飯館村 覆土無しの除去土壌(除染土)を使って野菜の試験栽培を始めた経緯について Sugar Natさんのツイートまとめ(2020.8.14作成)

まとめました。
2
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

Hotspot Investigators for Truth: 飯館村 覆土無しの除去土壌(除染土)を使って野菜の試験栽培を始めた経緯について  hotspot-i-t.blogspot.com/2020/08/blog-p…

2020-08-12 11:29:31
リンク hotspot-i-t.blogspot.com 飯館村 覆土無しの除去土壌(除染土)を使って野菜の試験栽培を始めた経緯について 環境省除染チーム 服部氏に電話取材 飯館村での覆土無しの除去土壌(除染土)における野菜の試験栽培は飯舘村と福島地方環境事務所との地元の協議会の間での話し合いで決まったという事が分かりました。 環境省除染チームの服部氏から確認を取りました。 その決定がされた資料は飯舘村長泥地区... 2
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

飯舘村の野菜の試験栽培での件で分かった事をツイートしよう。

2020-08-13 19:28:40
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

飯館村 覆土無しの除去土壌(除染土)を使って野菜の試験栽培を始めた経緯について  環境省除染チーム 服部氏に電話取材 飯館村での覆土無しの除去土壌(除染土)における野菜の試験栽培は飯舘村と福島地方環境事務所との地元の協議会の間での話し合いで決まったという事が分かりました。

2020-08-13 19:29:09
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

環境省除染チームの服部氏から確認を取りました。 その決定がされた資料は飯舘村長泥地区環境再生事業運営協議会(第 7 回)の2020年2月19日のものに記述が残っています。

2020-08-13 19:29:48
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

”覆土材の農業利用上の特性を検証するため、覆土がないパターンも比較対象として験栽培を実施する。”といった記述がある。 josen.env.go.jp…/proceedings_recycling_iitate_20021…

2020-08-13 19:30:28
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

同席したアドバイザーには元原子力規制委員会委員長の田中俊一氏、それから元伊達市放射線被ばくに関するアドバイザーであった多田順一郎氏も関わっていた。 ”地元民の方々の要望の声からが発端で始まった計画であった。”

2020-08-13 19:31:26
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

2月9日環境大臣である小泉進次郎氏が飯館村の長泥地区の現場視察に向かった時のことであるがその時に村民の方々から、野菜の試験栽培の方もやってほしいという声が上がっていた。

2020-08-13 19:31:41
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

その場に立ち会った人物だが公開の場で記者30名ほど、飯舘村村長、環境省除染チーム服部氏が同席をしていた。 その時にはあくまで野菜の試験栽培という事での話のみで、”覆土無しで野菜の試験栽培を行いましょう”という声は上がってはいなかった。

2020-08-13 19:32:14
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

あくまで、服部氏からの話によると、地元民からの野菜の試験栽培をしてほしいという声があったのみであったということであった。 その時の村民の声に関してだが服部氏が手元にメモ書きを残しているという記録のみであった。

2020-08-13 19:32:27
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

2月9日 小泉進次郎環境大臣視察の様子 以下リンクより josen.env.go.jp…/faci…/recycling/project/iitate.html 翌日2月10日に環境省の定例記者会見で小泉環境大臣が花以外にもその他の試験栽培の方をやっていきたいと発言していた。

2020-08-13 19:32:54
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

その時点では覆土なしで野菜の試験栽培をすることに関しては明言はしていなかった。 あくまでその他というほのめかす程度のことであったということが事実である。

2020-08-13 19:33:05
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

定例記者会見 以下リンクより env.go.jp/annai/kaiken/r…… 重複するが、飯館村長瀞地区における覆土なしの野菜の試験栽培を行うにあたって意思決定を行ったのは2020年今年の2月19日の飯舘村長泥地区環境再生事業運営協議会(第 7 回)であった。

2020-08-13 19:33:26
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

その後、服部氏、除染チーム参事官、循環局次長等が小泉進次郎環境大臣に覆土無しでの試験栽培を行うといった報告を2月19日以降口頭で伝えていたという事までは服部氏は記憶をしているが、いつ何時に伝えたかまでは把握はしていないとの事である。

2020-08-13 19:34:12
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

その際の話し合いの資料、音声記録、メモ等は8月11日の電話取材の際には残していないと回答していた。 細かいやり取りに関してはその後、地方環境事務所と、飯館村との協議会の間でどう具体的に試験栽培を行うかが話されたとの事であった。 この件に関しては後日改めて福島地方環境事務所に確認します

2020-08-13 19:35:02
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

覆土無しでの野菜の試験栽培だが、地力のある土を使って栽培を行った場合どうなるのか?という地元の声があったということが動機であったと服部氏は説明した。 それから覆土無しの試験栽培だが2020年8月に入ってから栽培の方法長瀞地区の方で行った様子である。

2020-08-13 19:35:27
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

それと並行して覆土をかけた圃場においても試験栽培をし、覆土なしの圃場で収穫されたインゲンとキャベツとの放射能濃度の比較を行う予定であるとのことであった。 栽培している野菜に関してはキャベツとインゲンである。

2020-08-13 19:35:58
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

覆土無しの試験栽培の圃場の広さは0.24 aである。覆土ありの圃場は3.5aとなっている。 覆土なしの土壌の放射能濃度は2,400Bq/Kg。 (8月11日の電話取材で飯館村の土壌との事を服部氏からの言及があった。)

2020-08-13 19:36:35
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

カリウムは土壌にまいたとのこと。 量に関しては現在福島県が営農を行う際に必要なカリウムの量をまいたとのこと。 恣意的にカリウムの量をものすごく多くしたりといったことをやったわけではないとのこと。

2020-08-13 19:38:36
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

それからそのカリウムに関して何年間効能があるか、つまり食物に対するセシウムの吸着を抑える効果がどのくらいの期間あるといったような事に関しては特に見解を示したわけではない。 あくまで現在福島県が営農を行う際に必要なカリウムの量を土壌に巻いたということであった。

2020-08-13 19:38:57
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

それから収穫の時期に関してだがおおよそ2ヶ月ほどと見ているとのことである。つまり10月頃にキャベツとインゲンの収穫となるが、その際に移行係数の方を見るために収穫したものを測定をする予定である。 その際の検出下限値に関してはまだ取り決めはしていないとのこと。

2020-08-13 19:39:25
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

こちらから一つ提案をしたが、環境放射線データベースで扱ってるようなグローバルフォールアウトとの差分がわかるような検出下限値で測ってみてはどうか?という事を伝えた。

2020-08-13 19:39:51
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

それから環境放射線データベースで一度原発事故前の農産物の濃度を確認してもらうことも提案した。 環境放射線データベース 以下リンクより search.kankyo-hoshano.go.jp/servlet/search…… それから測ることに関して検出下限値に関しては有識者等や飯館村それから福島県の意見を聞いて今後決めていくとのこと。

2020-08-13 19:40:12
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

その有識者は飯舘村長泥地区環境再生事業運営協議会(第 7 回)の資料によると、北海道大学農学研究院 信濃 卓郎、NPO放射線安全フォーラム 理事 多田 順一郎、・飯舘村復興アドバイザー 田中 俊一、・農業・食品作業技術総合研究機構 万福 裕造で構成されている。

2020-08-13 19:40:37
Sugar Nat (丹野 心平) @hotspothunting

この試験測定をする意図として現段階においては服部氏それから環境仕様としては全国にばらまくといったような計画を立てているわけではないとの見解であった。 環境省の服部氏としては今のところすぐに舵切りを出すということでは無いとの事。

2020-08-13 19:41:17
残りを読む(9)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?