったんだよな。というか隊長自身が五十嵐中佐のリメイク的造形といえないこともない。 そして最近だとお手々野郎がこれに加わりそう。

2020-06-27 17:47:57
銅折葉 @domioriha

五重塔、1階から4階までも大概だったけど最上階広すぎじゃねえかな!!

2020-06-27 18:05:24
銅折葉 @domioriha

そろそろ彼岸島の無印33巻を読み終わるけど思ってた以上にこの邪鬼との遭遇はここだったのか、と言うのが多く、余計なエピソードのないソリッドな構成だった。一方で全体のストーリーそのものが延々と余計な回り道しているだけなのは否定しない。

2020-06-27 18:07:03
銅折葉 @domioriha

雅の蚊による日本吸血鬼化計画、さらっと「この大日本帝国が吸血鬼の国に」って言ってて、ああそう言えばアナタ戦時中に閉じ込められて最近復活したばかりでしたねってのを思い出す。

2020-06-27 18:12:16
残りを読む(21)

コメント

Satoshi @fuku_sato1 2020年6月29日
そういえば加藤と紅葉はまだ彼岸島に残ってるんだよな。そのうち再登場するんだろうか?
0