2020年10月3日

「ポッピンQ」鑑賞記録

最後を除いて納得のいく展開と出来映え。それはそれとしてタイトルのQの意味は最後まで分からず。 10/12 総評を追加。
4

鑑賞ログ

586さん@文フリ広島E-07 @586

今日観るのは2016年の「ポッピンQ」(toei-anim.co.jp/sp/popin-q/)。東映アニメーション創立60周年記念と銘打ち力を入れて作った青春応援ストーリーらしい。タイトルからしてどんな映画か判断がつかないし対象年齢も不明だがとりあえず観てみよう。

2020-10-03 19:00:05
586さん@文フリ広島E-07 @586

xboxのアップデートが終わらないのでその間にアルコールをぶっ込んでおく。監督はプリキュアシリーズなどを担当した人らしい。ニチアサテイストのシナリオなのだろうか?

2020-10-03 19:02:54
586さん@文フリ広島E-07 @586

ちなみに「ポッピンQ」でググるとサジェストに「ポッピンQ ひどい」とかいうお前の方が余程酷いだろうと言いたくなる候補を平然と挙げてくる。グーグルには人の心がない。レビューでも星の数だけ見ると評価は割れ気味。個人的にはシナリオさえ壊滅していなければいいのでそこだけ頑張ってほしい。

2020-10-03 19:05:17
586さん@文フリ広島E-07 @586

お?レンタルだけど予告なしにいきなり始まったぞ?

2020-10-03 19:11:07
586さん@文フリ広島E-07 @586

舞台は海沿いの街。主人公っぽい女の子が走って学校へ向かっている。絵柄は確かにプリキュアのそれっぽい。陸上部のようだ。東京へ引っ越すことになっているが本人は反発している様子。名前はいずみらしい。

2020-10-03 19:14:39
586さん@文フリ広島E-07 @586

どうやら過去に少しトラウマがあるらしい。場面変わって公園の遊具に「消えてしまいたい」と落書きしているパーカー女子のシーンが挿入。そして今度はピアニストの女子が演奏をボイコットするシーンが挿入。さらに続けて武道家の娘のシーン。なるほどこんな感じか。

2020-10-03 19:17:56
586さん@文フリ広島E-07 @586

今度は秀才っぽい女の子がテストの結果を紙飛行機にして投げた。これでメインキャラの顔見せが終わった感じだろうか。多分彼女らがトラウマというか過去を乗り越える感じの流れなんだろう。

2020-10-03 19:20:50
586さん@文フリ広島E-07 @586

翌日。いずみがいつもとは反対方向の電車に乗る。ここでタイトルが入る。3Dモデルによるダンスシーンがちょくちょく挿入される。モデルの出来はかなり良い感じであり違和感がない。

2020-10-03 19:24:00
586さん@文フリ広島E-07 @586

電車に乗って遠くまで行ったいずみは海のある駅に辿り着く。そこで青い石を拾う。元来たところへ戻ろうとしたらムジュラの仮面のロックビルみたいな異世界へ飛んだ。するとぬいぐるみみたいな何かがやってきて青い石と共鳴する。名前はポコンらしい。

2020-10-03 19:27:26
586さん@文フリ広島E-07 @586

柱から飛び降りる二人。ポコンに連れられて街へ。彼ら種族はポッピン族というらしい。レミーという時の谷の守り巫女と出会う。 気のせいかいずみのイントネーションが普通になっている気がする。

2020-10-03 19:31:19
586さん@文フリ広島E-07 @586

キグルミと呼ばれる痩せたパンプジンみたいなやばそうなやつが現れてポコンの仲間たちを掃除機で吸っていく。逃げる一行。逃げた先には武道少女のあさひがいた。キグルミたちを投げ飛ばして倒す。今度はピアニストの小夏が登場。秀才女子と連携して敵を倒す。これで4人。テンポが早い。

2020-10-03 19:34:38
586さん@文フリ広島E-07 @586

この時の谷はすべてのパラレルワールドに繋がるハブらしい。いろいろあって着替える4人。ピエロみたいな衣装である。

2020-10-03 19:38:42
586さん@文フリ広島E-07 @586

いずみたちが拾ったのは「時のかけら」。全部で6つあり、この場にあるのは5つ。最後の一つは遊具落書きガールが持ってる流れだろう。そして一筋縄ではいかないおんぷちゃん枠だろう。

2020-10-03 19:41:00
586さん@文フリ広島E-07 @586

今度はぬいぐるみ軍団が踊り始めた。3Dモデルは例によってよくできている。

2020-10-03 19:42:18
586さん@文フリ広島E-07 @586

このダンスを自分たちが踊る必要があるので練習することに。しかしチームワークはイマイチでいずみが走り出してしまう。そこへ思い切り怪しい男が出現。いずみを鍾乳洞の洞窟へ連れて行く。そこでいずみに過去を見せて惑わして歴史改変を嗾す。

2020-10-03 19:49:29
586さん@文フリ広島E-07 @586

もう一人も現れる。しかし元の世界へ戻りたくないらしく前途多難。うーん王道。

2020-10-03 19:51:46
586さん@文フリ広島E-07 @586

練習中にデカブツが襲撃、長老をぶちのめしてレミーを攫ってしまう。この一件でいずみが唆された件を話す。そして全員が過去を話して情報共有。展開が早い。

2020-10-03 19:59:02
586さん@文フリ広島E-07 @586

時間の流れが狂い始めた。早く何とかしないと帰れなくなるらしい。トレーニングのシーンが挿入。そしてサキ(最後に来た人)の心境にも変化が。しかしそれを見ている怪しい人の姿も。さっきの怪しい人とはまた違う。

2020-10-03 20:01:57
586さん@文フリ広島E-07 @586

ここまでで半分。ダレ場がなくて良い具合である。

2020-10-03 20:03:08
586さん@文フリ広島E-07 @586

サキがレノに洞窟へ連れていかれてしまう。同位体から過去について教えてもらって助けに行く。レノが青いキグルミを大量に用意して待ち構えていた。追い詰められてフォーメーションを組んだら衣装チェンジしてパワーアップした。王道。

2020-10-03 20:08:00
586さん@文フリ広島E-07 @586

パワーアップしたあさひにキグルミは接触することすらできない。全員がセンブランスよろしく固有の能力を得て無双開始。登ったいずみにレノが過去を改変するかの選択を迫る。拒絶するいずみ。レノは「さようなら、嘘つきさん」と言って自害する。

2020-10-03 20:13:15
586さん@文フリ広島E-07 @586

サキは紫色。おんぷちゃんカラーである。やはりこの色はトラブルメーカー枠に設定されるのだろうか。

2020-10-03 20:14:11
586さん@文フリ広島E-07 @586

時のタネとサキが行方不明に。助けるべく時の城へ向かう。時の城はスーパーマリオオデッセイのホロビアに若干似ている。

2020-10-03 20:16:51
586さん@文フリ広島E-07 @586

城へ渡るにはセンブランスを使わず100mを11秒88で渡る必要がある。このタイムは因縁のタイム。逡巡ののち覚悟を決めたいずみが走る。自分との戦い。いいシーン。

2020-10-03 20:21:29
残りを読む(18)

コメント

NMR_K @nomura_sann 2020年10月3日
「対象年齢も不明」これが割と致命的なとこで、狙ってたプリキュア卒業女児に見向きされず、オタ(プリキュアスタッフ、黒星紅白絵で興味を持った)には知らないプリキュアのダイジェストみたいな物なので期待外れで低評価を受けてる気がする。ただ要素要素は魅力的だから(期待も含めて)ファンになってる人はいる感。 あとQはクインテットのQだと思います。
3
NMR_K @nomura_sann 2020年10月3日
クインテットは間違いでクエスト(冒険)らしいです。
1
586さん @586 2020年10月3日
nomura_sann ありがとうございます。QuestのQ、納得しました。書かれてるとおりどこに向けた映画だったのかがちょっとボンヤリした感じでしたね……とは言え映画自体は続編への物凄い引きはさておき成長モノとしても青春モノとしても部活(?)モノとしても押さえるべきところを押さえてて満足しました。続編への物凄い引きはさておき(続編を期待する一派になりたいと思います
2
湯屋@2022年ニコ動フォロワー2000人目標 @adatiyama 2020年10月4日
激しく同意で、単独作品としては凄く纏まってますよね。ストーリーも作画も綺麗だし。
0