アプリで作成 編集部イチオシ

BURN THE SECRET カウントダウン

アルバム発売を記念してWANDSの過去の楽曲を紹介しています。自己満なので悪しからず……
0
ちえっかーず @chieckars

『もっと強く抱きしめたなら』 私が人生で初めて買ったCD… 私のWANDSの始まりです。 1期ver.はシンセの音から夜が明けるかのように始まり、この曲の象徴のようなギターソロ…5期ver.は初っ端からギターで力強さを感じる… 上原大史と新しいWANDSを繋いだ曲… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/znI4JeZzfH

2020-09-10 02:33:31
拡大
ちえっかーず @chieckars

『ありふれた言葉で』 キーボードのイントロからシンプルな演奏が続くので、ボーカルが際立つ…… 2番から要所要所で聴こえるギターの音色…泣きのギターソロ… 何より歌詞が秀逸… C/Wにしておくのはもったいない… 柴さん作曲のバラード、本当に大好き… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/yD4GzUZShU

2020-09-11 00:01:23
拡大
ちえっかーず @chieckars

『君にもどれない』 爽やかだけど切ない…イントロとアウトロのギターが印象的…サビでボーカルと同じメロディラインを奏でるキーボードの音色… 一部のファンの間で新アルバムのある曲と繋がりがあるのでは?なんて憶測を呼んでいる曲です。 #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/vrsvTKvdLO

2020-09-12 00:02:12
拡大
ちえっかーず @chieckars

『孤独へのTARGET』 川島だりあさん作曲。 パワフルでインパクトのある短いイントロ…昇さんの歌声に重なるだりあさんの力強いコーラス…全体的にキャッチーなメロディの中に哀愁が漂うギターソロ… 明るめの曲調と切ない歌詞のギャップがいい… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/7KSzE0rN2n

2020-09-13 00:21:42
拡大
ちえっかーず @chieckars

『声にならないほどに愛しい』 ご存知の方が多いと思うので簡単に… MANISHへ提供した曲のセルフカバー。 WANDSver.とMANISHver.では歌詞が一部異なります。WANDSでもC/Wとアルバムver.ではアレンジが一部違います。違いを探しながら聴き比べると面白いかも… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/XTWEVSFo1P

2020-09-14 00:06:03
拡大
ちえっかーず @chieckars

『Brand New Love』 私が3期の曲を語るのは木村さんに申し訳ない気がしますが…… 冒頭の声は作詞もされてる坂井泉水さん。イントロから全編にわたって鳴り響くピアノの旋律から感じる疾走感… ビーイングの豪華なコーラス…最後のRAPには大島さんも… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/NbJ4mTUb9P

2020-09-15 00:01:05
拡大
ちえっかーず @chieckars

『Good Sensation』 大島さんと柴さん作曲。 ギターと打ち込みの音が全体的に目立つ曲。何より歌詞がすごい…情景が思い浮かぶような言葉が並び、19歳でこの歌詞を書いた昇さんのセンスに驚くばかり…これを上原氏が歌ったとしたら、皆さんどうなるのでしょう… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/5XS2CGEJbc

2020-09-16 00:01:48
拡大
ちえっかーず @chieckars

『Little Bit…』 海辺の音から始まるイントロ…全体的に楽器の音は抑えめのアレンジのためボーカルが際立つ…歌詞を追ってこの曲の2人の関係性を想像しながら聴く… 優しい音色なのに心が締め付けられるようなギターソロ… こちらも大好きな曲です… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/0gzgNSNrWJ

2020-09-17 00:01:18
拡大
ちえっかーず @chieckars

『Same Side』 アコギの優しい音が鳴り響きバラードかと思ったら……サビ前からエレキの激しい演奏で急にロックに変わる…ボーカルも同じ…歌詞は最初からハードな内容…個人的に2番のBメロ部分が1番好き…大サビのあと静かに優しく曲が終わるのもいい… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/8Z2T5xCss7

2020-09-18 00:01:49
拡大
ちえっかーず @chieckars

『DON'T CRY』 作曲、コーラスは川島だりあさん。 イントロ他要所要所に奏でられるギターのリフ…ポップの中にロックの要素をしっかりと感じる…歌詞の内容は別の曲とリンクしているのか…同じ方の事を思って書いたのか… サビの歌詞とメロディで心が救われる… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/UF0AAGZ7kd

2020-09-19 00:23:14
拡大
ちえっかーず @chieckars

『Crazy Cat』 キーボードはイントロ以外控え目…ギターの音が全面に出るようなアレンジ…ハードな演奏の中でサビはキャッチー…似たような境遇の人に出会った事だけが救いなのか…この曲もネガティブな歌詞と比較的キャッチーなメロディの組み合わせですね… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/OiUzIRD4Dk

2020-09-20 00:07:45
拡大
ちえっかーず @chieckars

『White Memories』 作·編曲大島さん 全体的にキーボードの音色が目立つ…ギターは控えめ…「さみしさと切なさ」の1番と2番の対比…「真っ白な思い出」と「White Memories」の対比…歌詞の構成が興味深い…C/WですがMVあり。2ndシングルの候補にもあがった曲です #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/8pF71vrgpm

2020-09-21 00:02:45
拡大
ちえっかーず @chieckars

『ささやかな愛情』 昇さんの優しくも力強いボーカル…それをそっと優しく包み込むようなギターとキーボードの音色…未完成の名曲…デモでこの完成度、ちゃんと完成していたらどうだったんだろう…聴いてみたい気もするが、未完成のままがいいのかもしれない… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/MFYYHE8OZc

2020-09-22 00:03:18
拡大
ちえっかーず @chieckars

『Try Again』 作詞·作曲木村さん ラブソングのようですが、タイトルの通り再出発の意味を込めた詞のように感じる…残された木村さんが新しいメンバーを迎えてWANDSとしてやっていく決意のような…打ち込みのリズム主体でそれまでのWANDSとは一味違う楽曲です… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/F6dnqqc7z2

2020-09-23 00:02:59
拡大
ちえっかーず @chieckars

『…でも君をはなさない』 イントロは打ち込みのリズムが耳に残る…ボーカル部分の演奏は終始穏やか…アウトロのギターとシンセの音のバランスが絶妙…柴さん作曲、この時期のWANDSの王道みたいな曲…詞はストレートなラブソング…昇さんのハイトーンがいい… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/FKSKzgzUQu

2020-09-24 00:01:05
拡大
ちえっかーず @chieckars

『FLOWER』 アルバムの始まりの曲…イントロから続くギターのリフ…Bメロで効果的に聴こえるキーボードの音色…以前は打ち込み主体だったリズム隊は生音へ…自虐的な歌詞…ギターソロは最高にしびれる…このアルバムを最初に聴いた時の衝撃は一生忘れない… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/0ZhxBHmuaP

2020-09-25 00:04:44
拡大
ちえっかーず @chieckars

『星のない空の下で』 昇さんが亡くなった親友に向けて綴ったとされる歌詞…曲はポップだけどロックの要素もしっかり感じる…幻想的なキーボードとパワフルなギターのサウンド…力強いのに何故か切ない昇さんのボーカル…この曲も詞とメロディのギャップがいい… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/ufiooz7vMO

2020-09-26 00:01:53
拡大
ちえっかーず @chieckars

『雲が流れる方へ』 イントロからアウトロまで終始穏やかなメロディ…メンバー3人でアレンジをしているからこそ、それぞれの良さが出るように作られている…個人的にBメロのメロディが好み…詞は自分探しがテーマでしょうか…暖かみを感じるミディアムナンバー… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/AEASfWXsmx

2020-09-27 00:15:57
拡大
ちえっかーず @chieckars

『Cloudy Sky』 シンセが全面に主張する中、効果的に入るギターのエモーショナルな音色…まさに90年代の大島サウンドです…今聴くと古く感じるか逆に新しいのか…歌詞にはブルースシンガーのジャニスジョプリンの名前も…若くしてお亡くなりになられた方ですね… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/1tY2qm8xsK

2020-09-28 00:36:31
拡大
ちえっかーず @chieckars

『この夢だけを…』 大島さん作曲のバラード…昇さんの優しく透き通るようなボーカル…淡々とした曲調が続くが最後のサビに向けて徐々に曲が盛り上がっていく…夢をかなえるため迷ってもがいて、最後には光が射し込むような…曲と詞両方からそんな光を感じる… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/9Fe3IJwdGK

2020-09-29 00:02:19
拡大
ちえっかーず @chieckars

『Love&Hate』 始まりは昇さんのタイトルコール…ロックだけどこのアルバムの中では比較的ポップな要素が強い曲…明るいキーボードの音色に重く歪んだようなギターサウンドが重なる…心の中の葛藤が描かれたような歌詞…キャッチーなメロディで心が救われる… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/YoaEjTVKZ2

2020-09-30 00:02:33
拡大
ちえっかーず @chieckars

『Soldier』 木村さん作詞·作曲 全体的に歪みのある音色…激しいギターのサウンドと打ち込みのリズムが中心でキーボードは控えめ…杉元さんのギターソロが秀逸…ボーカル和久さんの声が曲にすごく合う…聴いたあと気持ち良くなるような爽快なナンバーです… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/1mNL9oufNm

2020-10-01 00:08:44
拡大
ちえっかーず @chieckars

『KEEP ON DREAM』 時に優しく、時に激しく、そして切ないギターの音色…昇さんの透き通るようなボーカル…中盤から曲を支えるドラム…全体を優しく包み込むような木村さんのキーボード…柴さん作曲のバラードはどうしてこんなにも心に響くのでしょう…名曲です #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/aR3wFqakxY

2020-10-02 00:02:17
拡大
ちえっかーず @chieckars

『寂しさは秋の色』 不思議と今聴いても古さは感じない…楽器の音のバランスが絶妙…19歳とは思えない昇さんの少し翳りのあるようなボーカル…哀愁を感じる今の季節にぴったりの栗林さん作曲のロックバラード…Live Acoustic ver.はアコギの音色が耳に優しく響く #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/X9xy54bWbL

2020-10-03 00:02:06
拡大
ちえっかーず @chieckars

『ガラスの心で』 柴さん作曲 憂いを帯びたようなギターの音色でフェイドインするように始まる…そしてそのギターのメロディラインと同じコーラスで締める…このコーラスが透き通るように美しい…イントロとアウトロが秀逸…サビ前のシンセの音色も印象的… #WANDS #BURNTHESECRETカウントダウン pic.twitter.com/Zi0Ix4tkT9

2020-10-04 00:27:40
拡大
残りを読む(25)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?